映画「愚行録」の原作は貫井徳郎氏。 意表をついたオチには定評があり、私も以前「慟哭」という作品にて見事に作者の術中にはまった。 他にも妻夫木聡主演でドラマ化にもなった「乱反射」もおすすめの1つだ。 :*・゜゚・*, ゲーム『ファイナルファンタジーX』とかアニメ『蒼穹のファフナー』とかの声優もしてましたし、蒼井優と2人芝居とかもしてましたし、今話題のドラマ『カルテット』の来週の最終話にも出てくるそうですし(見てないけど)、最近始まった朝セブンのCMにも出てるそうですよ。, そんな人が出てくるとなればもう、行くっきゃない!!ってことで意を決していたわけですが今日までタイミングが合わず、でもようやく観に行けた次第なのであります。, さて、物語なんですが、週刊誌記者の田中(妻夫木聡)は、妹の光子(満島ひかり)が育児放棄の容疑で逮捕されてしまい、彼女の娘は重体で入院してるという、そんな重苦しいムードを払拭すべく、1年前に起きて迷宮入りしている田向一家惨殺事件を改めて取材しようと関係者から証言を集め始めるのだけど、そこから浮かび上がってきたのは、理想的な田向夫婦(小出恵介、松本若菜)と、証言者たちの思いもよらない実像, 北野武監督の映画ではないんですけど、まるで北野映画をこれから観るかのような錯覚的昂揚。, あの映画も記者の山田孝之が獄中のピエール瀧と面会して彼が起こした事件の真相を探っていくという内容でしたが、この映画も雰囲気はかなり似ています。, 『凶悪』の山田孝之は「善」の視点に立っていて、そこから事件を見つめていきまして、でも最後に面会室でピエール瀧から「お前にも凶悪な面はあるだろ?」と指摘され戸惑って終わる、みたいな感じでしたけど、『愚行録』における妻夫木聡は初めから「善」の視点には立っていないのですよ。, で、妻夫木は座席に座ってるんですが、目の前にはお婆さんが立ってて、その隣に立ってるオッさんが妻夫木に対して「おい、お前、席譲れよ!」みたいに言ってくるのです。, で、妻夫木は席を譲るのですが、その際にオーバーに躓いたり足を引き摺ったりするのです。, なんの情報も持たない私たちは、妻夫木がそういう人物なのか?と思うんですが、実はこれ、妻夫木によるオッさんへの「当てつけ」なんですね。, オッさんはバツの悪そうな顔をしてまして、それを見た妻夫木は「ざまあみろ」という顔をしている、と。, 高齢者や妊婦さんに席を譲るのは当然の行いですが、そうではなく怪我人や身体的に弱ってる人だって優先席に座る権利(「権利」っていうのもヘンですけど)はあるわけで、このオッさんの様に判然としない状況でも平然と押し付けてくる「愛のない正論」「ションベン正義」に対して如何なものかというのは常々思っておるところなのであります。, 私も普段、職場のエレベーターで1階で乗ってきて2階で降りる女性に対して、階段使えよ、とは思いますけど、でももしかすると妊娠初期の人かもしれないから、そこは大らかにやり過ごしております。, ただ、その人がものすっごいピンヒール履いてる時は殴ってやろうかとも思いますけど。……, 純度100%の狂気ではなく、正気と狂気の狭間を行ったり来たりしてる様な、どっちにも受け取れるすごいバランスで芝居をしてて、一気にこの映画の世界観にハマっていくのであります。, 説明的なセリフは全くなく、でも会話の端々から「ああ、満島ひかりがネグレクトしたんだな」とか「今、娘の容体は悪いんだな」とか「2人の関係性」とか、そういったものが提示されてきまして、その間がなんとも北野映画的でしてね。, で、そんな闇を抱えている妻夫木が例の一家惨殺事件に臨むわけですが、証言者は全部で4人。, 田向一家の夫の方、 小出恵介の証言者として会社の同期だった眞島秀和と元カノの市川由衣が、妻の松本若菜の証言者として大学の同級生だった臼田あさ美と元彼の中村倫也が登場しまして、それぞれの証言を元に過去の風景が映されていくという群像的案構図です。, 細々と書いていってしまうと収拾がつかなくなるので割愛しますけど、ざっくり書くと、大学時代の田向夫婦の「裏の顔」が見えてくるのです。