"などの歌詞にも表われているように、サウンド全体からバンドとしての自信が感じられる。力強い一歩を踏みしめるように、しかし、必要以上のアピールはしない潔さも感じ取れる。(CDジャーナル), ナンバーガール「SAMURAI [Live At Shibuya Club Quattro / 1999]」を「RecMusic」で探す, ナンバーガール「SAMURAI [Live At Shibuya Club Quattro / 1999]」のCDを探す, ナンバーガール「SAMURAI [Live At Shibuya Club Quattro / 1999]」が含まれる映像プレイリストを「RecTV」で見る, ランキング・主題歌・新曲が充実!音楽ダウンロードサイト レコチョク(スマートフォンiPhone/Android対応アプリあり), SAMURAI [Live At Shibuya Club Quattro / 1999], ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。実際の商品の音質とは異なります。, ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。, ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。, この商品のダウンロード・再生にはレコチョク アプリ(Android)、レコチョクplus+プレイヤー(iOS)、レコチョク3DSストア、Nintendo Switch(TM)のご利用が必要です。, この商品はレコチョク PCストアでは購入・ダウンロード・再ダウンロードできません。. "……狂騒と能天気さが入り混じる、夏の一瞬のきらめきを表現したナンバー。(CDジャーナル), NUM-AMI-DABUTZ [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], ABSTRACT TRUTH [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], 爆裂するバンド・サウンドが、ダブ的な音処理によって、あちこちに残響音を響かせていく。その残響音が、"答えはない"という向井の言葉と相まって、抽象的で曖昧な"禅問答"や混乱を表わしているかのようだ。しかし、その説得力が結果的にはっきりとしたひとつの意志や主張を提示しているようにも感じられるから不思議だ。(CDジャーナル), Tombo the electric bloodred [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], 小刻みなシンバルのイントロから、歯切れの良いギター・リフとともに進行していく。全体的に乾いた肌触りで、咆哮する向井の歌声も、血走ってはいるが、余計な感傷はみられない。そんな殺伐とした雰囲気のなか、"恋をする少女だったときもあった"とちらっと切なさを見せるが、バンド・サウンドの勢いにかき消されていく。(CDジャーナル), 鉄風 鋭くなって [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], ギザギザしたベースの低音に引っ張られ、切れ味の良いギターと表情豊かなドラムとともに、リズミカルでソリッドな演奏を聴かせる。曲を短く区切っていくような歌い方とメロディが、鋭くエッジの効いた雰囲気をいっそう際立たせている。颯爽としていながら、"風 鋭くなって"という切ない響きのサビが合唱を誘う。(CDジャーナル), ZEGEN VS UNDERCOVER [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], "ヤバイ さらにやばい"という向井の歌い出しから、美しい音色のギターが奏でられる。かと思えば、突如叫びだし、バンド・サウンドも爆裂する。爆裂と静寂を行き交うその構成が、疾走と傍観を繰り返す人の姿を連想させる。遠くから聴こえてくるようなヴォーカルとドラムの響きが、幽体離脱していくような気持ちにさせる曲。(CDジャーナル), 性的少女 [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], 強調されたベース・ラインの不穏な動きが、おどけているようでもあり何とも滑稽。歌詞も"なんじゃいこーじゃい"とおどけた風だが、歌われているのは次々と記憶を消してしまう"性的少女"についてであり、滑稽さと空しさが入り混じった感覚にさせられる。"真っ赤な烏を食らう夢"などの描写もあり、不気味でもある。(CDジャーナル), CIBICCOさん [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], 博多弁で歌われる歌詞が印象的。