Excelでできるデータの集計・分析を極めるための本」が9/8より絶賛発売中。その他の著書は「すごい! ちなみに私は現在、福岡市博多区の会社で経理の仕事をやっています。

複数の条件で合計の計算をするときはSUMIFS関数を使います。SUMIFS関数はExcel2007以降で使用することができます。 でもこの式では、エラーになってしまう。, 合計する数値範囲が$D$3:$I$20と縦横に入り混じったのが悪かったのか? そして今回の例のように、縦横が入り混じった集計でも自在に集計できる。, というわけでSUMPRODUCT関数はSUMIFS関数より強力な複数条件集計ができるのだが、いかんせん重くなりやすい。 DSUM関数は[数式]タブの[関数ライブラリ]グループのボタンからは選択できません。[関数の挿入]ボタンを使うか、セルに直接入力します。, 複数の条件を横方向に並べた場合は「AND条件」となり、すべての条件を満たす行が検索されます。複数の条件を縦方向に並べた場合は「OR条件」となり、いずれかの条件を満たす行が検索されます。, 条件に一致するセルが見つからないときや、条件に一致するセルに数値が1つも入力されていないときには0が返されます。, 検索条件を別の表に入れておくのではなく、関数の引数に条件を直接指定したい場合にはSUMIF関数やSUMIFS関数が使えます。. EXCELでデータ一覧を作成した際に、ある条件に合うデータを集計したり、指定したデータに一致するデータを集計する際に、便利な関数が、「Sumif・Sumifs」関数になります。「Sumif・Sumifs」関数を利用する事で、簡単ステップで指定した検索条件に合うデータを集計する事が出来ます。

ではその数値範囲を、縦方向の広がりは無くして$D$3:$I$3に変更し、式を次のようにしてみるとどうか。, =SUMIFS($D$3:$I$3,$A$3:$A$3,$K3,$B$3:$B$3,$L3,$D$2:$I$2,$M2), SUMIFS関数は、縦なら縦、横なら横に、条件範囲と数値範囲が統一されて並んでいる場合しか集計できないのだ。, ちなみに今回、横方向まで条件指定をしなくて良くて、最初から2月の数値を集計すれば良いだけなら、そのSUMIFS式は次のようになる。, =SUMIFS($E$3:$E$20,$A$3:$A$20,$K3,$B$3:$B$20,$L3), SUMIFS関数では、数値や集計条件が縦横に混合していると、集計できないことが分かった。, これが、SUMPRODUCT関数でなら普通に可能だ。その式をズバリ書くと、次のようになる。, SUMIFS関数は元々がSUMIF関数の拡張ということで、複数条件の集計に特化した関数なわけ(なら縦横混合の集計にも対応してほしいのだが)だけど、SUMPRODUCT関数は別にそういう性質ではない。, 掛け算と足し算との合わせ技をするのが大元の性質といってもよく、その気になればかなり幅広い用途に使える。 以前はテーマが定めきらず、Excel以外のコンテンツを多く書いた雑記ブログになっていたのですが、そのブログ方はこちらに残し、引き続き時々更新していきます。, このサイトで扱うExcelコンテンツは、最初に言っときますが、「Excel初めてやるよ」って段階の人はほぼ門前払いです。 sumproduct((条件範囲1=条件1)*(条件範囲2=条件2),合計対象範囲1) 条件範囲も合計対象範囲も配列を色分けするためにあえてそう呼ぶとしま … 関数(秀和システム)」など。, Excelのセミナーは東京理科大学オープンカレッジで半期に1回、毎日文化センター(東京)は不定期開催中。, 趣味は読書(主にビジネス書・漫画)、ラーメン食べ歩き、デカ盛りグルメ、ライフログをとること。, メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。 「Excelを3年くらいやって日常的に触ってるけど、からきし上手くならないわー。もう素質がないのかなー。」くらいに思ってる方が読まれると良いかと思います。 ©Copyright2020 Excel Excellent Technics.All Rights Reserved. 趣味は読書(主にビジネス書・漫画)、ラーメン食べ歩き、デカ盛りグルメ、ライフログをとること。, ピボットテーブルも関数も、パワーピボットもパワークエリも、ケースに応じて良いとこ取りで使い倒す。Excelを全方位的にフル活用する。それが、「Excelで行うデータ集計・分析」を極めるための近道であり、本書ではそのノウハウを徹底的に追求します。, 【10~12月開催】実務直結のスキルが身に着く2種類のExcelオンライン講座(東京理科大学オープンカレッジ), メキメキ上達! エクセル2010/2007関数ワザ―知識ゼロからできる完ぺき修得本 (日経ビジネス人文庫), SUMPRODUCT関数とLEFT関数などの文字列関数と組み合わせて一部条件に合ったデータを合計する方法, ピボットテーブルも関数もぜんぶ使う!

