(出典 :https://ironna.jp/article/9581?p=3)今月に入り、いわゆるあおり運転と呼ばれる危険な行為や暴行が報道されています。あおり運転自体は昔からあり、先進国では長く問題とされてきました。日本でも「ハンドルを握ると豹変する」と言われる人がいるのも事実で... 新型肺炎コロナウイルス予防法はインフルエンザと同じ!正しいマスクの着け方や手洗い消毒を徹底, 朴璐美と山路和弘が結婚!人気ベテラン声優の大型カップル誕生ハンジの生アフレコやケニーの臨終シーン動画あり舞台では二人芝居を好演, 菅義偉(新総理大臣)は令和おじさんガースーの愛称や甘党エピソードで若者に大人気な面も, もえのあずき大食いで糖尿病?摂食障害の過食嘔吐で吐きダコがある?『デカ盛りハンター』, 廣川進(自給自足)の現金収入はファイヤーダンス!どこで見れる?ギャラはいくら?動画あり『坂上どうぶつ王国』, 石神秀幸(ラーメン王)の現在がスゴイ!食の道場とは?結婚できない理由『TVチャンピオン』, 草刈健太郎(会社社長)のプロフ経歴や学歴は?結婚子どもは?著書は?『ザ・ノンフィクション』. ガス量の確保とパワー向上を目的として、1〜12リットルの容量を持ったエアータンクと組み合わせて使用される事が多かった。, 2006年に施行された改正銃刀法によって、現在では多くのBV式ガスガンがガス圧を制限するリミッターやリリーフバルブといった部品を組み込まない限り所持不可能となった。2007年4月にM&G社から入念な対策を講じたBV式M4A1が発売されたが広く普及はせず、このメカニズムが勢力を盛りかえす事は無かった。, これまでにBV式を製造していたメーカーは、JAC、アサヒファイアーアームズ、マルゼン、ファルコントーイ(FTC)、エルエス、国際産業、デジコン、MGC、M&G等である。なお、MGCやエルエスは後に後述するPV式に移行している。, BV式に少し後れを取る形で開発された自動連射機構。エルエス、MMC、トイテックが採用している。MGCもPV式に近いシステムを採用している。ユニット内部にピストンとシリンダーを持つ。, BV式と比べるとガス消費が非常に少なく、銃身が固定されているため命中率が高い。BV式の場合、マガジン内部にも圧力がかかるため構造や装弾数に制約があったが、PV式はユニットで完結しているためマガジンに圧力をかける必要がなくなり、それにより装弾数が増加した(トイテック製P90は装弾数が500発、同社製キャリコは1000発だった)。またBV式では不可能だった空撃ちを可能にしている。BV式同様にサプレッサーを装着する事で発射音をかなり小さくすることができる。, しかし、圧力を上げても初速が一定の数値以上にならない(ユニット自体がレギュレーターの役割を果たす)ため、PV式ガスガンは大きな需要を得ることができなかった。, この問題に対し、メーカーはシリンダーのサイズを大きくすることで対応した。エルエスのユニットでは0.4J程度であったが、MMCのユニットではシリンダーがボアアップされて0.6J程度にまで上昇、トイテック製のメカに至ってはガスガンにしては非常に大きなシリンダーを採用し、カウンターウェイトを採用して1J前後にまでパワーを上げる事に成功している。, 電動ガンが発売された頃、シリンダーサイズが近かったため、メカBOXを組み込んで電動ガン化する改造も行われた。作動音がピコピコと聞こえる、ノズルがピコピコ動くなどの特徴から「ピコピコユニット」「ピコピコシステム」と通称される。優れたポテンシャルを持ちながらもパワーがなかったためにBV式を超えることができず、電動ガンが主流となってからも電動ガンに勝つことができなかった不遇のシステムだと言える。, 圧力を上げてもサイクルが向上するばかりでパワーが上がらない銃が多いため、改正銃刀法が施行された現在でもほとんどの個体が所持できる。改正銃刀法下で所持できない個体が多いBV式とは対照的な存在であると言える。, 発射の際にガスの圧力で遊底が後退し、オートマチック式の実銃のブローバック機構同様、自動的に次弾の装填を行う。現在では弾丸の発射とブローバックを一つの機構で行うものが主流。, 遊底後退後に発射するアフターシュート、後退中に発射するミドルシュート、後退前に発射するプレシュートの3種類がある。ブローバック機構にもガスを消費するため、フィクスドガスガンより燃費は悪い。