細田派は自民党の最大派閥だが、今年9月の総裁選で複数の幹部が推薦人集めを検討するなど、多数の総裁選立候補希望者がいることで知られる 細田博之は名門派閥「細田派」の会長!父親の秘書を経て議員に 細田博之は名門派閥「細田派」の会長! 自由民主党総務会長や幹事長、国会対策委員長、内閣官房長官などを歴任し、現在は、清和政策研究会、通称・細田派の会長も務める細田博之。自民党内の「清和会」とは、かつて存 … 自由民主党総務会長や幹事長、国会対策委員長、内閣官房長官などを歴任し、現在は、清和政策研究会、通称・細田派の会長も務める細田博之。自民党内の「清和会」とは、かつて存在した鳩山一郎が総裁を務めた日本民主党の流れを汲む保守派の名門派閥です。 ※3 太字は首相(総裁)経験者, 所得倍増計画 - 農業基本法公布 - OECD加盟 - 東京オリンピック - 岸派分裂 - 財界四天王, 日韓基本条約 - 非核三原則(日米核持ち込み問題) - 公害国会 - 日本万国博覧会 - 沖縄返還(西山事件) - 佐藤派五奉行 - 黒い霧事件 - 日通事件, 日中国交正常化 - 日本列島改造論 - 第1次オイルショック - 第一次角福戦争 - 青嵐会結成 - 椎名裁定, 田園都市構想 - 総合安全保障構想 - 第2次オイルショック - ダグラス・グラマン事件 - 四十日抗争 - 第三次角福戦争 - ハプニング解散, 新保守主義 - 「戦後政治の総決算」(国鉄分割民営化ほか) - 二階堂擁立構想 - 死んだふり解散 - 創政会結成と田中派分裂 - 皇民党事件 - ニューリーダー(安竹宮)と中曽根裁定, 消費税導入 - 昭和天皇崩御 - 竹下派七奉行 - ネオ・ニューリーダー - リクルート事件, バブル景気 - 自衛隊初の海外派遣 - YKK - 一龍戦争 - 一六戦争 - 安倍派四天王分裂と三六戦争 - 海部おろし, バブル崩壊 - 東京佐川急便事件 - ゼネコン汚職 - KK戦争 - 経世会(金竹小)分裂 - 嘘つき解散, 自公連立政権 - 聖域なき構造改革 - 金融再生プログラム - 郵政民営化(郵政国会 - 郵政解散) - 年金未納問題(政治家の年金未納) - 小泉劇場(小泉旋風)と抵抗勢力 - 日歯連事件(日歯連闇献金事件) - 中二階と麻垣康三, 美しい国 - 憲法改正論議(国民投票法) - 防衛省昇格 - 教育基本法改正 - 価値観外交(自由と繁栄の弧) - 再チャレンジ - 年金記録問題 - フールファイブ - 大宏池会構想 - 参院選惨敗、第一党より転落 - 麻生包囲網, 参院選勝利、改選第一党へ復帰 - 東日本大震災 - 三党合意(社会保障と税の一体改革), 結党以来初の総裁再登板 - 近いうち解散 - 3年ぶりの政権奪還、自公で2/3確保 - アベノミクス - 参院選圧勝、ねじれ解消 - 2020年五輪東京に決定 - 国家安全保障会議創設 - 特定秘密保護法 - 防衛装備移転三原則 - 地方創生 - 一億総活躍社会 - 集団的自衛権の行使容認(平和安全法制) - テロ等準備罪新設 - 都民ファーストの会と三大政党制 - 憲法改正論議 - 憲政史上初の皇位継承(令和改元), 宏池会(池田派 → 前尾派 → 大平派 → 鈴木派 → 宮澤派 → 加藤派)、※大勇会(河野派 → 為公会(麻生派) → 麻生派に合流×)、志公会(麻生派)、※宏池会(小里派 → 谷垣派 → 古賀派に合流×)、宏池会(堀内派 → 丹羽・古賀派 → 古賀派)、宏池会(古賀派 → 岸田派)、有隣会(谷垣グループ), 木曜研究会(佐藤派)、周山会(佐藤派)、周山クラブ(保利派 → 福田派に合流×)、※七日会(田中派)、政治同友会(田中派)、木曜クラブ(田中派 → 二階堂派 → ×)、※経世会(竹下派 → 小渕派)、※改革フォーラム21(羽田・小沢派 → 新生党に合流×)、平成政治研究会(小渕派)、平成研究会(小渕派 → 橋本派 → 津島派 → 額賀派 → 竹下派), 白政会(大野派)、睦政会(大野派)、一新会(船田派 → ×)、※一陽会(村上派 → 巽会(水田派 → ×)), 十日会(岸派 → )、党風刷新懇話会(福田派)、党風刷新連盟(福田派)、※愛正会(藤山派 → 水田派に合流×)、※(南条・平井派 → 福田派に合流×)、※交友クラブ(川島派 → 椎名派 → ×)、紀尾井会(福田派)、八日会(福田派)、清和会(福田派 → 安倍派 → )、※政眞会(加藤派 → 新生党に合流×)、清和会(三塚派)、21世紀を考える会・新政策研究会(三塚派)、※(亀井グループ → 村上・亀井派に合流×)、21世紀を考える会・新政策研究会(三塚派 → 森派)、清和政策研究会(森派 → 町村派 → 細田派), 春秋会(河野派 → 森派 → 園田派 → 福田派に合流×)、※新政同志会(中曽根派)、政策科学研究所(中曽根派 → 渡辺派 → )、※近未来政治研究会(山崎派 → 石原派)、※さいこう日本(甘利グループ)、政策科学研究所(村上派)、志帥会(村上・亀井派 → 江藤・亀井派 → 亀井派 → )、※国益と国民の生活を守る会(平沼グループ → 日本のこころに合流×)、志帥会(伊吹派 → 二階派), 政策研究会(松村・三木派)、政策同志会(松村・三木派)、政策懇談会(松村・三木派 → )、※(松村派 → ×)、政策懇談会(三木派)、※(早川派 → 福田派に合流×)、新政策研究会(河本派)、番町政策研究所(河本派 → 高村派 → 大島派 → 山東派 → 麻生派に合流×), 無派閥連絡会、無派閥有志の会、さわらび会(石破グループ → 水月会(石破派))、のぞみ(山本グループ)、きさらぎ会(鳩山グループ → 菅グループ), 総裁 - 副総裁 - 幹事長 - 総務会長 - 政務調査会長 - 国会対策委員長 - 参議院議員会長 - 選挙対策委員長 - 幹事長代行 - 総裁特別補佐, 自由民主党国会議員一覧 - 総務会 - 政務調査会 - 税制調査会 - 国会対策委員会 - 参議院議員団 - 青年局 - 学生部 - シャドウキャビネット - 中央政治大学院 - シンクタンク2005・日本 - 過去を学び、分厚い保守政治を目指す若手議員の会 - 文化芸術懇話会 - アベノミクスを成功させる会 - 日本教職員組合問題究明議員連盟(議員連盟) - 国民政治協会(政治資金団体) - 自由社会を守る国民会議(党友) - 自由民主党同志会(院外団) - 自民党ネットサポーターズクラブ, 自公民路線 - 自共共闘 - 自社さ連立政権 - 保保連合構想 - 自公連立政権 - 大連立構想 - 創生「日本」, 新自由クラブ - 新党さきがけ - 新生党 - 自由改革連合(改革の会 - 自由党 - 新党みらい - 高志会) - 国民新党 - 新党日本 - 新党大地 - 新党改革 - 日本維新の会, (自由党 → 憲政党 → 立憲政友会 → 同交会 → )日本自由党 → 民主自由党 → 自由党, (立憲改進党 → 進歩党 → 憲政本党 → 立憲国民党 → 立憲同志会 → 憲政会 → 立憲民政党 → 翼賛議員同盟 → 翼賛政治会 → 大日本政治会 → )日本進歩党 → 民主党 → 国民民主党(国民協同党が合流) → 改進党 → 日本自由党 → 日本民主党, (護国同志会 → )日本協同党 → 協同民主党 → 国民協同党 → 民主党と合同し国民民主党を結党, 日本行政書士政治連盟 - 日本司法書士政治連盟 - 全国土地家屋調査士政治連盟 - 日本公認会計士政治連盟 - 全国社会保険労務士政治連盟 - 日本酒造組合連合会 - 日本蒸留酒酒造組合 - ビール酒造組合 - 日本洋酒酒造組合 - 全国卸売酒販組合中央会 - 全国小売酒販政治連盟 - 全国たばこ販売政治連盟 - 全国たばこ耕作組合中央会 - 全私学連合会 - 全日本私立幼稚園連合会 - 全国専修学校各種学校総連合会 - 全日本教職員連盟 - 日本私立中学高等学校連合会 - 社団法人全国教育問題協議会 - 全国ゴルフ関連団体協議会 - 私立幼稚園経営者懇談会 - 全国私立小中高等学校保護者会連合会 - 神道政治連盟 - 財団法人全日本仏教会 - 天台宗 - 高野山真言宗 - 真言宗智山派 - 真言宗豊山派 - 浄土宗 - 浄土真宗本願寺派 - 真宗大谷派 - 臨済宗妙心寺派 - 曹洞宗 - 日蓮宗 - インナートリップ・イデオローグ・リサーチセンター - 崇教真光 - 立正佼成会 - 佛所護念会教団 - 妙智会教団 - 新生佛教教団 - 松緑神道大和山 - 世界救世教 - 日本医師連盟 - 日本歯科医師連盟 - 日本薬剤師連盟 - 日本看護連盟 - 日本製薬団体連合会 - 日本保育推進連盟 - 日本柔道整復師会 - 日本歯科技工士連盟 - 全国介護政治連盟 - 全国旅館政治連盟 - 全国飲食業生活衛生同業組合連合会 - 全日本美容生活衛生同業組合連合会 - 全国クリーニング業政治連盟 - 環境保全政治連盟 - 日本環境保全協会 - 日本造園組合連合会 - 全国ビルメンテナンス政治連盟 - 全国商工政治連盟 - 全国石油政治連盟 - 全国LPガス政治連盟 - 日本商工連盟 - 全国中小企業政治協会 - 全国商店街政治連盟 - 社団法人日本調査業協会 - 社団法人全日本ダンス協会連合会 - 全国農業者農政運動組織協議会 - 21全国農政推進同志会 - 日本森林組合連合会 - 社団法人全国林業協会 - 日本酪農政治連盟 - 全国畜産政治連盟 - 