現代でも、体温が高い方が免疫力がアップして健康的な身体を作りやすいと言われています。理由は「血液の巡りが良くなるから」です。脈拍も200近いのであれば、血液がどんどん身体を巡っていて、身体中に酸素が行き渡ります。鬼と違って特殊な力がを持たない人間が、ここまで人間離れした状態にならないと無惨には勝てないということですね。

#鬼滅の刃 #甘露寺蜜璃 #色塗り, コ. 人間の限界の力を引き出すことが出来るのが「脈拍200以上、体温39℃以上」であること。痣が出て初めて、鬼殺隊の本領発揮できる、鬼よりも優位に立てる状況を作り出せるのではないでしょうか。さらに、赫刀は痣者がさらに体温を上げることによって赤くなると仮定すると、40℃~43℃近くまで体温を上げることで赫刀が発動する。 すなわち、痣の力が産屋敷一族の「呪い」をデメリットとする鬼の力そのものであるという可能性がある。, 痣の共鳴についても、痣が「呪い」と同質の病であると考えると、「伝染」という形で広がっていくことにも説明がつく。 発現条件である体温39度以上、心拍200以上という状態を鑑みても、病という表現は的確であると言えよう。, 痣による死については例外がいたとのことだが、この例外については、痣が病であると仮定した場合、病に対して免疫を持つ者がいたということになる。, 生まれた時から痣が発現しているものであれば、痣の起こす影響に対して体が十分に慣れており、免疫を持っていてもおかしくない。, 日の呼吸の選ばれた使い手は生まれながらに痣を持つので、痣が発現しても25歳までに死なずに済む可能性は高いと言える。, 明かされている情報が少なく、推測に推測を重ねた形になってしまうが、鬼との関連性について、これから作中で明かされる情報に注目である。, 特に、現在戦闘中の上弦の壱・黒死牟が痣の更なる秘密を握っていると思われるので、一層目が離せない。. 伊黒も痣を出現させることが出来ていて、服で見えませんが左腕の辺りに蛇のような痣が出来ているようです。 痣が第一トリガー、赫刀が第二トリガーと仮定すると、第二トリガーまで外しているほうが強いはずなので、やはりこれからの戦いのキーマンになるのではないでしょうか。伊黒の死亡フラグが酷いですが、一矢報いる戦いをして欲しいですね。, © 2020 

