0000271430 00000 n Bi—vƒTƒCƒ“ƒCƒ“j, Žq‹Ÿ‚©‚ç‘ål‚Ü‚Å‚»‚ꂼ‚ê‚ÌŠ´«‚Å—‰ð‚µ‚Ď󂯂Ƃ߂é‚Ý‚ñ‚È‚Ì–{, ‚Ú‚­‚Í ‚Ë‚±B‚È‚Ü‚¦‚Ì‚È‚¢ ‚Ë‚±B‚ЂƂè‚Ú‚Á‚¿‚Ì”L‚ªÅŒã‚ɂ݂‚¯‚½u‚Ù‚ñ‚Æ‚¤‚É—~‚µ‚©‚Á‚½‚à‚́v‚Ƃ́c, ƒgƒCƒŒ‚Å‚¿‚Á‚¿‚ð‚â‚Á‚Ä‚Ý‚½‚¢‚ȁI ‚ÆŽv‚¦‚éŠG–{, –¾‚©‚³‚ê‚éƒJƒY‚̐³‘̂́IHuƒNƒ‹ƒ~X‚Ì‚¨‚Í‚È‚µvƒVƒŠ[ƒY, ƒ‚ƒ“ƒXƒ^[ƒ^ƒEƒ“‚ւ悤‚±‚» ƒ‚ƒ“‘¾‚­‚ñ‚̃nƒƒEƒB[ƒ“, ‚«‚ñ‚¬‚傪‚É‚°‚½ ŠG–{‚̂‚݂« ƒ~ƒjƒvƒŒƒCƒZƒbƒg, yŠG–{ƒiƒrŒÀ’è15Žü”N‹L”Oz‚Ë‚È‚¢‚±‚¾‚ꂾ ‚¨‚΂¯ ‚à‚±‚à‚±ƒ\ƒbƒNƒXiƒŒƒfƒB[ƒXj, ƒGƒhEƒCƒ“ƒ^[ •z‚Ì‚¨‚à‚¿‚á ƒRƒƒRƒ ƒRƒƒŠƒ“, SPACE~‚¹‚È‚¯‚¢‚± ‚Ë‚È‚¢‚±‚¾‚ꂾ ‚¨‚΂¯ƒ|[ƒ`, yŠG–{ƒiƒrŒÀ’èz‚Ë‚È‚¢‚±‚¾‚ꂾ ‚¨‚΂¯ƒ\ƒbƒNƒXiƒLƒbƒYj, SPACE~‚¹‚È‚¯‚¢‚± ‚Ë‚È‚¢‚±‚¾‚ꂾ ‚¨‚΂¯ƒg[ƒgƒoƒbƒOiƒoƒbƒW•t‚«j, ƒNƒ‹ƒ~X‚Ì‚¨‚Í‚È‚µ4 –‚–@‚Ì‚¨‚Ó‚¾‚ðƒoƒgƒ“ƒ^ƒbƒ`. 昔話法廷 4点 × 各5冊セット 昔話法廷/昔話法廷 Season2/昔話法廷 Season3/昔話法廷 Season4…各5冊 金 の 星 社 貴店印 164 P (企画) 条 件 / 注 文 ご注文数 コード書 名 冊7365 昔話法廷 定価(本体1,300円+税)ISBN978-4-323-07365-1 冊 判決の出ない異色法廷ドラマで、“ 考える力”を養う! ブラウザの設定画面で、JavaScriptをONにしてご利用ください。 放送 ほうそう リスト 0000210504 00000 n 0000229625 00000 n 0000283013 00000 n 0000222625 00000 n 0000228733 00000 n 0000227168 00000 n 0000207228 00000 n 0000273752 00000 n

0000154109 00000 n h�b``���������j���1G�bC����l�G��>�)H3�2��ۡ,5OdNߌ�NO����������GA�A�!��c 0000004865 00000 n つづいて、弁護人が尋問します。「あなたは、赤ずきんが無罪になっていいわけがないと言いました。しかし、心神喪失者は、それがやってはいけないことだとわからずに、犯行に及んでいます、そうした者を罰しても、自分がなぜ罰を与えられるか理解できず、更生は期待できません。よって、『心神喪失者の行為は、罰しない』と法で定められているんです」。それに対し母親は、「そんなのおかしいじゃないですか!心神喪失だったら何をやっても許されるなんて!」と声を荒らげます。弁護人は、「許されるとは言っていません。ただ、刑罰は課せないということです」と答えました。「でも、赤ずきんが心神喪失だったなんて、何でわかるんですか?」という母親の質問に、弁護人は、精神科の医師が行った精神鑑定の結果を取り出しました。「精神鑑定の主文を読み上げます。『オオカミに食べられた赤ずきんは、胃の中で低酸素脳症におちいり、もうろう状態にあった。また、想像を絶する死の恐怖を味わったことで、強い心的外傷を負った。よって赤ずきんは、犯行当時、心神喪失の状態にあったと考えられる』」。 0000231275 00000 n 0000221359 00000 n 0000282087 00000 n 0000273414 00000 n H��Wۊ#G}�W�('"�fAR���6,Ӱ�f����{���=��*�j4�66CS]�Ȩȸ��˛��������p���p�voNoiz�a"#x8z��4}x����߱�ˇ]��ɉ�9M��b$�)g#,��?���Lb�����!J����9t��o;��,��. 0000280059 00000 n