行と列のそれぞれのデータを条件として、クロスする箇所のデータを取り出す方法を知っていますか? 今回はExcelで「クロス集計」を実現する関数の組み合わせについて解説します。 ©Copyright2020 ホワイトレイア.All Rights Reserved. Excelのセミナーは東京理科大学オープンカレッジで半期に1回、毎日文化センター(東京)は不定期開催中。 関数, 通常、エクセルの合計値を求める場合、列方向(縦)に合計することが多いと思います。 =SUMIFS($D$3:$I$20,$A$3:$A$20,$K3,$B$3:$B$20,$L3,$D$2:$I$2,$M2) お行儀よく勉強しても身に付けにくかった、最短経路の楽なやり方だけを紹介して、努力しない努力をしてもらいたいと思っています。 エクセル関数一覧表 » 複数の条件で合計する関数(SUMIFS関数)の使い方. All rights reserved. =SUMIFS(INDEX($D:$I,0,$M$1),$A:$A,$K3,$B:$B,$L3) 2017/10/17 All rights reserved. 指定した条件に一致するセルに入力されている数値の合計を求める、dsum関数の使い方を解説します。 コンパクトなのに全部入り! Office 365 & Excel 2019にも対応した全484関数を収録。 行と列のそれぞれのデータを条件として、クロスする箇所のデータを取り出す方法を知っていますか? 今回はExcelで「クロス集計」を実現する関数の組み合わせについて解説します。, 【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。毎週木曜日更新。 条件付きで合計する関数(sumif関数)の使い方:excel関数. 関数(秀和システム)」など。 新著「ピボットテーブルも関数もぜんぶ使う! 前回の記事で、SUMPRODUCT関数を使って、複数条件を指定した足し算をする例を扱った。 しかしSUMPRODUCT関数って小難しいから、そんなに使いたくはなく、同じ複数条件で足し算するならSUMIFS関数を使いたいところだ。 では複数条件の足し算なら全てSUMIFS関数でいけるかというと、意外にそうはならない場面がある。 B7=SUMIFS(B4:F4,B2:F2,”A部門”,B3:F3,”係長”), ということで、SUMIF / SUMIFSは行方向(横)集計にも使えると覚えておきましょう。.

本来なら、まず、データの作り方が違う!と一蹴したいところですが、既に1,000行以上のデータを作りこんでいたため、そのまま集計することにします。, A部門かつ係長の売上を集計: Copyright ©document.write(new Date().getFullYear()); Impress Corporation. 簿記2級は一応持ってますが、Excelでの業務効率化にドハマリしてて主客転倒になってます。. 使った費用が、項目ごとに、月別に入力されている表があります。連続した範囲の合計を、オートSUMを使って求めてみましょう。 C7に、2月に使った費用の合計を出します。 1.C7を選択して、「オートSUM」ボタンをクリックしましょう。 2.範囲「C2:C5」を選択して「Enter」キーを押します。 3.2月の合計「93,000」が出ました。

Twitterもやってます。というかそっちの方が主戦場かも。 データ集計・分析における実務での頻出ケースに対し、有効なExcelの機能とその使い方を体系的に学んだあとは、各章の終わりにある演習問題で実際に手を動かして復習することで、より深くExcelの活用方法を身に付けることができます。 という式を入れてある。, M2セル「2月」に完全一致(式の最後で0を指定したもの)するものを、D2:I2のセル範囲から検索して、その位置である「2」(左から2番め)が答えとして返されている。, そしてこのM1セルの結果を利用して、M3セルに というように書くと、正しく集計できる。