nut(s) は「木の実」あるいは「ナッツ(類)」という意味の単語としてお馴染みです。工業用部品の「ナット」を指す語でもあります。さらに、スラングとしては「頭のオカシイ奴」というような意味で用いられることがままあります。, nut(s) が絡むイディオム・慣用表現も「頭が変」という意味合いの言い回しが多々あります。, nus の語源は古期英語ないしゲルマン祖語の hnutu に求められるようです。hnutu の主な意味は「小さくてかたいもの」だとか。今日では、nut は複数の意味合いで用いられますが、いずれも元の意味に通じるものは感じられます。, nut も代表的な語義としてはナッツすなわち「木の実」という意味が挙げられます。硬い殻に覆われ、食用にできる木の実。日本語では「堅果」とも呼ばれます。, たいていの文脈では複数形の nuts の形で用いられますが、1個単位で扱う(クルミをひとつひとつ割るような)場面では単数形で nut と表現されます。, クルミ、アーモンド、ピーナッツ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、ココナッツ、ピスタチオ、どんぐり等がナッツに該当します。ヒマワリの種(sunflower seeds)もナッツとして扱われる場合があります。, 木の実という語義に関連して、nut は「木の実を拾う」という動詞の用法で用いられる場合があり得ます。たとえば go nutting(木の実ひろいに行く)という風に用いられます。, 「木の実」といえばどうする対象か?と問われれば、「木の実は拾うものである」と答えることになるだろう。・・・・・・という脈絡で意味が成立したかどうかは定かではありませんが、そんな感じで動詞の意味が推察できる単語は意外と多くあります。bottle (瓶に詰める)とか。, nut は機械部品のいわゆるナットを指す意味でも多く用いられます。ボルト(bolt)を締める補助として用いられる部品です。, このナットも複数まとめて扱う場合には複数形で nuts (ナッツ)と呼ぶことになります。, nut は俗に「変わり者」「狂った人」「頭のおかしい人」という意味合いで用いられることもあります。, たとえば golf nut は「ゴルフ狂い」。fishing nut といえば「釣りキチ」です。, 「狂う」と表現する言い方は、俗な用法まで含めると実に多種多様です。crazy、eccentric、mad、insane、bonkers、bananas、等々。べつに nut がキの字を表現する唯一の語というわけではありません。しかしながら、慣用表現の豊富さという点では nut が抜きんでています。, nut は名詞として「変人」「狂人」を意味合い場合もありますが、「狂っている」「馬鹿げた」という意味の形容詞として扱われる場合もあります。, nut あるいは nuts を含む定型的な言い回しの多くは、狂人・クレイジーな人を指す意味合いに関連する表現といえます。, (be) nuts about (+名詞)と表現すれば、「~に熱狂している」「夢中になるほど大好き」という趣旨が表現できます。, drive someone nuts は「(人を)狂わせる」「人の気を狂わせる」という意味の言い回しです。, do one’s nut は「怒り狂わせる」「キレさせる」という意味合いの言い回しです。do はいわゆる本動詞として扱われ、do your nut とか do her nut のような形で表現されます。, do one’s nut は、どの英語辞書にもしっかり記載されている表現ではありますが、実際の使用例に遭遇する機会は、そうそうないといえそうです。, off one’s nut は意味・用法ともに do one’s nut に通じる表現といえるでしょう。「気が狂う」と訳される種類の表現です。, That’s nuts.

