初対面こそセンスの見せ所。好感度アップに役立つ名刺入れ 名刺交換はビジネスマンにとって大切な習わし。その際、意外と見られている名刺入れで損をしない、大人にふさわしい名刺入れの選び方とおすすめブランドをご紹介します。 名刺入れ(メンズ)の人気ブランドランキング(2020決定版)!ブルガリ、コードバン、ポール・スミスの名刺入れなど、ブランドランキングから人気のメンズ名刺入れを探せます!1200万人以上の訪問データを元に作成された日本最大級のランキングサイト【ベストプレゼント】提供。 相手に与えたいかを考え、 名刺入れの印象が話のタネになり、営業先にあなたという人物を理解してもらえるかもしれません。これから長く付き合っていくなら、印象の良い人と取引をしたいですよね。名刺入れは、あなたのそんな印象力upのためのツールでもあるのです。 まとめ. 通常配送料無料. 新しい事業を成功させたい。もっと人脈を広げたい。仕事に関する希望も人それぞれですが、仕事運には名刺入れが関係してきます。どんな名刺入れを選べば良いのか。なぜ、名刺入れを選ばなければならないのか。名刺入れから受ける影響や効果もご紹介します。 「第一印象を大きく左右する名刺交換」渾身のクロコダイルの名刺入れがここに完成しました。技術と手間の結晶、職人のこだわりが感じられるコバ磨き。手染めと表面磨きによりこの上ない高級感のある「濡れツヤ」仕上げとなりました。 女性の名刺入れってどんなものがあるか気になりませんか?ビジネスアイテムとして欠かせないの「名刺入れ」。マナーや品格が見えるアイテムでもあるので、選ぶのにも気を遣ってしまいますよね。そこで今回は、デキる大人女性にふさわしい、おすすめの名刺入れを詳しくご紹介します♡ いらっしゃるかと思いますが・・・ 名刺入れはビジネスツールの一つと. おしゃれな名刺入れも多く、 好みで手に取ってしまう方も. この記事では、3つの素材の名刺入れについて、それぞれの特徴や印象を解説します。名刺入れは、ビジネスシーンで、第一印象を決めうるアイテムです。この記事を読むことで、素材ごとの特徴や与える印象がわかるため、自分に最適な名刺入れを選ぶ事が出来ます。 名刺入れで第一印象が決まる!? 名刺は名刺入れに入れましょう! 素材やブランドは年齢、役職相応のモノを! � 心得て、仕事でどのような印象を. 名刺入れは、社会人の必需品としていつも持ち歩くアイテム。人目に触れることも多いため、ビジネスマンとして納得のいく名刺入れを持ちたいという声が多く聞かれます。 今回は、編集部おすすめの名刺入れブランドを厳選してランキング形式でご紹介します。 Amazon公式サイト| RICKERS 名刺入れ 牛革 本革 レザー 男女兼用 4 ポケット グレーを通販で早く安く。Amazonプライム会員ならアマゾン配送商品が送料無料。名刺入れをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp 名刺入れの内側が赤や黄色といった. 名刺交換はビジネスマンにとって大切な習わし。その際、意外と見られている名刺入れで損をしない、大人にふさわしい名刺入れの選び方とおすすめブランドをご紹介します。, 名刺入れのデザインは基本的にシンプル。だからこそ、質感が重要なポイントとなります。レザーはもちろん、素材は革でもメタルでもウッドでも構いませんが、上質感のあるものを選ぶことが絶対条件となります。, たとえば『ファーロ』の逸品は、素材にリアルなリザードレザーを起用。見るからにエレガントなムードが漂っています。素材は高品位だと値段もそれなりに高価となりますが、バランスを見極めつつ上質なものを選ぶのがおすすめ。自慢したくなるカードケースを持つだけで、名刺交換が楽しくなるはずです。合わせて読みたい:日本の職人芸が宿るファーロの財布&革小物, 名刺を毎日のように補充するのは億くうという考えから、多くの枚数が収納できる名刺入れを選んでいませんか? それはそれで便利なのですが、少し無粋に見られることも。ジャケットのポケットにいれたときのシルエットも気になります。, 何より、容量が大きい名刺入れを使っていると、普段からこまめに名刺を整理していないというように思われてしまいます。つまり、マチは薄いタイプを選ぶのがベター。1日の終わりにいただいた名刺を整理し、自分の名刺を補充する習慣を身につけましょう。, 基本的に、ビジネススタイルは決まりことが多く、それを逸脱するには相当の経験とセンスを必要とします。たとえば、ベルト、バッグ、靴などの小物類は質感や色みを揃えるのが原則。