ここで解説する UNIQUE関数 は、Office InsiderのProPlusに追加された関数です。執筆時点(2019年8月)で、製品版のExcelにはまだ実装されていません。ただし、Microsoftがこの関数を実装すると公にアナウンスしたのは、2018年の11月です。おそらく現在は、さまざまな動作検証をしたり、細かい修正など … UNIQUE関数でリスト入力の「元データ」を作成すれば、UNIQUE関数が持つ「スピル」特性により「商品名」の種類が増えても自動的に更新されます。 UNIQUE関数を使って、リスト入力の「元の値」を自動更新する - Excelの機能を活用して、事務作業の省力化や経営分析をする thisYear = date.getFullYear(); エクセルでユニークなリスト(重複をなくしたリスト)をちゃちゃっと作る方法 エクセルでユニークなリストを作る こんな感じで何行にもなっているリストがあったとしましょう。 ※、今回は図に入る30行まで用意したのでちょっと少ないですが…。 filter関数は、定義した条件に基づいてデータ範囲をフィルター処理した結果を返します。filter関数はスピルで登場した新しい関数です。最後の方では、表示する列を選択する方法も掲載しています。filter関数の書式 =filter(配列,含む,[空の場合]) 配列 必須です。 ?伝説のホワイト企業「未来工業」のマネジメントが正論すぎて頭が上がらない, 空白を埋める手立て−−カロリン・エムケ『なぜならそれは言葉にできるから 証言することと正義について』, 「やりたいことをやる」ためのオルタナティブな働き方 ――竹田信弥著『めんどくさい本屋 100年先まで続ける道』(本の種出版), 【前編】「『考える』ことが職場を変える」出口治明(立命館アジア太平洋大学(APU)学長).

