鴨鍋(かもなべ)や鴨南蛮(かもなんばん)そば、北京ダックなど鳥を使った料理は色々ありますね。, ところで皆さんは「鴨」と「アヒル」の違いについて考えたことはありますか? 色がついているのが「鴨」で、白いのが「アヒル」と思っているかもしれませんが、実は違うんです。, 鴨(かも)は、野生に生息しているカモのことです。英語では 、単に “duck” と言うか、区別するために“wild duck (野生のカモ)” と言います。鴨には色々な種類がいます。鴨は冬の季語でもあり、古くから日本で見られる冬鳥として親しまれてきました。, アヒルの祖先であるマガモは、カモの中でも代表的な種類です。漢字では「真鴨」と書きます。オスは青緑色の首が特徴的なため、別名「青首」とも呼ばれます。マガモだけでなく、カモのオスは繁殖期に羽の色が鮮やかな色に生え変わるものが多いです。, カモの多くは季節に合わせて遠く離れた地域に移動しますが、カルガモは一年中日本で過ごします。漢字では「軽鴨」と書きます。春から夏にかけての繁殖期にはヒナがよちよち歩いている可愛らしい姿を見ることができます。, 日本では古くから鴨を網や銃を使って捕獲しており、馴染み深い鳥でした。マガモの肉は鳥肉の中でもかなり美味しいと重宝されています。鴨にちなんだ言葉もいくつか生まれました。, たとえば、「鴨にする」「いい鴨だ」という言葉は、利用しやすい人物という意味です。鴨は日没時にエサを取りに飛び立ち、明け方に元の場所に帰ってきます。その習性を利用すると鴨の大群が簡単に捕まることから、簡単に捕まえられる人やだましやすい人を鴨と呼ぶようになりました。, また、「鴨が葱を背負ってくる(かもがねぎをしょってくる)」という言葉があります。これは、鴨肉ばかりでなく葱までが同時に手に入ればすぐに鴨鍋が作れることから、ますます好都合であることのたとえです。略して「鴨葱(かもねぎ)」とも言います。, 一般的に、「カモ」とカタカナで表記するときは生物のことを指していて、「鴨」と漢字で表記するときは料理など他の意味で使い分けられています。, アヒルは、マガモを品種改良して家禽化したカモのことです。家禽(かきん)とは、食用の肉や卵、羽毛をとるために飼育されている鳥のことです。アヒルは、漢字で「家鴨」と書きます。英語では、単に “duck” と言うか、区別するために“domesitc duck (家庭のカモ)” と言います。, アヒルは一般的に白い色をしています。品種によっては、羽に他の色がついたものもあります。, 北京ダックは、アヒルを丸ごと炉で焼いた中国料理です。皮をそぎ切りにし、葱やキュウリと一緒に薄い皮に包んで食べます。, また、ピータンはアヒルの卵をアルカリ性の条件で熟成させて作ります。こちらも中国料理です。黒いゼリーのような見た目で独特の香りを持ちます。, アヒルの羽毛はダックダウンとして衣類や羽毛布団、クッションなどに用いられています。, 野生のマガモと家禽のアヒルを交雑させてできた種をアイガモと呼びます。漢字では、「合鴨」と書きます。肉の味が美味しいカモと、肉が多くとれるアヒルをかけ合わせることで、肉の味も量も良い合鴨肉が生まれました。現在、蕎麦屋や精肉店で出てくる鴨肉のほとんどが合鴨肉です。, また、アイガモは合鴨農法にも使われます。合鴨農法とは、アイガモを水田に放して雑草や害虫を食べてもらい、美味しいお米と鴨肉を生産する農法のことです。, 田植えから稲刈りまでの間、アイガモのおかげで除草剤や防虫剤を全く使わないか、もしくは少ない量でお米を作ることができます。. 烏という漢字は何で鳥と似てるの?「烏」と「鴉」の違いは何?カラスにまつわる漢字を解明!.

烏という漢字は何で鳥と似てるの?「烏」と「鴉」の違いは何?カラスにまつわる漢字を解明! 公開日 : 2016年12月25日 / 更新日 : 2016年12月19日 漢字の読み方がわかりません。「県」に似た漢字です。卐の↘向きのやつと、卍の↙向きのやつが目の部分の下についてます。で、その左右にπを縦に割ったようなのがついてます。熟語の1つ目の漢字なんですけど、2つ目の漢字は「立」です。ご
Oops!

In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript! It appears that you have disabled your Javascript. 漢字文化資料館ホーム > 漢字Q&A〈旧版〉 > 「鳥」が部首になるときは、「鴨」「鴫」「鷹」「鳶」のように、ほとんど右側(旁の位置)か下側(脚の位置)に来ます。 どうして左側(偏の位置)に来ないのでしょうか? (c)Taishukanshoten,2016 Copyright (C) 2020 カラス白書 All Rights Reserved.

