Twitterにおけるスパム行為とは、不特定多数のユーザーに同一内容のツイートもしくはダイレクトメッセージを送り、受け取ったユーザー が悪質であると判断したものを指す。 ユーザーはスパム行為をしていると判断したアカウントをスパムアカウントとして報告することができる。 いくらTwitterで複数のアカウントが無料で作れるとは言え、おびただしい数のアカウントを一人で作ってしまうのもスパムとみなされます。異常な数のアカウントを作る段階で、すでにスパム行為は始まっているのです。 twitterでスパム投稿されてしまう原因2つ スパム: アカウントが凍結される理由のほとんどは、スパム行為または明らかな偽装、およびTwitterや他のすべてのユーザーにとってセキュリティ上のリスクを招いていると判断されたことです。こうしたアカウントは、Twitterルールに違反します。ただし、本人のアカウントであるにもかかわらず、手違いで凍結されることもまれにあります。 Twitterを使っているユーザーが「これはスパム行為だ!」と判断した場合、その迷惑アカウントをスパムアカウントとして報告することができます。 スパムアカウントとして報告されると、アカウントが使用停止となります。 【Twitterでスパム報告するやり方】 スパムの疑いのあるアカウントを表示する為には、Twitterアプリを起動し、メニューを開き、 「設定とプライバシー」>「通知」 へと進みます。 すると「クオリティフィルター」という項目が表示されますので、「クオリティフィルター」を「オフ」にします。 典型的な商業利用の目的で、Twitter上の会話からアカウント、ウェブサイト、商品、サービス、イニシアティブへの訪問者数を増やしたり、注目を集めようとするスパム; アカウントやコンテンツを実際よりも人気がある、またはアクティブであるように見せるための、偽りのエンゲージメント これには、迷惑行為や繰り返しの行為が含まれます。 スパムには、悪意のある自動化や、偽のアカウントのようなその他の形式のプラットフォーム操作を含みます。 Twitterルールは、スパム行為または攻撃的な行為を目的としたアカウントの利用は禁じます。スパムに対するTwitterルールに違反する行為の例は、次のとおりです。