, 小出恵介は大学時代、就活にコネを使いたいがために父親が建設会社の社長である市川由衣と付き合い、でもって同様に親のコネがある別の女とも付き合ってて、それを利用して内定を貰ってたりして、でもって会社員時代には新入社員の女性(←これが松本まりか!)と懇ろになった挙句、眞島秀和と意図的に三角関係を作り出してポイ捨てしたり、……という「周囲の人間を利用しまくる」というクズっぷり。, で、松本若菜は「お嬢様」として大学ヒエラルキーの頂点に立ち、周囲の人間からの羨望の眼差しと嫉妬心を受けて気分を良くし、また臼田あさ美の恋人だった中村倫也を奪ったり、というクズ野郎で(女だけど)。, で、またそういう証言をしていく4人も、その時の話し方にまあ悪意がこもってるわけです。, 聞いてる様な聞いてない様な、達観してる様な、諦念してる様な、こいつらクズだなぁ、……って感じで同情せずに聞いてる。, 真相を表面から少しずつ少しずつ削って象っていくんですけど、でも完成するべき形が一向に見えない。, それまで少しずつぼんやりと象ってきたのに、そこにいきなりガッとノミを突き立てる様な、そんな急展開がありまして。, 田向夫婦を巡るクズ過去と並行して描かれてきた妻夫木兄妹の描写なんですが、実は過去に2人も親から虐待されていたという過去が描かれてきて、こっちはこっちでまた別の重苦しさが滲んでいたんですが、ここで一気に2つの過去が一緒くたになってしまうのです。, 満島ひかりは松本若菜に利用され、彼女の周辺の男に良い様に誑かされたりして都合の良い女にされてしまい、野蛮に言ってしまえば「まわされてしまう」のですよ。, 満島ひかりが拘置所のベッドで寝ている際、彼女の周りを無数の手が蠢くというなんともホラーな描写が何回か映されていて、なんだこれ?と思うのですが、実はそういうことを表してたんだろうなぁと思いましたね。, で、兄の前でそんな妹のことをベラベラと悪意を伴って喋った挙句、妻夫木に花瓶で撲殺されてしまうのです。, 返り血を浴びるほどに殴り倒した妻夫木はどうすんだろう?と思ったら、以前の取材で手にいれた中村倫也のタバコの吸い殻を残していくっていう策士ぶり。, で、事件がヘンな方向に進みつつあったんですが、でも実はそれが「正解」で、犯人は満島ひかりだったのですよ。, 街で偶然再会したけど、でも完全に無視され、加えて理想的な家族像を築いていた彼女を見て何かがプチッと切れてしまい、田向家に侵入、小出恵介も松本若菜も娘も刺し殺した、ということを精神科医のカウンセラー室で淡々と語ってるんですが、でもカウンセラーはその場にいなくて独り言で誰も聞いておらず、そんでもってカウンセラーから「あなたの娘さんは息を引き取った」と聞かされる、と。, こうして事件の真相は、ぼんやりと解明されたわけですが、実は妻夫木は事件の真相を既に知ってて、犯人が満島ひかりだと気付きそうな人間を見張りつつ、気付いた人間は殺そうとしてきたんじゃないか?なんて私は思いましたね。, あと、市川由衣は全く関係ない人と結婚して男の子を設けてるんですが、取材に来た妻夫木に対して「似てると思いません?」って言うんですよね。, 見てる私たちも妻夫木も、一瞬「え、誰にですか?」って思うんですけど、これ、もしかして「実は市川由衣の息子は今の夫との子ではなく小出恵介との子なんじゃね?」みたいな推測も成り立ちますよね。, 満島ひかりの弁護士(濱田マリ)が弁護のために彼女の母親の元を訪ねるんですが、そこで彼女の娘についていろいろと訊くのですよ。, で、濱田マリは、その娘は満島ひかりが父親の性的虐待の末にできてしまった娘だと思っていたらしいんですが、その説明も劇中あんまりなかったので、ここで「え、そうだったの?!」と面喰らうんですが、でも母親は「あなたは何か勘違いされてるみたいですね」と返すわけです。, ここまで読んでもらって、『愚行録』を観てない人が「面白そうだから、じゃあ観てみるか!」って気になるとは到底思えませんが、でも本当に心が動かされる映画でしたね。