宛先 株式会社〇〇〇〇 つきましては、下記内容をご確認の上、営業活動のさらなる強化をお願いいたします。 内容は、出張の成果や、現地での業務内容について報告するものです。それによって社外にいても、業務を行い成果を上げた、など上司や会社に伝えることにもなります。 催促状は、顧客や取引先からの支払いが滞った場合に必要になってきます。 営業本部長 雑誌原稿執筆のお願いにつきまして 借主 金銭 花子   以上 ・過去1年の受注・売上実績から  
催促状の見本構成 何をしてほしいのか依頼を具体的に記入 ○○プラン

  金銭借用証書 依頼書の基本構成 相手が受け取った時に、スムーズに支払いができるように振込先も記載しましょう。

金 額:○○○○○○円

    所感 本製品の宣伝用のポスターやポップなどが小さく地味で目立っていないため、デザインナーとデザインの変更を含め、再検討が必要であると思われる。

これがあるだけで、業務は明文化し効率的に進むようになります。今回は指示書の作り方を、具体例を交え解説していきます。 青空株式会社

第4条(品質保証) 記載されている内容は2018年03月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 多くの企業間での商品の受け渡しでは受領書が重要な役割を果たします。特に運送業者に依頼している場合は確実に相手が受け取ったかを示す証拠書類となります。受領書を基づいて、入金の確認を行い、漏れていれば督促しなければなりません。, 受領書の意味と使い方を説明しましょう。他社との取引を行う時には必ず使用するものですから、十分理解しておかなければなりません。, まず受領書はどのような時に使用するでしょうか。商品をメーカーから発送してもらい、それを受け取ったことを相手に伝えるために使用します。もちろん、現代はインターネットを利用することも少なくありませんから、紙ではなくメールを使用する場合も少なくありません。ただ、商品は運送業者が配達していますから、現品に受領書を添付していることがほとんどです。受領書には受領印を押すスペースが設けられており、そこに印を押すかサインをすることで受領したことを示します。商品を渡した後で、トラブルを未然に防ぐために受領書を確実に保管している企業も少なくなりません。ただ、代金が入力されることで受領書の必要性も低くなります。, 受領書は一般的なテンプレートがありますが、各社でこれまで使用してきた実績のある雛形なら問題ありません。重要なことは必要項目がもれなく記載されているかと言うことです。商法などで受領書のテンプレートが決められているわけではありませんから、企業間で理解できる内容であれば、書式にこだわる必要はありません。テンプレートや雛形はそれぞれの企業内で作成しておけばいいだけです。もちろん、必要な項目がありますから、それが漏れないようにしてください。, 受領書のテンプレートを気にする必要はありませんが、項目は確実に漏れないようしておかなければなりません。それでは、受領書に必要な項目は何でしょうか。まず、何を受け取ってもらったかを示すための、送付品一覧です。すべての項目を記載して注文書との対応が取れるようにしておきます。注文された商品を受けった証明のための書類ですから当然のことでしょう。それから、誰が受領したかを示すための受領印欄です。これは一般的な印鑑でもサインでも構いませんが、受領書に記載した本人が特定できなければなりません。万が一トラブルになった時の証拠種類だからです。日付では、商品を発送する方は、発送日を記載していますが、受領した人は受け取った日を記入します。その間のずれは輸送によるずれですから問題ありません。この他に、注文番号も記載します。同じ商品を何度も購入する場合に対応できるようにしておくことが大切です。, 受領書の書き方はテンプレートを参考にすれば難しくありません。受領書の目的を考えれば記載しなければならない項目は限定されるでしょう。用紙の上部には受領書のタイトルと、右側に発送側の社名、発送日を明確に記載します。それから表形式で納入品目を記載します。お客様からの注文番号があれば、それも明確に記載します。通販サイトなどであれば、注文した時点で注文番号が表示されるはずです。それが受領書に記載されることになります。発送した商品はすべて記載します。ただ、注文は別でも、オプションとして同梱されている場合もありますから、商品名に注意書きするといいでしょう。, 書き方が厳密に決められているわけではなく、一般の人が読んで受け取った商品が特定できる書き方にすればいいでしょう。そして、下部には受け取った人の社名、氏名、押印欄があります。社名、氏名は注文した人になりますが、受領した人と同じとは限りません。押印欄に書かれた氏名が受領者となります。問い合わせ時には受領者に確認することになります。, 受領書と領収書の違いを説明しましょう。一言で言えば、受領書は商品を受け取ったと言う証明のための書類です。領収書はお金を受け取ったと言う書類です。それぞれの書類は別ルートで送付されることも少なくありません。商品が先で、後から支払いと言うパターンもありますし、逆に前払いのパターンもあります。いずれにしても、受領書と領収書の日付が違っていても、何の問題もありません。販売者と購入者の間で了解が取れていればいいだけです。了解が取れるとは注文が成立することを意味しています。