, このINDEX関数は、特にMATCHと組み合わせて使うと強力だけど、慣れるのにかなり苦労するであろう関数の一つだ。, 結果として、セル範囲$D:$Iの中で、横方向2番めにあるE列(=2月の列)が、SUMIFS関数で合計する数値の範囲となるというわけ。, このINDEX・MATCHの合わせ技は随所で活躍するが、何度も根気良く使っていかないと身に着かないだろう。, 今回はM1セルを補助セルとして使ったが、これを使わず最初からまともにM3セルに式を全部書くなら =MATCH($M$2,$D$2:$I$2,0) Copyright ©document.write(new Date().getFullYear()); Impress Corporation. というようになる。, まあこれは、私の目から見ても長ったらしくてややこしいので、こういうときは作業セル・補助セルは積極使用していく方が良いと思う。, 縦横混合の集計を、SUMIFS関数だけでなくINDEX・MATCHなんて関数まで組み合わせてやってみたが、SUMPRODUCT関数単独のほうが使いやすいと思うかもしれないね。, というか、こういう縦横混合の集計などという作業が必要にならないように、大元の資料を組み立てることを心がけた方が良いかとも思う。, 私がこんな縦横混合集計なんかをやらされるのは、他の人からいきなり作りのよろしくないExcelファイルを渡された場合がほとんどであり、自分で一からExcelファイルを作り込む場合はSUMIFS関数で集計できるように構築する。, というか、Excelの表は縦長を基調に作り込むのが本来のあり方であり、年月とかが横に広く並ぶのは本来は好ましくないから、まずはそういった感覚を養うことが大事だろうね。, こんにちは。 1日の1/3以上を占める仕事時間が充実すれば、より良い人生になる確率はグッと上がります。まずは、Excelを実務へフル活用し、デスクワークの生産性を上げてしまいましょう。そのための考え方やテクニックをこのブログでは解説していきます。, SUMPRODUCT関数で複数条件をカウントする方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~, SUMPRODUCT関数の応用的な使い方のもうひとつのバリエーションとして、前回の複数条件のカウントと、標準的な配列内の積の合計値を複合的に組み合わせることで複数条件に合ったデータの合計値を計算することも可能です。, SUMPRODUCT関数で配列内の要素の積の合計を算出する方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~, 今回はSUMPRODUCT関数で複数条件に合ったデータを合計する方法について解説していきます。, SUMPRODUCT((条件範囲1=条件1)*(条件範囲2=条件2),合計対象範囲1), 各条件範囲の配列と条件は”=”[イコール]でつなぎ、”()”[かっこ]でくくります。, 条件範囲・条件の後に","[カンマ]で区切り、そのあとに合計対象範囲となる配列を指定します。, 今回のサンプルでは、年齢が30歳以上、かつ雇用形態がフルタイムという2つの条件に該当するスタッフの給与合計を求めます。, そして、条件2はフルタイムであるため、配列2のあとは「=”フルタイム”」にします。, 文字列を関数内に入力する際は他の関数と同様に”"[ダブルクォーテーション]でくくります。, これで2つの条件に該当する給与合計である「335,000」を求めることができました!, 今回のケースでは、合計対象範囲を1つで求めましたが、2つにして求めることも可能です。, 合計対象範囲1をD3:D7、合計対象範囲2をE3:E7を指定すると、条件1・2を満たしたデータのそれぞれの積を合計してくれます。 要は、スポーツのルールやっと覚えたくらいのExcelの知識で、仕事で使ってもいるけど、そこから伸び悩んでる方が対象ってことですね。 エクセル太郎です。通常、エクセルの合計値を求める場合、列方向(縦)に合計することが多いと思います。