さらに「秘匿案件」という言葉を使った例文や、「秘匿案件」の類語を紹介して行きます。, 「秘匿案件」という言葉を知っているでしょうか。 このように「事案」は、すでに問題化された事柄とまだ問題化されていない事柄の両方を意味する言葉として理解するとよいでしょう。, ここまで「案件」のもつ意味について確認してきましたが、この言葉は実際にはどのように使うのが適切なのでしょうか。 「秘匿」は「ひとく」、「案件」は「あんけん」と読みます。 そこで「秘匿案件」という言葉の意味を紹介します。, 「秘匿案件」は「ひとくあんけん」と読みます。

政治家がらみの事件が、表沙汰にならない様子に気付いた刑事などが、このようなセリフを言います。 ビジネスシーンで、「秘匿案件」を扱っている人もいるでしょう。 「案件」の類語・言い換え表現 「案件」の類語には、以下のようなものがあります。 【類語】 問題:批判・論争・研究などの対象となる事柄。解決すべき事柄。困った事柄。世間が関心をよせているもの。 課題:解決しなければならない問題。果たすべき仕事。

「秘匿案件」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。, 「この情報は『秘匿案件』のため、他言無用だ」 このニュアンスが色濃く反映されているためか、問題を意味する「案件」の場合も、中身がある程度重々しいものに使われることが多いといえます。 そのため「秘匿案件」という言葉には、「秘密にして隠しておくべき案件」「秘密にして隠しておくべき、問題になっている事柄」という意味があります。, 次に「秘匿案件」という言葉を使った例文や短文を紹介します。 またこの場合、「案件」は問題の中身を指すというよりも、問題そのものを指すと捉えた方が適切です。定まった名前がついていない問題をとりあげるときなどに、「〜の案件」という形でよく用いられます。, 「案件」には、調査して解決・決定すべき事柄の意味もあります。問題をとなった事柄に何らかの決着をつけるイメージです。 たとえば、地球温暖化が進んでいるという事実があります。地球温暖化によって異常気象や海面の上昇が起きていることが問題化された場合、それは「地球温暖化によってもたらされる異変についての案件」となり、このことについての解決策を模索すべきだとされたら、これもまた「地球温暖化の改善を試みる案件」となります。 「先方から問い合わせがあった案件だけど」「500万円の案件」など、ビジネスシーンで用いられる「案件」という言葉には、タスクの意味合いが含まれることが多いです。そのため、単に「その件は」というよりも「その案件は」とする方が仕事の感が強くなり、優先度の高い内容のように受け取られやすくなります。 「案件」と比べると、問題がライトな内容のときにも使えるため、幅広い場面で活用することができる言葉です。, 「事案」には、当面の問題とされている事柄の意味や、問題となるべき事柄などの意味があります。つまり、すでに問題として表面に出ている事柄と、問題として意識されるようにこれから表に出していくべき事柄を指すということです。 特に、「その案件はエビデンスがとれてるから先方にプッシュして」「上はああ言っていたけど、リソースが充分じゃないとどうにもならない案件だから一旦置きで」など、下手にカタカナのビジネス用語と組み合わせすぎると、「仕事してますアピール」にとられかねないので気をつけましょう。.

