ホーム » 用語 » 「奔走」の意味と使い方・例文・「奮闘」「尽力」との違いは?現役の校正者がサクッと解説!, 似たような意味を持つ語句が多い「奔走」ですが、その中でどういった意味を持ち、どのような場面で使われるのでしょうか。, 「奔走」の意味と使い方、またよく使われる「奮闘」「尽力」との違いを合わせて説明します。, 「奔走」の「奔」には先を急いで勢いよく走るという意味があります。そこに「走」が更に加わっていますから非常に強く動き回っている様子が目に浮かびますよね。, つまり、「物事を実現させる、物事をうまく進めるためにあちこちを走り回って努力すること」を表す語となっています。逆に言えば物事や目標といったものがなければ奔走という表現は適していないとも言えますね。, この言葉は、たとえば、ある目的のためにあちこちに行って交渉をするなどして物事を実現するような場面について述べる場合に、以下のように用いることができます。, 次に、似た意味のある「奮闘」「尽力」という語との違いについて見ていきましょう。まず、これらの語には以下の意味があります。, 「奮闘」:「彼女は今では2児の母となり、日夜子育てに奮闘中だ」(彼女は今では2児の母となり、日夜子育てに精一杯努力している), 「尽力」:「ご多忙の中、多大なるご尽力を賜りましたこと、改めて御礼申し上げます」(お忙しい中、我々のために力を尽くしていただいたことに改めて御礼申し上げます), つまり、「奮闘」は「困難に対して精一杯の努力をすること」、「尽力」は「人のために力を尽くす、精一杯働くこと」、「奔走」は「何かをかなえるために走り回って努力をすること」を表すというニュアンスの違いがあります。, 「奔走」の文字が使われている四字熟語「東奔西走(とうほんせいそう)」。この四字熟語の意味も「奔走」と同じく「仕事や目的のためにあちこち駆け回ること」を指します。東西という文字が入っていることから、西へ東へ非常に大きく駆け回ることを指し、奔走を超えるほどの大変さを表現する時に用いることが多いです。, 「南船北馬(なんせんほくば)」:全国をせわしなく旅すること。南は海が多いから船、北は山が多いから馬が使われたことから用いられている。, 駆け回るという意味では「右往左往」も似たような意味を持ちますが、こちらは目的が何もなくただあちこち慌てふためく様子を表しているものとなり、奔走・東奔西走とはまた違った場面で使われます。, 四字熟語以外にももちろん「奔走」と似た意味を持つ類義語がいくつかあります。いずれも目標に対して並並ならぬ努力を表す言葉です。ビジネスなどで使う場面も多いですから、これを機に類義語も覚えておきましょう。, 「進達(しんたつ)」:よくなるように進んで努力すること。進歩・上達すること。〜を進達する、と用いられることが多い。, 「腐心(ふしん)」:ある目的を成し遂げるために心を苦しめ、考え込んでしまうこと。頭を悩ませながら目標に近づくこと。, 「骨折り(ほねおり)」:精を出して働くこと。苦労を重ねること。またそれに対しての報酬を与える際にも用いられる。, 「狂奔(きょうほん)」:狂ったように走り回ること。目的のためがむしゃらに取り組むこと。奔走よりも一心不乱に取り組む様子。, 「疾駆(しっく)」:車や馬などを速く走らせること。物事の進行が速い、また速めること。例えば車で飛ばしてきた、などの場合などは「車で奔走する」ではなく「車で疾駆する」と言い換えられる場合もある。, 「刻苦(こっく)」:心身を苦しめて努力をすること。苦労を重ねながら目標に近づくこと。, 以上、「奔走」の意味と使い方、「奮闘」「尽力」との違いを由来や類義語も含めてまとめました。, この言葉は「何かの物事をうまく進めるためにあちこちに走り回って努力すること」を表し、用いられるのは「~に奔走する」といった形。, また「奮闘」「尽力」は力を尽くす、努力するといった意味を含み「奔走」と近い意味がありますが、「奮闘」は困難なことに精一杯努力すること、「尽力」は何かの目的や人のために力を尽くすことをいいます。, これらはそれぞれ異なる場面で用いることができるため、たとえば、何かを掛け合うなどあちこちに行って努力することについて言いたい場合には「奔走」、ある人が困難に精一杯努力する様子を述べる場合には「奮闘」、人のために力を尽くすことには「尽力」と、場面に応じて使い分けが可能です。, 医療系、美容系、心理学、占い、転職系、ゲーム攻略記事など幅広いライティング経験があり、校正の仕事も請け負っております。少しでも良いものを発信できるよう尽力致します。, 「杞憂」の意味と由来・使い方・例文・同義語・類義語は?現役のブロガーがサクッと解説!, 「払拭」の意味と使い方・例文・「一掃」との違いや言い換え表現は?現役記者がサクッと解説!, 「理念」の意味と使い方・例文・「指針」「ビジョン」との違い・類義語は?現役記者がサクッと解説!, 「奔走」(読み方:「ほんそう」)という言葉は、「~に奔走する」といった形でよく用いられています。.

主にビジネスシーンで、目上の相手が自分を助けてくれた、協力・努力してくれたなどの折に幅広く活用されている例文となります。 造句.