何故なら、同じ要素の項目を列方向(縦)に配置した方が何かと使いやすいからですね。例えば、ピボットテーブルや、並び替え、データフィルター等は、列 Excelを使い倒し、改造・カスタマイズばかりしている(と自負している)、しょうたです。 2017/10/5 Excelでできるデータの集計・分析を極めるための本」を9/8(火)発売予定。その他の著書は「すごい! 複数の条件で合計の計算をするときはSUMIFS関数を使います。SUMIFS関数はExcel2007以降で使用することができます。 Excel PowerQuery インデックス(行番号) 項目ごとに振り直される連番を付ける, Excel VBA PowerQueryで作ったテーブルのフォーマットを調整するマクロ, 前回の記事で、SUMPRODUCT関数を使って、複数条件を指定した足し算をする例を扱った。, しかしSUMPRODUCT関数って小難しいから、そんなに使いたくはなく、同じ複数条件で足し算するならSUMIFS関数を使いたいところだ。, では複数条件の足し算なら全てSUMIFS関数でいけるかというと、意外にそうはならない場面がある。, ここからは、以前のSUMIFS式の記事で取り上げた内容とかなり重複があるけど、SUMIFS関数で思い通りにならない例を述べる。, 思い通りにはならないんだけどそれでもSUMIFS関数で解決する方法をさっさと読みたいなら、こちらへどうぞ。, Excel2007以降のSUMIFS関数 ―SUMIF以上だがSUMPRODUCT未満―, という条件に、横軸(D2:I2セル)の「月=2月」条件も付け加えて、M3セルに数値合計を求めたいという例だ。, これのサンプルExcelファイルはこちら。 (今回のサンプルでいうと「D3×E3+D6×E6」を数式内で計算している), SUMIFS関数で複数の検索条件に合ったデータのみ合計する方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~, こちらのテクニックもSUMIFS関数が使えるようになるまでは、ほんとうにこのSUMPRODUCT関数にお世話になりました!, 意外と使用頻度はありますからSUMPRODUCT関数には2003時代の支えになっていただいた感じですね。, 次回はSUMPRODUCT関数とLEFT関数などの文字列関数と組み合わせて一部条件に合ったデータを合計する方法について解説していく予定です。, ピボットテーブルも関数も、パワーピボットもパワークエリも、ケースに応じて良いとこ取りで使い倒す。Excelを全方位的にフル活用する。それが、「Excelで行うデータ集計・分析」を極めるための近道であり、本書ではそのノウハウを徹底的に追求します。 Excel2010-2016: 行・列で条件に合致したものを合計する(SUMPRODUCT関数) 行と列で条件に合致したものを合計する =SUMPRODUCT( (列の条件) * (行の条件) , 計算範囲 ) エクセル関数一覧表 » 条件付きで合計する関数(sumif関数)の使い方. 数万行のデータを集計するとかの際、SUMIFS関数ならさほど重くならないが、SUMPRODUCT関数をたくさん使っていると重くなってしまう。, そして数式中に括弧()が多くなりやすくて複雑だし、SUMIFS関数はカンマ「,」で区切っていくだけなのが書きやすい。, だから、繰り返し述べるが、可能な限りSUMPRODUCT関数は使わずに済ませ、SUMIFS関数などのお手軽な関数で済ませたいものだ。, それでは今回の例のような、数値や集計条件が縦横に混合している場合の集計を、なんとかSUMIFS関数でやる方法を考えてみる。, といってもSUMIFS関数のみ単独で実施するのは困難なので(できるのかな?)、ちょっとINDEX関数・MATCH関数なんてものを補助に使ってみる。, 上図ではM1セルに、MATCH関数を使って 指定した条件に一致するセルに入力されている数値の合計を求める、DSUM関数の使い方を解説します。