全国漁業協同組合連合会 - 大日本水産会 - 日本自動車工業会 - 日本中古自動車販売協会連合会 - 日本自動車販売協会連合会 - 日本自動車整備振興連合会 - 日本港湾空港建設協会連合会 - 日本自動車整備振興会連合会 - 社団法人全日本トラック協会 - 東日本ときわ会宮城県支部 - 21テレコム会議 - 全国土地改良政治連盟 - 日本港湾空港建設協会連合会 - 社団法人全国建設業協会 - 社団法人日本建設業団体連合会 - 社団法人日本土木工業協会 - 社団法人建築業協会 - 社団法人日本建設業経営協会 - 社団法人全国中小建設業協会 - 社団法人日本道路建設業協会 - 社団法人日本橋梁建設協会 - 社団法人建設コンサルタンツ協会 - 社団法人プレストレスト・コンクリート建設業協会 - 社団法人建設産業専門団体連合会 - 社団法人日本鳶工業連合会 - 社団法人日本造園建設業協会 - 社団法人全国建設業産業団体連合会 - 社団法人全国測量設計業協会連合会 - 社団法人全国地質調査業協会連合会 - 社団法人全国さく井協会 - 社団法人建設電気技術協会 - 日本下水コンポスト協会 - 社団法人全国道路標識・標示業協会 - 社団法人全国鐵構工業協会 - 社団法人日本建設躯体工事業団体連合会 - 社団法人日本塗装工業会 - 一般社団法人日本プレハブ駐車場工業会 - 社団法人不動産協会 - 全国不動産政治連盟 - 全日本不動産政治連盟 - 社団法人住宅生産団体連合会 - 全国生コンクリート工業組合連合会 - 軍恩連盟全国協議会 - 日本傷痍軍人会 - 社団法人日本郷友連盟, http://web.archive.org/web/20090903160449/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090901-OYT1T00063.htm, http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090301000648.html, http://web.archive.org/web/20091101063957/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091015/stt0910151932014-n1.htm, http://web.archive.org/web/20091101063013/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091029/stt0910291058004-n1.htm, http://web.archive.org/web/20100814154056/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100812ddm005010030000c.html, http://web.archive.org/web/20100903044938/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100903k0000m010082000c.html, http://web.archive.org/web/20100903233208/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100903/stt1009030021000-n1.htm, http://web.archive.org/web/20101212201117/http://www.asahi.com/politics/update/1211/TKY201012110177.html, [最前線]ポスト安倍 細田派動き活発/西村・下村・稲田氏が意欲 | 沖縄タイムス紙面掲載記事, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=清和政策研究会&oldid=79973052. 1962年に福田赳夫が旗揚げをして、後に「清和政策研究会」と名称を変えました。その時々の会長が誰であるかによって決まるのが通称で、これまでの歴史は、福田派(福田赳夫)→安倍派(安倍晋太郎)→三塚派(三塚博)→森派(森嘉朗)→町村派(町村信孝)と続いています。, しかし、2014年に行われた第47回衆議院総選挙の結果、それまで町村派の会長だった町村信孝が衆議院議長に就任したため、町村派を離脱。細田博之が後任の会長として就任したため、細田派と呼ばれるようになりました。, これまでさまざまな要職に就いてきた細田博之とは、どのような人物なのでしょうか。