, 『愚行録』(もんのすごいネタバレ有り) | yoshi's drifting weblog -揺蕩記-, ので、未見で今後レンタルか何かで見る予定の人はこの後の内容は読まないほうが身のためです。. このブログでは、新作映画とその原作となった小説、漫画、オリジナル版の映画を見たうえで、互いを見比べながら映画のレビューをします。, あくまで素人のレビューであり、読者の方の気に障ることを記してしまうこともあるかもしれませんがご容赦ください。, ある時、エリートサラリーマンの一家が殺害され、世間を震撼させる。犯人が見つからないまま1年が過ぎ、改めて事件を追おうと決意した週刊誌記者の田中は取材を始める。関係者へのインタビューを通して、被害者一家や証言者自身の思いがけない実像が明らかになっていき、事件の真相が浮かび上がってくる。, 貫井徳郎さんは『慟哭』で作家デビューし、『乱反射』で日本推理作家協会賞、『後悔と真実の色』で山本周五郎賞を獲得した推理作家で、ミステリーの中に社会性を盛り込んだ作風が特徴です。, 原作は、一家惨殺事件の被害者家族と交流のあった関係者6人が記者に対して証言をするというインタビュー形式の構成となっており、関係者の証言ととある女性のモノローグが章ごとに繰り返されます。, 石川監督はポーランドの映画大学で演出を学んでいたそうで、本作の撮影監督はポーランド人のピオトル・ニエミイスキが務め、グレーディング(色彩補正)もポーランドで行ったそうです。そのため普段の日本映画ではあまり見ないような質感の画が多く見られます。, 本作は叙述トリックが巧みに使われている映画化の難しい原作ながら、映像作品の脚本に上手く落とし込み、原作の根幹の部分もしっかりと受け継いでいました。, キャストは、物語の主人公となる雑誌記者を妻夫木聡さん、その妹を満島ひかりさんが演じ、闇のあるキャラクターを見事に演じ切っています。, 登場人物ほぼみんなド畜生なのですが、それこそが人間味であり、自分が自覚していない嫌な部分を投影させられている気分になります。, あまり大きく原作を大きく改変せず、下手に感動路線に走らない作品作りに好感が持てました。, 原作では、記者の妹である田中光子が幼い子を持つ母でありながら、ネグレクト状態で我が子の育児を放棄したため逮捕されているということが、物語のラストで明らかになります。, 一方、映画版では光子が育児放棄で逮捕されていることが始めから明かされ、そこから物語が進行します。光子に幼い子どもがいたことを始めから明かした代わりに、映画版ではその子どもが誰との間の子なのかという部分を原作よりもクローズアップし、物語のミステリー的推進力としており、非常に良い改変がなされていました。, 原作では事件被害者と交流のあった6人の証言者が、被害者の人物像について語るのですが、映画版では証言者の数が4人に絞られ、原作にあった「事件当日のことを語りたがる近所のおばさん」や「被害者・田向友季恵のママ友」のパートはほぼカットされています。, 個人的には被害者のママ友の証言が、田向友季恵という一見完璧そうに見える人物に対して読者が初めて違和感を抱くパートなので削除されたのは少し残念でした。でも、映画を2時間程の尺に収め、スマート仕上げるためには仕方なかったのかなとも思います。, 記者が犯人の真相に近づいた証言者を殺害するというのは原作通り(原作では記者が通り魔のふりをして殺害)なのですが、映画版ではオリジナル要素として、犯行現場に証言者の元カレのタバコの吸い殻を置き、罪を擦り付けるという描写があります。これ自体は記者の愚行が原作よりさらに増しているので好きなのですが、元カレ側にも同時刻のアリバイはあるだろうし、たばこの吸い殻だけでは罪を着せるには十分じゃないよなーと思い、少しだけノイズになってしまいました。(あんまり気にするべき点でもないかもしれませんが), あと、殺するシーンをカメラを固定したワンカットで録っているのですが、そのせいもあり、あまり殴っているように見えないのが少々残念でした。, 被害者一家の夫である田向浩樹(小出恵介)は、事件の加害者との直接的な接点はなかったため、彼が殺されたのは割ととばっちりです。なので、彼に関する証言はミステリー的にはミスリードとしてしか機能しないのですが、人間ドラマ的に見ると彼の愚かしさは作品中でも際立っています。