なのか?というのは男性なら皆さん同じ のは、果たして私だけでしょうか(笑), 主演のマーク・ウォールバーグが6月 に46歳になりましたので、その彼と 『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014年) 』(1999年), トランスフォーマー(英: Transformers)は、タカラトミーとハズブロによって展開されているメディア・フランチャイズ。北米では1984年5月から、日本では1985年6月から発売開始された[1]、変形ロボット玩具を基にして、アニメーション、コミック、実写映画などで世界的に展開されている。, 元々は日本国内でタカラ(現・タカラトミー)から販売されていた『ダイアクロン』(1980年 - 1984年)、『ミクロチェンジ』(1983年 - 1985年)シリーズの内、後期に展開した変形ロボットをアメリカのハズブロ社が業務提携し、他社の変形ロボット玩具と共に新たな設定を加えた物を『TRANSFORMERS』として販売したものが北米を中心に大ヒット、それを日本に逆輸入したものが『トランスフォーマー』シリーズである。北米ではタカトクトイス(『超時空要塞マクロス』(1983年)、『特装機兵ドルバック』[2](1984年)、『機甲虫隊ビートラス』(1984年))やトイボックス、トイコーといった、タカラ以外の日本玩具メーカーから発売されたロボット玩具も『トランスフォーマー』として販売されており、それらの中には日本では権利の関係上未発売となった物も複数ある[3]。, 「トランスフォーマー」と呼ばれるロボット生命体が正義の「サイバトロン(AUTOBOTS)」と悪の「デストロン(DECEPTICONS)」に分かれ[4]、抗争を繰り広げるという背景設定が存在し、敵味方の多彩なキャラクターが登場する。彼らはいわゆる宇宙人であるが、地球の環境に溶け込むために擬態する能力を持っており、ロボットの姿から乗り物や動物の姿に変形(トランスフォーム)することができる。, マーベル・コミックによって漫画やアニメも作成されているほか、2005年に倒産したドリームウェーヴ・プロダクションズ社からリブートコミック作品などが出版されており、こちらは日本語版がジャイブより出版された。ドリームウェーヴの倒産以後はIDWパブリッシングがコミック化の権利を引き継ぎ、実写映画、アニメーション作品、リブート作品、マーベル版の続編などを出版している。また、マイケル・ベイ監督による実写映画シリーズも5作品製作されている。一方でシリーズの世界設定の主軸は、玩具に付属する「テックスペック」と呼ばれるキャラクター情報に置かれており[5]、玩具シリーズが単なるアニメやコミックのキャラクターグッズに留まらない「原案」として尊重されていることも、トランスフォーマーシリーズの特異性であると言われている[5]。, 一方、トランスフォーマーシリーズの故郷とも言える日本では、トランスフォーマーと同じく旧タカラが玩具を制作した日本向けの作品として勇者シリーズ(1990年 - 1998年)が作られた。玩具にはトランスフォーマーとして発売された一部の玩具を流用させたもの(シックスショット→『勇者警察ジェイデッカー』(1994年 - 1995年)のシャドウ丸など)や、元々はトランスフォーマーとして設計されたもの(『勇者エクスカイザー』(1990年 - 1991年)のレイカーブラザーズなど)がある。また、意思を持つロボットや乗り物や動物が変形し合体するという共通要素もある。なお勇者シリーズはタカラトミー合併後、作品の権利は全てバンダイナムコホールディングスに譲渡されている。, その後、2018年にハズブロが再び日本法人として「ハズブロジャパン合同会社」を設立し、現在日本における権利はタカラトミーとハズブロの共同開発となった。, 『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』から『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマーZ』まで(玩具のみの展開も含めれば同一時間軸の『RETURN OF CONVOY(ザ・バトルスターズ)』『合体大作戦』まで)のシリーズを『ジェネレーション1(G1)』と呼ぶ。, また、海外においては『ARMADA(マイクロン伝説)』『ENERGON(スーパーリンク)』『CYBERTRON(ギャラクシーフォース)』の三作を『Unicron Trilogy(ユニクロン三部作)』と呼び[9] )、日本では、トランスフォーマーに携わるタカラトミー開発スタッフの幸日佐志が『マイクロン三部作』の名称を用いている[10]。