ファクターという言葉は、ビジネスにおいて要素や要因を表す場合に使う言葉であり、特にそれが重要な場合を指して使われることが少なくありません。ここでは、その使い方や科学的な使い方等、また類語表現も含め幅広く紹介していきます。 」, 検索ランキング 」, ・・・年までにはその社会的ファクターをどのようにまで発展させて来ているか、と・・・ 宮本百合子「生きつつある自意識 過渡期とは、移り変わっていく転換期を意味する言葉ですが、ここではその意味や類語、そして反対語や対義語についても紹介していきます。ビジネスにおいてさりげなく... ファクターの類語の2つ目は、要因です。要因という言葉は物事がそうなっている状況や、物事が起こる場合の背景や事情を指している言葉となります。要素とよく混同されて使われる言葉ですが、要因という言葉は、原因という言葉と同じように「因」という漢字が使われています。そのため理由を表す言葉と覚えておきましょう。, 特にファクターという言葉を使う場合に、要因という日本語の置き換えとして使われることが少なくありません。ファクターという言葉を日本語と混同して使う場合には、それぞれの項目を指して使っているのか、それともその要因を指して使っているのか見極める必要があります。, ファクターの類語の3つ目は、因子です。因子という言葉は、物質を構成する最小の単位を表す言葉になります。また、物事においても、大きなくくりの中の、小さな項目を表す際に使われます。要素や要因が重要な物事を示しているのに対して、因子という言葉だけでは重要であることを示さないのが、他の類語との違いです。, 例えば「彼は会社の危険因子と見なされている」という例文に近いものを、小説やニュースで目にすることがあると思いますが、この場合の危険因子とはリスクであること、またリスクになりうる一つの項目を表しているに過ぎません。因子という言葉はこのように、小さな項目を特質別に説明する際にも使うことができます。, ファクターを使った例文の1つ目は「成功のファクター」という表現を紹介します。「成功のファクター」という表現は「今案件における成功のファクターは、いかに良質で安い材料を仕入れられるかという点に絞られる。彼の交渉の行方ですべてが決まるだろう」といった形で使われます。, このように物事がうまく行くための要因や、逆に物事が失敗する場合の要因を、ファクターという言葉を使って説明することができます。ファクターという言葉の一般的な使い方になりますので、この例文は押さえておくようにしましょう。, ファクターを使った例文の2つ目は「科学的なファクター」という表現を紹介します。「科学的なファクター」という言い回しは「今回の成果に関しては結果だけを良しとして考えるのではなく、科学的なファクターの分析も必要だ。もしもその解析がしっかりできれば今後の成功も偶然ではなくなるだろう」といった形で使います。, ビジネスにおいても、精神論的なものと、科学的思考と、対極にある考え方をバランスよく使い分ける必要があります。そのため「科学的なファクター」という言い回しも、科学に関係していない業種や場面においてもよく耳にするかと思いますので、こういった例文も押さえておくといいでしょう。, ファクターを使った例文の3つ目は「重要なファクター」という表現を紹介します。「重要なファクター」という表現は「成功に必要なものは1つに絞れないので、そのファクターは資料で項目別に説明しているが、特に重要なファクターは顔認証の精度だろう」といった形で使います。, 元々英語では要素や要因を示す言葉であり、またビジネスにおいては物事について、重要な点をかいつまんで分かりやすく説明しようとする場面が少なくありません。そのため、ファクター自体に重要である要素が含まれていますが、「重要な」という言葉を使うことで、物事の要点がつかみやすくなるのです。, ファクターを使った例文の4つ目は「未知のファクター」という表現を紹介します。「未知のファクター」という表現は「この商品には未知のファクターが含まれているので、市販するのは反対だ。科学的な証明が不十分でも、規格にマッチしているなどというのは、何かあった時の言い訳にもならない」といった形で使います。, 「未知のファクター」という言葉を使うことで物事において未知の部分に焦点を当てて説明することができます。また「未知」以外でも様々な言葉を付けて使うことで、その物事における様々な種類のファクターを説明することができます。この例文のような使い方ができると、言葉遣いのバリエーションが広がることでしょう。, ファクターという言葉を使いこなせるようになることで、ビジネスにおける説得力が増すだけでなく、科学的な根拠を説明するような専門性の高いスキルやものの考え方を身に付けることができるでしょう。ここで紹介したファクターという言葉の情報が、その一助となればうれしいです!, 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。 ファクターの類語・関連語検索結果 | ルイタンは 独自の AI が Twitter や Wikipedia上の膨大な量の文章を学習し、用法が似ている類語・関連語を教えてくれるサービスです。 今までわからなかった新語の意味や、場所によって異なる語句のニュアンスの違いを理解するのに役立ちます。 an abstract part of something. ファクターの計算方法は、標準値を現実の値で割り出せば求められます。なお、標準値はそれぞれの物質により異なります。, ファクターを用いる分析手法として、定量分析法がありますが、定量分析を説明する上で知っていただきたい滴定という用語について解説します。化学反応を調べる際には既に濃度も計算されている標準液に対して少量ずつ加えて反応させることを滴定といいます。 chokotty[ちょこってぃ] | 知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。