ふざけるな!! サザンオールスターズファンクラブから、会報誌が届きました。 今回は2部届いたわけですが、それは、ついに、相方も入会したからなのでした~ これで、来春の全国ツアーチのケットをゲットできる確率も増えます。 JAL! JAPANドーム11月20日 福岡Yahoo! - ひつじだよ! サザンオールスターズ(英語: Southern All Stars)は、日本のロックバンド[5]。所属芸能事務所はアミューズ。所属レコード会社はJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、所属レーベルはタイシタレーベル。略称は「サザン」「SAS」。公式ファンクラブ名は「サザンオールスターズ応援団」。, メンバーは青山学院大学の学生らで結成され1974年から断続的に活動が始まり、1978年に「勝手にシンドバッド」でデビュー。1979年に「いとしのエリー」が大ヒットし、1980年代には 「チャコの海岸物語」「Bye Bye My Love (U are the one)」などがヒット。1990年代になると「涙のキッス」「エロティカ・セブン」「あなただけを 〜Summer Heartbreak〜」「愛の言霊 〜Spiritual Message〜」の4作がミリオンセラーとなり、2000年代には「TSUNAMI」がダブルミリオンを記録。その後「HOTEL PACIFIC」や「涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜」「I AM YOUR SINGER」などもヒットし、2010年代に入ると「ピースとハイライト」「東京VICTORY」などがヒットした。大半の曲はバンドマスターの桑田佳祐が作詞・作曲・歌唱を担当している。, バンド名の由来は、桑田が地元の友人である宮治淳一にバンドの名前を考えてほしいとお願いし、宮治がニール・ヤングの『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ』をBGMにしてポスターを製作中、一息入れるために風呂でラジオを聴いていた際にファニア・オールスターズの来日コンサートの宣伝が流れ、風呂から上がった際につけっぱなしのレコードからニール・ヤングの「サザン・マン」が流れていて、これを組み合わせた際の響きが良い事と、当時桑田の家が茅ヶ崎市南湖にあった事に掛け[6]、「サザンオールスターズ」という名前を考え出した[7]。, 楽曲は一般的には夏をイメージしたポップスや、ロック色の強いもの、バラードなどが知られているが、他にもヒップホップ・民族音楽・郷土音楽・歌謡曲・ジャズ・ハードロック・コミックソングまで幅広い要素を取り入れた楽曲があり、題材は恋愛・セックス・郷土愛・ユーモア・応援歌・反戦・社会風刺・ハナモゲラなど多岐にわたり、こうした様々な要素を意欲的に取り入れている。当然、夏以外の季節をイメージした楽曲も多く発表されている[注 1][9][10]。ちなみに、桑田は日本の四季の中では春が一番好きである事を公言している[11]。, 桑田は、ニール・ヤング、ボブ・ディラン、ポール・マッカートニー、エリック・クラプトン、アラン・トゥーサン、ビートルズからの影響を語っている[12]。, 桑田はメロディやサウンドを鳴らしたいという動機で作曲・演奏を始めたため、主に"曲先"で楽曲を制作している[13]。そのため、初期の頃は「歌詞の意味はどうでもいい」と捉え「料理でいうお皿のようなもの」という感覚だったと述べていた[13]。その後はファンの反応や[14]、サポートミュージシャンを務めた小林武史・小倉博和といった桑田曰く「詞の事をとても気にする人達」の影響で洗練されたものが多くなっていった[15]。1990年代からは仏教用語や熟語が少しずつ登場するようになり[16]、2010年代からは英語を意識的に減らしていくようになり日本語の歌詞を重視して書かれることが多くなった[17]。, サザンの大半の楽曲のレコーディング形式としてはまず桑田が曲やポイントとなる言葉の一部分を作り、スタジオでメンバー・サポートミュージシャン・スタッフ・エンジニアなどにそれを伝え、全員がアイディアを出し合いながらイメージを膨らませ仮歌やオケを録音する。