財布や名刺入れも統一したほうが洗練された印象になりますが、普段は外に出さず、しかも毎日使うアイテムなので、無理に統一しなくても問題はありません。, そこで、あえて色で遊ぶという手もあります。好きなカラーや思い入れのある色を選べば、そこから会話が生まれて親近感が増すことも。画像のタイプのように、内装に差し色が採用されたデザインを選び、さり気なく個性を演出するという方法もあります。, セレクトする際のポイントを把握した後は、おすすめのブランドをご紹介します。素材、マチ、カラーという観点でいくと、おのずと信頼できるブランドから選ぶことになるはず。名刺入れはシンプルな形状だからこそ、細部まで吟味して絞り込んでみてください。, 伝統的で貴重な英国のブライドルレザーが特徴的な『ホワイトハウスコックス』。1875年創業という老舗で、素材を厳選しつつ、英国内で手作業を中心に生産しています。“ブルーム”と呼ばれる白い粉がついていることもありますが、これはブライドルレザーをなめした際に染み込ませたワックスが表面に現れているもの。使う度につやや味が深まり、自分だけの逸品に仕上がっていきます。, このネームカードケースは代表作のひとつで、見開きの2ポケット構造で使い勝手も抜群。6色ものカラー展開で、定番カラーにくわえてダークグリーンやレッドも揃っています。, 1934年にロンドンで誕生した『エッティンガー』。ハンドメイドにこだわったクオリティの良さが評判を呼び、ハロッズ、フォートナム&メイソン、バーニーズ ニューヨークといった人気ショップからオーダーを受けるようになり、世界的なブランドへと発展しました。, この名刺入れは、『エッティンガー』の品質はそのままに、『ビームス F』がカラーを別注して実現したスタイリッシュなモデル。外側と内側で色が異なるカラーリングが特徴的ですが、ほかにもステッチの色へのこだわりが垣間見える、おしゃれな出来栄えです。, 吉田吉蔵氏が1935年に神田須田町で開業した吉田鞄製作所。それが吉田カバンへと成長し、1962年に自社ブランド『ポーター』をスタートさせました。ホテルなどで荷物を預かるポーターこそバッグの良さを知る職業と捉えてブランド名に起用。一針入魂という社是を体現し、長く愛用できる鞄作りを続けています。1981年にはNYデザイナーズコレクティブで高評価を獲得。日本を代表するバッグブランドの筆頭です。, 内側の色を変えたバイカラーのカラーコンビが鮮やかなシリーズ、ダブルの名刺入れ。シンプルなデザインですが、遊び心もつまったひと品。素材には、柔らかい手触りでいて、丈夫なゴートスキンを使用。手頃な価格も魅力です。, イタリアの小都市であるフェラーラで1973年に創業した『フェリージ』。品質の高さと個性的なアイテムで、独自のポジションを築いてきました。蛇腹式のポケットを多数備え、丸みを帯びるほどの収納力を誇るロングウォレットは代名詞的な存在。“コロコロ”の愛称で親しまれるほど、人気を集めています。, マチが広いカードスペースが特徴の名刺入れ。1室に50枚程度の名刺が入れられるため、名刺交換が頻出する方にはおすすめしたいひと品です。また、使い込むうちにやわらかく馴染む革質も魅力。冒頭で薄いマチの名刺入れをおすすめしましたが、『フェリージ』だけは別。この形状こそ魅力です。, イタリアのフィレンツェで1970年にスタートしたレザーブランド。高品位でナチュラルなレザーをメインに使用し、職人のハンドメイドで仕上げたグッズは、温かみのあるクラフト感が大きな魅力です。使えば使うほど風合いを増し、持つ人の個性を映し出していくアイテムが支持を集めています。, ソフトで風合い豊かな牛革を使用した人気のカードケース。ダブルフラップのデザインがさり気ないアイキャッチであり、収納の面でも便利です。, ブランド名はイタリア語で“牛飼い”を意味する、言わばイタリア版カウボーイ。粗野な側面と、洗練されたそれとを兼備するアイテムで人気を集めています。もともとはクラシックなブーツなどで高評価を獲得し、1974年に『ブッテロ』をスタートしています。, いたってシンプルなカードケースですが、だからこそ風合いを楽しめるはず。『ブッテロ』の中でも人気のクラフト感あるレザーを使用。使い込むほどにエイジングを楽しめます。, コンセプトは“ALL MADE IN ITALY”。その名前は虹を意味していて、もの作りに込めた想いが、虹のかけ橋で世界に届くようにという願いが込められています。素材へのこだわりと、デザイナーのハイセンスな個性が融合しているブランドです。