鴨(かも)は、野生に生息しているカモのことです。英語では 、単に “duck” と言うか、区別するために“wild duck (野生のカモ)” と言います。鴨には色々な種類がいます。鴨は冬の季語でもあり、古くから日本で見られる冬鳥として親しまれてきました。 アヒルの祖先であるマガモは、カモの中でも代表的な種類です。漢字では「真鴨」と書きます。オスは青緑色の首が特徴的なため、別名「青首」とも呼ばれます。マガモだけでなく、カモのオスは繁殖期に羽の色が鮮やかな色に生え変わるものが多いです。 … 以前の漢字文化資料館で掲載していた記事です。2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。, むむむ……。難しいけれど、興味深いご質問ですよね。白状すると、このご質問にきちんとお答えできるだけの知識は、私にはありません。でも、おもしろいですから、ちょっと考察をめぐらしてみましょう。まず最初に、事実を確認しておきましょう。小社の学習用漢和辞典『新漢語林』の鳥部には、合計203字が収録されていますが、その中で、「鳥」が偏(へん)の位置に来ているのはわずかに11字、5.4%です。現代生活で目にする漢字としては、「鳥」が偏の位置に来るものは、極めてすくないといえるでしょう。この理由としてまず頭に浮かぶのは、「鳥」が左側に置かれると、字形のデザイン上、バランスが悪いのではないか、ということです。そこで、偏の位置に置かれることが少ない部首がほかにもないか、探してみましょう。すると、「攵(のぶん)」「殳(るまた)」「戈(かのほこ)」「頁(おおがい)」などが見つかります。これらに共通するのは、最終画が、左上から右下へ向かって書かれる、ということです。しかし、「鳥」はこれには該当しません。しかも、「鳥」と似たような形の「馬」は、圧倒的に偏の位置に置かれることが多いわけですから、どうも、バランス感覚の問題ではないようです。ここで鋭い読者のみなさんは、漢字の悠久の歴史に思いを馳せて、大昔の古い字形のころには、「鳥」を左側に置くのはバランスが悪かったのではないか、とおっしゃることでしょう。その点を確認するために、1世紀ごろに作られた『説文解字(せつもんかいじ)』という字書を調べてみましょう。鳥部に所属する122字のうち、「鳥」が偏の位置に来ているのは30字、24.6%もあります。『説文解字』は篆文(てんぶん)という古い字形で書かれていますから、篆文の時代には、「鳥」が偏の位置に来るとバランスが悪い、という感覚はあまりなかったのではないか、と推測できます。以上の考察から言えることは、「鳥」が偏の位置にあまり置かれなくなったのは、おそらく、私たちが現在使っている楷書(かいしょ)の時代になってからであること、そしてその理由は、漢字の普遍的なデザイン上の問題ではない、ということです。そこから先は、申し訳ないのですが、私の手には負えません。読者のみなさんで、いろいろと考えてみてください。何か思いついた方は、ぜひお知らせください。新説・珍説、大歓迎です。, 漢字文化資料館ホーム > 漢字Q&A〈旧版〉 > 「鳥」が部首になるときは、「鴨」「鴫」「鷹」「鳶」のように、ほとんど右側(旁の位置)か下側(脚の位置)に来ます。どうして左側(偏の位置)に来ないのでしょうか?, 姓名判断では、「理」という漢字が11画だったり12画だったりしますが、どう数えれば12画になるのですか?, 「凛(りん)」の右下の部分が「示」ではなく「禾」になっている字が、パソコンで出ないのですが、どうしてでしょうか?, 「贔屓(ひいき)」という熟語は中国語にはないそうですが、もともとどういう意味なのでしょうか?. カラスはみんなに嫌われていて、鳥の中のはみ出し者だから、鳥とは区別をして烏っていう漢字を当ててるのだろうか?, 「鳥」という漢字は、トリの全身をかたどったもので、漢字の上部が頭、下部の点々が足となっております。, 「鳥」にはあって「烏」にはない一本の線は何を表しているのかと言うと、実は目なのです。, トリであれば目がはっきりとわかるのですが、カラスだと全身が真っ黒なため、目がどこにあるのかわかりません。, 「烏」と「鳥」の違いはわかりましたけど、カラスのもう1つの漢字であります「鴉」との違いは何なのでしょうか。, 「鴉」の方は、意味を表す文字と読みを表す文字が組み合わさって構成された形声文字です。, 通常であれば音読みは、音を構成する部分の読み(ここでは「牙(ガ)」)となりますが、現在では「鴉」の音読みは「ア」となります。, 何だか煌びやかなイメージがある「雅」ですが、カラスの意味だとわかるとちょっと見る目が変わっちゃいそうですね。, 私は「烏」しか知りませんでしたので、他にもカラスを表す漢字があったのを知って非常に勉強になりました。, 何気なく見ていた「烏」の文字にもそのような意味があったとは、漢字も奥が深いですね。, 家族や友達と歩いている時にカラスを見かけたら、雑学としてこの漢字の事を話してみるのもいいかもしれませんよ。, 「カラスの不思議を解決!!カラスはなぜ日本に多いの?カラスが嫌われている理由は何?」.