西城秀樹の主な代表作... 梅田阪急から泉の広場への簡単な行き方は?大阪・梅田ダンジョンの迷わないための攻略法も. 発現し、維持することができれば、腕力、速度など、飛躍的な戦闘能力の強化を行うことができる。, ひとたび痣を発現した者は例外なく25歳になる前に死ぬという文字通り致命的なデメリットがある(単行本未収録170話)。, 上弦の壱・黒死牟によれば、25歳を過ぎて痣を発現した場合、その日のうちに死ぬ(単行本未収録170話)。, なお、黒死牟は明言しなかったが、痣を発現して尚25を超えて生き続けた者がいた模様(単行本未収録170話)。, そしてそれは耳飾りの剣士・継国縁壱であったことが分かった(単行本未収録174話)。, 全集中の呼吸について、真菰から語られた「人間のまま鬼のように強くなれるの」(第1巻5話)を受けて、これを単なる比喩ととらえず文字通りの意味で受け取ったもの。, 痣の発現の前提条件が事実上「全集中の呼吸の習得」「全集中・常中の習得」になっていることから、痣の発現は、先の「人間のまま鬼のように強くなれる」が行き過ぎた状態であると考えられる。, ここから逆算して、鬼の身体能力の高さが「全集中の呼吸」の身体能力強化によるものであると仮定すれば、全集中の呼吸の行き過ぎにより鬼化する説も説得力を持つ(鬼でありながら全集中の呼吸を使う者(上弦の陸・獪岳、上弦の壱・黒死牟)が現れたことでこの説は説得力を失った)。, 上弦の肆・半天狗(憎珀天)が指摘した「鬼の紋様に似ている」も、鬼化する一歩手前の段階であると考えれば、辻褄が合う。, 鬼殺隊である以上好んで鬼になる者など一人もいるはずがなく、その意味でデメリットとしては絶大のものである。, もし鬼になってしまったとしても、近くに別の鬼殺隊員がいれば頸を斬らせることですぐさま処置ができ、もしいなくても、自らの日輪刀で頸を斬ればすぐに対処できるという意味で、あえて鬼化のデメリットを背負ってでも痣の力を使うことはそれなりに合理性を持つと言える。, また、珠代が鬼を人間に戻す薬を完成させたことで、このデメリットも帳消しにできるようになったため、どれくらい薬が用意できるかにもよるが、リスクを背負って痣を使用できる環境が整ったと言える。, 170話にて上弦の壱・黒死牟から痣発現の代償が「25歳までに例外なく死ぬ」と語られたことで、この仮説は誤りであることが分かった。, 日輪刀は、所有者の呼吸への適性によってその色が変わるが、痣も発現した者によってその形状がそれぞれ異なっており、それぞれの剣士が使用している呼吸の系統におおむね沿った形をしている(風柱・不死川実弥の風の呼吸⇔風車形が顕著)。, 竈門炭治郎は額に炎のような形状の痣を持つが、耳飾りの剣士、上弦の壱・黒死牟も同じような形状の痣を持つ。, 始まりの呼吸の剣士と同じ形状の痣を持つことから、炭治郎が最も適性を持つ呼吸が日の呼吸であることが示唆されていると言える。, さらにさかのぼると、痣の形状と日輪刀の色変わりが同質のものであると仮定するなら、痣の形状から日輪刀の色が持つ性質を類推することが可能である。, 「痣の者は25歳になる前に死ぬ」ことが明かされたが、「いつ」「どのように」死ぬかは示されていない。, 産屋敷家当主は代々短命で、30年と生きられない(第16巻137話)。

「これ程までに…研鑽し極められた肉体と技が…この世から消えるのだ…嘆かわしいと思わぬか…」

◽︎ 是非いいねお願いします♔.゚ .

しかし、他の柱たちよりも的確に「考える」ことが出来ているので、攻撃を避けながら、無惨に少しでもダメージを与えられるように攻撃を繰り返していました。 ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。 あにこみっ!, All Rights Reserved.

あるいは、病で変質した皮膚が、本来は痣として発現するべき部分であった可能性もある。, 痣の者は25歳に近づくにつれて徐々に痣が発現しなくなり、産屋敷一族のような病に姿を変え、最後には死に至ると考えられる。

鬼滅の刃 【鬼滅の刃】柱に現れた痣の秘密とは?発現条件やデメリット考察 無惨様率いる鬼をホフるべく結成された鬼殺隊。彼らは、鬼と互角以上に戦うために肉体強化に日々励んでいます。 これが縁壱の強さの秘訣であり、過去に無惨を追い詰めたときの鬼殺隊の人間が起きていた状況だと思うので、全員が赫刀になるとかなり強いのではないかと考えています。, 痣の発動条件は、体温39℃以上・脈拍200近くでるとすでに明かされています。そもそもそんな状態で動ける人間がいるのかというと謎なのですが、インフルエンザで体温が上がった時に、脈拍200近くまで持ち込むことが出来れば痣が出来るかもしれませんね! 「産屋敷家当主の病は痣の者の最期と同じ」仮説と近似のもの。, 痣の者が現れる時期が近いのは、単に痣の力を必要とするような激しい戦いがあるからであると考えることもできるが、短期間に複数人が同時に痣を発現するのはいささか出来すぎている。, 痣の発現をある種の病とし、一人が発現したらそれが他者に伝染することで、連続的に痣の発現が起こっていくと考える。, 痣を病と見立てることで、発現の条件である体温39度以上、心拍200以上という症状、25歳までに死ぬという強烈なデメリットも、ある意味当然の結末であるとみなすこともできる。, 「産屋敷家当主の病は痣の者の最期と同じ」仮説を前提にした場合、産屋敷家当主と接する機会の多い柱に集中的に痣が発現していることとも符合する。