, ファクターという言葉は、ビジネスにおいて要素や要因を表す場合に使う言葉であり、特にそれが重要な場合を指して使われることが少なくありません。ここでは、その使い方や科学的な使い方等、また類語表現も含め幅広く紹介していきます。, ファクターの意味の1つ目は英語で要素や要因のことを指します。ファクターという言葉は元々英語であり、日本語と同じ意味合いになります。そもそもファクターという言葉は非常に抽象的な概念であり、分かりやすく定義づけすることが非常に難しい言葉であると言えます。そのため使い方をしっかりと理解することが重要です。, ファクターという言葉を分かりやすく説明をすると、物事を細かくいくつかに分けて見た時に、細分化された一つの項目を表します。例えば会社の目標を達成させるために重要なことがいくつかあり、その一つが商品のリニューアルだとします。そうすると今後はどの商品をどのようにリニューアルするかを見ていく必要があります。, そしてさらに細分化していくとその根底にはリニューアルをする理由が存在し、さらにリニューアルに至るまでの、それぞれの商品の販売方法や販売推移を見ていく必要が出てきます。どこまで細かくみていくかは状況によりますが、物事を構成する要素をこのようにある規定や意図により細分化したものをファクターと言います。, ファクターの意味の2つ目は、日本語では重要な要素を表すことが多いということです。ファクターとは様々な要素や要因を表す言葉であるものの、それが日本語表現の中で使われると、特に重要な点にフォーカスすることを意味します。, 物事についてのファクターはいくつかあるのですが、あえて日本語表現でファクターと言う場合には、その中でも特に重要なものを指している場合が多くなっています。そのため、ビジネスにおいてはファクターにおいて議論を重ねることは非常に重要なことであると言えます。, また、ファクターという言葉は特に科学の分野において様々な事象を分析する際に使います。ファクターという言葉は、ビジネスや科学の研究を進めていく中で、なくてはならない言葉なのです。そんなファクターという言葉について、使い方や類語、そして例文をここから紹介していきます。, ファクターの使い方の1つ目は、何が重要かを説明する場合です。ファクターという英語表現自体は、様々な要素を表しています。そのため、ファクターという言葉を漠然とした形で使用すると、非常に多くのものを指すことになり、相手に対して言いたいことが伝わりづらいシーンが少なくありません。, しかし、日本語でファクターという言葉を使う場合には、その要素や要因が示しているものが、その物事において重要であることを示しています。そのため、ファクターという言葉を使う場合には、多くの要素や要因の中でも重要な物事に絞って伝えようとする意図が伝わります。, ファクターの使い方の2つ目は、ビジネスや科学の仕組みを紐解いて説明する場合です。ビジネスや科学においては、その構成や要素、あるいは仕組みが難しいことが少なくありません。そのため、その複雑な構成を説明するために、物事を分解する時、ファクターという言葉を使うことになります。, ファクターという言葉を使うことで、ビジネスや科学の難しい内容を、その分野に精通していない人に対しても分かりやすく説明することができます。また、ビジネスや科学における難しい内容であっても、その内容を勘違いなくシンプルに伝えることもできるようになるのです。, ファクターの使い方の3つ目は、メリットとリスクを分けて説明する場合です。ファクターという言葉を使い、ビジネスや科学の何かを説明しようとする場合には、メリットやリスクを説明することが少なくありません。, ファクターの概念で物事を説明すると、メリットに感じる要素・要因やデメリットやリスクに感じるような要素・要因に分けることができます。何かを説得する場合には、メリットやリスクを相手に分かりやすく伝えることは非常に重要なこととなります。, そのため、相手にメリットやリスクを考えて判断して欲しい時に、ファクターという言葉そのものを使って説明をしたり、ファクターという言葉の概念を用いて説明することで、相手から明確な回答を得やすくなることでしょう。, ファクターの類語の1つ目は、要素です。要素という言葉は、物事を構成する重要な項目を意味する言葉です。世の中においてはビジネスや科学に限らず、様々な場面において要素という言葉を使います。要素という言葉が、一つの大きな物事を構成する項目を表す場合もありますし、物事の核心を表す場合もあります。, ビジネスで使われる言葉は、類語との使い分けが重要です。下記関連記事にある「過渡期」という言葉を見ると、その重要性や使い分け方のコツを吸収できることでしょう。非常に役に立つ内容なので、是非こちらも確認してみてください。.

(10/17更新). 類語; 結果に偶然結びつくもの: 要素; 要因; 素因; ファクター; 因; ファクタ; 因子; それ以上 単純な 物質には分離できず、単独であるいは結合して あらゆる物を構成する、100を超える 知られている 物質(うち92は自然界に存在する) 化学元素; 元素; あるものの抽象的な 部分: 構成物 ビジネスシーンでも、テレビドラマの中でもよく使われている「重要なファクター」という表現。その言葉の意味は、使われている場所や文脈によっても少しずつ違います。今回は、さまざまな分野におけるファクターの意味や用法についてのまとめです。 」. 」, 宮本百合子「浦和充子の事件に関して ©Copyright2020 IKIKATA Database.All Rights Reserved. 詳しく見る. 後述しますがファクターを数値として具体的に求める場合もあれば、場面により意味が全く異なる場合もあります。ファクターについて掘り下げていきましょう。, ファクターと聞いて、おおよそのイメージは要素、要因などといった物事の構成要素をさすことが多い語句ですが、業界が異なると、対象を指す意味や言葉の食い違いを招くことがあります。