轼庐于其上,过家不入,使官吏分堵 ① 以守,卒全其城。. 【注释】 ①堵:古墙体单位,长与高各一丈为一堵。. ” 遂筑东南长堤。. 1)为了养家糊口,这几年他一直在外奔走,其中的酸甜苦辣,你也可想而知。 2)他为了筹款挽救儿子的生命,四处奔走求援,但他富有的弟弟却隔岸观火,真是一点人性都没有。

© Copyright shigotopi.com All rights reserved. Copyright ©  CrowdWorks All rights reserved. 「奔走」の意味と使い方・例文・「奮闘」「尽力」との違いは?現役の校正者がサクッと解説!, 「鵜呑み」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現は?現役ライターがサクッと解説!. 尽力という言葉を使ってみたことはあるでしょうか。お礼の意思や前向きな姿勢などを示すのに便利なため、ビジネスでも目にする機会が多い用語の1つかもしれません。ここでは尽力の意味や使い方を、例文も交えて解説します。, 「[名](スル)ある目的の実現のために、力を尽くすこと。」「町の復興に尽力する」 「本プロジェクトが成功するよう努力して参ります。」, 前者の方がビジネスの場にふさわしい印象を受けるのではないでしょうか。後者も意味としては同じですが、若干幼いイメージもついてまわります。, 尽力とよく似た形で使われるのが「お力添え」です。目上の人に対する表現である点は共通しますが、「お力添え」の場合は努力を伴わない点が異なります。目上の人に対してお礼を伝えたいときにはどちらでも問題ありませんが、自分に対しては「尽力」を使いましょう。, また、目上の人に対してお願いごとをしたいときには、努力を相手に要求するのは違和感があるため「お力添え」が一般的とされます。少しでも協力をお願いしたい、といった切実さを伝えたいときに使いましょう。使用例は下記の通りです。, 「お忙しい中恐縮ではありますが、ぜひお力添え願います。」 轼曰:“富民出,民皆奔走,吾谁与守?. ÐÂÔìÐÍ£¬ÕýÄÜÁ¿Å¼ÏñÈçºÎÑø³ÉµÄ£¿, 62616964757a686964616fe4b893e5b19e31333363396337, http://hanyu.baidu.com/s?wd=%E5%A5%94%E8%B5%B0&from=poem#. (デジタル大辞泉(小学館)より引用), とあります。辞書の例文にもある通り、「じんりょく」という名詞のあとに「する」などの動詞をつけて、一語のようにして使うこともよく見られます。, 既に漢字に現れているように「力を尽くす」「全力で努力する」「精いっぱい対応する」といった姿勢を伝える表現です。相手に対する尊敬や感謝の意も込めてよく用いられています。尽力という単語そのものに「尽くす」という意味が既に含まれているため、「尽力を尽くします」などの二重表現にしないように気をつけましょう。, 尽力は自分に対しても目上の人に対しても使うことができる言い回しです。目上の人に対しては、たとえば自分の身内に対して何か努力をしてくれた、力になってくれた折などに尊敬と感謝の気持ちを込めて使いましょう。目上の人に対するお礼を伝えたいときに便利なために、幅広く使われているようです。, 自分に対して使う場合は「努力する」といった意味合いとなり、ビジネスシーンでは「尽力」を用いるほうが一般的とされます。精いっぱい全力で頑張る気持ちや姿勢を伝えることができる表現です。目上の人が力を貸してくれたことに対するお礼とセットで使われることも多く見られます。先方に対して今後の決意表明をすることもできるでしょう。, 尽力の上に「ご」がつくと尊敬語となるため、自分に対して用いることはできません。主にビジネスシーンで、目上の相手が自分を助けてくれた、協力・努力してくれたなどの折に幅広く活用されている例文となります。, 相手に対して感謝とお礼を丁寧に伝えたいときに使いましょう。相手が複数いるときには、「皆さまにご尽力いただき、心より感謝申し上げます。」といった形で使うこともできます。, こちらは自分に関する言い回しで、今後も精いっぱい努力しようという意思を伝えたいときに適している例文です。自分のことになるため、まずは「ご」を取り外しましょう。, その上で「させていただく」「所存」といった言葉を加え、自分がへりくだる謙譲表現として使います。謙虚さと丁寧さも伝わりやすい表現といえるでしょう。, 相手に対して、精いっぱいお力になりたいといった意思を伝えるときに使うことができます。目上の人から協力を依頼されたときなどに活用するとよいでしょう。, さらに「微力ながら」などの枕詞を冒頭につけることも多く見られます。あまり大きな力にはなれないが、ぜひ頑張らせて頂きたいという謙虚な姿勢も伝わりやすくなります。, 尽力と似た形でよく使われるのが「努力」「お力添え」「ご協力」「ご支援」です。ニュアンスの違いを知って正しく使い分けましょう。, 大半の「尽力」は「努力」という単語に置き換えることができます。シチュエーションによってどちらを使うのか区別します。ビジネスでは「尽力」がよく使用される傾向にあるようです。「尽力」を「努力」に言い換えた文章で印象を比較すると、以下のようになります。, 「本プロジェクトが成功するよう尽力して参ります。」 ”驱使复入。. 轼 诣 武卫营,呼卒长,曰:“河将害城,事急矣,虽禁军且为我尽力。. (《宋史•苏轼传》). 4)驰驱[chí qū] 奔走效力,尽全力效劳.