合わせて読みたい: 本物にこだわる大人に。ラルコバレーノという選択肢を, 美しいブルーが目を引くカードケード。フランスの名門タンナー、アルラン社の良質なゴートスキンを起用しています。軽量でキメが細かく、収納力が高い割にスマートなフォルムです。, スコットランドの中西部で設立されたブランド。スコットランドの職人が伝統的な技術を用いて仕上げるレザーグッズは、品質に定評があります。グレードの高いブライドルレザーを中心に使用しながら、時代が求める機能性もプラス。長く愛用したくなる高品質な作品は、経年変化が楽しめるのも大きな魅力です。, こちらのビジネスカードホルダーは、やや丸みを帯びた形状が特徴的。小ぶりなサイズ感ですが、メインの収納部のほかにもポケットを備え、見た目以上の収納性を備えています。素材はフルブライドルレザーで、通常のブライドルレザー以上のエイジングが楽しめます。, 甲州 (山梨) に400年以上も伝わっている革工芸が“印伝”。その老舗が『印傳屋』で、創業は1582年までさかのぼります。江戸時代にはじまった甲州印伝は、1987年に経済産業大臣指定伝統的工芸品に認定。そんな伝統技を、実用美として今に伝えてくれる希少なブランドです。, このカードケースは、人気アクセサリーブランド『ジャムホームメイド』とのコラボ品。印伝によるさり気なく施されたレオパード柄が特徴です。ブラックダイヤ付きのアイレットもリュクス。, 浅草を本拠地とする池之端銀革店の中心的ブランド。質、実、技を具現化しつつ、トラディショナルでありながらオルタナティブな提案を行っています。生産は日本国内。機械に頼り過ぎず手作業にこだわり過ぎないというバランス感覚にたけた職人が手掛けています。最高の素材、型紙、縫製、磨き加工を追求しながら、シンプルなアイテムに凝縮。, ギミックの効いたアイテムを得意とする『クランプ』を象徴するようなカードケース。革の質感とサイドの金具により、洗練されたクラシックな印象です。メインの素材は、オリジナルの技法で加工された耐久性の高いノブレッサカーフ。発色の良さもポイントです。, スタイリッシュなデザインと機能美を兼ね備えるバッグや小物類を展開する英国ブランド。“クラシック&モダン”を普遍のテーマとして掲げ、伝統的なブリティッシュテイストにモダンな要素やトレンド感をミックスしたデザインが特徴。ラグジュアリーなムードの柄やテクスチャーを採用した個性のあるアイテムに注目です。, 『パトリック・コックス』のアイコンであるユリの紋章をモノグラムであしらったカードケース。全面に柄が施されていますが、落ち着いた配色なので、スマートな印象と落ち着きを兼ね備えつつ、独自性も感じさせるひと品。, 1982年にスタートしたブランド。設立のきっかけはクラウディオ・オルチアーニ氏が自分のためのベルトを作り始めたこと。革はもちろん、トレンドを知り尽くしたデザインチームが提案するコレクションには、完成度の高さが現れています。, クロコダイルの型押しがラグジュアリーなムードを放つカードケース。ジーンズのリベットを思わせるシルバー色のパーツは同革のシリーズで採用されていて、シャープな雰囲気を与えています。ポケットが4か所で収納力も抜群。, 『ブリーフィング』や『ダニエル&ボブ』などのバッグブランドを展開するセルツ社によるオリジナルブランド。創業の原点に立ち返り、セルツの伝統と精神が生み出した日本の職人技術によるクオリティの高い皮革製品を世界に向けて提案したいという情熱を体現しています。研ぎ澄ましたシンプルなデザインが多く、だからこそ素材の品質や職人技が光ります。, 機能美を追求したカヴィロシリーズの名刺ケース。マットでエレガンな雰囲気が特徴的な素上げの最高峰リザード革を起用しています。イエローのほか、ブラックやネイビーもラインアップ。, ビジネスマン必携のブランドとして認知度も高いこちら。1975年の創業以来、“移動をより快適にする”ためのビジネスバッグ、トラベルバッグを提供しています。機能性はもちろん、クリエイティビティーが備わったデザインで世界中にファンがいます。耐久性に優れるバリスティックナイロンをバッグに採用したパイオニアとしても知られています。, 本ブランドの素材、FXTバリスティックナイロンを起用したカードケース。さり気ない迷彩柄がおしゃれです。内張りはレザーで、5つのカードスロットにくわえてIDウインドウも装備。, ルーツは1940~60年代の古き良きデザイン。ショップや住宅などのインテリアデザイン、インテリアショップのプレイマウンテンやカフェタスヤードなどの運営も行っている会社のオリジナルブランドです。