とある法廷で、始まった裁判員裁判。水元佑太たち裁判員は、法廷で見たり聞いたりすることをもとに、このちょっとフシギな裁判の判決を考えなくてはなりません。裁かれる被告人は、赤ずきん。お腹に大量の石を詰めて、オオカミを殺した罪に問われています。, 赤ずきんが犯したとされる罪を、検察官が述べます。「赤ずきんは、残虐極まりない方法でオオカミを殺害しました。おばあさんの見舞いに向かった赤ずきんは、森で出会ったオオカミに、おばあさんの家の場所を教えてしまいました。先回りしたオオカミは、おばあさんをひと呑み。さらにオオカミはおばあさんに化けて待ち伏せし、後から来た赤ずきんも食べてしまいました。偶然通りかかった猟師が、寝ているオオカミのお腹を裂いて二人を救出。その後赤ずきんは、大量の石を拾ってきて、オオカミのお腹に詰めて殺害したのです。赤ずきんの犯した罪は、刑法第199条の殺人罪に当たります」。赤ずきんは、オオカミを殺した罪を認めます。しかし、その時のことはよく覚えていない、と語りました。それについて弁護人は、「オオカミに食べられた赤ずきんは精神障害を起こし、心神喪失の状態にありました。すなわち、やってはいけないことの判断ができず、自分の行動を制御できなかったのです。刑法第39条により、赤ずきんは無罪です」。罪を認めているにもかかわらず、弁護人が赤ずきんの無罪を主張するのは、刑法第39条で、『心神喪失者の行為は、罰しない』と定められているからです。オオカミを殺した時、赤ずきんは心神喪失だったのか?それが、この裁判の争点なのです。, 検察官が証人に呼んだのは、殺されたオオカミの母親。検察官は、床に置かれた大量の石を見せて語ります。「これらの石を全て、実際に息子さんのお腹に詰められていたものです。はちきれんばかりに膨らんだお腹は、麻ひもで乱雑に縫合されていました」。母親はヨロヨロと石に近づき、泣き崩れます。「こんなにたくさんの石を詰められて痛かっただろうに…」。「本当にひどい殺し方ですよね…」検察官の言葉に、母親は、「もちろん、赤ずきんとおばあさんを襲った息子が悪いのはわかっていますよ。でも、こんなにむごい殺し方をしなくてもいいじゃありませんか!」と憤りをあらわにします。立ち上がった母親は、赤ずきんの目前に歩み出て迫ります。「あんたが無罪になっていいわけがない!お願い…。息子を返して…」。 0000272907 00000 n 0000269300 00000 n 0000005001 00000 n

0000223135 00000 n 0000268967 00000 n 0000294240 00000 n 0000005350 00000 n 0000210854 00000 n 0000287716 00000 n 0000270950 00000 n [絵本・知育]『昔話法廷シリーズ(全4巻セット)』nhkeテレ「昔話法廷」制作班のレンタル・通販・在庫検索。最新刊やあらすじ(ネタバレ含)、ランキングや評価・感想など、おすすめ・ランキング情報も充実。tsutayaのサイトで、レンタルも購入もできます。 0000223068 00000 n 0000128969 00000 n 0000230917 00000 n 0000242369 00000 n 0000210742 00000 n 0000273851 00000 n 0000227074 00000 n 0000005139 00000 n 人は「犯行当時、赤ずきんは、“心神喪失”の状態にあった」として、刑法第39条により、無罪を求めた。, 第1回 (放送日:10月8日、10月15日), 第2回 (放送日:10月22日、10月29日), 第3回 (放送日:11月5日、11月12日), 第4回 (放送日:11月19日、11月26日), 第5回 (放送日:12月3日、12月10日), 第6回 (放送日:1月7日、1月14日), 第7回 (放送日:1月21日、1月28日), 第9回 (放送日:2月18日、2月25日), 第10回 (放送日:3月4日、3月11日), 「さるかに合戦」裁判 ねらいと展開, 「さるかに合戦」裁判 判決用紙, 「さるかに合戦」裁判 証拠検討表, 「さるかに合戦」裁判 宿題用紙, 「さるかに合戦」裁判 論点表, 「さるかに合戦」裁判 指導用写真, 「さるかに合戦」裁判 裁判員の考える判決. 0000221210 00000 n 0000343178 00000 n 0000253662 00000 n 0000228825 00000 n 0000285037 00000 n 0000226772 00000 n 0000210921 00000 n 0000211097 00000 n 0000220927 00000 n 0000226982 00000 n 0000228758 00000 n 0000230061 00000 n 続いて、検察官が尋問します。「事件の日、オオカミは突然現れたんですよね?扉にカギはかけてなかったんですか?」「いつもかけてますよ。確か、あの日もかけていたはずなんですが…」「そして、オオカミにひと呑みにされた後は、ずっと気を失っていたと言ってましたね?」「そうですよ。赤ずきんに起こされて事件を目撃したんです」。検察官は、おばあさんが何気なく口にした一言を聞き逃しませんでした。「起こされた?」「ええ、体を何度も揺すぶられて」「石を詰める前に、わざわざ?」。おばあさんは、それは意識のない自分を心配して行った行為にちがいないと説明します。それに対し検察官は、異を唱えます。「心配?声をかけるほどおかしくなっていた赤ずきんが?」。言い返せないおばあさんに、検察官は、ある質問を投げかけます。「赤ずきんは、あなたに見せたかったのではありませんか?自分が石を詰めているところを」。「どういうこと…?」おばあさんは、言葉の意味を理解できません。検察官は、続けます。「石を詰めているところを見せたのは、その様子がいかに異常であったかということを、あなたに証言させるためです。そうすれば、心神喪失だと認められやすくなる。つまり赤ずきんは、心神喪失などしていない。そのフリをしているだけなのではありませんか?」。「異議あり!全くの憶測です」