1944年4月5日生まれで、島根県松江市出身の細田博之は、東京教育大学付属駒場高等学校(現在の筑波大学付属駒場高等学校)を経て、東京大学法学部に入学。卒業した1967年に、通産省に入省します。, その後は、産業政策局物価対策課長などを務めますが、1986年に退官して、父である細田吉蔵議員の秘書を務め、1990年に衆議院総選挙に出馬。時の実力者だった竹下登に次ぐ2位で、見事に初当選を果たしました。, 1996年に小選挙区比例代表並立制が導入されて以降は、島根1区から出馬している細田博之。2017年10月22日に開票された衆議院選挙では、前日の21日に、地元である島根に「最後のお願い」に出向いています。しかし、その後は東京に戻らねばならなかったため、選挙当日の事務所は本人不在のまま開票を迎えることになりました。, そのような中、主役である細田博之が不在でも、テレビの選挙速報では、早々と「細田博之氏 当選確実」のテロップが!松江市内のホテルで選挙の行方を見守っていた支援者たちは、「不在でも有権者は理解してくれる」と、夫の不在を守った洋(ひろ)夫人と共に万歳コールで祝福しました。この当選で、細田博之は、通算10期連続当選を果たしています。, 細田博之の趣味は、意外にもピアノ演奏です。レパートリーは、ベートーベンの「月光ソナタ」やショパンの「雨だれ」、リチャード・クレイダーマンの「ノスタルジー」などで、腕前もなかなかのものだと、知る人の間では評判になっています。細田博之がピアノを始めたのは小学生の頃ですが、3年くらいで辞めてしまったとか。ピアノを再開したのは39歳の時のことでした。, 細田博之曰く「選挙で多くの人と会うため、疲れていたのでしょうか。ピアノに1~2時間集中すると気分転換になった」と、ストレス発散に思わぬ効果が生まれたようです。「練習曲を弾くのが嫌いだから」と、先生には付かずにもっぱら独学で練習していますが、世界的ピアニストの故・中村紘子にその腕前を「感受性が強く、音楽的」と褒められ、とても励みになったと話した細田博之。, 演奏会などは開いていませんが、自身のファイルには、お得意の15曲を収めた秘密の楽譜をいつも忍ばせているとも明かしています。, 2018年4月26日に、細田派の会長を務める細田博之が、ツイッターでの議員の不適切発言が問題となっている状況について、「自身の発言には十分に注意をするように」と苦言を呈しました。曰く、「我々は安倍総理を支える政治集団なのだから、同志の議員や党員に常に感謝の念を抱いて欲しい」とのこと。, しかし、それからわずか2週間後の5月10日、よりによって細田博之が代表を務める自民党・細田派の会合にて、自民党議員による独身女性に対するセクハラとも取れる発言がまたまた飛び出しました。発言の主は、自民党議員の加藤寛治衆議院議員です。, 問題になった内容とは、「結婚はしない」と答えた女性に対して、加藤寛治が「結婚して子供を産まなければ、人様の子供の税金で老人ホームに行くことになる」と発言したことでした。この発言が他の議員の強い反発を生み、派閥の幹部議員たちから厳重注意を受けた加藤寛治は、10日夜に、発言を撤回するコメントを発表。翌11日に改めて謝罪の意を示しましたが、時はすでに遅し……。世間からのバッシングがなかなか収まらない事態となりました。, 「あれほど釘を刺したのに……」。安倍晋三内閣の屋台骨を支える細田博之の心中は、いかほどのものだったでしょう。9月に予定されている自民党総裁選に向けて派閥が一枚岩にならなければならないこの時期、細田派会長としても気が抜けない日々が続きます。, 《斜め上からこんにちは》は芸能人や有名人の方々への応援メッセージをお伝えしているブログです。, 現在当サイトではpush通知を導入しております。 細田 博之(ほそだ ひろゆき、1944年(昭和19年)4月5日 - )は、日本の政治家、元通産官僚。自由民主党所属の衆議院議員(10期)、清和政策研究会会長。島根県松江市出身。

その経験から稲嶺恵一や沖縄問題の研究者とも交流がある。, また内閣官房長官就任後、米軍基地再編問題に対し下記案(国防総省では「細田私案」と呼称)を提示した。, 米国産牛肉輸入再開問題では、内閣官房長官として外務大臣の町村信孝と連携し、通商代表部、国務省、ホワイトハウス、国家安全保障会議を相手に交渉を続けた。その際には、科学的データに基づく説得をアメリカに対し繰り返した。交渉相手である国務長官のコンドリーザ・ライスは細田を「He is so smart.」と評している[3]。, 2008年10月1日の衆議院本会議場で、国務大臣の演説に対する質疑の最後を、「出雲弁講座」と称し出雲弁でありがとうを意味する「だんだん」で締めた事がある。