例えば、「情報を秘匿する」という言葉には、ある情報を秘密にして隠しておくことという意味があります。 「秘匿案件」の類語や類義語・言い換え 「秘匿案件」 の類語や類似表現を紹介します。 「秘匿案件」 と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

たとえば、「彼女のケースは今回とは違う」とすると、かつての彼女の状況と今回の状況、それぞれを独立させる言葉として機能します。あるいは、「東京でこれほどの大雪を観測するケースは、20年ぶりだ」とすると、東京で大雪が降るという事例を指すことになります。 案件:類語リンク / 問題 / 課題 / 悩み / 命題 / 問 / プロブレム / 宿題 / 問い / 設問 / 題 / 問題点 / 論点 / 争点 / 論争点 / 核心 / ケース / 出来事 / 件 / 場合 / 実例 / 事件 / 例 / 事例 案件という言葉には主に3つに分けられます。問題となっている事柄を述べる時、解決・決定を必要とする時、訴訟となっている箇条、訴訟事件を示す時です。この3つの意味は使う場所や特徴によって分けられます。そこで、それぞれを使う場所やタイミングなどを説明していきます。 類語には、「案件」「事例」「問題」などが挙げられます。 特に「事案」と「案件」に関しては「処理すべき問題か否か」の違いがありますので覚えておきましょう。 い手となる案件を中心に増加傾向にあり、特に2018年は件数が26%増、金額が123%増と、ともに前年比で大きく増加した, M&Aの案件をみると、事業承継を目的としたもの、ベンチャー企業を対象としたものがこのところ増加傾向となっている. ビジネスにおける案件という言葉には類語があり、課題やタスク、ミッションなどです。 どの言葉も案件と似た意味であるため、案件と同じような場面で使う事ができます。しかし、ビジネスでは課題と案件という言葉を使う事が一般的で、タスクやミッションという言葉は使われる頻度が少ないです。 ミステリー小説などを見ていると、このような文章が登場するかもしれません。 ある情報が秘密にして隠しておくべきだと判断された時、「秘密案件」と呼ばれます。 「案件」の使い方についてご紹介します。, ビジネスの場で「案件」と聞くと、背筋が伸びる方もいるのではないでしょうか。 「秘匿案件」という言葉の意味や使い方を紹介します。 ビジネスシーンでは、このようなやり取りが会社内であるかもしれません。 案件という言葉はさまざまな分野で使用されますが、多くはビジネスで使われることが多いです。そのため、ビジネスマンで案件の言葉を使っている人も多いのではないでしょうか。ここでは、案件の意味や使い方を紹介しているので参考にしてください。, 記事に記載されている内容は2018年08月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, ビジネスにおいて案件という言葉を使う機会が多いですが、案件とはどういう意味なのか把握できていない人も多いのではないでしょうか。また、周りが案件という言葉を多用しているため、何となく案件という言葉を使っている場合も多いでしょう。ビジネスにおける案件という言葉の意味や使い方をしっかり把握しておくことをおすすめします。案件とは何かと聞かれてもすぐに答えられるようにしておくことで一人前のビジネスマンになることも可能です。次に、詳しくビジネスにおける案件について紹介するので参考にしてください。, 営業職の人にとっての案件とは、相手に提案する事業やプランを紹介する場合に使われることが多いです。営業職の人は、取引相手や契約したい相手と話をして新しく契約を結んだり、契約を維持するように働きかけることが主な仕事です。取引相手に対して、以前説明した事案を省略するために、「以前話をした案件について質問はありませんか」などの使い方をすることが多いです。しかし、同じ相手に複数の案件を持ち込んでいる場合は、案件といっただけではどの案件なのか判断することができないため、案件ではなくプラン名で説明することをおすすめします。, 仕事とは、業務を行う事の意味であるため、必然的に「案件」の言葉を使う気概が多いです。そのため、会議などで使われる場合が多いです。, ビジネスにおける案件という言葉には類語があり、課題やタスク、ミッションなどです。どの言葉も案件と似た意味であるため、案件と同じような場面で使う事ができます。しかし、ビジネスでは課題と案件という言葉を使う事が一般的で、タスクやミッションという言葉は使われる頻度が少ないです。特に、会議などで案件という言葉を使う場合にミッションと言い換えてしまうと会議に参加している人が一瞬戸惑ってしまいます。その理由は、ミッションという言葉に慣れていないことと英語だからです。ミッションの意味を把握している人も多いですが、会議などでは適した言葉ではありません。そのため、案件の類語だからといってどのような場面でも言い替えて良いわけではなく、状況をよく理解して使い分けることが必要です。, ビジネスにおける案件とユーチューバーの案件では使いどころが違ってきます。