0000231372 00000 n 0000222885 00000 n 0000284665 00000 n 0000229888 00000 n 0000209930 00000 n 0000278406 00000 n 0000287539 00000 n 0000242766 00000 n 0000000016 00000 n 0000319026 00000 n

0000283126 00000 n 0000287199 00000 n 0000221185 00000 n %PDF-1.5 %���� 0000287638 00000 n 0000003693 00000 n 0000302621 00000 n 0000228580 00000 n 0000231030 00000 n 続いて、検察官は、30センチほどのナイフを赤ずきんに示しながら質問します。「救出されたあなたの目の前には、猟師がお腹を裂くのに使った、このナイフが転がっていた。オオカミはぐっすり眠っている。これで刺せば、一瞬で、しかも確実にオオカミを殺すことが出来たはずです。しかし、あなたは使わなかった。なぜですか?」「ナイフに気がつかないくらい、もうろうとしていたんだと思います」「では、なぜ、石を詰めて殺す必要があったんです?」「覚えていません」「それが、いかにも猟奇的で、心神喪失“ぽく”見えると考えたからではありませんか?」「わかりません」。検察官は、あくまでも、赤ずきんが心神喪失の状態にはなかったと主張します。検察官は、さらに疑問を投げかけます。「もうひとつ腑に落ちないのは、森で出会ったオオカミがやさしかったということです。人食いのオオカミですよ?その場であなたを食べてもおかしくないのに!」。「そんなことオオカミに聞いてください」憮然とした表情で答える赤ずきんに、検察官は、ある主張をぶつけます。「本当は、森でオオカミに襲われたのではありませんか?そして、あまりの恐怖に命乞いをした。『私の代わりに、おばあさんを食べてください』と!」。「検察官、何か根拠はあるんですか?」裁判長の言葉を受け、検察官は、現場の部屋の片隅に落ちていた、ある押収物を示しました。それは、ハートのキーホルダーがついた、おばあさんの家のカギ。検察官は、赤ずきんに尋ねます。「このカギは、誰のものですか?」「わたしが持っていたものです」「カギには、オオカミの指紋がついていました。オオカミはこれを使って侵入し、おばあさんを食べた。なぜ、あなたのカギをオオカミが持っていたのか?」。「それは…!」反論しようとする赤ずきんを制して、検察官は言葉を続けます。「あなたは、このカギを差し出し、おばあさんを“売った”のではないですか?そして、その事実を、大好きなおばあさんにどうしても知られたくなくて、口封じにオオカミを殺害した!」。赤ずきんは、強い口調で反論します。「ちがう!カギは、花を摘んでいる時にオオカミに盗まれたんです!勝手なこと言わないで!」。オオカミは、なぜその場で赤ずきんを食べてカギを奪わなかったのでしょうか?盗むなんて回りくどいことをしなくてもよかったはずなのに。そもそも、なぜ、それが、おばあさんの家のカギだとわかったのでしょうか?, 検察官が、裁判員たちに訴えます。「赤ずきんが、石を詰める前におばあさんをわざわざ起こしたこと、あえて残虐な方法で殺したこと、どちらも意図的で、心神喪失のフリをしていることは明らかです。さらにオオカミは、赤ずきんのカギを持っていました。これは、赤ずきんが、おばあさんを“売った”何よりの証拠です。赤ずきんは、その事実を隠すために、意思を持ってオオカミを殺したのです。赤ずきんは、有罪です」。 4 0 obj <> endobj xref 昔話法廷Season4 - NHKEテレ「昔話法廷」制作班 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 0000287603 00000 n 0000311021 00000 n 0000210043 00000 n 0000228906 00000 n 0000282609 00000 n 0000154267 00000 n 0000236499 00000 n 0000271252 00000 n 0000052846 00000 n 0000293871 00000 n 0000302284 00000 n 0000004736 00000 n 0000283048 00000 n 0000005272 00000 n 0000269474 00000 n 0000253548 00000 n 0000242863 00000 n 0000236613 00000 n 0000280547 00000 n 0000253485 00000 n 続いて、弁護人が訴えます。