1969年1月生まれ。

エクセルの並び替えはSMALL関数やLARGE関数を使いましょう。 マネジメント職を担当している方で、膨大なデータを見やすくするために昇順のみで処理を行なっている方は少なくありません。昇順でもデータの並び替えもできますが、関数を使えば、元のデータを別のセルへ書き出すことが … Excelを黎明期から30年近く使っています。Wordも使えます。 SMALL→LARGE、LARGE→SMALLを変更するだけで、 google_ad_height = 90; 時給が同じ浜田さん、後藤さんに比べて、出勤日数と比べて、 date = new Date(); 最近は羊に夢中です。 エクセルの最新バージョン「Excel 2019」および、常に新機能が追加されるMicrosoft 365(Office 365)版Excelで利用できる新関数の一覧です。Excel 2019から利用できる「スピル」機能についても紹介します。 スプレッドシートのUNIQUE関数をエクセルで代用する方法をご紹介しています。ユニーク関数の代用はピボットテーブルで簡単に可能です。Excelで重複を削除するリストを作成する際は、こちらの記事をご参考ください。 最新のExcel関数の一つ、FILTER関数のお話です。その名の通りフィルタする関数で、関数でできているので、条件を入れたり、値を追加したとたんに答えが出てきたりします。フィルタ機能だと、少なくともどんな条件か選ぶアクションが必要ですよね。もし、そのアクションを忘れたり間違えたりしたらきちんとフィルタされないのです。その心配がないのがとても大きなメリットです。でも、Excel2016以前では動作しない関数なのがとても残念です。今回はCOUNTIF関数の応用でFILTER関数と同じことを実装してみたいと思います。この方法ならExcel2016でもFILTER関数と同じことができるんですよ、ほんとに!, COUNTIF関数は、条件に当てはまったものの個数を数える関数ですよね。なぜそんな関数でFILTER関数と同じことができるのでしょう。次の表をご覧ください。, ここで、COUNTIF関数で女性の人数を数えれば、5人と出てきます。それを、それぞれの行までの人数で数えます。ちょっとわかりにくいですね。では具体的に。1行と2行目での女性の数は、1人です。1行目から3行目の女性の数は、2人です。4行目までで3人。5行目は男性なので、5行目までで3人。6行目も男性なので3人です。このようにすべての行に対して求めてみましょう。計算式は次のようになります。, B1は絶対参照、B2は相対参照なのでコピーで動きます。この技は累計をSUM関数で求めるときにも使う技ですね。この計算式をセルD2に入力して下にコピーするとこのようになります。, 見てみると、1から始まって、検索条件にヒットした行で1上がっています。その数字が変わった行のでデータだけ抜き出せばいいのですね。そして、このそれぞれの数字の一番初めの行は、VLOOKUP関数やMATCH関数でヒットできるのです!VLOOKUP関数やMATCH関数は上から見ていって、該当の検索値と一致した最初のものを検出するからです。つまり、この番号を1から順に検索していけばどの行を出すのかがわかるということです。下の表は、F列は単純に1からの連番です。G列は、MATCH関数で連番に対するD列の行数を出しています。H列は、INDEX関数でA列の中からG列の行数に対する名前を出しています。, フィルタ、できてますよね。あとは計算式にIFERROR関数などでエラー回避すればいいのではないでしょうか。, 複数条件のフィルタも簡単です。Excel2016であればCOUNTIFS関数で複数条件のカウントができますので、それを使えばできます。それ以前のExcelでは複数条件のカウントができないので、AND関数などの論理関数を使います。AND関数はなおかつ条件、OR関数はまたは条件ですね。COUNTIFS関数もAND条件になっているので、Excel2016でもまたはの条件を使いたいときはこれから説明する使い方をします。下の表をご覧ください。, セルD2には、女性でなおかつ150万以上という条件が入っています。計算式は次の通りです。, そしてセルE2では、D列がTRUEの数を先ほど同じ方法で求めています。計算式は次の通りです。, Excelはどんどん進化していますが、昔のExcelを使っていると、新しい機能からはどんどん遅れてしまいます。なので、最新版を使うといいのですが、例えばそのソフトを買った1か月後に新しいバージョンが出る、なんてこともあります。これはタイミング次第なのですが、それによって現状使えている人と使えていない人が出てしまうのですね。教える方は最新版で動作するようにしています、というものの、1つ前のバージョンはまだまだ現役で使っているのでそれで動作しないという人も出てきます。教える方も1つ前か2つ前のバージョンくらいまでは動作するように教えるのですが、さすがにMicrosoftでサポート切れたらからもう使わないでと言っているバージョンについては把握しきれません。Officeの最新版を使うには買い切り版ではなく、Office365という月か年で契約する形のものを使うと良いのです。ということで、昔のバージョンでもなんとかすればその関数と似たようなことができる、そういう技を今回は紹介しました。応用すればUNIQUE関数やSORT関数もできます。その記事はまた後日。, Excelを中心としたMicrosoft Officeの魔法使い。 もはや日常的なコミュニケーション手段となったLINE。同サービスの「スタンプ」は、言葉では伝えられない感情の機微を表現する手段として重宝され、サービスの象徴ともなっています。そんなLINEスタンプにおいて、2016年に「72歳のおじいちゃんがつくった... 「会議の資料作り」、「データ分析」、「事業部の営業結果の集計作業」など、、マネジメント業務をしていると、エクセルを使った業務に日々追われてしまうことはありませんか?エクセルの知識がない中で取り組むとカンタンな作業でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。, エクセル(Excel)SMALL関数とLARGE関数を使えば、データの並び替えもラクラク!, 炎上させないのは意外と簡単!? 虚構新聞に学ぶ、炎上とフェイクニュースが蔓延る時代に必要なネットリテラシー, 【前編】「楽しんで作れるチームでいたい。それはずっと変わらない」ISSA(DA PUMP), 10歳で家を出され、57歳で原付日本一周の旅へ。激安ワンコイン食堂を切り盛りする「はっちゃん」の経営哲学とは?, ホウレンソウ禁止! 出版社様と一緒にExcelの情報発信もしています。 excelで文字列の記号を全て削除!記号を一覧にしてsubstitute関数で一括置換しよう. //-->. 残りのデータをINDEX関数で抽出するという流れを取ります。, 今回の人件費の管理表で一番給料が安かった村井さんは 人件費が多い人物が一番上に入れ替わります。, 人件費以外のセルには既にINDEX関数を指定しているので、人件費のセルが変更されることで、その他のデータも自動で入れ替わります。, このように一度、SMALL関数もしくはLARGE関数を設定してしまえば、 最新のExcel関数の一つ、FILTER関数のお話です。その名の通りフィルタする関数で、関数でできているので、条件を入れたり、値を追加したとたんに答えが出てきたりします。フィルタ機能だと、少なくともどんな条件か選ぶアクションが必要ですよね。 入れ替えを行なってみましょう。R3のセルにSMALL関数を記入します。, fxアイコン → 関数のウィンドウ → SMALL関数を選択 → 関数の因数ウィンドウを表示, あとはINDEX関数を使って、それぞれの値をSMALL関数で unique関数で[回数指定]を使った例 商品名と産地の組み合わせが 1回だけの組み合わせを抽出します。 E:Fセルは説明のために、1回だけ出現しているのを確認するために、E3セルには =B3&"_"&C3 、F3セルに =COUNTIF($E$3:$E$22,E3) と出現回数を求めています。

SMALL関数の部分をLARGEに置き換えさえすれば、

バージョンの古いエクセルだと、UNIQUE関数は使えないかもしれません。(2018年9月時点ではベータ版での提供となるため、最新版のエクセルでも使えない場合があります) もし利用できない場合は、無料で使えるGoogleスプレッドシートで試してみてください。