ユーチューバーは、YouTubeに動画をアップして報酬を手に入れています。一見ニートに勘違いされてしまう場合もありますが、最近ではれっきとした就職先と考えられています。ユーチューバーの案件とは、主に企業案件のことを示している割合が高いです。ユーチューバーの仕事は上手く動画を作ることができれば大きな報酬を手に入れることができる仕事であるため、最近では人気が高い職業でもあります。そのため、これからユーチューバーになりたい人は企業案件とは何かをしっかり把握しておくことをおすすめします。次に、企業案件の意味やユーチューバーの仕事内容などを詳しく紹介するので参考にしてください。, 企業案件とは、企業がユーチューバーに仕事の依頼をすることを示しており、ユーチューバーにとって企業案件が来ることは名誉です。企業側が自社の商品を紹介するための宣伝方法としてユーチューバーに依頼することも珍しくありません。ユーチューバーとして生計を立てるつもりなら企業案件をこなす必要があります。企業案件を提案してもらうためには、独創的な動画をアップし続ける必要があり、登録者数が多いほど企業案件を受けれる可能性が高いです。ユーチューバーにとって企業案件とは大きな収入源になりうるため、喉から手が出るほど欲しがっている場合が多いです。, 上記でも説明しましたが、ユーチューバーという職業が成り立ちつつある中、中年の人にはまだ理解されていなかったり、ユーチューバーという言葉さえ知らない場合も多いです。ユーチューバーの仕事は一見楽をしているように感じてしまいますが、知識や技術が伴っていないと職業として成り立たない場合が多いです。そのため、動画だけをアップしていればいいという軽い認識ではユーチューバーとしてお金を稼ぐことができません。, ユーチューバーの仕事は主に動画をアップすることです。動画のジャンルは多岐にわたり、自分の趣味や面白い動画を撮影している場合が多いです。その中にも企業案件としての動画をアップしている場合が多いです。動画をアップするだけではなく、撮影した動画を加工したり、修正したりすることでより完成度の高い動画に仕上げることができます。また、ユーチューバーによっては生放送で動画を放送している場合もあるため、人によっては小さな番組としてとらえられている場合もあります。, ユーチューバーとして生計を立てるには、当然給料である報酬をもらう必要があります。自分が撮影した動画をアップしただけでどうして報酬がもらえるか理解できていない人も多いのではないでしょうか。ユーチューバーの報酬は二つの種類に分けることができ、一つは広告費で、もう一つが企業案件の報酬です。企業の規模にもよりますが、企業案件の方が高い報酬がもらえる可能性が高いです。広告費は、ユーチューブのサイト内にある広告を視聴者が閲覧することで手に入る収入です。一人の視聴者が広告をクリックしても数円程度の報酬しか発生しませんが、人気ユーチューバーになれば多くの人が見るため、広告を視聴する人数も増え報酬額も増えます。, 多くのユーチューバーが欲しい企業案件ですが、主に食品会社の依頼が多いです。食品会社の企業案件は、自社で販売している商品をユーチューバーが食べている動画をアップすることが多いです。しかし、普通に食べていては商品の宣伝にならないため、ユーチューバーがどのようにしたら視聴者の心に残るかを考え、動画に残す必要があります。他の商品と食べ比べたり、独自の食べ方をして視聴者に「自分も食べてみたい」という気持ちを高める動画内容にする必要があります。, YouTubeは無料でさまざまな動画を視聴することができるため、多くの人が利用していて、スマホやネット環境が繋がったパソコンなどで手軽に見ることができます。YouTubeは多くの人が利用しているため、広告としても活用され始めています。そのため、ユーチューバーに企業案件の依頼がきます。企業側は商品の知名度が上がり、売り上げが伸びます。ユーチューバーは動画を作成して反響を得れば報酬をもらう事ができます。ユーチューバーと依頼主はウィンウィンの関係を築くことができ、CMや雑誌などの広告に変わり、YouTubeでの新しい広告方法が増えている傾向があります。, ビジネスにおける案件という言葉の使い方を把握することで、実際に案件という言葉を違和感なく使う事ができます。無理に使おうとすると状況にあっていなかったり、間違った使い方をしてしまう可能性があるので注意しましょう。ビジネスでの案件という言葉の使い方は、主に会議で使われることが多いです。会議の内容はさまざまで、新しい計画の話し合いや今後の経営方針についてなど多岐にわたります。ビジネスでの会議は必ず話し合う主題が存在し、主題に対して案件という言葉を使う事が多いです。, ビジネスにおいて案件ではなく事案という言葉が使われる回数も多いです。同じような言葉なため、意味も非常に似ています。しかし、案件の類語に事案は含まれていないため、それぞれの言葉の意味に違いがあります。そのため、使いどころも微妙に違いがあります。案件と事案の違いを把握せずにビジネスで使用してしまうと、指摘されてしまう可能性が高いです。特に会議中や取引相手との会話中に指摘されると恥をかいてしまいます。