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。 (「梗」は中学生で習います。) 成り立ち、読み方、画数・部首: 意味: ①「やまにれ(山野に自生するニレ科の落葉高木。固いとげがある。)」 ②「強い」、「たけだけしい(恐れずに危険や困難に向かって行き、 強そうである)」 ③「ま

kenka. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/04 01:04 UTC 版), 種実類(しゅじつるい)とは、かたい皮や殻に包まれた食用の果実・種子の総称。別名堅果(けんか)。種実類のうち、木の実は一般にはナッツと呼ばれる。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, 「食品学」(栄養科学ファウンデーションシリーズ5)p84 和泉秀彦・三宅義明・舘和彦編著 朝倉書店 2014年4月1日初版第1刷, 『FOOD'S FOOD 新版 食材図典 生鮮食材編』p302 2003年3月20日初版第1刷 小学館, 「新訂版 食用油脂入門」(食品知識ミニブックスシリーズ) p83 日本食糧新聞社 平成16年10月29日発行, 「基礎から学ぶ 森と木と人の暮らし」pp16-17 NPO法人共存の森ネットワーク企画 鈴木京子・赤堀楠雄・浜田久美子著 農山漁村文化協会 2010年3月10日第1刷, 「人類史の中の定住革命」p125 西田正規 講談社学術文庫 2007年3月10日第1刷, 「人類史の中の定住革命」p185 西田正規 講談社学術文庫 2007年3月10日第1刷, 「世界の食用植物文化図鑑」p238 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷, 「世界の食用植物文化図鑑」p245 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷, All text is available under the terms of the. 生物学的には、果実とは被子植物の、その中に種子を含む構造のことである。被子植物の種子は子房の中で成熟するから、子房が果実になる部分であり、おおかたすべての被子植物の種子は果実に入っている。果実と聞けば、肉質で食せるものとの印象を与えるのは、そのような果実を形成する種が少なからずあってそれがヒトにとって重要な食料であったことによる。このような果実は、植物の繁殖戦略として、動物の食料になる部分を種子の周りに発達させ、食べられることで動物の体内を通じて種子の散布をおこなうという目的のために進化したものであると考えられる[1]。こうした被食用の進化は、被食される対象に応じてそれぞれ進化方向が異なり、それに対応した果実を実らせるようになっている。たとえば鳥類に被食されるために進化したものにおいては樹木の上方に結果し、大きさは小型のものが多い鳥類に合わせ数mm程度であり、視覚に訴えかけるために目立つ色彩をしている。逆に哺乳類は鳥類に対し嗅覚が強いため、香りを強く放つよう進化したものが多い。このほか、目立つ色彩と強い香りを併せ持ち、鳥類・哺乳類双方に捕食されやすいように進化した果実も存在する[2]。人類はこうした果実を食料とするため、畑で果菜を、果樹園で果樹とその果実である果物を栽培するが、これも広義においてはこの流れの中に属するといえる。逆にそのような部分を持たない場合、一般には果実と認識されない例も多い。後述の痩果は、往々にして種子と同一視される。, 裸子植物は果実を形成しないが、食べられる部分を種子のそばに持つものもある。花床がやわらかく発達して食べられるようになるイヌマキなどの例がある。, 動物の側から見ると果実は往々にして糖類に富み、消化のよい食物である。そのため葉や茎を食べる草食動物のような消化の難しさはなく、特殊な適応はさほど必要ない。したがって、果実食と草食はかなり異なるものと考えた方がよい。果実食をメインとする食性を持つ動物は果実食動物(果食動物、Frugivore)と呼ばれるが、完全な果実食でなくとも、雑食動物に分類される動物の多くは果実食を行っており、オランウータンのように雑食のうちでも果実食を基本とするものも存在する。人類も雑食動物であり当然果実を食用とするが、菜食主義者の中でも最も急進的な一派は果実食主義(Fruitarianism、果食主義)を取り、果実と種子以外のすべてのものを摂取しない。