それと並行して桑田が作詞の作業に取り掛かり、一通り作詞して歌入れを始める。これ以降アレンジなどの細かな修正を繰り返して楽曲が完成するというものである[18][19][20]。また、「曲によって異なったニュアンスを出すため」という理由でベースなどを桑田が担当メンバーに代わって演奏することも時折ある[21]。, 桑田は作詞をする際に入念な下調べを行っており、さまざまな情報をくまなくチェック・インプットをし、それが曲のアイデアに繋がっていると野沢は述べており、「週刊誌なんかは、ぜんぶ読んでるんじゃないか」といった推測もしている[22]。歌詞はほとんど想像で書くこともあれば[23]、楽曲のテーマに関係する人物あるいはそれに詳しい周囲の人物やスタッフへの取材をもとに書かれることもある[24]。歌詞の中で桑田自身と異なる歌手像やペルソナが設定されていることも多い[25]。, 桑田が制作した楽曲の歌詞には前述の理由からメロディや符割りを優先する故に文法として正しくないものや[26]、勘違いして書いてしまった歌詞がそのまま使われたりする事もあり[27][22]、スタッフが訂正を促すこともあるが、歌いやすさなどを理由とした桑田の意向で大抵はそのまま残されている[26][27]。, 近年ではライブなどで演奏することを想定して制作したものも多くなった[28]。過去の作品には制作したものの、作り込み過ぎたが故にライブでの再現ができなかった楽曲が何曲も存在すると桑田は述べている[28]。, サザンの楽曲は前述のとおり大半を桑田が制作・歌唱しているが、野沢を除き他のメンバーも一部の楽曲を制作・歌唱している。なお、メンバー全員で制作した曲は「ブルースへようこそ」「シャッポ」、個々のメンバー同士の共作は「チャイナムーンとビーフン娘」「人生の散歩道」のみである。, 前述の通りバンド活動に集中する時期と各メンバーがソロ活動に集中する時期があるため、関口は「良くも悪くも、何かしら口実を設けないと動きにくいバンド」と表現している[29]。桑田は「大本営発表がある方が動き易いというか、先に流れをパーッと決める方がみんな楽だから。そういうバンドなんですよ(笑)」と語っている[30]。, バンド仲について桑田は「やっぱりお互い若い時分には険がありましたよ。だけどもう、これこそ何度かバンドを休ませたりしているうちに、角が取れてきたというか(中略)互いの光る部分を見出し易くなった。今更無理難題を投げ合うくらいなら、その分できる事をたくさん頑張る方がいいもんね」と述べている[30]。また、関口はサザンが長く続いた秘訣として「『休み休みやることかな』としか答えようがない」と述べている[29]。, 桑田はサザンは5人だけではなく、スタッフを含めた総力戦であると述べている[20]。また、桑田はサザンをディレクションする点で最も重きを置いている点として「自分を含めたメンバー全員のバンドマンとしての気概とプライド」を挙げており[30]、メンバー全員は陰ながら努力を重ねていると述べている[31]。, 2020年に新型コロナウイルスが流行して、芸能イベントや音楽ライブが中止となり大打撃を受けた。その関係でスタッフ達の仕事が無くなったことを知った桑田は何か音楽で出来ることを考え、サザンとしては「Keep Smilin’~“出来ることから”ちょっとずつ~」をスローガンに掲げた特別企画を開始させ、無観客配信ライブ「Keep Smilin’~皆さん、ありがとうございます! THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SAITAMA SUPER ARENA 2016.7.10-, SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around, LIVE ALBUM『感電の記憶』 2002.5.19 TOUR『NUM-HEAVYMETALLIC』日比谷野外大音楽堂, SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition-, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=サザンオールスターズ&oldid=80019277, FLY! 