多くのエアガンメーカーが発売しており、さまざまな機構でブローバックをさせている。, 初期にブローバックメカと呼ばれた物は、スプリングの力で遊底が後退し、ガスの力で前進するものだった。この方式の場合、弾が残っていてもガスが無くなると遊底が後退したままになってしまう。, アフターシュートでは1991年に発売されたMGC製グロック17が、日本初の実用ブローバックガスガンとなる。アフターシュートはスライドが後退してから発射しているため、ブローバックの反動により着弾位置が影響を受ける。この問題を解決したものとして、プレシュート方式がある。, プレシュートは、BB弾発射からブローバックにガスの流れる方向を変える方法の違いから、BB弾の有無でガスの流れを切り替える弁を有する強制閉鎖式と、ガスの圧力でガスの流れを切り替える弁を利用する負圧式の2種類がある。前者としてはウエスタンアームズのマグナブローバックやKSCのエクセレントピストンユニット、後者としてはタニオ・コバのコバアクセル方式やマルゼンのアドバンスシュートシステムがある。ただし、完全なプレシュートブローバックはウエスタンアームズの特許に抵触するため、マグナブローバック以外はBB弾発射時にもブローバック側にガスを流す、「プレシュート寄りのミドルシュート」となっている。, 負圧式は原理上、ブローバック機構そのものがリミッターとして働くため、外部ソース化した際に威力制限を行いやすい。, ユースエンジニアリング製のMP5のようなSMGやショウエイのMG42など、「長物」と称されるジャンルの銃においては反動を大きくしてブローバックの迫力を再現するため、ミドルシュート式のASCSメカが使われるのが一般的であった。プレシュート式の物はコクサイのニューコンセプトブローバック以後L.A.Studioが製作する高級カスタムモデルのみであったが、ウエスタンアームズがM4A1を発売した後は長物もハンドガン同様プレシュート式のブローバックガスガンが主流になってきている。, モデルガンのような構造のリアリティを備え、KSCのSTIシリーズのように発射機構と関係ない部分に実銃用パーツを装備したもの、マルゼンのワルサーP99のように原型となる銃のメーカーと提携し図面提供などを受けた物[3] もある。, ブローバックガスガンは低圧フロンガスを使用するために、ガス流入量を制限しない限り威力が高くなり、ブローバックシステムのコストが嵩むために、対象年齢18歳以上用のモデルしか存在しなかったが、2007年4月にKSCが対象年齢10歳以上用を発売し、2009年には東京マルイが推奨年齢14歳以上として発売をしている。KSC製に至っては高価な物では定価が税込み2万1000円になっている。東京マルイはインナーバレルの短縮化やプラスチック化、塗装の簡略化で販売価格を抑えているが、両者とも最低価格は1万円を超えている高級路線である。, リボルバー式の銃を模したガスガン。大きく分けて、弾丸を装てんした薬莢を実銃同様にシリンダーに装てんするカート式と、そうでないカートレス式の2種類があり、前者は操作をリアルにできるが、構造上作動ガスのロスが大きく、命中精度が低くなる。後者は命中精度を追求しやすいが、弾倉部分のリアリティを損ない、撃ち切った後の再装填はカート式より手間がかかる。カートレス式ガスリボルバーの構造としては、タナカワークスのペガサスシステムなどがある。その他にも、シリンダーに特殊な構造の薬莢を固定することで、1つのシリンダーに4発×6ホール分のBB弾を装填し24連射が可能な、カート式とカートレス式の中間的な構造のモデルが東京マルイより発売されている。, 内蔵されたポンプによって蓄気室に1発分の圧縮空気を溜め、引き金を引くとバルブを開き、その圧縮空気で弾丸を発射する。内部にポンプを内蔵するという点ではエアコッキングガンの様だが、発射機構からいえばエアタンクと空気入れを内蔵した固定スライドガスガンに近い。APSカップでは、エアコッキングガンと同じ扱いとなる。マルゼンのAPS-3、KSCのAPシリーズに搭載されている。エアコッキングガン(スプリングエアー)と比較し、発射時の衝撃が少ないため、命中精度が向上する。さ, ツヅミ弾は日本のエアガン黎明期に主に使用されていた。口径は7mmと5mmが主流であったがメーカー毎の独自規格もあり、最後まで統一は図られなかった。