これは、食肉は動物を殺すために食用としないとして、卵や乳製品や蜂蜜といった動物由来のすべての食品を取らない点においてヴィーガニズムと共通する。しかし果実食主義者は穀物や根菜、葉野菜といった植物の生存に直結する部分、すなわち「植物を殺す」部分を食することすら拒否し、植物の生存に直結しない果実(果菜および果物)と種子のみを摂取する点において、より急進的である。ただし本来雑食生物である人類において果実・種子のみに食生活を頼ることには無理があり、動物や穀物に多く含まれているいくつかの必須栄養素が必然的に不足することとなる。ちなみに、種子は植物にとって卵にあたいするため、逆に食用としない菜食主義者もいる。, 果実の皮(果皮)が乾燥した状態になるものを乾果(かんか)という。これに対して、果皮が柔らかく汁気の多いものを液果(えきか)あるいは多肉果という。, 実用的には、果実とは、花が咲いた後にできる、食用になるもので、種子を食用にするもの以外のものをさす。種によっては主に発達するのが子房ではなく、花托や果枝などを由来とする組織が果実を構成している。子房からなる果実を真果とよび、子房以外からなる果実を偽果とよぶ[3]。また一般に、その果実の種類が真果か偽果かは、子房の位置から判断することができる。真果であるか偽果であるかは、食用とする場合においてはそれほどかかわりはなく、どちらに属する食用果実も存在する。また、主に樹木になる果実を果物と呼ぶが、「果物」という言葉は一般的には甘みの強い食用果実のことを指すため、スイカやメロン、イチゴなど草本性の果実も果物と分類されることが多い[4]。また、木本性の果実にはアボカドのように甘みの全くないものも少数存在するが、これは果物に分類されるのが一般的である。果物のほか、草本性の果実で甘みの弱い、またはまったくないものは野菜に分類されることがほとんどであり、果菜と呼ばれ、トマトやナスなどがこれに属する[5]。, 真果に属する果物としてはモモやカキ、ミカンなどの柑橘類、ウメやスモモ、サクランボなどがある。, 「食品学」(栄養科学ファウンデーションシリーズ5)p84 和泉秀彦・三宅義明・舘和彦編著 朝倉書店 2014年4月1日初版第1刷, 「食品学」(栄養科学ファウンデーションシリーズ5)p82 和泉秀彦・三宅義明・舘和彦編著 朝倉書店 2014年4月1日初版第1刷, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=果実&oldid=77864918, その果実の子房がカップ状の花托の内側に付いており、その花托の縁(へり)に萼や花弁が付いている=. 液果の一種。外果皮は薄く、多肉・多漿質の中果皮と、厚く堅い内果皮とをもつ果実。モモ・ウメなど。石果。かくか。, 〘名〙 果実の種類の一つ。外果皮が薄く、中果皮が多肉で水分が多く、内果皮が厚く非常に硬くなる果実。モモ、ウメ、サクランボなど。石果。〔植学啓原(1833)〕. 「堅果」の読み方は?Japanese Kanji Dictionary. カタカナ読み(発音の目安): ナァトゥ. 発音記号: nʌt 音声を再生.

広告. 同じ読みの漢字: 懸架 喧嘩 献花 県下 県花 鹸化 蒹葭.

また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 「堅果」の読み方は?読み方が分からない難読漢字・地名・人名・著名人を検索できる読み方辞書サイトです。 漢字の読み方. ※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。 mæ` - kə - déi - mi - ə. 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報, …クリやシイの実のように,成熟しても果皮が裂開しない堅い乾いた果実を植物学上ではナッツ(堅果)というが,利用上からみると,ナッツは一般に木の実と解されており,硬質の殻を有して,その内部の種子や仁を食用にする木本植物の堅果(クリ,ハシバミ,シイなど)や,核果(アーモンド,ペカン,クルミなど)をいう。また,種子を食用にすることから,ナッツはピーナッツなど草本のマメ科植物の種子などをも含めて,広い意味に用いられることが多い。…, …アケビのように裂開するものもあるが,ふつうは裂開しない。内果皮が堅くならないものと堅くなるものがあり,前者を漿果(しようか)berry,後者を核果(石果)drupeとして分ける。漿果にはブドウ,レモン,メロン,バナナが,核果にはクワ,モモ,オリーブ,ココヤシがある。….