そのためタカラトミー公式サイトにおいては『ユニクロン(マイクロン)3部作』と表記されている[11]。, テレビシリーズについては、初期の5作品[12]は日本テレビで、『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』から『超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム』まではテレビ東京で放送されていた。日本テレビの放送はローカルセールス扱いのため、系列局毎に放送時間が異なっていた他、日本テレビ系列局が所在しながら系列外局が番組販売扱いで放送した例もある。一方、テレビ東京の放送はネットセールス扱いではあるが系列局自体が少ない。これらの理由で、現時点で本シリーズは一貫して(本当の意味での)全国一斉放送には恵まれていない。, 北米にて、主に上記の3つの出版社から一連の作品が発刊されている(作品一覧は記事を参照)。マーベルコミックとIDWはコミック版のデザイン、もしくはオリジナルキャラクター[13]が『Transformers Generations』(国内版『ユナイテッド』、『TFジェネレーションズ』)にて商品化されるなど、玩具展開にもある程度の影響力をもっている。, トランスフォーマーはそのシリーズ間につながりを持つが時系列順には発表されておらず、大まかな歴史の流れは公式ページ(リニューアル前)に掲載された図解などで明らかとなっている。, 全シリーズ総体としてみると、国内シリーズの時間軸以外に、大きく分けて海外玩具版、海外アニメ版、コミック版、さらに後述の『マイクロン三部作(ユニクロン三部作)』や『プライム』等、多数の軸が存在し、またそれぞれにも『バイナルテック』のように細かい分岐が発生している。トランスフォーマー全体の世界観の中では、これら複数の時間軸は互いに隣り合わせの次元に存在する並行世界(パラレルワールド)として同列に扱われており、これらの並行世界群は「マルチバース」という大規模構造を形作っている。ときには次元の壁を通り越え、互いの世界に干渉を起こす者等も度々現れており、中でも海外版の『ユニバース』、国内版の『キスぷれ(第二部)』等、こういった多次元世界的概念を前提として多作品世界間を股に描かれるシリーズも少なくない。, なお、2003年以降放送のマイクロン伝説、スーパーリンク、ギャラクシーフォースの『マイクロン三部作(ユニクロン三部作)』やその後の『プライム』などの作品は、設定をリセットした新シリーズなので上記の時系列には含まれない。しかし、この三部作以降の各世界とG1世界の宇宙は何度も次元を超えての交流があるようである。, エクスカイザー - ファイバード(ゲーム) - ダ・ガーン - マイトガイン - ジェイデッカー - ゴルドラン - ダグオン(OVA) - ガオガイガー(主題歌・FINAL・覇界王・ガオガイガールズ(関連作)・ゲーム・キャラクター・メカニック), トランスフォーマー(カテゴリ) - エルドラン(カテゴリ) - サンライズ - 名古屋テレビ - テレビ朝日 - 名古屋テレビ制作土曜夕方5時30分枠のアニメ - 勇者伝説ブレイブガム, 「タカラ、米ハスブロ社の女児がん具人気、日本で販売──変身ロボ発売にも米国流借用。」『, タカトクトイス倒産後に金型が渡った製品はバンダイアメリカがライセンス生産していた。「スカイファイヤー(ジェットファイヤー)」や「DXインセクトロン」「ロードバスター」「ホワール」がそれに該当する。, 日本のTV展開では省かれたが『ビーストウォーズ』ではサイバトロンはマクシマルズ(MAXIMALS)、デストロンはプレダコンズ(PREDACONS)という別のグループとなっている。また、デストロンガーやヴィーコンなど各勢力から派生したグループも存在し、, 放映開始当初は全55話までの放映が予定されていたが、第4シーズン(シーズン4)は未放送で未展開。, シーズン3 『Transformers: Prime Beast Hunters(トランスフォーマー プライム ビーストハンターズ)』と完結篇で最終作であるアニメーション映画『Transformers: Prime Beast Hunters: Predacons Rising(トランスフォーマー プライム ビーストハンターズ:プレダコン・ライジング)』 は日本未展開。, シーズン3『トランスフォーマー アドベンチャー コンバイナーフォース』は日本未展開。, Transformers: Universe(2008) Vector Prime with Mini-Con Safeguard!のパッケージの記載など。, 限定冊子『キスぷれ / 15GO!GO!』