逆に、この状態を維持することができれば、痣が発現できるとされる。, 柱、あるいはそれに匹敵する高い基礎体力があればこそ痣の発現及び維持が可能であると思われる。, 始まりの呼吸の剣士の一人の手記に「痣の者が一人現れると共鳴するように周りの者たちにも痣が現れる」との文言があり(第15巻128話)、その言葉通り、竈門炭治郎が痣を発現して以降、次々と痣を発現する者が現れている。, 痣が発現している間、身体能力が著しく向上する。

【鬼滅の刃】鬼殺隊の階級一覧|現在の階級と柱になる条件について; 鬼滅の刃205話最終回のネタバレ考察|現代で青い彼岸花が究明され、真に平和な世界へ…。 【鬼滅の刃】現代の子孫・転生者まとめ|受け継がれている要素と細かい設定について
そうでなければ、黒死牟が語った嘘と手記の内容が一致するのはおかしい。, また、25歳を超えても生きられる者の存在をわざわざ隠蔽していることから、その存在が黒死牟にとって何らかの不都合を生じるものであることも予想される。

漫画「鬼滅の刃」の戦闘技能痣の者について考察する。. 「鬼となることで肉体の保存…技の保存ができるのだ…」 ・痣者であること 描かれなかった物語を語ろう 物語をもっと面白く、アニメとコミックの参加型コミュニティ。月間85万人来訪突破! #質問 #回答 #考察, 『描かれなかった物語を語ろう』 物語をもっと面白く、 アニメとコミックの参加型コミュニティ。 月間85万人来訪突破! #質問 #回答 #考察, 新年初鬼滅である、189話の考察です。188話では甘露寺への想いを告げずに走り出すという、死亡フラグ全開だった伊黒小芭内ですが、今回もまだ死にませんでした!何なら痣が出現しました! これで現在生きている柱はすべて痣者となったようです。そして伊黒に関してはラストシーンで赫刀も現れました。そのあたりが今後の展開の伏線となっていそうなので考察していきます!, 188話で伊黒の過去が明らかになり、現在戦っている柱4人のなかで一番戦果を挙げていないのが自分であると認識している伊黒。地下牢で過ごしていた時に箸よりも重いものを持ったことがないので、握力や力が人よりも少ないと自覚しているようでした。 黒死牟の動揺からしてどうやら事実である模様。, 痣を発現し、25歳を超えてもなお生き続けた者が誰であったかは明かされていないが、おそらくこの人物こそが黒死牟が鬼になる最大の動機となった人物であると推察される。, 黒死牟は その途中、禰豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。, (C)吾峠呼世晴 大阪の梅田地下街にある「泉の広場」への簡単な行き方... 「やばたにえん」の元ネタ、発祥についてまとめてみました! 188話で伊黒の過去が明らかになり、現在戦っている柱4人のなかで一番戦果を挙げていないのが自分であると認識している伊黒。地下牢で過ごしていた時に箸よりも重いものを持ったことがないので、握力や力が人よりも少ないと自覚しているようでした。しかし、他の柱たちよりも的確に「考える」ことが出来ているので、攻撃を避けながら、無惨に少しでもダメージを与えられるように攻撃を繰り返していました。伊黒も痣を出現させることが出来ていて、服で見えませんが左腕の辺りに蛇のような痣が … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); テレビショッピングでも人気の「アセチノディープコア」。