, ピアノを趣味としており、ピアニストの中村紘子からは、感受性が強く音楽的な演奏、中村もびっくりするぐらいロマンティックなもの、と評された[9]。そのほか読書、トランプのコントラクトブリッジを趣味とする。, 90年衆院選当選同期である福田康夫の数少ない側近であり、福田からの評価も高い。福田が内閣官房長官を務めた際は、細田が内閣官房副長官としてコンビを組んだ。福田の内閣官房長官辞任後は、後任として細田が就任している。細田の内閣官房副長官、内閣官房長官への就任にあたっては、福田による内閣総理大臣小泉純一郎への推薦があった。また、福田が自由民主党総裁に就任した際は、細田を自由民主党幹事長代理に指名し、内閣改造に伴う執行部人事刷新時も、細田を幹事長代理として留任させた。, 内閣官房長官就任後は、ブッシュ政権下のアメリカ政府関係者から「歴代最高の官房長官」との賛辞を受けた[3]。大下英治によれば、小泉の秘書官だった飯島勲は「総選挙(第44回衆議院議員総選挙)圧勝の政府側の影の最大の功労者」と評価している。総選挙中に地元へ戻らず、小泉遊説中の行政が停滞しないよう努めた。また、8月下旬の台風上陸などでも関係閣僚への連絡等で小泉内閣の危機管理に貢献した。, https://this.kiji.is/672377843191678049?c=39546741839462401, http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A32001003003, http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090725ddm002010094000c.html, http://www.asahi.com/articles/ASJ3S5R81J3SUTFK00X.html, http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/257293/, http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090623/crm0906232121035-n1.htm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=細田博之&oldid=79670483. 清和政策研究会(せいわせいさくけんきゅうかい)は、自由民主党の派閥。旧称は清和会(せいわかい)。略称は清和研(せいわけん)。 細田 博之(ほそだ ひろゆき、1944年(昭和19年)4月5日 - )は、日本の政治家、元通産官僚。自由民主党所属の衆議院議員(10期)、清和政策研究会会長。島根県松江市出身。, 自民党幹事長(第43代)、自民党総務会長(第51代・第54代)、自民党国会対策委員長(第46代)、沖縄及び北方対策担当大臣、科学技術政策担当大臣、個人情報保護担当大臣、内閣官房長官(第70代・第71代)、男女共同参画担当大臣、自民党幹事長代行(第3代)、自民党行政改革推進本部長、自民党島根県連会長を歴任した。, 東京教育大学附属駒場高等学校(現:筑波大学附属駒場高等学校)、東京大学法学部卒業。1967年、東大法学部を卒業し通商産業省に入省する。同期には日産自動車副会長の伊佐山建志、井出亜夫などがいた。, 入省後は産業政策局物価対策課長などを務め、1986年に退官。父・吉蔵の議員秘書を経て、1990年の衆議院選挙に島根県全県区から立候補し、竹下登に次ぐ2位で初当選(当選同期に福田康夫・岡田克也・佐田玄一郎・亀井久興・中谷元・森英介・石原伸晃・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・松岡利勝・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二など)。1996年の第41回衆議院議員総選挙以降は小選挙区比例代表並立制導入に伴い、島根1区から出馬し通算10期連続当選を果たす。この間、党機関紙誌局長などを歴任。, 2002年の第1次小泉改造内閣で、科学技術政策担当大臣兼沖縄及び北方対策担当大臣として初入閣。内閣官房副長官であった2004年、年金記録問題で辞任した福田康夫の後任として副長官から内閣官房長官に昇格した。以後は自民党国会対策委員長、自民党経理局長などを経て、2007年に自民党幹事長代理に就任する。, 2007年12月、日朝国交正常化を目指す議員連盟・自民党朝鮮半島問題小委員会を立ち上げ、副委員長に就任した。, 2009年7月、第45回衆議院議員総選挙にて選挙対策本部長代理及び選挙対策委員長を兼務。