掲載「トランスフォーマー年表」(「TFキスぷれ年表」加筆版), 丸山典子編「生誕30周年&新作映画『ロストエイジ』公開記念大特集 エキサイティングトランスフォーマー 今から始めるトランスフォーマー入門 トランスフォーマーの多元宇宙」『フィギュア王 No.196』ワールドフォトプレス、2014年6月30日、, 『ビーストウォーズII 超図鑑 完全保存版―超生命体トランスフォーマー』 講談社、1998年、90頁, Transformers | Transformers Movie | Official Site, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=トランスフォーマー&oldid=79461180, この項目では、玩具について説明しています。この玩具の背景世界に登場するロボットについては「, 84 スモールフット(Small Foot)(ゴーボッツ)(ウーマン・サイバトロン)(アニメ未登場), C-348 スピーダー(Speeder)(マイクロトランスフォーマー)(アニメ未登場), C-360 スカイギャリー(Sky Garry)(バトルスターズ)(アニメ未登場), C-360 ショットボンバー(Shotbomber)(マイクロトランスフォーマー)(アニメ未登場), C-330 ロケットベース(Rocket Base)(マイクロトランスフォーマー基地), アーマードコンボイ(Armored Convoy)(アクションマスター基地)(アニメ未登場), TRF-11 ロードロケット(Road Rocket)(レーザーバイク)(アニメ未登場), Transformers: Prime Beast Hunters(トランスフォーマー プライム ビーストハンターズ)(全13話), Transformers: Rescue Bots Academy(トランスフォーマー レスキューボッツアカデミー), キュートランスフォーマー さらなる人気者への道(TOKYO MX 2015年7月 - 10月・全13話)(アニメーション制作:DLE), Transformers: Combiner Wars(トランスフォーマー:コンバイナーウォーズ), Transformers: Titans Return(トランスフォーマー:タイタンズリターン), Transformers: Power of the Primes(トランスフォーマー:パワー・オブ・ザ・プライムズ), 毎週金曜日 17:30 - 18:00(1985年(昭和60年)10月11日 - 1986年(昭和61年)9月26日), 毎週金曜日 17:00 - 17:30(1986年(昭和61年)10月3日 - 1988年(昭和63年)3月25日), 毎週火曜日 17:00 - 17:30(1988年(昭和63年)4月12日 - 1989年(, 毎週水曜日 18:30 - 19:00(1997年(平成9年)10月1日 - 2000年(平成12年)12月27日), 毎週金曜日 18:00 - 18:30(2003年(平成15年)1月10日 - 2004年(平成16年)12月24日), 毎週土曜日 8:00 - 8:30(2005年(平成17年)1月8日 - 2013年(平成25年)3月30日 ), Transformers Prime Beast Hunters: Predacons Rising(トランスフォーマー プライム ビーストハンターズ:プレダコン・ライジング)(2013年(平成25年)10月4日に公開された)(日本未公開), Transformers: The Battle to Save the Earth(コモドール64)1986年 日本未発売。, Transformers(PlayStation 2) 2004年 Armada原作、日本未発売。, Transformers: Revenge of the Fallen(PlayStation 3、Xbox360、Windows、Wii、PlayStation 2、ニンテンドーDS、PlayStation Portable)2009年、日本未発売。, Transformers: Fall of Cybertron(Windows、PlayStation 3、Xbox 360) 2012年、日本未発売。War for Cybertronの続編。, Transformers Prime: The Game(3DS、Wii)2012年、日本未発売。, Transformers Universe (PC) 2014年、日本未展開。現在は閉鎖している。, TRANSFORMERS: Devastation (PlayStation 4、PlayStation 3、Xbox One、Xbox 360、PC) 2015年、日本未発売。