全員集合! ファンクラブ; オンラインショップ ; sns一覧; アーティスト一覧. サザンオールスターズ SUPER SUMMER LIVE 2013 「灼熱のマンピー!! - おいしい葡萄の旅 - “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ! '04 Summer, アサヒ飲料 三ツ矢サイダー「夏とサザンとサイダーと」「三ツ矢andサザン2018」CMソング, アサヒ飲料 三ツ矢サイダー「三ツ矢andサザン2018」『まぶしすぎる記憶編』CMソング, アサヒ飲料 三ツ矢サイダー 「三ツ矢andサザン2018」『走り続ける情熱編』CMソング, 演奏部分は同一だが、シングル版のラストにあった桑田と関口の掛け合い及びそれに続くアウトロが省略されている。, オリジナルは『ふたりだけのパーティ〜Tiny Bubbles (type-A)』というメドレー曲の中での一幕。, タイトルこそシリーズ物である『ボディ・スペシャルI』がc/wとして存在するが、作曲者がそれぞれ桑田、原で異なる完全な別物。後者は, オリジナル版のほか、短いインスト版となったバージョンが『ALLSTAR'S JUNGO (Instrumental)』として共にアルバムに収録された。, メロディなどはほぼ同一だが、テイク及び歌詞が英語に書き換えられた『Japaneggae (Sentimental)』が存在する。, 楽曲の一部分がインストとして短く『夕陽に別れを告げて 〜 メリーゴーランド』のアウトロ部分にメドレー形式で収録。, 楽曲部分には一切手が加えられていないが、楽曲終了後にサウンドトラックの特性上、カップルの会話がそのまま収録されている。, イントロ部分のラップのみテイク違い。『海のYeah!

!』を開始した。12月はツアーを映像化した作品を発売し、映像作としても史上初の4年代首位獲得を記録した[124]。, 2014年9月には55枚目シングル「東京VICTORY」発売した。12月にはサザンの楽曲266曲がiTunes Storeでの配信を解禁され、日本を含む111カ国で配信を開始した。同時にmoraでも配信が開始された[125]。年末には31年ぶりで4度目となる紅白歌合戦にシークレットゲストとして出演し、「ピースとハイライト」「東京VICTORY」を披露した[126]。, 2015年3月には『キラーストリート』以来約10年振りとなる15枚目アルバム『葡萄』を発売[127]。アルバムでも4年代の首位達成し、同年4月から8月にかけて全国ライブツアー『おいしい葡萄の旅』を開催した[128]。, 2017年には自身が初めてコマーシャルに出演した、アサヒ飲料『三ツ矢サイダー』にメンバー全員で再び出演した。こちらは2018年まで自身の楽曲が使用された内容が複数のバージョンで放送された[129]。, 2018年に入り、6月15日にアルバム『葡萄』以来の新曲「闘う戦士たちへ愛を込めて」が自身初の配信シングルとして発売され[130]、続けて7月には2作目の配信シングル「壮年JUMP」も発売された[131]。8月に入り直ぐに『海のYeah!

of Southern All Stars』では「関口和之&砂山(SAZAN)オールスターズ」が結成された。, 1972年、大森隆志のバンドにドラマーがいなかったことから、バンドメンバーの友人にドラムを借りることになり、そのドラムを貸してくれたのが松田弘であった。時が変わり1974年、青山学院大学に入学した桑田佳祐と関口和之は、フォークソング・サークルで知り合い、ロックバンド「温泉あんまももひきバンド」を結成した[83][84]。, 翌年の1975年には青山学院大学に大森と原由子が入学し、同じく桑田や関口と同じサークルに入部した。一方桑田のバンドは「温泉あんまももひきバンド」、「ピストン桑田とシリンダーズ」と改名を行い、次第に大森は桑田のバンドに興味を持つようになり、練習現場にしばしば現れるようになった[83][84]。