同年9月、総選挙敗北のため党幹事長と選挙対策委員長を引責辞任。, 2012年9月、自民党総務会長に就任した。自民党幹事長経験のある自民党総務会長は森喜朗以来14年ぶり。同年12月、自民党幹事長代行に就任する。, 2014年12月、それまで会長を務めていた町村信孝が衆議院議長に就任したことに伴い、所属派閥である清和政策研究会の会長に就任した。, 第1次小泉改造内閣で科学技術政策担当大臣に就任し、内閣府総合科学技術会議を主宰した。, 細田は北朝鮮を巡る核開発についても分析を行い、その見識に驚いたアメリカ合衆国国家安全保障会議アジア部上級部長のマイケル・グリーンはノート持参で細田の解説を聴きに通ったという。その際、グリーンに同席した駐日アメリカ大使のハワード・H・ベーカー・ジュニアは、細田のことを政治家ではなく原子力工学の専門家だと思っていたという[3]。なお細田は以前は北朝鮮への経済制裁に慎重な立場を取っていたが、北朝鮮問題に関わる中で後に賛成に転じている。, 第1次小泉改造内閣では科学技術政策の他、沖縄及び北方対策担当大臣を兼任し、 ※2 3人の「代表世話人」による集団指導体制 岡田克也 夫人、息子、弟、家族は?イオン、ジャスコの御曹司の資産がとんでもなくスゴすぎる!衆議院議員、民主党での経歴は?, 冨手麻妙のAKB48研究生卒業と女優転向の理由は?松坂桃李と濡れ場を熱演!運命を動かした映画は?, 佐藤栞里が好感度抜群で大人気の理由は?母も美人?!佐藤二朗と親子役で雑誌に登場した結果…?, 武井壮 生い立ちが壮絶!兄は癌、父母が離婚、家族の現在は?トレーニング方法と睡眠時間の関係, 一条ゆかりの現在、最新作は?「プライド」「女ともだち」が世代を超えて支持される理由、あらすじネタバレ!「有閑倶楽部」実写化キャストがスゴかった!, 「僕たちがやりました」青春サスペンス漫画の最終回が賛否両論!?キャラクター相関図を紹介!. Copyright ©  斜め上からこんにちは(芸能人、有名人の過去、今、未来を応援するブログ!) All rights reserved. 清和政策研究会(せいわせいさくけんきゅうかい)は、自由民主党の派閥。旧称は清和会(せいわかい)。略称は清和研(せいわけん)。, 自民党内では、平成研究会や宏池会と並ぶ保守の名門派閥であり、保守合同時の日本民主党(更に古くは日本自由党。岸信介、鳩山一郎派)の流れを汲む。, 日本民主党の「反・吉田茂」路線を起源に持つため、親米を基調としながらも自主憲法論・憲法改正論を唱え、再軍備に積極的であるなど比較的タカ派色が強く、冷戦期にはその反共主義志向の反映として、韓国・台湾に独自の人脈を持った。, 岸派を川島正次郎と分けた福田赳夫から続く自民党の有力派閥だったが、「角福戦争」以降、他派閥が田中派(後の平成研究会)の支持なしに内閣総理大臣・自民党総裁になることが困難な時期が続いたため(いわゆる「田中支配」)、田中と対立関係にある清和会は総裁派閥であった福田政権や、安倍晋太郎が幹事長として総裁を支えた竹下政権を除いて非主流派に甘んじることが多かった。1993年の経世会分裂以降は三塚博・森喜朗といった実力者が執行部入りして主流派となることも多かったが、安倍の死去後は派内の内紛が耐えない時期でもあった。森内閣において福田以来久々に総裁派閥となったが、森は小渕内閣を継承しており、平成研究会の色が濃かった。, 清和会が名実ともに総裁派閥・主流派として実質的に政権の中枢を担うようになったのは、小泉内閣以降である。, グランドプリンスホテル赤坂(旧赤坂プリンスホテル)の旧館(旧李王家邸)内に事務局を設置し、同ホテルで毎年1回春頃に政治資金パーティーを開催することが慣例となっていたが、同ホテルの営業終了に伴い、2011年2月、紀尾井町に移転した。, 十日会(岸信介派)の分裂を受けて、福田赳夫を中心として1962年に結成された党風刷新連盟(結成当初は党風刷新懇話会)が起源[1][2]。1970年11月に時の首相・佐藤栄作に勧められ紀尾井会、通称福田派が派閥として正式に旗揚げされた。, 1972年まで7年に及んだ佐藤内閣の後継をめぐるいわゆる「ポスト佐藤」の争いにおいて、佐藤における意中の人は福田であったが、政権末期に田中の猛追を受け、結局総裁選で敗れた。この挫折を機に、領袖福田のもと、木曜クラブ(田中派)と「角福戦争」と呼ばれる激しい派閥抗争を繰り広げたが、福田自身が「派閥解消」論者であり、必ずしも派閥活動に積極的でなかったこともあって伸び悩み、1976年に悲願の福田赳夫政権誕生にこぎ着けるものの2年後には大平・田中連合の前に総裁選で敗北した。