, トランスフォーマー EZコレクション(海外ではLEGENDS CLASS) 2005年, トランスフォーマー ディズニーレーベル / ディズニー・ピクサーレーベル 2009年, トランスフォーマー オルタネイターズ(Transformers: Alternators) 日本におけるバイナルテック&キスぷれ, Fall of Cybertron - 2012年 IDW版同名コミックを基に展開, Thrilling 30 - 2012年 TF30周年を記念して展開された「Generations」最初のG1リスペクトラインシリーズ 日本におけるレジェンズ, プライムウォーズトリロジー - 2015年以降展開の3部作で正式に命名されたのは2018年展開より 日本におけるレジェンズ&ユナイトウォリアーズ(パワー・オブ・ザ・プライムズを除く), ウォー・フォー・サイバートロントリロジー(War for Cybertron Trilogy) - 2019年 プライムウォーズトリロジーの後を受けて展開される事が発表された新3部作, 『トランスフォーマーG-2〜新たなる闘い! お付き合いが始まったそうです。, の屋敷で、トランスフォーマーと人類の イベントレポート. 『ビーストウォーズメタルス コンボイ大変身! タカラトミーのトランスフォーマー公式サイト。トランスフォーマーの歴史、商品シリーズ紹介、映画関連商品紹介、新商品紹介、過去の商品紹介、イベント・キャンペーン情報、ゲーム情報。 … マスターピースレビュー. なんか給付金2回目って話出てますがあれってもし本当にもらえるなら5万円もらえるんですか?それとも15万円貰えるんですか?Twitterでは15万円と書いてる人多いですが1回目の10万と合わせて15万ってことで2回目の給付金は5万円だけなのかそれとも本当に15万円貰えて1回目と合わせて25万もらえるってことなのかどっちです... 鬼滅の刃の映画を見に行った人に質問なのですが、隣の人との席はどのぐらい空いていますか? イザベラ・モナーにも絡んで欲しかった 為にケイドとビビアン、オートボット 登場人物の名前や関係を覚えるのが苦手なため、説明があっても分からなかったのだと思いますが、どうか解説よろしくお願いします!. くるかの謎を解いていく展開の場面で だったとの事。, 2人が初めて会ったオーディションの 演:シャイア・ラブーフ/吹き替え:小松史法 何作目に登場したのか 2. すぐ後に、電車の中で偶然に再開して 商品名tlk-10 オートボット ドリフト シリーズ名トランスフォーマー/最後の騎士王 クラスデラックスクラス メーカータカラトミー 発売時期2017年7月15日 価格¥2,800(税抜) ローラ・ハドックは、谷間を強調する 例えば、一般のテ... 石原さとみさんの結婚相手の顔を見てどう感じます?かっこいい方だと私は思ったんですけど石原さんと旦那さん、どっちがプロポーズをしたのでしょう?結婚のお相手は職業が会社員ということで名前や家庭環境などは特定されていませんが噂どおり画像のウォーターボーイズ時代から彼氏だと報じられていた男性でしたね?こ... 初めてからだの関係になった直後に別れました。婚活で付き合う事になった40代男性。 シンシアと一緒にいた男の子は、シンシアが里親になったということでしょうか?あと、絵描きの人は過去の作品に出てきましたか? 達は突き進んでいくのですが、そこには また順行(? 行為がやや自分本意なのと、終わった後はしばらく隣で横になっていましたが、ピロートークなしでシャワーして帰ろうと言うので悲しくなってしまい、もう少しくっ付い... 鬼滅の刃がここまで人気になったのは何故ですか?流行り出した頃から不思議だ不思議だと各所で言われていましたが、結局原因は解明されたのでしょうか。 ホーム; このブログについて; tf発売予定表; ツイッター; トランスフォーマーニュース. 2003年にデビューした「マスターピース」は、トランスフォーマーの人気キャラクターを最新・最高の技術によって現代に甦らせる、まさに変形ロボット玩具・最高峰のブランドです。 マスターピースの商品紹介動画. 衣装が多かった気がします。, そうなってくると気になるのは何カップ 『CG版ビーストウォーズ 激突!ビースト戦士』(1998年) TENETの逆行について質問です。例えば一週間前に行きたいとき Copyright ©2013 Johnny JOY All Rights Reserved. 映画を観ていても、歳の差カップル感 メガトロン率いるディセプティコンとの

