ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のセリフとストーリー / evangelion:1.01 you are (not) alone. 1995年から1996年にかけてテレビ東京系列で放送され、カルト的な人気を誇った『新世紀エヴァンゲリオン』。 後に社会現象にまでなったエヴァですが、初回放送時には最終回の2話が意味不明過ぎることから「ヤバいアニメがある」と話題になり、そこから再放送で一気に人気が高まったと言われています。 現在でも「あれ、何だったんだろうな?」と定期的にネットで話題になる、エヴァ最大の謎「おめでとう」エンドについて意味や考察を紹介していきます。 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破のセリフとストーリー / evangelion:2.0 you can (not) advance. 2号機の上に仁王立ちで現れた少女は、気の強い眼差しで少年たちを見下ろす。その少女は、明るい栗色のロングヘアーと青い目をしていた。 「紹介するわ。ユーロ空軍のエース、式波・アスカ・ラングレー大尉。第2の少女。エヴァ2号機担当パイロットよ」 2.3 初めてエヴァ初号機でシンジが発進する時の会話内容(第壱話) 2.4 エヴァンゲリオン初号機、リフトオフ!(第弐話) 2.5 エヴァ弐号機の発進のアスカのセリフ(第弐拾弐話) 3 TVアナウンサー2: 今回の事件には・・・ TVアナウンサー3: 在日国連軍・・・ 葛城ミサト: 発表はシナリオB-22か?またも事実は闇ん中ね。 赤木リツコ: 広報部は喜んでたわよ、やっと仕事が出来たって。 葛城ミサト: うちもお気楽なもんねぇ~。 赤木リツコ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:qのセリフとストーリー / evangelion:3.0 you can (not) redo. エヴァ最終話ラストシーン。ネタバレにつき注意です。-----シンジ「そうだ、これもひとつの世界。僕の中の可能性。 今の僕が僕そのものではない。色んな僕自身がありえるんだ。 そうだ・・・、エヴァのパイロットではない僕もありえるんだ」