一音一音力強いベースに引っ張られ、淡々と進んでいくバンド・アンサンブルが、街を行き交うさまざまな人を切り取った情景描写と重なって、黄昏れた雰囲気を醸し出している。公園で野球をして遊ぶ子供たちや犬の散歩をしている女性を遠めに見ながら、一人心の中で語りかける様に哀愁が漂う。(CDジャーナル), SAMURAI [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], delayed brain [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], ゆったりとしたリズムの中を、低音から高音までをまどろむようにギターが行き来する。意識がはっきりしていない早朝の脳内をそのまま表現したようなサウンドで、まったりとしたテンポで進みながらも、浮遊感漂うキーボードや鋭角的なギターにより、だんだんと破綻していく。デイヴ・フリッドマンによるコーラスが聴ける。(CDジャーナル), MANGA SICK [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], "漫画の恋をしていたい"という歌詞とは裏腹に、殺伐としたバンド・サウンド。人の心に土足で入り込むような刺々しいギターが特徴。"気分の中で生きていたい"彼女に、現実を突きつけていくようだ。しかし、"恋なんてなんするの? 端末本体やSDカードなど外部メモリに保存された購入楽曲を他機種へ移動した場合、再生の保証はできません。, ダウンロードされるファイルはシングル、もしくはハイレゾシングルとなります。 "と矢継ぎ早に質問を投げかける向井の歌声はどこか優しいし、メロディには可愛げがある。(CDジャーナル), FIGHT FIGHT [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], DESTRUCTION BABY [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], "U・S・録・音"というカウントからはじまって、全体的にどことなく疲労感が漂うナンバー。ゆったりとした演奏と歌唱に、心地良くて美しいカタルシスを感じる。ふらついたギターに"めまい"を感じ、ある種の清々しささえ感じられる。"破壊された君の心ん中 そのあと 誰が入り込んだ? number girlの「samurai」歌詞ページです。作詞:mukai shutoku,作曲:mukai shutoku。(歌いだし)鋭く研ぎすまされた 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 侍における切腹のことを、理解はできないが「素晴らしいことかも知れませんね」と向井が言って、演奏がはじまる。切れ味鋭く、小刻みなギターのカッティングに導かれるようにして、一気に駆け抜けていく。目の前のものを次から次へとメッタ斬りにし、また自分も何ものかに斬られていく。そんなさまを描いた"サムライ"な曲。(CDジャーナル), レコチョクでご利用できる商品の詳細です。

フランス、ベルギー、デンマーク、スウェーデン、チェコ、エストニア、マルタ、ドイツ、ルクセンブルク、ギリシャ、フィンランド、スロバキア、ラトビア、ルーマニア、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、リトアニア、ブルガリア、オランダ, The regulated countries are as follows. ハイレゾシングルの場合、サンプリング周波数が複数の種類になる場合があります。, 640×480サイズの高画質ミュージックビデオファイルです。 France, Belgium, Denmark, Sweden, Czech Republic, Estonia, Malta, Germany, Luxembourg, Greece, Finland, Slovakia, Latvia, Romania, Italy, Spain, Austria, Hungary, Lithuania, Bulgaria, Netherlands. ※GDPR(EU一般データ保護規則)対象国から歌ネットをご利用いただくことができません。. ※2020年8月時点での規制対象国(EU加盟国)は、下記の通りです。 フォーマット:H.264+AAC ナンバーガールの「samurai ... 歌詞も"なんじゃいこーじゃい"とおどけた風だが、歌われているのは次々と記憶を消してしまう"性的少女"についてであり、滑稽さと空しさが入り混じった感覚にさせられる。 "という歌詞も印象的。(CDジャーナル), FU・SI・GI [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], I don't know [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], つま弾かれるギターとともにはじまって、バンド全体で感情を一気に解放し、爆発させていくような出だしから、絶叫する向井。