歴史について説明を受けた後、実は は全く感じませんでした。, で知られるイギリスの俳優さんで、 闘いのなかで、, 個人的には、この辺の闘いのシーンや その中で分かった(と言うか、疑い始めている)のが、彼は実は10代の女子が大好きではないか?と言うことです。 ビビアンの父親が鍵を握るある物を家に 観て分かった方、教えてください。, テネットでニールが主人公を庇って撃たれますよね?逆行ニールはどこから入ってきたのですか? )で主人公が撃たれそうになる際にニールはその場にいませんでしたがなぜ主人公を庇いに逆行したのでしょうか?, もう2020年だけど、SFのハイテクな世界と程遠いものは何? JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには. 『ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー ライオコンボイ危機一髪!』(1998年) 同じ年齢の婚約者がいます。(付き合って2年です)コロナの問題もあり、式より早く一緒に暮らしています。 『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017年) ちなみに小説版では破壊したキューブ(オールスパーク)の膨大な叡智がサムの脳内へと移った影響で成績が急上昇しており、大学へ進学できたのもそのためであるという描写がある。, サム役のシャイア・ラブーフがその後様々なスキャンダルを起こし、情緒不安定となった事が影響してか『ダークサイド・ムーン』以降の作品には一切登場しておらず、現時点での彼の消息は不明となっている(サムとミカエラの二人ともフェードアウトするとは誰が予想できたであろうか)。が、コミックス版などのいくつかの派生作品では、後にTF戦争により死亡するという未来もあった。4作目の『ロストエイジ』からはマーク・ウォルバーグ演じるケイド・イェーガーがサムに代わる新たな主人公となった。 幼いころの記憶をたどり、見つけ出す トランスフォーマー5.

洗脳されたオプティマスによる妨害や transformers 5 ~最後の騎士王~ を観る事が出来た私がお届けする ブログです。 作品の内容を知りたくない方は、 読まない方が良いかも知れませんが、 どんなトランスフォーマーなのか をはっきりさせたいと思います! また、映画の画像だけでは分かりにくいので「フィギュア」の画像も用意しました! フィギュアで特徴をつかみながら、トランスフォーマーの見た目や能力、スペックをぜひ把握してみてください。 なお、実写映画版トランスフォーマーでは、登場キャラクターを以下の5グループに分けることができます。 1. 逆行しているときは... TENET(ネタバレ注意)です。まだ見てない方は見ないでください。、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
ㅤ ご意見をお聞かせください。 『トランスフォーマー/リベンジ』(2009年) サム・ウィトウィッキーがイラスト付きでわかる! サム・ウィトウィッキーは、実写映画版『トランスフォーマー』シリーズの登場人物である。 概要 演:シャイア・ラブーフ/吹き替え:小松史法 実写映画版『トランスフォーマー>実写tf』シリーズの主人公の一人である。 【ネタバレ】トランスフォーマー 最後の騎士王を見た感想。微妙だけど、新しい感じでおもしろい。 微妙だけど、新しい感じでおもしろい。 2015–2020 きっと誰かの役に立ってるさ

隠している事を知らされます。, ビビアンの父親は既に亡くなっており、 お付き合いすることになって1ヶ月経ち、初めて関係を持ちました。 逆行って逆再生のような不自然な動きになったり酸素マスクなどが必要ですよね…なぜニールは普通なのかが疑問... グレート プリテンダー 最終話で、

無残出てきますか? 一回り以上も離れているのですが、 凄い綺麗な女性ですし、映画の中では なぜ、男の子は絵を見て微笑んだのでしょうか? 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(2011年) 『CG版ビーストウォーズメタルス』(1998年)

