請求書の書き方例と注意事項 1. 担当者あて……まずは社名、部署名を書きます。次に行を変えて氏名→様の順に書きます。 (請求書在中と記載しよう) 請求書が完成したら、封筒に入れ、必要な場合は送り状を同封して発送します。 請求書について知っておくべき書き方の基本から、トラブルを防ぐために役立つ豆知識まであらゆる範囲を解説しています。請求書の書き方や作成、送り方で悩んだら、一度確認してみてください。請求業務に関連する全てが詰まった記事です。 請求書の形式において、法律上の決まりはなく、手書きやエクセル、作成ソフトなど、どんな形式でも問題はありません。 しかし、その内容に記載するべき必要事項や、実務的に記載した方が良い項目がありますので、支払いを確実に受けるためにも、正しい書き方や送付方法を学んでおきましょう。

請求書は、自社のサービスや商品に対する料金の支払いを求めるために発行します。そのため、ビジネスの現場で目にする機会が多い書類ですが、具体的にどのような情報を書いておくべきでしょうか。請求書の必要性と、正しい書き方や送付方法について解説します。 (→請求書作成サービス「misoca」はこちら), 今回は請求書の書類上に記載する、取引先の会社(個人)の宛名の書き方を説明します。 […], 請求書の役割 請求書は「お金を受け取るため」に発行します。また、「お金を払ってく […], 支払い期限はどのタイミングで誰が決める? 支払い期限は事前に取引先へ確認をします […], 請求書を書く前に下記のことを取引先に確認しましょう。取引前に契約書などに記載をし […], 訂正印は使わずに再発行しましょう 書類に誤字脱字があった場合、二重線で消して訂正 […]. 郵送する場合、請求書は親書となりますので、宅急便は使わず郵送しましょう。, 請求業務を負担に感じる方には、無料でサクッと手軽に請求書作成ができるクラウド請求書作成サービスの利用がおススメです。 「明細書―請求内訳明細書(請求内訳書・請求明細書)(縦向き)」のテンプレート(書き方・例文・文例と様式・書式・フォーマットのひな形)の1つです(他9件あり)。本テンプレートはエクセルで作成した縦向きの請求内訳明細書の書き方・作り方の例です。 Copyright © Yayoi Co., Ltd. All rights reserved. ‚éÛ‚̏ãŽè‚Èà“¾‚ÌŽd•û, ŠÈˆÕ…ôƒgƒCƒŒ‚̃ƒŠƒbƒg‚ƃfƒƒŠƒbƒg‚ɂ‚¢‚Ä, “dŽÔ‚ÌŽÔ—¼‚ɐݒu‚³‚ê‚Ä‚¢‚éƒgƒCƒŒ‚Í‹‚‚ÝŽæ‚莮H‰Æ’ë—p‚Ì‹‚‚ÝŽæ‚莮‚Ƃ̈Ⴂ‚Æ‚Í. (→請求書を書く前に確認しておくこと), 請求書を書き、作った後は送付です。送付前には請求書の内容に間違いがないか、送付先に誤りがないかを再確認しましょう。 請求先の宛名 会社名を書きます。担当者名、所属部門まで書くと親切です。(→請求書の宛名の書き方) 2. 上記の通り、請求書の支払いを行うために必要な情報を記載します。 では具体的にどのように何を書くべきなのかと言うと、基本としてまず1つの項目で最低限でも記載しなければいけません。 1 請求書を発行することによって、商品やサービスを提供した側は、「何に対する料金をいつ請求したのか」を証明することができます。 各書類を作成する画面には、入力必須項目や消費税(内税・外税)や源泉税などの計算式があらかじめ設定されているから、入力漏れや計算ミスを防ぐことができます。ロゴや社印も任意の登録したものを自動出力するので素早くかつ正確に作成することができます。 請求書とは、取引先へ納品した商品の料金やサービスの対価を請求するときに発行する書類です。 請求書作成サービス「Misoca」はシンプルな操作でキレイな見積書・納品書・請求書を素早く作成、送付、管理できるサービスです。 取引内容に単価がない場合は書かなくても問題はありません。また、数量については、「一式」などまとめた表現で記載することができます。 請求書の発行日 発行日のルールは事前に請求先と確認しましょう。 … 請求書の送り方は郵送、FAX、PDFをメールする方法が一般的です。 三井住友VISAカードプレゼンツ「ビジドラ~起業家の経営をサポート~」では、経営者・個人事業主・スタートアップの担当者が知っておきたいバックオフィスの基礎知識をご紹介しています。経理/会計・税務・財務・法務・人事の各分野について、専門家監修記事で丁寧に解説します。, 請求書は企業にとって自社の売上に直結する重要な書類です。