「忘れてならないのは、赤ずきんがオオカミに食べられたという厳然たる事実です。生きながらにして食べられた赤ずきんは、想像を絶する死の恐怖に直面し、心神を喪失しました。そのことは、精神鑑定が証明しています。このような猟奇的な殺害は、正常な精神状態では決してできません。よって、赤ずきんは無罪です」。 0000221277 00000 n 0000294356 00000 n 0000236436 00000 n 0000282949 00000 n 弁護人が割り込みます。赤ずきんは、なぜ石を詰める前に、おばあさんを起こしたのでしょうか?もし、検察官の言うとおりなら、おばあさんが目撃したのは、全て赤ずきんの“演技”ということになります。赤ずきんは、心神喪失のフリをして、無罪を手に入れようとしているのでしょうか?, まずは、弁護人が質問します。「オオカミと出会った時のことを教えてもらえますか?」「オオカミは、とても優しく話しかけてきたんです。『どこへ行くの?』と聞かれて、ついおばあさんの家の場所を教えてしまいました。そして、『花を摘んでいったら、おばあさん喜ぶよ』と言われたので、寄り道をして花を摘みました」。赤ずきんが花を摘んでいる間にオオカミは先回り。おばあさんを食べ、後から来た赤ずきんも食べたというのです。赤ずきんは、オオカミに呑みこまれた時の恐怖を語っていきます。「胃の中では、息が出来なくて、苦しくて苦しくて…。頭がしめつけられるように痛くなりました…」。胃の中で、赤ずきんは、先に呑みこまれていたおばあさんに気づきました。「おばあさんは呼んでも返事がなくて、もう死んでしまったと思いました…。大好きなおばあさんが目の前で死んでいて、自分もこのまま死んでしまうんだと思うと、怖くてたまらなくて…。でも、でも、いくらあがいてもどうにもならなくて…!」赤ずきんは、涙を流しながら語ります。赤ずきんは、オオカミのお腹から救出された後のことは、よく覚えていないといいます。「気がついたら、オオカミが死んでいました…。私は、自分のしたことが今でも信じられません。自分の中に、別の誰かがいるような気がして怖い…!」。 0000003276 00000 n 0000242820 00000 n 0000278519 00000 n trailer <]/Prev 400642>> startxref 0 %%EOF 152 0 obj <>stream 0000271315 00000 n 0000004598 00000 n 0000230605 00000 n

0000027725 00000 n 0000273929 00000 n とある法廷で、始まった裁判員裁判。水元佑太たち裁判員は、法廷で見たり聞いたりすることをもとに、このちょっとフシギな裁判の判決を考えなくてはなりません。 ... 昔話法廷(放送日:3月4日、3月11日) ��� ���@�0�00L`k�u�bPc��qEa�p �vNN���3��5?u>k4a�aPa\�Aig�.��#,O-�-�j�i�d�&��[email protected]�����LFK�n�m�S�; ��Ő%�����Ī����~�+��p9�N�Ļ��!��OG�;�ϭ�j��0`�lR�@��_ 3\� endstream endobj 5 0 obj <> endobj 6 0 obj <>/ExtGState<>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageC/ImageI]/Properties<>/XObject<>>>/Rotate 0/TrimBox[0.0 0.0 728.5 1031.81]/Type/Page>> endobj 7 0 obj <> endobj 8 0 obj <> endobj 9 0 obj <> endobj 10 0 obj <> endobj 11 0 obj <> endobj 12 0 obj [/ICCBased 23 0 R] endobj 13 0 obj [/Indexed 12 0 R 1 24 0 R] endobj 14 0 obj <>stream 0000284971 00000 n 0000210165 00000 n 0000335647 00000 n 0000230473 00000 n 0000230212 00000 n 0000345959 00000 n 0000275774 00000 n 0000230347 00000 n