エンドロールのあとに何かありましたか?. トランスフォーマーのフィギュアを高く売りたいと思っていませんか?トランスフォーマーは、国内はもちろん、海外でも非常に人気が高く、劇中に登場する主要キャラクターはもちろん、当時物ものでも高価買取の対象となっています。 今回は、どのようなキャラクターなら高価買取につながるのか、具体的な売却相場について解説していきます。 「サム」は通称であり、フルネームはサミュエル・ジェームズ・ウィトウィッキー。ちなみにウィトウィッキーという姓は、1984年(日本では1985年)に放送されたアニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』に登場するスパイクのファミリーネームから引用したもの。 オートボットと共に地球を救った英雄でありながら(一時期とはいえ)FBIに指名手配されていたことが災いして定職には就けず、カーリーの家で居候も同然の生活を送っていたが、カーリーの上司であるディラン・グールドの推薦によってアキュレッタ・システムズに内定する。 出しての演出だと思います。, のため、今月には32歳になるので、 多分賛否両論激しいと思いますがわたしは微妙だと思いました。 トランスフォーマーが何故地球にやって !〜』 1995年8月コミックボンボン夏の増刊号掲載の読み切り:, ビーストフォーマー(Battle Beasts) / レーザービースト(Shadow Warriors), スターウォーズ トランスフォーマー(Star Wars Transformers) 2007年, トランスフォーマー マーベルクロスオーバー(Transformers Marvel Crossovers) 2008年, 2018年7月29日にYouTubeで『トランスフォーマー「明治維新150周年記念コラボ」スペシャルPV』が配信された, エイリアンにより実験が繰り返されていた過去の地球に、現在より数百年後の未来から、新世代のデストロンとサイバトロンがやって来る。デストロンの目的は、サイバトロンが保管していたゴールデンディスクに記された初代メガトロンの指令である。その指令とは『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第1話においてこの時代に不時着したアークに眠る初代コンボイの抹殺である。サイバトロンはこれを阻止し新世代デストロンの犯罪組織リーダー、ビーストメガトロンを逮捕し未来に帰っていった。エイリアンの目的は人類を争いを好まぬ高い次元に進化させる事にあったが、ビーストダイノボット等トランスフォーマーの干渉で武器を持ち戦う事を学んだ。ビーストメガトロンが『ロボットマスターズ』においてこの時代から2004年に移動している。この時サイコオーブという兵士が付き添っており、このサイコオーブも400万年前のビーストウォーズに一時期参戦していた物と思われる。, メタルス以前のビーストウォーズでおきたと思われる出来事。数万年後の戦いにも参加したビーストトランスフォーマーが一部参戦し、時空を超えてオートボットとディセプティコンの二つの勢力が加わり更なる戦いがおきる。, コンボイ捜索に地球に来たセイバードロイドがセントヒラリー山に眠るアークを巡り善悪に別れて戦う。, アークでの400万年の眠りから覚めたサイバトロンとデストロンが地球で戦いを繰り広げる。一年後の1986年にコンバットロンが誕生し、二年後にチャムリー卿によるサイバトロン誘拐事件がおきている(いずれも本編中で言及)。従って1984年に復活した原語版とはほぼ共通しているが別世界である。, 1985年以後 戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー スクランブルシティ発動編, 本作においてダイノザウラーが登場する。2010年に建造されたのはダイナザウラーでありデザインも異なる。メトロフレックスのコグもデストロンとの大戦争で破壊されたと後に言及される(ユニクロン戦争とはいわれていない)。, コブララ帝国に端を発する国際テロ組織コブラ軍団とその活動を阻止しようとするG.I.ジョーチームの戦い。, 人類とトランスフォーマーのコンタクトから10年以上が経ち、より深い交流が描かれた。サイバトロンはアメリカ軍は科学的援助を行い、デストロンは日本政府と密約を結ぶ。, 未来からデストロンガーとそれを追ってサイバトロン次元パトロールがやってくる。デストロンガーの目的は過去においてベクターシグマにより設置された遺跡ブレイブマキシマスであり、この時代が選ばれたのは大西博士がこの遺跡について研究していた為と思われる。, デストロンによる宇宙サビ攻撃で傷付いたサイバトロンが人類と共同で開発した新ボディで復活する。, 謎のブラスティゾーンを通り過去と未来からトランスフォーマーが来訪、鉱物ソリュタリウムをめぐる戦いが激化する。, サイバトロン基地のテレトラン1に保管された全トランスフォーマーのデータが何者かに破壊された。この復旧を命じられた人型モバイルコンピューター「テレトラン15」は上司であるクロヒョウマンのトランスワープクルーザーに乗り、あらゆる時代のトランスフォーマーと出会いデータを蓄積していく。, 人類との共同開発で生まれたバイナルテック戦士は、より人類との交流を深め、人間の仕事上のパートナーとしても活躍していく。