, 彼は、一夜を共にした女性と恋仲になりそうになると友人と結託して女性を陥れたり、自分の就職先のために複数の女性と関係を持ちコネ入社を画策したりと、なかなかのクズっぷりを披露します。(コネ入社のために関係を持った女性との間に子どもが出来た事を匂わせる描写まであります), 彼は極めて利己的で、自分の利益の為に他人を利用するような人間ですが、彼自身は悪意を持って人を陥れている訳ではありません。彼はただ、今よりもより良い生活をする為に、常に自分にとってベストな選択をしてきただけの人間なのです。愚行録という作品において彼は「悪人」ではなく、まさしく「愚者」なのです。, 原作では田向浩樹が合コンで狙っていた女の子を同期の社員に奪われたために、同じ大学の先輩社員に口利きし、同期を子会社の方に飛ばさせるというエピソードがあるのですが、このエピソードは田向が悪意が少し垣間見えてしまうので、映画版では意図的にカットしたのだと思います。, 被害者一家の妻である田向友季恵(松本若菜)は、加害者の犯行の引き金となった人物です。, 彼女は文應大学(原作では慶應大学)に、付属高校からの進学ではない「外部」の人間として入学しました。文應大学は「内部」の学生と「外部」の学生の間に隔たりがあり、一線が引かれているのですが、お嬢様育ちの夏原友季恵は内部の学生に認められ学内カーストの上位に成り上がります。, 彼女は、表には見せないものの非常にしたたかな女性で、大学時代の知り合いからは「自分の真似は許すけど、自分と同列になることは許さない人」と評されています。いわゆるマウンティングというやつです。, 彼女は女性社会の中で常に相手より上にいたいと考える人間で、自分より上、または自分と同等の人間にしか興味がなかったのかもしれません。そのため、容姿の良い田中光子を内部の男子学生に紹介し、女衒(ぜげん)が女を斡旋するかのように光子に売春じみたことをさせ、光子をどんどん貶めたのです。, 自分より下とみなした人間に興味のない田向友季恵は、街で久しぶりに会った光子の存在に気付きもしませんでした。それが事件の引き金となったのです。, 性善説とは「人は先天的に善の心を有しており、成長していく中で後天的に悪行や愚行を覚えていく」という考え方です。, 被害者である田向浩樹は自分のことしか考えないクソ野郎ですが、過去のエピソードの中で、恋人と山に登った彼が雄大な夕日を眺めながら目を潤ませるという映画版オリジナルのシーンがあります。, それまでの証言を聞く限りでは田向浩樹はただのド畜生にしか見えなかったのですが、彼の中にも良心があったのだと思えるシーンです。, 記者の田中は物語の冒頭、バスの中でおばあさんに席を譲らなかったことを注意してきたサラリーマンに対し、自分も足が悪いかのように見せ、サラリーマンに罪悪感を植え付ける嫌な描写があります。, しかし彼は、かつて父親から性的暴行を受けていた妹を救った過去があり、いい意味でも悪い意味でも妹から信頼を置かれている兄です。, 様々な人間の愚かしさを目の当たりにしてきた彼は、映画のラストで自ら妊婦に席を譲ります。, そういった描写から、この映画はただ人間に絶望しただけの物語ではないような気がしました。, 被害者一家は名門大学出身で、一流企業に勤めるエリート一家なので、階級社会のような世界に対して我々一般人は共感しづらい部分があります。, しかし彼らの行動の根底にあるのは、男性の性欲や出世欲からくる下衆さや、女性同士のマウンティングなど、自分たちにも通ずる普遍的な「愚かしさ」です。, nyaromixさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ↓ネタバレあります↓ ↓今度観ようって思える映画なら、↓ ↓ネタバレは極力見ない方がいいですよ!↓ やたらと押してくる、3度の衝撃は多分、 星印をつけた内容なのかなあ・・・。 ★衝撃1★ 田向家の一家惨殺犯人は、主人公の妹、でした。 ★衝撃2★ 映画「愚行録」を見たならこれもおすすめ. 私の一番好きな言葉、揺蕩(たゆた)う。