科目. 異表記として那羅・平城・寧楽などがある(読みは全て「なら」)。平安京(京都)に都が遷った後は南都(なんと)とも呼ばれた。古くは大倭と呼ばれ、また平城京にも相当した。, 平城京が置かれていた奈良時代には、シルクロードの終着点として国際色豊かな天平文化が花開き、大伽藍が建ち並ぶ都として数々の貴重な文化財が創り出された。国宝建造物数は日本最多である。文学の面では古事記、日本書紀、万葉集、風土記など、最古の史書や歌集が編纂された[注釈 1]。平安京への遷都以後も南都と称されて、上代日本の宗教・文化の歴史に多大な軸を形成した。現在も年間を通し新旧の行事が行われ、国際観光文化都市として国内外から多数の観光客が訪れている。2010年(平成22年)には平城遷都1300年記念事業が開催された。, 奈良の語源を巡っては諸説あるが、比較的知られているものを挙げる。このうち特に有力視されているのは、2番目の柳田國男による説である。, 「下つ毛野 みかもの山の こ楢のす まぐはし子ろは 誰が笥か持たむ」(巻14-3424), 単独では nara と発音されるが、後ろに母音の助詞がくると narahi のように /h/ が発音された。近代に入りこの /h/ は消失した。, http://www.brill.com/koguryo-language-japan-s-continental-relatives, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=奈良&oldid=79902516. ドングリ(団栗、無食子、英: acorn )とは、広義にはブナ科の果実の俗称 。 狭義にはクリ、ブナ、イヌブナ以外のブナ科の果実 。 最狭義にはブナ科のうち特にカシ・ナラ・カシワなどコナラ属樹木の果実の総称をいう 。. ナラ、ナロはその異種であり、実際、奈良はかつて「平城」と書かれることもあった。この説は、日本国語大辞典、各種の地名辞典 や郷土史本 でも取上げられており、最も有力視されていると言える。 吉田 … コナラ(小楢、学名:Quercus serrata)はブナ目 ブナ科 コナラ属の落葉広葉樹。 別名ホウソ。 「コナラ」の名は、もう一つの日本の主要なナラであるミズナラの別名であるオオナラ(大楢)と比較してつ … コナラ: 学名: Quercus serrata: 別名: ナラ、ハハソ、ホウソ: 小楢: 分類: ブナ科コナラ属 (落葉高木): 小さいナラの意。「ナラ」については、①葉が広く平らなさまを「ならす」とした、②冬、枝に残った葉を、風が吹き鳴らす木とした、③若葉の軟らかいさまを「なよらか」とした、などの説あり。 国内産「ナラ」参照 .

ロシア・中国産 コナラ属(ブナ科) 産地. ナラ(楢、柞、枹)は、ブナ科 (Quercoideae) コナラ亜科 (Quercoideae) コナラ属 (Quercus) コナラ亜属 (subgenesis Quercus) のうち、落葉性の広葉樹の総称。英語名はオーク (oak)。秋には葉が茶色くなることで知られている。 別名. 北海道から九州に至る日本全国、さらにサハリン、南千島、朝鮮などに分布。特に「道産の楢」と呼ばれる北海道が代表的産地である。 用途. オークはブナ科コナラ属の総称になります。日本語では落葉樹はナラ(楢)、常緑樹はカシ(樫)と呼ばれ、 昔から道具の柄や樽などに使用されるお馴染みの木材です。広葉樹の環孔材で木目がはっきりとしていて、 見た目から木材らしさを存分に味わえる樹種です。 柾目面に現れる虎斑(とらふ)杢が家具材としての魅力を高めている。ま