自社の商品やサービスの料金や代価について、支払いを求めるために発行します。 請求書は企業にとって、売り上げに繋がる重要な書類ですが、この書き方はご存知でしょうか。 「請求書の発行日」は、請求書を発行した日付を記載します。, ここで注意したいのは、発行日を請求書の作成日や印刷日にするのではなく、取引先の締め支払いに合わせた日付を記載するのが基本です。請求締め日は企業によって違いますので、請求書の発行日によっては、受取側の経理の処理月に影響してしまいます。必ず事前に取引先に確認をしておきましょう。, 「支払い期限(お振込み期限)」は必ず明記するようにしましょう。契約合意前に見積書で支払い条件を提示し、取引先の支払い条件とすりあわせをしておくとスムーズです。特に契約上の取り決めがなければ、支払日は支払う側の支払い規定となります。(たとえば「月末締の翌月20日払い」の場合、当月までに請求した代金は翌月の20日に支払われることになります。), あらかじめ支払規定について明確にし、書面に明記しておくことでトラブルの無い取引につながります。, 金額表記についても、とくに定まった形式やフォーマットがあるわけではありません。その分、単位や税抜きや税込みの表記方法に迷うことがあると思います。 ここでは、請求書の基本の書き方から、トラブルを防ぐための注意点まで徹底解説しています。, 請求書の記載事項は請求書作成者の都合だけで決めるものではありません。下記のことは必ず取引先に確認をしておきましょう。, 特に請求日について、いつ送る(郵送・メール)べきか、請求日(発行日)をいつにするのかは同日にならない場合が多い為、事前に取引先に確認しましょう。「◯日までに届かないと次の支払日に支払えない」というルールがあったり、請求書に記載する請求日はそれによって入金日が決まるので重要です。, 請求書を作成する時に必ず必要となる項目について、国税庁のタックスアンサーでは以下のように必要事項を定めています。, 但し、この5項目では実務上情報不足であることも多く、以下の項目も合わせて記載するのが一般的です。, 他には、消費税を別記したり商品の単価を記載するなど、請求書を受け取る取引先が内容がはっきりとわかるように作成するといいでしょう。, 請求書に記載する日付には、主に「請求書の発行日」「支払い期限(お振込み期限)」があります。 各内容の取引金額のほか、最下段に取引額を合わせた小計、小計額にかかる消費税、小計と消費税を合わせた合計金額を書きます。消費税が内税の場合は、「内税」と記載します。, 請求金額として、取引額をすべて合わせた小計に、消費税を足した合計金額を大きく明記します。法人化されていない弁護士や司法書士、税理士への支払いなど、源泉徴収の対象になることもありますので注意が必要です。, 請求書を発行する日を記載します。都度方式で、都度払いをしてもらえるのであれば、書類発行日(納品日以降)で問題ありません。 前月請求金額、入金額、繰越金額、当月請求金額、合計請求金額を分けて記載し、入金の流れが分かるようにします。, 請求書を書く際には、「相手に伝わる請求書」を作成することを意識しましょう。また、事前に取引先に確認しておきたい項目がいくつかありますので、忘れずに確認しましょう。事前確認を忘れたトラブルが最も多いです。

着手金を請求する場合、通常は着手金の請求書を用意します。しかし着手金という概念自体が分かりにくく、その請求書の書き方が分からないということもあるでしょう。ここでは、着手金の請求書の書き方についてお伝えします。 Copyright (C) dd=new Date();yy=dd.getYear();if(yy<2000){yy+=1900;};document.write(yy); Sumitomo Mitsui Card Co., Ltd. 仮に、4月末日を納期限とした100万円の取引があったとしましょう。この取引に関する入金がなかった場合、請求書を発行していないと「請求されていないため支払う義務がない」などと言われかねません。また、企業間取引において、不正な取引や支払いが行われていないか、会計監査の観点からも必要な書類となります。, 法律上は、請求書として記載が必要な項目は特に決まりはありません。ですが、実務上の慣習やマナーとして請求書に記載すべき項目がありますので、一般的な請求書を例に、記載しておくべき8項目を紹介します。, その書類が何であるのかを知らせるために、題目が必要となります。用紙、またはフィールドの上部中央、あるいは左上の目立つ場所に大きめの文字で「請求書」と記します。