空気銃の鉛製ペレット弾をプラスチックで模したもので、鼓(つづみ)に似た形から名付けられた。てるてる坊主状の形状で主なウエイトを占める頭の部分と、圧縮空気を受ける笠の部分に分けられる(笠の部分は先述の寸法よりも大きく、銃身内部に接触する事で気密を取る様に考慮されている)エアガンが普及し、連発方式が求められるようになると、アメリカ製エアガンで使用されており構造的に連発にしやすい球状のBB弾にその座を譲った。空気銃では射撃精度でペレット弾が鉛製BBよりも優れるが、エアガンではライフリングがないためにツヅミ弾が飛行中に横転(=横弾)しやすく、精度や射程距離面での短所であった。, 圧縮空気ではなく強化ジュラコン樹脂製の撃針で撃ち出すストライカーガンにもツヅミ弾は使用されていた。エアガン用のツヅミ弾が弾力性に富む樹脂で製造されるのに対し、ストライカーガン用のツヅミ弾は硬質プラスチック製で、両者に互換性はない。, 主流になっている球形の弾丸。材質はプラスチックで、規格として直径6mmの弾丸が最も多く使われているが、マルシン工業独自の規格として直径8mmの弾丸も存在する。詳細はBB弾を参照。, 銃身途中に突起や段差を設けて弾にバックスピンを加え、威力を高めずに飛距離を伸ばすホップアップシステムと呼ばれる機構に対応する。, JAC、サンプロジェクト、クラフトアップル等のグレネードランチャーに使用される弾丸。中空の発泡スチロール製の弾頭と、それ自身が単発式の固定スライドガスガンとしての機能を持つ薬莢部で形成され、実弾の雷管に当たる部分にあるバルブをランチャーの引き金を引く力で押し、ガスの圧力で弾頭を飛ばす。JACのBV式M16シリーズのアクセサリーである、M203グレネードランチャー用として開発された。“口径の大きなランチャーから飛び出すのがBB弾ではあまりに格好悪い”ということで考案されたもの。後にアングスより多量のBB弾を散弾状に発射するものが開発され、その後、クラフトアップル製「モスカートBBシャワー」等、さらに大量のBB弾を放出できるものも発売された。, 東京マルイから発売されている特急ガン用の弾。ソフトなラバー素材を使用しているため、身体にあたってもBB弾よりも痛くなく、安全に遊べるのが特徴。また、乳幼児の誤飲事故防止のため、口に含んだ場合に苦味を感じるように出来ている。, マルゼンのエアソフトガンのP99はワルサーP99の日本向けモデルという位置づけになっている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=エアソフトガン&oldid=78666528, この項目では、遊戯銃としてのエアガンについて説明しています。実銃としてのエアガンについては「, 模造拳銃の定義は「金属製でありけん銃に著しく類似する形態を有する物であること」としており、モデルガンやエアソフトガンはもとより、拳銃型の文鎮やライター等も規制対象となる。, 次の2点の措置が施されている場合、模造拳銃には該当せず、銃刀法の規制の対象外となる。, 現在販売されている拳銃タイプのエアソフトガンの一部鋳造製であるもののほとんどがプラスチックである。, 一部の都道府県の条例では厳しい指定があり、未成年への販売はもちろん、触れる事すら禁止している地域もある(神奈川県青少年保護育成条例 第15条「4 何人も、青少年に対し、有害がん具類を販売し、頒布し、交換し、贈与し、若しくは貸し付け、又は見せ、若しくは触らせてはならない」)。, 威力についてASGKは18歳以上の銃は0.4J未満で競技用を0.8J未満、JASGはエアソフトガン競技(APSカップ)用銃として0.8J未満、STGAは6mmBB弾使用製品は0.98J以下で8mmBB弾使用製品は1.64J以下に自主規定値としている。10歳以上のエアソフトガンは3組合とも0.135J未満としている。, 外観上の違法改造としては、けん銃型エアソフトガンの外装を金属製にした上で、銃腔を閉塞せず、また銃は(グリップ)を除き白色または黄色(金色)に塗装しない場合は銃刀法における模造けん銃となり製造、所持、販売が禁止されている。(※銃腔の完全閉塞によりエアソフトガンとしての機能は持たない事となる。), 威力についての規制は、元来エアソフトガンは弾のでる子供向けのオモチャが起源であり、所持許可の必要な実銃・空気銃とは威力に大きな隔たりがあり明確な規制は存在しなかった。