……日常の、ふとした何気ない出来事について、その揺蕩う様を書き留めていきます。, 公開最終週、終了まで残り2日というギリギリのタイミングでありましたけど、待望の『愚行録』を観て参りましたよー。, タイミングとしては仕方なしではありますが、パンフレットが完売してましたので、チラシで代用。, で、この映画は「サスペンス」「ミステリー」なので所謂ネタバレ厳禁映画なのですが、感想を書くにあたりどうしてもネタバレせざるを得ない、……というかネタバレ必至で書きたい!書き殴りたい!!それくらいに最高の映画だったので、未見で今後レンタルか何かで見る予定の人はこの後の内容は読まないほうが身のためです。, ……さてさて、『愚行録』ですが、まずは劇場で上記のチラシを見た時に、なにかこう惹かれるものがあったんですよね。, 「仕掛けられた3度の衝撃」とか「本性を現す」とかの謳い文句とか、妻夫木聡の『悪人』にも見受けられた陰のある表情とか。……, で、私の愛読便所雑誌『Cut』にも記事が載ってて、そこに掲載されている妻夫木&石川慶監督のインタビューの内容とか、そんでもってオフィス北野の配給映画だとか。, *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. 公開最終週、終了まで残り2日というギリギリのタイミングでありましたけど、待望の『愚行録』を観て参りましたよー。 タイミングとしては仕方なしではありますが… 映像も音楽も全編通して暗く、重い雰囲気が満ち満ちてます。 オープニングのバスのシーンから早くもモヤモヤし始め、もう嫌な予感しかしない。 物語の軸は、このふたつ。 映画『愚行録』のネタバレあらすじ結末と感想。愚行録(ぐこうろく)の紹介:2016年日本映画。妹が逮捕されまだ気持ちの整理がつかない田中は自身の仕事に打ち込むことでなんとか気持ちを紛らわせようとしていた。来月でちょうど1年になる未解決事件の調査。 .。. 犯人も殺すならあの家族じゃなくて、他に殺したくなる人いるだろって思いましたけどね。自分を妊娠させたあいつとかね。その辺もひっくるめて「愚行録」っていうことなんですか、これは? >>「愚行録」はU-nextで視聴できます

ブログを報告する, 映画『ぼくの名前はズッキーニ』と原作小説『奇跡の子』及び『ぼくの名前はズッキーニ』(ネタバレありの感…, 映画『パーティで女の子に話しかけるには』と原作小説『パーティで女の子に話しかけるには』(ネタバレあり…, 映画『スターリンの葬送狂騒曲』と原作コミック『La Mort de Staline』の比較(ネタバレありの感想), 映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』と原作漫画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』の比較(ネタバレありの感想), 映画『ワンダー 君は太陽』と原作小説『ワンダー Wonder』の比較(ネタバレありの感想), 映画『ビューティフル・デイ』と原作小説『You Were Never Really Here』の比較(ネタバレありの感想), 映画『君の名前で僕を呼んで』と原作小説『君の名前で僕を呼んで』の比較(ネタバレありの感想), 映画『レッド・スパロー』と原作小説「レッド・スパロー」の比較(ネタバレありの感想), 映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』と原作コミック『ヴァレリアンとローレリーヌ』の比較(ネタバレありの感想). 愚行録 - Wikipedia. 気軽にコメントください。感想を言い合えるとうれしいです, 映画『きみと、波にのれたら』50点/60分の中だるみを耐える価値があるかはあなた次第, 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』65点/美咲(高畑充希さん)が主人公でいいんだよね?/ネ…, 映画『星の子』88点/冒頭で物語を信用し108分とは思えない情報量で最後まで見入りました。