, 誰からの請求であるかという発行者の情報も、分かりやすく記載する必要があります。題目の右下あたりに記載するのが一般的です。会社名、住所のほか、社判を捺印します。社判ではなく、担当者やその上長の名前を明記し、各人の印判を捺印する場合もあります。, 請求先の情報は、左上に記載します。会社名は必須ですが、住所などそのほかの情報を記載するかは、発行する会社の都合によって決めます。住所や会社名を記してあて名代わりとし、封筒の窓から見えるように送付するケースもありますし、会社名のみを記すケースもあります。, 取引をした品名、単価、数量、金額などを明記します。 インターネット上には、ExcelやWordで作られた無料の請求書の雛形が多数存在しています。これらをダウンロードして自社の情報などを入力することで、請求書として利用できるようになります。なお、作成したファイルをメールで送付する場合は、保存形式をPDFや画像ファイルにして、第三者から改ざんされないようにしましょう。, ブランクの請求書用紙は、文房具店や100円均一ショップなどで購入することができます。この場合、1枚ずつ手書きとなるため、やや手間ですが、ゴム印などを活用して作成するといいでしょう。, 請求書に決まったサイズはありません。しかし、パソコンで作成するのであれば、A4サイズが一般的です。市販の請求書にはこれ以外のサイズもありますが、相手先企業の書類整理の手間を省くという意味では、A4のタイプを選ぶのがおすすめです。, パソコンで作成する場合も、印刷した請求書に捺印をしましょう。会社名の上に角印の社判を押すのが一般的なスタイルです。メール送付などができるよう、請求書を電子化する場合は、印章を画像ファイルに変換し、作成ソフトを使って書類上で捺印しても構いません。, 請求書に通し番号をつけておくと、書類の整理がしやすくなるのでおすすめです。経理で管理しやすい通し番号のつけ方を決めましょう。, 取引完了後、いつまでも請求書を発行しないと、支払いができずに先方に迷惑をかけてしまうことがあります。1ヵ月ごとであれば、その月の最後の取引完了後、都度であれば取引完了後に遅滞なく発行しましょう。, 備考として、振込手数料の負担について記載します。契約の段階でどちらが負担するのか決めておくと良いでしょう。, 消費税の都合などで金額に端数が出てしまった場合は、自社の規定に従って処理を行います。どのように処理をするのかに法的な決まりはありませんが、毎回同じように処理するようにしてください。, ほとんどの企業が、紙による請求書で処理しているのが現状です。そのため、請求書は郵送で送付することが一般的といえます。ペーパーレス化や郵送コストの観点から、電子化された請求書をメールで受け取りたい企業も増えてきてはいますが、取引先に確認をとって、請求書を送付しましょう。, A4サイズの請求書をそのまま郵送すると、封筒が大きくなり、その分郵送コストがかかります。三つ折りにして、長3サイズの封筒に入れて送りましょう。, 請求書だけを封筒に入れて送るのは失礼にあたります。中に何が入っているのかを知らせるためにも、カバーレターをつけましょう。, 請求書は信書にあたるため、メール便で送ることはできません。普通郵便で送りましょう。, 請求書は、取引先に請求情報を伝え、入金してもらうために必要な書類です。 請求書を郵送する際の封筒の書き方、封筒の書き方について詳しくはこちらでご紹介しています。. 表記ポイントは以下の3点が挙げられます。, そのほか、請求内容を把握しやすくするために、下記のように金額を記載することも大事です。 請求書やその内訳書の書き方について . そのため、ビジネスの現場で頻繁に目にする機会が多い書類ですが、具体的にどのような情報を書いておくべきでしょうか。請求書の必要性と、正しい書き方や送付方法について解説します。, 請求書は、取引相手に対して、請求金額を知らせるために発行するものです。取引相手は、請求書を見て自社の控えと照らし合わせ、支払いを行うことになります。 請求書は、取引の度に発行する「都度方式」と、一定期間(多くの場合はひと月分)の取引をまとめて発行する「掛売方式」があります。取引頻度が低い場合は都度方式でも問題ありませんが、頻度が高い場合、何度も請求書を発行するのは手間ですし、取引先でも処理の手間がかさんでしまいます。頻度が高い場合は、掛売方式にして取引内容をまとめて記載しましょう。その場合は、各取引の年月日も合わせて記載するとより正確です。