ま... 石原さとみさんの新恋人として注目を集めているSHOWROOM社長の前田裕二さん。前田さんの総資産や収入等につい... 俳優の馬場良馬さんが所属事務所から活動停止処分を受けました。一体何が理由なのでしょうか?調査してみました。 鬼滅の刃 【鬼滅の刃 考察】痣を発現した者たちとその特徴【きめつのやいば】 みなさんこんにちわ、ここなです。 今回の記事は「痣についてもう一度考えてみた」についてです。

と語っている(単行本未収録170話)。, このことから、人間のころに痣を発現して死に近づいた時、痣を発現しながら25歳を超えてなお生きる者を目の当たりにして、己の肉体と技だけが不公平・不平等に失われることを強く嘆き、鬼になったと推測される。, 始まりの呼吸の剣士の一人の手記にもわざわざ「25歳になる前に例外なく死ぬ」ことが記されていたことから、この手記の筆者は黒死牟本人である可能性が高い。

力が弱い伊黒ですが、かんざしで牢屋の壁を切ったように、ピンチの時に力を発揮することが出来ると知っている。そんな伊黒は最後「万力の握力」を得たようです。今まで力がなかった伊黒が万力の握力を手に入れたということなのでしょうか。

痣=病の仮説に基づくのなら、病に適応し、免疫を持ったということができる。, また、別の話の例外で、黒死牟が「稀に無惨の血を受けても鬼にならない体質の者がいる」(単行本未収録145話)と語っている。, 「産屋敷家当主の病は痣の者の最期と同じ」仮説のもとになる「痣の力=鬼の力」説を支持するなら、, という図式が成立する。

あるいは逆に、25歳に近づくにつれて痣の発現が広がって止まらなくなり、産屋敷一族のように皮膚が変質し、死に至るのかもしれない。, なお、この仮説の基礎になる「鬼の力=痣の力」が真の場合、珠代が完成させた鬼を人間に戻す薬により、痣の代償による死を回避、もしくは先延ばしにできる可能性がある。, 「痣の者が一人現れると共鳴するように周りの者たちにも痣が現れる」ことが始まりの剣士の一人の手記に記されている。, これを単なる偶然とせず、何らかの原因によるものとする仮説。 アセチノディープコアが本当に効果があるのか?決し... 2019年12月に新しく生まれ変わった「泉の広場」。

