仕事の効率化に欠かせないEXCEL Vlookup術。シリーズ4回目となる今回は、Vlookup関数とcountif関数を組み合わせることで、同一の検索値が複数ある場合に任意のデータを抽出する方法をご紹介します。 エクセルを使っていると頻繁に出くわす2つの列を比較して重複している値を探す方法を紹介します。 データ数が少ない場合は目で見て確認することも可能でしょうが、データ数が多くなるにつれて、とても人手でできる作業ではなくなってきます。 exact関数 文字列の一致不一致を調べる エクセルの関数技2. エクセルでリストから重複データを「検出する」方法を紹介します。if関数を使って以下の名簿から重複を探します。名簿の端の列をチェック用につかいます。 エクセルlookup関数の使い方②配列形式. 文字列が同じかどうかを調べる(リスト照合) 似たような2つのリストがあり、たとえばメールアドレスなどを、比較して全く同じかどうかを判断したい時にはどうしたらよいでしょう。 配列形式は以下の要素で構成されています。 lookup(検索値, 配列) 検索値についてはベクトル形式と同じです。 一方、配列形式ではベクトル形式の検査範囲と対応範囲が配列として統合されています。 エクセルの countif 関数の使い方を紹介します。countif 関数は条件に一致するセルを数えます。「0」以外のセルや特定の文字列が入ったセルを数えたいときに使用します。and 関数を使用して複数の条件に一致するセルを数えられます。

Excelで文字列を比較して値が一致したら「〇」、一致しなかったら「×」と表示する方法を紹介しています。比較結果を ×で表示したい時に使えるテクニックです。 エクセルで重複データをチェックする方法を解説しています。重複しているデータが単一列か2列以上の場合かでケース別にご紹介しています。重複しているデータを削除する前にまずはデータの中から重複しているデータをチェックしましょう。