敬服には以下のような類義語がありま … 敬服(けいふく)の類語・言い換え。[共通する意味] ★強く心に感じ、尊敬の念を持つこと。[英] admiration[使い方]〔感服〕スル〔敬服〕スル〔心服〕スル[使い分け]【1】「感服」は、出来事や業績、仕事などに対して深く感心する場合にいうことが多い。 敬服には以下のような類義語がありま … 感服(かんぷく)の類語・言い換え。[共通する意味] ★強く心に感じ、尊敬の念を持つこと。[英] admiration[使い方]〔感服〕スル〔敬服〕スル〔心服〕スル[使い分け]【1】「感服」は、出来事や業績、仕事などに対して深く感心する場合にいうことが多い。 類義語を以下に紹介します。 感動:ある物事に深く心を動かされること; 感銘:忘れられないほど深く感じること; 敬服:感心して尊敬の念を抱くこと; 感服:深く感心して、尊敬、尊重の気持ちを抱くこと 「敬服」という言葉は堅苦しい響きのある言葉で、特に日常会話などではあまり見聞きしない言葉であるといえるでしょう。この言葉にはどのような意味や使い方があるのでしょうか。この記事では、そんな「敬服」という言葉について、その意味や使い方、類語など詳しくご紹介します。

「敬服」の類義語となる「感服」という言葉ですが、「感服」を「感心」という言葉に言い換えて使うこともできます。「感心」という言葉には、言葉の通り「心が動く気持ちや感動する」などと言った意味を持っています。 「敬服」とは日常的に使う言葉ではありません。しかし、使い方を覚えておくとビジネスシーンに活用できます。ここでは敬服の意味について、例文を交えて紹介します。また、敬服の類義語も取り上げるので、適切に使い分ける参考にしてみてください。 ③の「敬服します」は、最も一般的な使い方です。「敬服いたします」のように謙譲語に変えると、目上の人物に対して直接言うことができます。 「敬服」の類義語. ③の「敬服します」は、最も一般的な使い方です。「敬服いたします」のように謙譲語に変えると、目上の人物に対して直接言うことができます。 「敬服」の類義語. 一般常識の「類義語・同意語・同義語」一覧表です。 類義語=同意語=同義語としてあつかっています。 一般常識ですので、中学、高校の学習範囲からまとめています。 感心・感服・敬服の類義語と意味と使い方の2つ目は、「恐縮する」です。これは、「尊敬しすぎて恐れ多いと思う」という意味を表す類義語です。例文としては、例えば「彼女のその勇気には上司でさえも恐縮した。」などの形で使用できます。 「感服」の意味と使い方を例文付きで解説!「敬服」との違いや類義語も! 「感服」という言葉を見たり聞いたりしたことがあるという人は結構多いですが、「感服」とはいったいどういう意味なので … 「感服」「脱帽」「敬服」のそれぞれの意味を詳しく解説し、細かなニュアンスの違いについてもお伝えします。ビジネスメールの例文も挙げて、注意点も紹介するので参考にしてくださいね。 感心・感服・敬服の類義語と意味と使い方の2つ目は、「恐縮する」です。これは、「尊敬しすぎて恐れ多いと思う」という意味を表す類義語です。例文としては、例えば「彼女のその勇気には上司でさえも恐縮した。」などの形で使用できます。