, 桑田は原を迎え、「青学ドミノス」「脳卒中」「桑田佳祐とヒッチコック劇場」とバンド名を変えた後に「サザンオールスターズ」に改名した[83][84]。, 桑田が望んでいた「サザンオールスターズ」は長く続かず、再びメンバーが頻繁に入れ替わっていた。大森は桑田に松田を紹介したりして、1977年3月に桑田、大森、原、松田、天野和平(後にトランザム)による「サザンオールスターズ」でヤマハ主催の音楽コンテスト「EastWest」に申し込んだ。しかし、予選のテープ審査の時期に天野が脱退し、入れ替わりで関口が加入した。本選では入賞を果たし、桑田がベストボーカル賞を獲得した。この直後に大森がバイト先で知り合ったセミプロの野沢秀行を大森の勧誘を受ける形でなし崩し的に加入した[注 4][注 5][83][84][86][85]。, レコード会社はビクター音楽産業(現・JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)に決まったものの、芸能事務所がなかなか決まらなかった。ビクターのディレクターの高垣健が「女呼んでブギ」のカセット(前述のEastWestで披露した曲であり、当時の代表曲的存在)を持って事務所周りをしていた際、当時新興事務所のアミューズの社長大里洋吉が興味を持ち、練習スタジオを訪問する。この際に「勝手にシンドバッド」を披露し、大里が「この男をテレビに出したら面白い」と考えたことから契約が決まる。アミューズは原田真二の個人事務所的存在として1977年に設立された会社だったが、大里が解散直前のキャンディーズのプロデュースに専念し事務所の仕事から離れていた時期に、ロック志向を強めていた原田がテレビ的な売り出し方を嫌うようになり、大里が事務所の仕事に復帰した直後に移籍してしまったという。サザンとの出会いはこの事件の2週間後であり、もし原田が移籍してなかったらサザンオールスターズをやる余裕はなかったという[87]。, デビューに向けて着々と準備が進む中、メンバー全員が他のレコード会社の契約書にサインしてしまうという事件があったが、ビクター関係者が出向いて話を収めた。この時期はまだ学生バンドの思い出作り的な意識があったという[88]。, 1978年6月25日にシングル「勝手にシンドバッド」でビクターからメジャーデビューを果たした。, 同年8月31日に音楽番組『ザ・ベストテン』のスポットライトのコーナーで初出演した。この際に桑田の「目立ちたがり屋の芸人です」発言が飛び出し、この発言でイメージに拍車がかかった[89][90]。この発言はのちに「台本によるもの」と明かしている[90]。「勝手にシンドバッド」はテレビ番組で披露されたこともあり、大ヒットとなった[90]。当時、桑田の日本語を英語っぽく発音してロックに乗せるいわゆる「巻き舌唱法」は[91][92]、音楽ファンや関係者の間で賛否両論となった。なお、桑田はこの歌唱法や前述の作詞・作曲法をアマチュア時代からしていたため、歌唱法が批判されたりしたことを意外に思っていたという[93]。, 「勝手にシンドバッド」の発売から5ヶ月後に2枚目シングルとなる「気分しだいで責めないで」を発売。更に4ヶ月後となる1979年3月に3枚目シングル「いとしのエリー」、同年4月に2枚目アルバム『10ナンバーズ・からっと』を発売した。特に「いとしのエリー」は、出荷枚数が125万枚を記録し、「勝手にシンドバッド」での一発屋として終わらずに作品力で回避した[注 6][94][90]。, 『10ナンバーズ・からっと』を製作していた期間は「いとしのエリー」のヒットもあり、並行して雑誌の取材やテレビ出演、CM撮影、ライブ活動、年末にはNHK紅白歌合戦に「いとしのエリー」で初出場するほどの多忙な日々を送っており[95]、精神的にも落ち込んでいたという[96]。1980年に入ってすぐに「テレビ番組などに一切出ず、楽曲製作やレコーディングに集中する」「5ヶ月の中で毎月1枚ずつシングルを出す」という宣言をして、FIVE ROCK SHOWと銘打った計画を開始した。その後、3枚目アルバム『タイニイ・バブルス』を発売し、自身の作品初となるオリコン週間ランキング1位を獲得した[97][90]。