あの娘の本当もうそも知らないと歌い、"I don't know"と吠えまくる。掻き鳴らされるギターとともに、張り詰めた緊張感をじわじわと解放していくようなスリリングな演奏。(CDジャーナル), OMOIDE IN MY HEAD [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], ナンバーガールの代表曲の一つ。向井の「ドラムス、アヒト・イナザワ」の掛け声からはじまり、演奏される。徹夜明けの朝、現実と残像が入り混じる中、だんだんと現実に戻っていく過程を歌った曲。"感傷のうずまきに沈んでゆく俺"を"突き飛ばせ そしてどこかに 捨てちまえ"と歌う。残像を振り払おうとする姿が切ない。(CDジャーナル), 日常に生きる少女 [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], 騒音とともに幕を開け、躍動感を持って疾走していくバンド・サウンドに乗せて、気だるそうに"日常"を歌う。メロディからはみ出したようなギターと各楽器がハチャメチャに暴れまわったりスローになったりする変化の激しい展開が、混沌とした日常のアップ・ダウンを思わせる。日常に生きる気だるさとタフさをリアルに表現。(CDジャーナル), BRUTAL NUMBER GIRL [2002/6/26 金澤 AZホール「NUM-HEAVYMETALLIC」], カウントからの重々しいギター・カッティングでのはじまりは、アルバム『SAPPUKEI』の幕開けにふさわしい力強さ。"自力を信じてます"や"俺等 好調!! You cannot use Uta Net from the countries covered by GDPR. ビットレート:1.5~2Mbps, RecTV音楽が好きなあなたの想いを映像とメッセージでプレイリスト化できるサービス, すべてのシングルと代表曲、そしてアルバム未収録のカップリングを集めた2枚組ベスト・アルバム。解散後のバンドのベスト・アルバムはどうしても感傷的に聴かれてしまうが、本作も例外ではない。か細さと青臭さと混沌が同居する初期の楽曲に、ちょっとだけほろり。(CDジャーナル), なんにしても自分はスモール・イズ・ビューティフルな生き方志望の小市民であるから、そもそもラウドとかドカジャーンとかギャーとか、ホント、カンベンなわけである。しかし、どうだ。99年、ナンバーガールに対する私の熱烈支持の具合は。オルタナでも轟音ギターでも博多出身でもはっぴいえんどな歌詞でもライヴすげえ盛り上がりらしいよでも向井くん予備校生みたいだよねでも何でもいいが、皆が彼らを語るときにあふれ出すそれらのキーワードがすくいきれない"あの感じ"。それはおそらく人々の"想"の数だけ存在する、聴き手各自の専有物だ。向井秀徳のギャーは、いつもどこでもいつまでもメランコリックな"囁き"と地続きで、4人がしぼり出すぎこちのないドカジャーンは、やむにやまれぬ衝動とやらに巻き込まれない"ゆとり"を携えてるね。たとえば私にはそう聴こえる。そういうことだ。
99年10月1日、渋谷クラブクアトロ。この日、またひとつ新たな伝説が生まれた。ってそんなわけないが。向井の希有な感受性は、「なーんもない日常をあるがまま受け入れて普通に生きてるヤヨイちゃんは俺は素晴らしいと思う」(大意)というMCに如実にあらわれているわけで、その感受性と無尽蔵の才能がつくりあげるライヴという磁場が"日常"から踏み外したものであるはずがない。確かにあの圧倒的なステージを目の当たりにしてしまった以上、何かしら神格化したくなる気持ちは分からなくもないが、それは彼らの魅力を歪めて伝えてしまう危険性を伴う。MCを含むまさにベストな選曲でライヴの模様が収録されたこのアルバムの舞台には"たまたま"10月1日が選ばれただけだが、おそらくこれを聴いた多くの人が羨望と畏敬の念を"10.1"に対して抱くことだろう。それほどのアルバムである。しかしながらこの美しさと激しさと哀しさが絶妙の配色で入り混じった一大スペクタクルが、あくまで線でつながれたひとつの点に過ぎないということ。そこにこそ私たちの驚愕は向けられるべきだ。(CDジャーナル), メジャー・デビュー・シングル。何もかもが透き通って見えるような、きらきらした夏も、ナンバーガールが歌うとこうなる。抜けの良いグルーヴは、街のあつれきが加速し突き抜けていくようであり、"狂った街かどきらきら"と歌う。"気づいたら 夏だった!! SAMURAI 作詞:MUKAI SHUTOKU 作曲:MUKAI SHUTOKU 鋭く研ぎすまされた カタナのような あの娘の言葉 狂ったあの娘はうそだらけ 居合いで俺を斬りつけける ジャスタライク サムライスォード 斬りまくりのカタナのような 真っ赤に染まる俺のギター 狂いまくりのハガネの衝動 居合いでキサマを