炭治郎によれば、炭十郎は生まれつき額に薄い痣があったとのことで、これが25歳を超えても生きられる条件の可能性がある。, この薄い痣が炭治郎たちに発現している痣と同じものであるかは不明だが、もし同じものである場合、炭十郎は痣を発現してもなお25歳を超えて生き続けた例外の一人ということになる。, 元柱・煉獄槇寿郎によれば、「日の呼吸の選ばれた使い手は生まれつき赤い痣が額にある」とのこと。 唯一、一命をとりとめていた妹・禰豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。 無惨様率いる鬼をホフるべく結成された鬼殺隊。彼らは、鬼と互角以上に戦うために肉体強化に日々励んでいます。, 呼吸法を極めていくことで、身体能力の向上はもちろん、技のレパートリーが増え、大技や奥義、新技の習得も可能だ。, しかし、鬼殺隊最強メンバーである柱を中心に、さらなる身体強化を実現させたものたちが現れる。それが痣の発現である!, 痣については、すでに明らかになっていることが多い。単行本15巻において、(先代)お館様の妻・あまねによりその歴史が明かされた。, あまね曰く、痣が最初に発現したのは、始まりの呼吸の剣士たちだという。「たち」と複数形になっていることから一人ではなかったようです。, はじまりの呼吸の剣士とは、現在鬼殺隊が使いこなす呼吸法を最初に使った人たち。戦国の時代、継国縁壱という一人の天才剣士により広まった。, 何種類と呼吸法は存在するが、派生を辿ると、縁壱が使っていた「日の呼吸」に必ず突き当たる。それゆえ、日の呼吸をはじまりの呼吸とも呼ぶ。, しかし、日の呼吸を使えたのは縁壱のみで、それ以外のものは日の呼吸から派生した別の呼吸しか習得できなかった。, そして、縁壱によって呼吸法が広まっていったこの時代、縁壱に呼応するように一部の剣士に痣の発現し、彼らをはじまりの呼吸の剣士と呼ぶ。, はじまりの呼吸の剣士たちに発現した痣だが、なにがキッカケで発現したのか。痣が発現する条件は主に二つ確認されています。, とはいえ、普通の人間であれば死んでもおかしくない状態。日々の鍛錬で肉体を強化し、なおかつ呼吸法を極めた柱だからこそ耐えうる状態。, また、条件と言っていいのか難しいところですが、痣の者が一人現れると、共鳴するように痣発現者が現れることも分かっています。, 痣発現時の異常な体内状況を考えると、リスクなしで使えるとは思えない。やはりというべきか、痣発現による代償は存在する。, ただでさえ呼吸法により身体能力を極限まで高めているなかで、痣発現によりさらなる身体向上は、体が悲鳴を上げてもおかしてないレベル。, 痣の発現は、寿命を前借りしなければ体現できない状態なのです。そのため、痣発現者は25歳を迎えることなく命を賭してしまう。, 25歳を迎える前に死亡となると、悲鳴嶼さん(現在27歳)の場合はどうなるのか。169話にて、痣を発現することに成功させていた行冥。, このとき、上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)は「今宵の内にも死ぬだろう」と発言、現柱最強の男をもってしても、痣発現による体の負担は想像以上だったことが分かる場面でした。, 人間が鬼化する理由はさまざまですが、こと鬼殺隊が鬼化するきっかけは「さらなる高み」という武へのあくなき探求です。, そこにあるのは自分は特別な人間という根拠のない自己評価。過剰な自己陶酔バカ野郎が鬼化した人間の正体と言えます。, しかし、行冥らは人として生き、人として死ぬことに迷わなかった、黒死牟の鬼化への勧誘も当然ガン無視です。, 煉獄さんのときもそうだけど、人間の儚さを受け入れる彼らの意思は鬼化した奴らなんかに負けるはずはない、と思ってしまうよね。, 煉獄さんは「強さは肉体だけではない」といってたけど、このセリフは鬼殺隊の根底に流れている信条なんです。, それは、先代お館様の遺言となった「想いは不滅」にも通じることであり、だからこそ鬼殺隊が滅ぶことはなかったのだ!, ここまで、痣発現の条件についてお話してきましたが、痣発現者が例外なく25歳になる前に死ぬかといえば、どうもそうではないらしいのだ。, この事実が明らかになったのが単行本20巻でのこと。日の呼吸の使い手であった縁壱が、25歳という寿命縛りの例外だった。, ただ、縁壱の場合、痣が発現したのかどうか実は微妙なところ。というのも、縁壱は生まれつき顔に痣が発現していたからだ。, さらに、幼少期にすでに透き通る世界をも体現しているようなセリフもあり、縁壱を例外にすべきか躊躇するほど別格なキャラではある。, とはいえ、痣はある(生まれつきだけど)ため、例外となるようだ。そして、例外の可能性を秘めているキャラがもう一人。, 炭次郎は現鬼殺隊の中で最初に痣を発現させた人物。はじめて痣が発現したのが、上弦の陸・堕姫・妓夫太郎戦のとき。, 妓夫太郎の首をはねるときに痣が発現し、身体能力が劇的に向上し、みごと首をはねてみせた。ここから、他のものも次々に痣が発現していった。, 炭次郎は縁壱のように痣がもともとあったわけではない。額にあるのは痣ではなく、幼少期につけた傷(ややこしいw)である。, 炭次郎ははじめは鱗滝さんから水の呼吸を教えてもらうも、その後、ヒノカミ神楽の呼吸という、日の呼吸と関係のある呼吸の使い手になった。, 縁壱と共通する部分もあるにはある。炭次郎の記憶には縁壱がたびたび登場することから、何らかの関係はあるかもしれない。, さらに、炭次郎は肉体強化をしていくたびに痣が大きくなっていくのも気になる伏線です。ここらへんも今後関係してくるのかね。, ただ、だからといって縁壱と同じく、25歳を超えても生きるとは限らない。とはいえ、流れからして長生きしそうではある。, 炭次郎以外にも痣発現の気になるキャラがいます。それが、風柱の弟にあたる不死川玄弥(げんや)のケース。, 玄弥は鬼殺隊に入隊はしているものの、呼吸が使えない隊士。そのため、鬼と対等以上に戦うために鬼を喰らうことで肉体を強化している。, はじまりの呼吸の剣士しかり、これまで呼吸の使い手によって痣の発現が見られたが、そうした意味では玄弥は例外と言えます。, このことから、条件さえ満たせば、鬼であっても痣発現の可能性は捨てきれない。ただ、鬼が今まで痣を発現させたことがあるかは不明。, ちなみに、黒死牟は人間のときにすでに痣は発現しており、己の短命を悟り鬼になったことから、痣発現者が鬼化しても痣の発現はするようです。, ただ、人間が鬼化したときの特徴に、模様が浮き出る現象が見られるけど、これって痣発現みたく身体能力向上から紋様が浮き出るみたいな設定ってあるのかな、気になるところ。, これまでに痣が発現したキャラは炭次郎をはじめとして、一部の柱メンバー、玄弥、そして、はじまりの剣士たち、鬼に堕ちてしまった黒死牟。, ちなみに、伊之助や善逸は痣の発現はしておらず、無惨との最終決戦が終結した後も長く生き続けることができる。, 痣発現により寿命がどうなってしまうのか。ここらへんは気になるところ。主人公が最後の最後まで生死不明な展開とはさすが鬼滅、容赦ないなw. ドラマ・アニメ・番組・映画 鬼滅の刃・痣者(あざ)キャラまとめ!色や発現条件・25歳で死ぬ理由も 漫画・アニメ「鬼滅の刃」で痣(あざ)が発現したキャラクター・登場人物をまとめました。また痣の色や25歳で死ぬといわれている理由についても! 炭十郎の例と合わせて考えれば、日の呼吸の選ばれた使い手は、痣の発現にもかかわらず25歳を超えても生き続けられるということになる。, 生まれつき痣を持つ者は、痣の力に生まれながらにさらされていて、それに適応することにより25歳になっても生き続けられるのではないかと考えられる。