とくに木の素材を生かしたデザインに定評があり、ジャンルを問わずバリエーション豊かなアイテムを展開しています。, 高品質な木材が大人っぽさを演出してくれる個性的なカードケース。内側にストッパーが付属しているため、逆向きにしても収納したカードが落ちることはありません。オーク材とウォルナット材の2種類をラインアップ。, 深い味わいと圧巻の強度を両立したブライドルレザーは、“良いモノ”を求める大人にとって最高の盟友。今では扱うブランドも増えましたが、なかでも『ガンゾ』は別格です。, 時代を超越する普遍性と、今を的確に捉える旬な感覚。そんな相反する要素を兼ね備えた希有な存在が、名門『オロビアンコ』のトノーウォッチ。その魅力を読み解きます。, 冬コーデにおいて万能な活躍を見せる黒ダウン。理想の1着に出会うには、何を基準に選べばいいのでしょうか? その答えを、多彩なダウンが揃う『タトラス』で見つけました。, 55周年を迎え、新たな章の幕開けを予感させる『セイコー』のダイバーズウォッチ。日常使いの1本を探しているならきっと頼りになる、おすすめのモデルをご紹介します。, 『ナノ・ユニバース』が誇る名作、『西川ダウン』がリニューアル。より洗練さを湛え、頼り甲斐を増したラインアップは、我々の生活にどう寄り添い楽しませてくれるのか。, 値が張るイメージのあるムーンフェイズ時計を、手頃な価格で実現した話題の『カルレイモン』。その魅力は、腕時計の伝統をリスペクトした情熱的な作り込みにありました。, 今本当に欲しいのはシーンを問わず使えて、いつまでも飽きない時計。『ハミルトン』の普遍的かつ高感度な1本なら、この先もずっとあなたの良き相棒であり続けてくれます。, 日々持ち歩き、長く使い続けるからこそ妥協したくない財布。大人にふさわしい名品を、職人気質なブランドから海外の人気ブランドまで、4つの視点でセレクトしました。, ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。, マフラーの人気ブランドを厳選。大人だからこそこだわりたい品質と見栄えを両立する、人気のブランドとおすすめのアイテムを一挙にご紹介します。, ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。, ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。, デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。, 財布のスマート化が進む昨今、改めて注目されているコインケース。選び方と合わせて、大人にふさわしいコインケースを3つのニーズ別に紹介します。, 大人コーデと相性抜群のチェスターコートはあらゆるシーンで使える万能アウター。定番からコスパ抜群のブランドまで、大人におすすめの優良コートを一挙ご紹介します。, 冬のメンズウェアの中でも特に注目度の高いフリース。温かさはもちろん、見た目も申し分ないブランドをピックアップしつつ、それぞれのレコメンドアイテムをご紹介。, スニーカーもいいですが、男の足元には革靴がやっぱりよく似合います。選び方から大人におすすめのブランド、その主要モデルまでをピックアップしました。, 眠るときもスウェットなどの部屋着のままという人、多いですよね。しかしパジャマに着替えて眠ることには多様なメリットがあるんです。快適な睡眠へ導くパジャマをご紹介。, 秋冬にマストハブなインナーダウンは、アウトドアブランドから狙うのが正解。その理由とともに、インナーダウンの指名買いリストを発表します。, ミニマル思考が高まり、外出時に必要最低限の荷物しか持たない人は多い。身軽に出かけたい人におすすめなミニ財布のなかから、注目のアイテムをピックアップした。, スニーカー好きの大人におすすめしたいスニーカーをピックアップ。人気ブランドの定番はもちろん、新作、注目作も合わせて紹介します。10ブランド、全30モデルは必見です!, 注目ブランド、『ナンガ』を代表するオーロラダウンジャケット。その定番から別注モデルまでラインアップをご紹介していきます。, 冬に欠かせないマフラーですが、いつも同じ巻き方になりがちではありませんか? 簡単にできて、おしゃれに見える巻き方をご紹介。動画と画像でわかりやすく解説します。, 出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。.