そのような状況にならないためにも案件と事案の違いをしっかり把握しておくことをおすすめします。, 案件の意味は、上記でも説明したとおり問題がある事柄に対して解決するために話し合う事です。そのため、新しい計画の目処を付けないといけないため、会議を行う場合には案件という言葉が適しています。。, 事案の意味は、主に放擲や政治的な問題として着目する出来事の意味です。上記の例に重ねると、既に軌道に乗っている計画で話し合う内容が無い場合は事案の言葉がで適しています。簡単に事案と案件の違いを説明すると、事案の場合は処理するかしないか関係ない事柄に対して使う言葉であり、案件の場合は処理されるべき事柄に対して使う言葉です。, 案件の言葉を使う場合は注意しなければならない注意点がいくつかあります。まず、案件の言葉の意味と状況が適していいるかを判断できることです。上記でも説明した事案と間違ってる使ってしまわないように注意することが大切です。また、案件という言葉はビジネスでは便利な言葉ですが、私生活では使用することをおすすめしません。次に、私生活で案件の言葉を使わないほうが良い理由を説明します。, 私生活で案件の言葉を使う機会はありますが、あまり多用することはおすすめできません。その理由は、私生活で案件の言葉を頻繁に使ってしまうと堅苦しい会話になってしまうからです。私生活で仕事の話をしている場合は問題ありませんが、愚痴や世間話のなかで案件の言葉を使ってしまうと和やかな雰囲気を一変させてしまう可能性があります。そのため、仲良くなりたい相手に対して案件の言葉を多発してしまうと二人の距離が広がってしまう危険性があります。私生活で案件という言葉を使う事で、「できる人」という印象を付けられると感じている人もいます。しかし、実際は「できる人」や「言葉を知っている人」と思われる場合もありますが、「仕事だけの人」や「面白味が無い人」という印象を同時に感じられてしまいます。, ビジネスにおける案件という言葉を用いた例文を知っていれば、より親近感が湧く言葉になるため、さまざまな状況においても案件という言葉を正しく使う事ができます。次に、ビジネスにおける案件という言葉を用いた例文を紹介するので参考にしてください。, 「先月の会議で取り上げた例の案件ですが、来月中には必ず返答するようにと取引先から連絡がありました」という例文があります。この案件の例文は現在形に分類することができ、ビジネスで使う案件のほとんどが現在形です。, 上記の現在形の案件の使い方の他に「大量求人案件アリ。興味のある方は、ぜひご連絡ください」のような未来形の使い方も存在しています。両方の使い方を把握し使い分けることで、正しい言葉遣いをすることが可能です。, ビジネスにおける案件を取引会社から提案される場合もあります。全ての案件を契約してしまうと必ず経営が傾いてしまいます。そのような状態にならないためにも自社にメリットがない案件の場合は断ることが大切です。案件の断り方にもマナーが存在しているため、ただ「契約できません」や「無理です」などの断り方をしてしまうと相手からの印象を悪くしてしまいます。取引会社とは一つの案件が合意できなくても関係が続く可能性が高いため、正しい断り方を身につけておくことをおすすめします。次に、ビジネスにおける案件の正しい断り方を詳しく紹介するため参考にしてください。, 案件への返答をする際に、いきなり断ることは失礼に値します。そのため、「このたびの案件はなかったことに」と相手に伝えないように心がけましょう。一見正しい断り方のように感じてしまいますが、まず案件に対して断るのではなく、案件を提示してくれたことに感謝する意を相手に伝えましょう。例えば「このたびは案件の依頼をしていただきありがとうございました」と発言することが理想的です。この文章は実際に発言しても問題ありませんが、文面で伝える場合でも問題なく使うことができます。, 上記のように案件への感謝を伝えたのち、案件を受けることができないことを伝えましょう。この際にただ案件を受けることができないことを伝えるのではなく、受けることができない理由まで説明することが大切です。案件を受けることができない理由を相手にしっかり伝えることで、相手側も契約に至らなかった原因を理解することができます。また、今度の案件へ反映させることもできるため、相手側も断られた理由を知りたがっている可能性が高いです。, 案件を受けられない理由まで説明した後に、謝罪をするようにしましょう。多くの人が謝ることを最初にしてしまいがちですが、謝るのは最後でも問題ありません。また、今後も相手との関係が続く場合は、「今後もより案件を期待しています」と付け加えることもポイントです。, ビジネスにおける案件という言葉の意味や使い方を理解していても実際に使わないのでは意味がありません。ビジネスにおいて案件という言葉は非常に便利であり、多くのビジネスマンが使用している言葉でもあります。そのため、案件という言葉の意味や使い方を把握している場合は実際に使ってみましょう。, ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多いドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!, 稼げないタクシー運転手には特徴があります。