通販サイトなどでは最終確認のボタンを押した時点で、注文や支払い条件に付いて了解されたとみなされます。, 受領書には印紙を貼るべきでしょうか。これは受領書の役割を考えればいいでしょう。つまり、受領書はお金のやり取りをするための書類ではなく、商品を確実に送るための手続きです。送付者と受け取り者がお互いに納得できる形で証拠を残すことが目的となります。お金の授受は必要ありません。同時に、お金の授受をする場合には領収書の発行が必要となります。もちろん、受領書と領収書を同じ紙にすることはできますが、受領書は受け取った人がサインをして、配達者に渡す書類であり、領収書は逆にお金を受け取った配達人が商品を受け取った人に渡す書類です。, 領収書に貼られている印紙は何のためにあるのでしょうか。これは商業行為に対する税金です。一般的には3万円以上の取引をして、領収書を発行する場合には税金として印紙を貼ることが義務付けられています。税務署に税金を払いに行ったり、決算書に記載したりする代わりに印紙を購入して貼り付ける仕組みとなります。3万円以下であれば、印紙を貼る必要はありません。また、お金の授受がない受領書には印紙を貼る理由がありません。時々、勘違いして無駄な印紙を貼っている人もいます。仕組みをよく理解しなければなりません。, 一般的企業での受領書の返送では自分で封筒を準備して、それに入れて受領書を返送することになります。もちろん、たくさんの取引を行っている場合は、他の書類の送付に合わせて返送すれば、切手代を節約することができます。事務処理を担当の女性にお願いしている場合は、受け取った商品に添付されている受領書にサインをして、担当者に渡していることでしょう。それから、重要なことですが、受領書は会社間での了解があれば、必ずしも返送しなくてもいいでしょう。受領書がなくても、費用の支払いをすることで結果的に受領したと判断することができます。お金を確実に受け取るだけで、受領書を保管したいわけではないからです。社内の手続きでは金額が記載されている納品書があれば、それで経理上の手続きは可能です。受領書は商品の送付元で必要となる場合もありますが、一般的には入金を確認できれば、それが受領書の代わりと判断されるでしょう。, 受領書には証明書が必要なのでしょうか。この場合の証明書とは商品を受け取ったことを示すための書類です。もちろん、現品と受領書の品名、数量などを確認することは大切ですが、それを確認した人が受領印を押すことが大切です。結論から言えば証明書は必要ありません。受領書や納品書が証明書となるからです。現品との照合は受け取る人か、その商品を使用する人が適しています。受け取ったら、早めに照合しておくことが基本です。支払いをしなければならないからです。企業の規模に関わらず、受領してから数日以内に支払いの手続きをしなければならないと決められています。受領書に書かれている内容と現品が違っている場合には、すぐに連絡しなければなりません。通販サイトなどでは1週間以内に連絡がない場合は、受領されたとみなすことが多くなっています。異議を申し立てることが意思表示となります。, 受領書には署名や押印が必要となりますが、それはどこの組織が行っているでしょうか。もちろん、注文した組織で押印することが一番確実ですが、大企業になると荷物の受け入れ部署と注文部署が物理的に離れている場合も少なくありません。つまり、受領書の紙を社内で贈るための時間が無視できなくなるでしょう。たくさんの商品の受け入れを行っている組織では効率よく作業を行うために、受領書と現品を確認したら、すぐに返送していることでしょう。そして受け取った商品は注文部署に早めに受け取りに来るように連絡しています。受領書に押印する部署は送り主側にとっては、関係ありません。誰が押印しても企業として受け取ったとみなすことができるからです。, 派遣で働いている皆さんは、今の時給に満足していますか?もう少し欲しいなと思いますか?実は、派遣で働いている人の中には時給交渉をして、時給アップに成功した人もいます。彼らは一体どうやって時給交渉をしたのでしょうか?今回は時給交渉を成功させるコツをご紹介します。, 面接が苦手という人は多く、緊張するものです。しかし就職を勝ち取るには避けて通れないのが面接です。そこで面接で使う一人称について語りましょう。一人称はあなたの第一印象を決定づける重要な意味を持ちますので、基本的なビジネスマナーを紹介しましょう。, 二次面接で聞かれやすい質問・解答例とはどのようなものでしょう。特に一次面接との違いについても気になるとところです。この記事では、二次面接特有の質問や、転職、新卒などの状況別に、どのように二次面接で解答するか、具体的な例とともに解説したので参考にしてみて下さい。, 就職活動や転職活動などを行っているときに必ず必要となる履歴書。しかし、どんな履歴書を用意すればいいか悩むこともあるのではないでしょうか。今回は履歴書の紙質についてご紹介します。シチュエーションに合わせた紙質の履歴書を使用して、活動の参考にしてください。, 就職や転職をするとなれば自分を売り込むために自己PRを考える必要があります。不動産業界は人気も高いので入念に自己PRを練り上げる必要があります。今回は不動産業界の自己PRの作成のコツを例文を挙げながら新卒や未経験、転職などに分けてご紹介していきます。.
を記します。貸借関係にある双方がないように合意し、署名捺印をもって返済の約束をする契約書です。ここでは一般的な金銭借用証書について説明します。