もちろん、単純に痣の者の発生を抑止するためだけに書いた可能性もある。, 痣を発現してなお25歳を超えて生きられる条件はわかっていないが、一人これに該当しうる者がいる。, 炭治郎の年齢をどう逆算しても、炭十郎の享年は25歳よりも年上であったと考えられる。 当主産屋敷耀哉は享年23歳で、痣の者の死期と近い(第16巻139話)。, 産屋敷家に代々伝わる呪いは、強制的に痣を発現する者と同じ状態(体温39度以上、心拍200以上)にするものであり、痣の者の最期もまた、産屋敷家の病と同じものによるものであるとする仮説。, この説は、痣の力が鬼にならずとも鬼の力と同質のものであるという仮定に基づくものであり、無惨の力もまた痣の者の力と同質であるということを導く。 痣のメリットは身体能力の大きな向上です。 鬼の紋様と似た痣が浮き出てきて人ならざる能力を手に入れることができます。 おそらく鬼と遜色のない、もしくはそれ以上身体能力を手に入れられるものであると思われます。 「やばたにえん」が流行なら「了解道中膝栗毛」も流行... Twitterでたびたび話題になっている「体育座りの鶴」の折り方・折り紙の方法についてまとめました。 鬼滅の刃 【鬼滅の刃 考察】炭十郎の痣と縁壱の関係性 etc.【きめつのやいば ネタバレ】 みなさんこんにちわ、ここなです。 今回の記事は「炭十郎の痣から見えてきた事」についてです。 それ …