, 映画『ミッドナイトスワン』55点/一つ一つに足を止めて焦点を当てる映画だと思いながら見てしまいました, 実写『思い、思われ、ふり、ふられ』70点/浜辺美波さん見物映画ってわけではなかった, アニメ映画『思い、思われ、ふり、ふられ』60点/原作に対して熱意もリスペクトも感じる。けど、, 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』80点/俺と大伴の違いはイケメン力だけだ!、、、と思う!!!, 映画『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』88点/うっかり感動の連続でした, 映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』88点/不思議と日常の小さな悩みの組み合わせに弱いんですよ, 映画『僕たちの嘘と真実』60点/求められたものに食われた平手友梨奈さん。「制服のマネキン」の先にあるもの, 映画『Fate/stay night Heavens Feel3』70点/面白かった。けど私が見たかったものとは少しずれた。, キャスト:妻夫木聡さん  満島ひかりさん  小出恵介さん  臼田あさ美さん  市川由衣さん  松本若菜さん  中村倫也さん  松本まりかさん  眞島秀和さん  濱田マリさん  平田満さん  山下容莉枝さん  小松勇司さん  髙橋洋さん. 「愚行録」は未読ですが、映画を見たら原作が読みたくなりました。 感想. 映画『愚行録』のスタッフにも注目! 『愚行録』原作者の貫井徳郎とは? 借りっぱになっていた愚行録。映画オフ会で聞いた評判に後押しされて、ようやっと見ることができました。 ここから先は 愚行録 の感想です。ネタバレしてます!! 愚行録 - 作品情報. 作品情報; あらすじ&鑑賞前感想 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 愚行録 ↑ ↑ ↑ 本題に移ろう さて、と。 ここからが本番だ。 ここからどれだけ『愚行録』がダメな作品であるかを、極限までネタバレをせずに語っていきたいと思う。 「語り」で構成される原作との違い 【ネタバレ注意】映画『愚行録』の感想評価を紹介! 【ネタバレ】犯人って結局誰なの? 映画『愚行録』(ネタバレあり) 初めまして、当ブログの管理人の鴈丸(がんまる)です。 このブログでは、新作映画とその原作となった小説、漫画、オリジナル版の映画を見たうえで、互いを見比べながら映画のレビューをします。 エリートサラリーマン家庭であった田向一家惨殺事件から1年経ち、事件は犯人が見つからないまま迷宮入りしていた。その時、ある記者が、田向夫妻の同僚や学生時代の同級生、元恋人などに、夫妻との思い出や人柄についてインタビューして回る。すると、一見理想的な夫婦と思われた二人の本性が現れてくる。, 借りっぱになっていた愚行録。映画オフ会で聞いた評判に後押しされて、ようやっと見ることができました。, 妻夫木さんは本当に何でもできるなぁ。面白い作品の主人公もつまらなかった作品の主人公も多数。妻夫木さんの代表作って何だろう?, もうね、いつスーパー〇リー的なことになっちゃうかドキドキしながら見てました。一応、大学での出来事は合意の下ってことで描写されています(で、いんだよね?あの女性の体をいくつもの手が這っている描写も含めて)。這い上がろうとして焦ってヤリ〇ン扱いされてしまいました。, 伊集院光さんのラジオを聞くに、テレ朝で「シン・ゴジラ」を放送した時に彼のシーンはうまいことカットしてあったそうです。彼がいる限り、愚行録が地上波で流されることはないんでしょうね。もともと地上波で流すのは似合わない内容ですが。, そして失敗を認めたくないので夏原さんが自分にあこがれていたってことに変換。卒業後に夏原さんと再会することがないなら、自分が夏原さんより上だったってことでいいんじゃないかな。, 大学時代の光子が男どもからどんなふうに扱われていたか分かる人。会社に入ってからなので、田向と渡辺に弄ばれて、罠にはめられて両者に捨てられました。