効率よく車を回したり、顧客の立場に立った接客ができなければ稼げるタクシードライバーになることができません。また、自分の普段の作業を振り返ることで稼げない原因を突き止めることができます。, バッテリーは、電気を蓄えるもので中にはバッテリー液と言う液体が入っています。バッテリー液は、自然と少なくなってしまい最後には性能を発揮することができなくなります。また、バッテリー液が無くなってしまうと火災などの原因となりますので注意が必要です。, ドライバーの身だしなみについて解説しています。ドライバーが気を付けるべき身だしなみのポイントや身だしなみ以外に気を付けるべき点についても説明しています。ドライバーのどのような身だしなみや態度がお客様にいい印象を与えることができるのかヒントを得られるでしょう。, エンジンオイルの漏れが気になることはありませんか?こちらでは、エンジンオイルの漏れによる影響を7つご紹介していきます。エンジンオイル漏れの対処法や費用が気になるという方は、ぜひご覧ください。車のオイル漏れについて理解を深めてみましょう。, キャッシュレスで便利なタクシーチケットはお客様の交通費などに使われるイメージですが、個人で利用可能です。個人で利用すると交通の管理などに便利です。今回はタクシーチケットの購入方法や購入の際の注意点についてご紹介します。タクシーチケット購入の参考にしてください, 車が好きで運転が得意で地理にも詳しい人なら、希望する職種に「運転手」を思い浮かべるでしょう。ただし「運転手」といってもその種類はさまざまです。ここでは「役員運転手」という職種に焦点を当て、役員運転手を目指す人に必要な資質や心得について考えていきましょう。.

なんだかややこしいと感じる方もいるでしょうが、「〜の案件」という場合、意味内容を一言でまとめるのが困難な事柄を「案件」という言葉で抑える場合が多いため、〜部分はどうしてもややこしくなりがちなのだと心得ましょう。, これまでに述べた二つの意味の他に、「案件」には、訴訟事件の意味もあります。つまり、法廷などの場では、「この案件は〜」という表現は「この事件は〜」という意味と同義です。 「秘密を漏らす」「秘密を分け合う」などという使い方をします。, 「隠ぺい」には「都合の悪い物事を、他の物で覆い隠すこと」という意味があります。 社外にはもちろん、同僚にも話してはいけない案件になります。, 「この事件が『秘匿案件』になっているのは、政治家が絡んでいるからだ」 案件の類語は、「対処して解決するべき事柄」という意味では「課題」「問題」などの語が挙げられる。そこまでの意味合いを含まず単に「事項」「事柄」「例の件」といった程度の意味合いで「案件」の語が用いられる場合もままある。 ︎「案件」は「処理されるべき事柄」「議題とされる事案」を意味する ︎ ビジネスでの「案件」は、「問題として挙がっている事柄」「今後、調査をすべき事柄」を意味する ︎「案件」は堅い印象があるので、日常会話ではあまり使わない ︎「案件」の類語には、「事柄」「事例」などがある 秘密にして隠しておくべき案件について話す時、「秘密案件」という言葉を使ってみましょう。, 当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。. 「秘匿案件」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。, 「秘密」という言葉には、「知られたくない物事を隠し、他人に知られないようにすること」という意味があります。 案件の類語として最も使われている表現が「問題」です。「案件」は厳密に言えば「問題/事柄」、「訴訟事件」に分けられますが、「問題」はそのすべてをひとまとめに表現できる言葉です。

たとえば、「来月開催が予定されている三国合同議会では、関税に関する事案に焦点が当てられる見通しだ」というと、関税はすでに問題とされている事柄であることがわかります。 権力側から圧力がかかり、「秘匿案件」扱いになっているのかもしれません。, 「秘匿案件」の類語や類似表現を紹介します。 この言葉を特に意識することなく使っている方、「案件」がもつそれぞれの意味をどれだけご存知でしょうか。ここからは、知っているようで意外と知らない「案件」について解説していきます。, 「案件」とは、問題になっている事柄を意味します。ある事実に対して、人々が疑問を抱いたり考えを寄せたりすると、その事実は「案件」としての意味合いを帯びます。そのため、普段ニュースや新聞でとりあげられている社会情勢などの中で、議論の対象になっているものは、特にこの場合の「案件」が意味するところに近いといえます。 「秘匿案件」の「秘匿」には、「秘密にして隠しておくこと」という意味があります。 しかし、案件の類語に事案は含まれていないため、それぞれの言葉の意味に違いがあります。 そのため、使いどころも微妙に違いがあります。 案件と事案の違いを把握せずにビジネスで使用してしまうと、指摘されてしまう可能性が高いです。