新世紀エヴァンゲリオンの登場人物(しんせいきエヴァンゲリオンのとうじょうじんぶつ)では、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』およびそれを原作とした漫画版やゲーム、アニメ映画に登場する人物について記述する。 エヴァ旧劇考察第3段です!! 今回のテーマは"エヴァンゲリオン誕生秘話"です。 筆者の一番好きな碇ユイのお話しですよ~↑↑ 前回の記事はこちらから☟ tomaonarossi.hatenablog.com 目次 決戦兵器エヴァンゲリオン ゼーレ周辺組織 初号機は"特別な"エヴァンゲリオン ユイさんの真意 決戦兵器エヴァ… 以下、作品のネタバレを含む。

【新世紀エヴァンゲリオン】碇ユイの死因. 新世紀エヴァンゲリオンというアニメに登場する主人公、碇シンジの母親、碇ユイについて、こういうご意見を見た。, まさしく、同意する所ですね。 まあ、ワルという言葉の概念が僕とは若干違うんですけど。碇ユイは悪人ではないんですけど、もうどうしようもない奴ですよなあ。 自分の目的=人類の目的=人類の幸福と本気で考えてるし、そのために世俗の幸福を捨てられる自分は美しいとさえ思っているようなところが在る。 しかも、ユイのことを知っている人はほとんど死んでるかユイにベタぼれ、もしくは逆らえない息子なので、誰もこの女を止めない。 作品内でも、エヴァは恐ろしいんだが、ユイ自体は清楚であり理想の女性の象徴と言う風に終始描いて在り、非常に美しいんだが、最近は、それが怖いんです。, キチガイばかりのキャラクターの中で、一人だけ、唯一、未来に希望を持った女性。優秀な科学者であり死後も主人公を守る母。まさに完璧。, 高校生の時の読書感想文も、碇ユイの名言「生きていればどこだって天国になるわよ」に感動したと書いた。, あの頃書ききれなかった感想を成人男性の脳でまとめると、こうだ。「世の中にはなんだかどうしようもない陰謀とか天変地異とか戦争とか事件とかあって、憎んだり憎まれたり、死んだり死なれたり殺されたり殺したりします。そんな世の中でも生きていれば天国に作り変えていけるんだ、作り変えていこうと言う気持ちが、なんかいいよね。シンジ君もその言葉で再生したし。」だが、しかし「どこだって天国になるわよ」とか、いい言葉だなあと思ってたんですけど、富野信者になったりなどの寄り道をすると、, 「そりゃあ、あんたが何人も殺して無理やり自分の天国を作ってるからでしょうが」とか思うようになってたんだなあ。と今日気付いた。, 「玖足手帖」というはてなブログでアニメ感想を書いていましたが、noteの人にも読んでほしくなったので、過去に埋もれた人気記事を発掘して載せていきます。 綾波レイと碇ユイはあまりにも似すぎている? 碇ユイが初号機に取り込まれる 碇ゲンドウが碇ユイのサルベージから綾波レイを生み出した 綾波レイは肉体の半分が碇ユイで半分はアダム 綾波レイが心を開くのは碇ゲンドウだけ?

碇ユイ(いかり-)とは、『新世紀エヴァンゲリオン』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の登場人物。 cvは林原めぐみ。. 碇シンジの母にして、碇ゲンドウの妻。かつてEVA初号機起動実験中に肉体が取り込まれ物質的に消滅、法的に死亡する。現在は魂のみ初号機の中に取り込まれている。一応、公式には実験による事故で死亡扱いとなっている為か、広大な墓地の中に彼女の墓があるが、単なる形だけの物である。 彼女の背後にはゼーレ、及びその関係組織が存在しているらしく、当初ゲンドウはそのバックボーンを目当てに彼女に近づいたらしい。が、結果としてゲンドウはユイ自身に強く惹かれていく事となる。なお、ユ … 作品の主人公「碇シンジ」の母親で、シンジの父「碇ゲンドウ」の妻。 作品のヒロインの一人「綾波レイ」と容姿が酷似している。. 綾波レイと碇ユイとはどういう繋がりがあるのでしょうか?また碇ユイは本当に死んだのでしょうか?できるだけ詳しく教えていただけるとありがたいかと。とりあえず表記から見てtv放映版ってことでいいですかね。>綾波レイと碇ユイとはど 碇ユイ 【名言】 碇ユイ 「 あら、生きて行こうと思えばどこだって天国になるわよ。 だって生きているんですもの。幸せになるチャンスはどこにでもあるわ 」(第弐拾話 : 心のかたち 人のかたち)...碇シンジがエヴァンゲリオン初号機に取り込まれた中で聞こえた碇ユイの台詞。 概要. 碇ユイは悪人ではないんですけど、もうどうしようもない奴ですよなあ。 自分の目的=人類の目的=人類の幸福 と本気で考えてるし、そのために世俗の幸福を捨てられる自分は美しいとさえ思っているようなところが在る。 庵野秀明監督・gainax制作による、大人気sfアニメ作品「エヴァンゲリオン」。謎の敵「使徒」と、14歳の少年少女の戦いを描いた日本を代表するアニメの一つです。今回はそんな「エヴァンゲリオン」に登場する初号機のパイロット・碇シンジの母親、碇ユイについて迫っていきます!

ユイは優秀な研究者で、エヴァンゲリオンプロジェクトのメンバーです。 作中の2015年現在には死亡という扱いを受けていますが、実はユイを構成する魂は残されているという形になっています。 基本的に富野由悠季監督と出崎統監督が好きです。note掲載の際に多少文章を読み直したり、過去の情報を訂正したりします. シンジのことは一貫して「碇の息子」とだけ呼ぶ。 ユイのクローンである綾波レイに執着する様子はないが、 「俺の絶望の産物でありお前(ゲンドウ)の希望の依り代」との台詞からレイの誕生に深く関与したことが伺われる。 若干彼女の描写が異なり、ゲンドウと再会した時にこれまでの彼の行いに悲しんだり、シンジと第3使徒戦直後から接触しようとするなどの変更があるが、彼女の印象はあまり変わっていない。シンジはユイの兄夫婦の家に預けられていた。兄はユイの肉親だが、ゼーレやネルフとは全く関わりがなかった模様。