特にアルバムに収録されていた「私はピアノ」は原がボーカルを務め、評判となった。その評判を受け、翌年1981年にサザンのメンバーの中で最初に原が「I Love Youはひとりごと」でソロデビューした。デビューのプロデュースは桑田が担当した[90]。同年、サザンとしては、4枚目アルバム『ステレオ太陽族』が7月に発売され、7枚目アルバム『人気者で行こう』までは毎年7月に発売された[98]。, 1982年に入り、14枚目シングル「チャコの海岸物語」が「いとしのエリー」以来のヒットとなり、2度目のNHK紅白歌合戦に出演した[90]。同年には5枚目アルバム『NUDE MAN』が発売され、ミリオンセラーに迫る売上枚数を記録した[99]。その後、バラード曲を中心に収録したバラッドシリーズの第1弾『バラッド '77〜'82』が発売された。1983年も引き続き3度目の紅白歌合戦に出演して19枚目シングル「東京シャッフル」を披露した。また、同年には音楽業界にシンセサイザーによるデジタルの波が来たことで、同年発売の17枚目シングル「ボディ・スペシャルII」辺りからサザンも原がシンセサイザーを使用するようになった。6枚目アルバム『綺麗』から本格的に使用したサウンド作りとなり、翌年1984年発売の『人気者で行こう』でも活用されている。なお、先行シングルとして発売された20枚目の「ミス・ブランニュー・デイ」は発売当時絶大な人気と評価を集めた[98]。, 1985年に、サザンとしては初の2枚組となった8枚目アルバム『KAMAKURA』を発売した。シンセサイザーをより本格的に使用したサウンドとなり、5ヶ月間制作に打ち込んでいた[98]。また、製作時期に原が産休に入り、1986年にはサザンとしての活動も一旦活動を休止した。桑田や松田はKUWATA BANDとしての活動、他のメンバーもそれぞれソロ活動に入った。この活動休止は、桑田が「全員がソロ活動をやって、一つ一つが別個性として出てくれば理想的だね」と持ち掛けたところ、全員がそれを受け入れたことや、「あのままだとサザンはパンク寸前だった」「俯瞰で自分やサザンを見直した方がいいんじゃないか」というムードがメンバー全員にあった事が語られている[100]。1987年にはバラッド第2弾『バラッド2 '83〜'86』が発売された[101]。, デビュー10周年を迎えた1988年6月25日に24枚目シングル「みんなのうた」を発売し、3年ぶりにサザンとしての活動を再開した。加えてこのシングルから音楽プロデューサーの小林武史がアレンジ、プロデュース業を共に行うようになった。7月に全国の球場9か所でライブ『真夏の夜の夢 大復活祭』を開催した[102]。11月から9枚目アルバムとなる『Southern All Stars』と、桑田が監督を務めた映画作品のサウンドトラックでもあり、自身の10枚目アルバムにもなる『稲村ジェーン』の制作に入った[103]。, 1989年6月に発売した26枚目シングル「さよならベイビー」がオリコン週間ランキングで1位を獲得し、デビュー11年目にしてシングル初の首位獲得となった[104]。7月には数量限定のベスト・アルバム『すいか』が発売され、こちらは予約だけで完売した[105]。, 1990年に入り、1月にアルバム『Southern All Stars』を発売した。売上は120万枚近く記録し、自身の作品としては初となるミリオンセラーとなった[99]。直後にアルバムを引っ提げ、全国ツアー『夢で逢いまSHOW』が開催された。7月には桑田の監督映画『稲村ジェーン』の主題歌で28枚目シングルとなる「真夏の果実」を発売した。85万枚を記録するヒットとなり、自身の代表作になった[注 6][106]。そして、9月にはアルバム『稲村ジェーン』を発売。こちらも130万枚を超えて、アルバム2作連続でミリオンセラーとなった[99]。, 1991年前半は原がソロで活動しており、7月にサザンとして活動を始め、29枚目シングル「ネオ・ブラボー!

ふざけるな!!

桑田佳祐、『Mステ』で作詞について語る「人様の歌詞って見たことなかった。でも……」. - 10.バラッド3 〜the album of LOVE〜 (バラード・ベスト) - 11.海のOh, Yeah!!