, コンパクトなのに全部入り! こういう風に、月が横軸にあって、縦も横も集計条件として考慮しないといけないケースには、私なんかは実務でたまに出くわす。, この複数条件集計を、無理矢理にSUMIFS関数で解決しようとすると、 このブログでは、Microsoft Excelのことをメインに扱います。 エクセル関数一覧表 » 複数の条件で合計する関数(SUMIFS関数)の使い方. 日々Excelを用いてデータ集計や分析作業を行っている方におすすめの本です。, 現役会社員(BPO業界勤務/管理職)×Excelブロガー×Excel本著者×Excelセミナー講師のパラレルワーカー。, 新著「ピボットテーブルも関数もぜんぶ使う! Office 365 & Excel 2019にも対応した全484関数を収録。いつも手元に置いておけるExcel関数解説書の決定版。, [条件]に従って[データベース]を検索し、見つかった行の[フィールド]で指定されたセルに入力されている数値の合計を求めます。, 京都大学文学部哲学科(心理学専攻)卒業後、NECでユーザー教育や社内SE教育を担当したのち、ライターとして独立。ソフトウェアの基本からプログラミング、認知科学、統計学まで幅広く執筆。読者の側に立った分かりやすい表現を心がけている。2006年に東京大学大学院学際情報学府博士課程を単位取得後退学。現在、有限会社ローグ・インターナショナル代表取締役、日本大学、青山学院大学、お茶の水女子大学講師。, 芝浦工業大学工学部電子工学科卒業後、特許事務所勤務を経て株式会社アスキーに入社。パソコン関連記事の執筆・編集に従事したのち、フリーランスの翻訳編集者として独立。コンピューターとネットワーク分野を対象に、書籍や雑誌の執筆・翻訳・編集を手がけている。どんな難解な技術も中学3年生が理解できる言葉で表現することが目標。2000年〜2003年、国土交通省航空保安大学校講師。2004年~現在、お茶の水女子大学講師。. 合計をだしたい時は、エクセルSUM関数、オートSUMを使います。SUM関数とオートSUMはよく知られているので、使い方は分かっていると思っていても、意外な使い方もあります。オートSUMを使うと縦横の合計を一括で入力することもできます。ここではオートSUMを中心に、合計をだす方法を説明していきます。オートSUMで、一括で合計をだすなど、役立つ方法を提供しています。, SUM関数は、数値を合計する関数です。SUM関数は、SUMウィザードを使用して合計をだす方法と、オートSUMを使用して合計をだす方法があります。使用方法には、少し違いがあります。, 使った費用が、項目ごとに、月別に入力されている表があります。連続した範囲の合計を、オートSUMを使って求めてみましょう。, 2.範囲「B2:B5」と「F2:F5」を選択します。「B2:B5」を選択して、「Ctrl」キーを押しながら「F2:F5」を選択→「Enter」キーを押します。, 2.セル「B3」「D3」「F3」を選択します。セル「B3」を選択して。「Ctrl」キーを押しながら、セル「D3」、「F3」を選択→「Enter」キーを押します。, 1.範囲「B6:G6」と「G2:G5」を選択して、「オートSUM」ボタンをクリックしましょう。不連続な範囲を選択するときは、「Ctrl」キーを押しながら、選択していきます。, SUM関数使って四則計算をする例です。SUM関数は、他の関数と使用することもできます。, 「オートSUM」ボタンの、ショートカットキーを使うと、マウスを使わずに、キーボードから一瞬に「オートSUM」を挿入することができます。, エクセルSUM関数はよく知られている関数です。合計をする場合は、SUM関数を使いがちですが、合計の関数には、SUM関数の他にSUBTOTAL関数があります。SUBTOTAL関数を使うと、さまざまな集計ができます。引数に指定した集計方法で合計、平均値、最大値などさまざまな集計ができます。, こちらの記事もご覧ください。⇒さまざまな集計をエクセルSUBTOTAL関数で求める.