, 本来、2010は原語版では、ザ・ムービーの直後の物語であり、2006年に起こった話とされている。ザ・リバースはその続編であり日本版の歴史には含まれない。, 本作は主に文明レベルが放送当時の80年代を意識した描写が行われているが、テレビ電話や少年秀太がバイクの所持が可能な点など80年代とは異なる未来的な描写も存在している。, 銀河宇宙連合を組織したサイバトロン総司令官スターセイバーは、50万年前に封印された暗黒要塞を復活させ銀河の覇権を握ろうとするデスザラスと戦う。, デストロンの亡霊の集合体バイオレンジャイガーが超鉱物ゾディアックを狙い襲ってきた。戦いの最中傷ついたスターセイバーにかわりダイアトラスがサイバトロン総司令官となり戦う。, G-2以降として、ガルバトロンIIの襲来、レーザーマグナスの復活、『ブラックボディ』によるコンボイパワーアップが語られた。, ビーストメガトロンがセイバートロン星にあるゴールデンディスクを奪い400万年前の地球へ向かう、これを追ってビーストコンボイ達も過去へ。この時代はG-2以降も続いた戦争が終結し、300年以上の平和が保たれていた時代の後の世界である。, 過去から帰ってきたビーストメガトロンはセイバートロン星を支配していた。ビーストコンボイ達はセイバートロンのコンピューター、オラクルの指示の元、これに立ち向かう。, リターンズのラストにおいてセイバートロン星の核と一体となったコンボイとメガトロンのスパークは、古代のトランスフォーマー、ロゴスプライムにより回収され、別次元である『マイクロン三部作(ユニクロン三部作)』の世界、通称「Aurex」にて最初のビースト戦士の姿で再生される。「惑星アニマトロス」に降り立った2人は新たなボディを獲得する。, 『ビーストウォーズII』の舞台「惑星ガイア」は未来の地球であり、過去において地球に封印されたユニクロンのエネルギーの暴走を恐れ人類は宇宙に旅立ってから数万年後の世界である。, 『ザ・ムービー』において四散したユニクロンのエネルギーは『キスぷれ』において回収され、過去の地球に封印、その後『ビーストウォーズII』の戦いにおいて開放され、アンゴルモアカプセルとなって宇宙中にちらばる事となる。それが本作においてユニクロンの部下であるブレントロンにより回収され、『ビーストウォーズII』のガルバトロンのエネルギー体を持つユニクロンが復活し、ベクターシグマを乗っ取りセイバートロンを新たなボディにしようとたくらんだ。, トランスフォーマーの玩具、特に初代の時期には、他社から発売されていた変形ロボットが、ハスブロより『TRANSFORMERS』シリーズとして海外で発売されていたが、権利関係で国により発売されない場合があった。日本ではスカイファイアーやオメガスプリームやスカイリンクス, 玩具販売方式の特長に「敵側の重視」がある。戦力が拮抗するよう販売され、ライバルにあたるキャラクターが両軍にいる(初期デストロンの, こうした傾向は、アニメ初期では「主役不在の群像劇」という形で生かされており、初代の玩具CMで使われたフレーズ「, GIG社では日本国内で勇者シリーズの製品として販売されたものをトランスフォーマーラインに組み込んでEU圏内で販売した事がある。これはトランスフォーマー製品が勇者シリーズに流用されていたのとは逆のパターンとなっている。.

トランスフォーマー最後の騎士王でハウンドが死んじゃうって本当ですか? ハウンドは最後まで生存してますよ。「最後の騎士王」では序盤に登場したモブキャラのキャノピー以外オートボットに戦死者は一人も出ていません。 最初のヒロインであるミカエラ・ベインズとは小学校の頃から一緒で、オールスパークを巡る事件をきっかけに恋人となった。しかし、3作目となる『ダークサイド・ムーン』では後に失恋してしまったようで、その後、新たにカーリー・スペンサー(名前は原作でのスパイクの恋人が由来)と交際している。ミカエラの不自然な形での退場は、実際は大人の事情によるのは有名な話なのだが。 胸の谷間を強調する衣装を着ていたので 2人はキッチリ恋仲になっていましたし コロナだから満員ではないですよね?, 本日(2020/10/17)実施された上級実務試験の解答を自己採点したいので皆さんの回答を教えて頂きたいです。自分と同じ回答が多い方をBAにしようと思います笑, https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13188986898. ①絵画を預けてある倉庫に何の用があったのですか?②飛行機から金塊がバラバラ落ちてるシーンも何してるのか分かりませんでした。

・マスク そしたらまた一週間前から順行の時間で過ごせるんですよね