大学での光子は田向と渡辺がたくさんいたんでしょう。, 田向家の外面の良さが描かれてないのでイマイチ悲惨さが伝わらず。「来る」ぐらいガッツリ表現してくれてないと。, キャッチフレーズが上記の通りなので三つ探してみた。webページでヒントも提示されてないので三つ探してみました。, 、、、、だと思うよ。上記に書いた通り、団らんや近所の交流などが描かれていないのでイマイチぴんときませんが。, 一家惨殺事件の犯人。人物としては突然浮上した光子ですが、理由としてはそこまでの流れそのもの。, 一家惨殺事件を記者として追っていたら光子が犯人だと気付いてしまい、気づいた淳子を殺したではなく一家惨殺事件の犯人が光子だと気づく可能性がある人物に近づいて殺すために取材を続けていた。んで淳子が可能性に気づいたので殺した。, 本作のテーマ。物語のインパクトや流れのために惨殺事件となりましたが、テーマはリア充へのあこがれ。, 高校ならスクールカーストという言い方。大学ならリア充という言い方(劇中では内進という切り分け方されてますね)。, あれだな、大学デビューの光と影の話ですね。影と言ってもスーパー〇リーや大学コンパ昏〇事件のような極端な話ではなく、自分に軸のない子が落ちていく地獄。, ”成り上がる”が目的になり手段を選ばなかったから男と無意味に遊んだだけになった光子。よくわかんないけどついてったらリア充の輪に入ってしまい、自分に合った軸(彼氏)を失った淳子。, 全てを手段としてみている裕樹。大学時代は就職のために彼女を選び、結局は自力でさらに上の会社に就職しました。, そう考えると夏原を選んだ理由がよくわからなかったりします。常務に取り入るために常務の娘に手を出すべきという考え方をしそうだし。その流れで結婚したら、そういうものだということで彼女を愛する。, その向上心(?)を覆すほど夏原がイイ女だったのか、夏原が裕樹に食い込んできて結婚を勝ち取ったのか。, 夏原がイイやつ・何も考えていないのにそのオーラや人となりで周囲が寄ってきたのか、周囲の女をうまく使ってリア充に繰り上がったのか。, 夏原がイイやつなのか悪いやつなのかイマイチわからない。私がバカだからわからないのか、女性の世界が分からないからわからないのか、一流大学はおろか大学にさえ進学していないからわからないのか。, 別荘でベットを見たいといった光子を見送ったときに邪悪な笑みはなかったし光子は合意の上だったしなぁ。男と一緒にベットに行った光子を見送った夏原に非があるとは思えない。, 淳子の証言だと性悪女ってことになるんだけど、淳子は「夏原憎し」から理屈と感情が始まってるからなぁ。, 光子のことに無視したのが、 気付いたけど、切り捨てたから意識的にシカトしたのか 印象が薄くて忘れただけなのか。, 少なくとも光子にはないビジョンを夏原は持っていた。少なくとも誰とでも簡単に寝るようなことはしなかったんでしょう。光子は過去には同情するし夏原のバックボーンが描かれてない(外から来ただけでお家柄は内進の連中と同格かそれ以上だったりするかも)から、簡単に比較するのも難しいけどね。, 必ずしもYESとは言えないなぁ。利己主義(軸があるそうですが)の裕樹と大学デビューに成功した夏原。, 私がリア充夫婦と接触したときの記録。「毎朝、電車到着ギリになってホームへの階段を駆け上がれ!」と思いました。, 光子のセリフですが裕樹も同じことを言ってますね。結果(大学卒業時)的には真逆になってしまいました、、、、。, 冒頭。バスで座っていたら正義感の強いおっちゃんから「おばあさんに席を譲れ」と強要されて、ムカついたので「足が悪いから座ってたんですよ」ということにするためにバス内で転ぶ。でもバスから降りたらスタスタ歩き始める。, 俳優:-妻夫木聡さん-  -満島ひかりさん-  -小出恵介さん-  -臼田あさ美さん-  -市川由衣さん-  -松本若菜さん-  -中村倫也さん-  -松本まりかさん-  -眞島秀和さん-  -濱田マリさん-  -平田満さん-  -山下容莉枝さん-  -小松勇司さん-  -髙橋洋さん-, 都内で映画・舞台・ミニシアターをみています。