, 1972年、総裁選で敗れた直後に周山クラブ(保利グループ)と春秋会(園田派)を統合して八日会へと名称変更、1976年末、福田赳夫内閣の発足にあたり派閥解消を提唱、率先して八日会を解散したが、福田退陣後に再結成の機運が高まり、1979年1月に清和会を結成した。出典は、東晋の元帝が詔で諸葛恢の統治を「政清人和(清廉な政治でおのずから人民を穏やかにした)」と称賛した故事による(『晋書』諸葛恢伝)。この清和会は略称ではなく正式名称である。1984年に自由革新同友会(石原派・旧中川派)を吸収する(古屋圭司の養父・古屋亨は先行離脱し福田派に移籍していた)。, 安倍晋太郎が会長であった際、派閥内の三塚博・加藤六月・塩川正十郎・森喜朗の4人の実力者を称して安倍派四天王と呼び、竹下派七奉行と比較された。安倍は中曽根康弘の後継を目し、逃したものの竹下内閣では幹事長として主流派入りし、ポスト竹下の最右翼と見なされていたが、リクルート事件のダメージを受けたまま病に倒れた。その後、安倍の後継会長を三塚・加藤が争い(この抗争は両者の名を取って「三六戦争」と呼ばれる)、森の支持を得た三塚が1991年6月、清和会会長に就任した。, 同年、三塚は総裁選に出馬するが、加藤がこれに反し、竹下派の推す宮澤喜一支持を表明した。そのため加藤は同年10月に三塚派を除名され、政眞会を結成、のちに自民党も離脱することとなる。加藤の離脱後、三塚を支持した森、塩川、小泉、玉澤徳一郎、中川秀直などと、加藤を支持したものの清和会に残った亀井静香、平沼赳夫、中川昭一、尾身幸次、町村信孝などとの間にしこりが残ったといわれている。, 三塚派に移行してからは、森グループと、急速に派内での発言力を増していた亀井グループとの対立が激しくなる。1994年11月、自民党の下野に伴い呼び掛けられた派閥解消で、清和会は解散し、派閥に代わり結成が認められた政策集団として21世紀を考える会・新政策研究会を結成した。三塚は同会の会長にそのまま留任した。, 1998年、森グループ主導により、三塚派の独自候補として小泉純一郎の自民党総裁選出馬を決定したことに亀井グループが反発。異議を唱えるが押し切られ、総裁選後に森が党幹事長に就任したことで派の分裂が決定的となる。同年9月に亀井グループは三塚派を離脱した。その後、12月に森が三塚から派閥を継承する。, 森喜朗が三塚の後継会長となった1998年末に、かつての清和会にちなんで清和政策研究会へと改称した。2000年に森が首相に就任、福田以来の総裁派閥となった。森は派閥を一時的に離脱したため、小泉純一郎が2000年4月から清和政策研究会会長に就任し森内閣を支えた。派閥を継承した森は同じく発言力を増しつつあった小泉と組み、混乱していた派内を掌握した。ただし、森内閣は基本的には小渕前内閣の骨格を継承しており、村上正邦や青木幹雄といった前内閣を支えた他派閥の実力者に依存する政権であった。なお、小泉が会長を務めていた期間も呼称は森派のままであった。, 森の退陣後に小泉が首相に就任、森は派閥の会長に復帰した。小泉は派閥を恒久的に離脱したため、会長総裁分離が定着した。小泉は最大派閥であった橋本派を「抵抗勢力」と名指しする中、参議院の協力を得て、非主流派を反主流派に移行させなかった。その結果、2005年の衆議院選挙で党内第一派閥へと躍り出て、「清和会支配」に移行した。, 2006年、小泉総裁退任に伴う自民党総裁選挙では有力候補として同じ森派の安倍晋三・福田康夫が挙がった。森派はかつて安倍・福田の父親が率いた派閥であることも注目され、2人が立候補すれば森派の分裂も予想されたものの、福田が不出馬を宣言したため派閥分裂の危機は回避され、9月に安倍が総裁に選出された。, 2006年10月19日、森は派閥会長を退任し、町村信孝が同派会長に就任。派閥名は「町村派」となった。10月26日の派閥総会で森は同派名誉会長に就任した。町村への派閥継承は、幹事長に就任したもう一方の実力者中川秀直とのバランスを考慮したものだった。その影響力や行動などから領袖から退いた後も森が事実上の派閥のオーナーと考えられていた。, 同年9月、福田康夫が総理総裁になり森・小泉・安倍・福田の4代連続で総理総裁を輩出する。町村が福田康夫内閣の官房長官に就任したことにより、派閥会長職を廃して代わりに代表世話人を置くことを決定。代表世話人には町村・中川秀直・谷川秀善(参院)の3人が就き、集団指導体制となった。官房長官という要職での入閣により閥務に比重が置けない町村と、党幹事長を辞任して派閥に復帰した中川の派内での処遇を考慮した結果の措置であった。報道での派閥名は町村派から変更されなかった。, 2007年7月に行われた第21回参議院議員通常選挙の結果自民党は敗北したが、町村派は参議院でも津島派を抜き、衆参両院で党内最大派閥となった。