エクセル太郎です。通常、エクセルの合計値を求める場合、列方向(縦)に合計することが多いと思います。何故なら、同じ要素の項目を列方向(縦)に配置した方が何かと使いやすいからですね。例えば、ピボットテーブルや、並び替え、データフィルター等は、列 =SUMIFS(INDEX($D:$I,0,MATCH($M$2,$D$2:$I$2,0)),$A:$A,$K3,$B:$B,$L3) =SUMIFS(INDEX($D:$I,0,MATCH($M$2,$D$2:$I$2,0)),$A:$A,$K3,$B:$B,$L3), Excel SUMPRODUCT関数とSUMIFS関数 縦横混合の集計を比較してみる, Excel PowerQuery タイトルが2行になった表を整形する(2)純粋な縦長に変換する, Excel PowerQuery タイトルが2行になった表を整形する(1)タイトル行の結合, Excel PowerQuery 計算式や条件を入れたオリジナルの項目列を追加する, いちばんやさしいExcelピボットテーブルの教本 人気講師が教えるデータ集計 が一瞬で終わる方法 (「いちばんやさしい教本」シリーズ), 【Amazon.co.jp 限定】Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術 (特典: 厳選ショートカットキー データ3種). 複数条件に合ったデータを合計する際のsumproduct関数の構成. サンプルファイル無料プレゼント中!, 【Excelフローチャート作成②】エクセルで見やすく清書するために重要な7つのポイント(458,128 view), 【グラフ編】エクセルでガントチャートをつくる方法(Excel2010)(422,458 view), 【Excel×Googleマップ】Excelワークシートから複数データを一括でGoogleマップ上に目印を立てる(表示する)方法(252,407 view), 【Excel VBA】If~ThenステートメントとAnd演算子で複数条件(~かつ)を設定する方法(252,241 view), 【条件付き書式編】エクセルでガントチャートをつくる方法(219,628 view), 「SmartArt」で簡単にロジックツリーを作成する方法(209,659 view), 【Excelフローチャート作成③】フローチャートを爆速で作成するためのテクニック5選(201,283 view), 列の値のデータ型を一括で変更する方法[Power Query(パワークエリ)基礎], 列内の改行コード等の印刷できない文字を一括で除去する方法(クリーン)[Power Query(パワークエリ)基礎], 列の値の前後にある空白を一括で除去する方法(トリミング)[Power Query(パワークエリ)基礎], 列内の英字データを大文字または小文字に一括変換する方法[Power Query(パワークエリ)基礎], 列内の値を上または下方向の空白セルへコピーする方法(フィル)[Power Query(パワークエリ)基礎], 列内の既存の値を任意の新しい値へ置換する方法[Power Query(パワークエリ)基礎], Power Query(パワークエリ)で作成したクエリの編集・削除・更新などの基本操作, 【Excel講座】東京理科大学オープンカレッジで2種類の講座を行います!(10~12月), 別ブックのテーブル/シートの単一データを取得する方法[Power Query(パワークエリ)基礎], 新著「ピボットテーブルも関数もぜんぶ使う! (一応、本名ですけど、苗字は非常に珍しくて覚えにくいこともあり、フルネーム公開予定は今の所ありません)。 例えば、ピボットテーブルや、並び替え、データフィルター等は、列方向で基本データを扱います。(この辺りはまた、別の機会に。。), しかし、何かの手違いか(笑)、或いは、そうせざるを得なかったのか、行方向(横)に同じ要素のデータが並んでいる場合の条件に合致する値の集計にも、SUMIF / SUMIFSが使えます。, 先日、そのようなデータを集計する必要があるという人がいました。 エクセルのダブルクォーテーション問題 1.7k件のビュー; 積み上げグラフに合計値を表示させる 1.5k件のビュー; 折れ線グラフでデータがない所を0としない 1.5k件のビュー; SUMIFSでOR条件を使う方法 (条件範囲の中で複数の条件を合計する) 1.4k件のビュー

複数の条件で合計する関数(SUMIFS関数)の使い方:Excel関数. 何故なら、同じ要素の項目を列方向(縦)に配置した方が何かと使いやすいからですね。

というような感じになるだろう。, 合計したい数値が集まったセル範囲$D$3:$I$20を先頭に持ってきて、後は条件式を順番に設定した感じ。 私が経理の実務経験で培ったディープなExcel知識を、Excelの使い方の常識に立ち向かっていくくらいのつもりで書いていきます。

エクセル関数で一番使うセルの合計を自動計算するsum関数。そんなに悩むことはないけど、条件をつけて合計を出したいこともありますよね。そんな時はsum関数の仲間sumifs関数やsumif関数を使えば解 … 複数の条件で合計する関数(SUMIFS関数)の使い方:Excel関数. Excelでできるデータの集計・分析を極めるための本, 【Excelフローチャート作成②】エクセルで見やすく清書するために重要な7つのポイント, 【Excel×Googleマップ】Excelワークシートから複数データを一括でGoogleマップ上に目印を立てる(表示する)方法, 【Excel VBA】If~ThenステートメントとAnd演算子で複数条件(~かつ)を設定する方法, 【Excelフローチャート作成③】フローチャートを爆速で作成するためのテクニック5選.