数を減らした他派閥に配慮して、無派閥議員への派閥勧誘は他派閥が終えるのを待ってから行った。, 2008年3月、総理総裁就任以来派閥を抜けていた安倍晋三が「相談役」として復帰。安倍復帰前からの相談役としては衛藤征士郎らがいる。一方、小泉純一郎は首相退任後は無派閥のまま、2009年に政界を引退した。, 2008年9月、福田総裁退任に伴う自民党総裁選では、町村も有力な総裁候補ではあったものの、安倍・福田と2代にわたって政権運営に失敗したことから、森・安倍・町村は安倍・福田政権を支え続けた麻生太郎を支持し、清和会から総裁候補を擁立しない方針を採った。中川がこの方針に反して小池百合子を擁立したため、派内の分裂が表面化した。麻生内閣発足に伴い幹事長ポストに細田博之が就任。町村は官房長官を離任したが、集団指導体制に変更はなかった。, 2009年1月に入り、2011年からの消費税増税を目指した麻生政権に対し、中川は「その瞬間に判断する」などと本会議での造反をちらつかせ抵抗した。一時は決裂の様相も見られた。結局税調幹部でもある町村が増税実施時期を明記しない形での中川との妥協案を作成し対立は収束したが、政権に反対した動きは森、安倍などの怒りを買い、中川を代表世話人から外す考えが示された。, 2009年2月5日の派閥総会で森が提案した人事案は、町村を会長に昇格させ、中川と谷川を代表世話人として続投させるというものであった。中堅、若手の一部からは反対する声もあったが、最終的に人事案は了承され、町村が会長に復帰することになった。同年3月5日の総会で森が最高顧問から安倍と同じく相談役に就くことが決まり、町村会長のもとでの新体制が固まった。, 2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙により、衆議院における勢力は公示前の3分の1に減少し、古賀派に次ぐ第2位に後退したが、参議院と合わせ、全体として最大派閥の座は維持した[3]。9月3日、元防衛大臣の小池百合子が「派閥単位ではなく、党まるごとで一致団結すべき」として退会した[4]。, 2009年9月に発足した谷垣新執行部では総裁および党幹部ポストから外された。町村派が党執行部ポストに就任できなかったことは、福田派時代の1979年の大平政権以来30年ぶりのことであった。, 同年10月、町村の意向で代表世話人の廃止が了承された[5]。同月末、代表世話人廃止により派内で事実上失脚した中川秀直が退会した[6]。, 2010年8月12日の自民党参議院議員会長選挙をめぐり、森喜朗が音頭を取って町村派、額賀派、古賀派は谷川秀善参院幹事長を推した。しかし町村派の安倍晋三、世耕弘成など中堅・若手が「派閥で動くのは良くない」と造反し、伊吹派の中曽根弘文を推薦した[7]。選挙の結果、中曽根が参院議員会長に就任した。, 町村派では9月2日に幹部会を開き、造反議員の処分を検討したが結論は出ず、森は、谷川の票固めに失敗した鈴木政二をなじったり、安倍に対する不満をあらわにしたりした挙句、「額賀派や古賀派に合わせる顔がない」「もう面倒見切れない」と派閥退会届を提出した[8][9]。12月11日、会長の町村が正式に届を受理した[10]。, 2012年9月の総裁選において、会長の町村が出馬を表明。復帰後派内に影響力を持つ安倍に支援を要請するが、安倍はこれを拒否して自らも出馬したため分裂選挙に陥った。派内では町村支持が7割程度と優勢で、安倍は他派閥や無派閥議員の支援を得て選挙戦を戦った[11]。選挙戦の最中に町村は体調不良で活動を中止するも、そのまま投票日まで立候補は取りやめなかった。これは立候補を取りやめた場合、自身への票がそのまま安倍に流れることを警戒したためともいわれる。結局、投票で安倍が当選、自身2度目の総裁に返り咲いた。, 第46回衆議院議員総選挙の結果、自民党が政権を奪還、安倍が内閣総理大臣に再び就任。, 第23回参議院議員通常選挙の結果、自民党が参議院第一党に返り咲き、自公連立が参議院過半数を確保したことを受け、会員の山崎正昭が参議院議長に就任。, 第47回衆議院議員総選挙後、会長の町村が衆議院議長に就任。このため、立法府と行政府の長を町村派出身議員が独占することとなった。また、慣例により町村が会派を離脱したために、細田博之が後任の会長に就任し、細田派となった。町村は病気により議長を辞任した後に死去したため、細田がそのまま会長であり続けた。, 安倍の辞任表明に伴う2020年総裁選挙では一時期下村博文・稲田朋美・西村康稔が立候補に意欲を見せたが[12]、最終的には派として菅義偉を支持した。菅政権では下村が政調会長として執行部入りした。, ※1 森の総理大臣就任期間の留守役