やがてサバイバルゲームの普及等によりエアソフトガンの流通が増える事でより飛距離の出る威力を高めたエアソフトガンを求めるマニアが出現し、個人およびショップによるカスタムなど威力競争はエスカレートし、サバイバルゲーム中等に狙撃され怪我をするものや、厳密な保管がされていなかったために所有者以外の者が誤って使用し怪我をするなど安全性が危惧されている。, 2000年に入り日本国外でもエアソフトガンが多く認知されるようになり、海外製エアソフトガンも多く日本に輸入されている。その結果、2007年に施行された銃刀法に違反する威力を持ったエアソフトガンと知らずに購入してしまうケースもある。, 一般的に、銃規制がゆるい国ほど、遊戯銃に対する規制が厳しいため、エアソフトガンを日本から持ち出す際は、持ち出し先の, 上記の銃規制の緩い国の場合、使用の際に実銃とエアソフトガンを区別するために色のついたプラスチック製のフラッシュハイダーを装着した状態で売られている場合が多い。, (自動式拳銃を模したモデルの場合は、上記のスライド操作によって)発射待機位置であるチャンバー(薬室)に弾丸が移動する。, 続けて弾丸を発射する際は、1の動作に戻り、一連の動作を繰り返す。ブローバックモデル(詳細は後述)の場合は、この動作は必要無い製品もある。, 一部のモデルでは、最終弾を撃ち終えるとスライドストップがかかり、遊底が開放されたホールドオープン状態となる。.

ガスガンの基本構造や構造的特徴を説明。ハンドガンやライフル、リボルバーといった銃の種類別にそれぞれの威力、飛距離、リコイルを分析し、その特徴やサバゲーでの最強とはについて解説します。そして最強のおすすめ人気ガスガンをおすすめする理由とともにご紹介します!, マガジン内に代替フロンガスを注入し、その気化エネルギーでBB弾を飛ばすエアガンです。ほとんどのガスガンがBB弾発射後、スライドが実銃さながらに前後し、そのリコイルによって電動にないリアルさと満足を与えてくれるキングオブエアガン。 近年では東京マルイの次世代電動ガンに代表されるように電動ガンでも同じようにリコイルショックを発生させるものがありますが、電気的に発生させているため、ガスガンのそれはガツンとくるようなリコイルが楽しめます。, オートマチックハンドガンの特徴はなんと言ってもスライドの動作ですが、このスライドが前後するときにそれが反動となってまるで実銃を撃っているかのようなりコイルショックが発生します。 なんと言っても一丁1万円前後から入手が可能で、古今東西の銃から自分好みの銃を探すことができることが何よりもの魅力です。, A post shared by naoyuki akagi (@redcrown110) on Aug 5, 2017 at 6:02pm PDT, ガスガンはガスが気化して吹き出すエネルギーで弾を飛ばします。そのためガスを液体の状態で入れておくスペースが必要で、ほとんどの場合はマガジンの中がそのスペースになっています。 ネックは価格と連続使用による温度低下による動作の不安定さですが、現代米軍採用のライフルを持っていれば気分は最強です。, ガスショットガンもライフルのように大きいガスガンですが、ライフルは1回で1発のBB弾を発射するのに対して、3~6発の弾を発射します。近年発売され始めた新しいガスガンの種類になります。ガスが気温に影響を受けやすいことと、一度に複数の弾を発射するという点から弾の消費量が多い点が特徴です。, コルトパイソンやM19などに代表されるシリンダーが回るタイプの回転式拳銃のことです。実銃では頑丈で、オートマチックよりも多岐にわたる弾丸が使用出来、また構造が簡単なので信頼性が高いため、現代でも現役で使用され続けています。日本のお巡りさんが持っているのもニューナンブM60 というリボルバーです。 後半にはおすすめの銃もご紹介しますが、一番最初にお伝え... 今回はサバゲーのエアガンの人気&最新のおすすめモデルを紹介します。最近ではエアガンの種類は増えていて、性能やデザイン性も上... 日本全国でサバゲーが流行している2018年3月現在、エアガンショップは増えてきました。そしてエアガンやミリタリーショップは... 日本が誇る日本刀と西洋で使われる西洋剣は幾度となくどちらが強いかという問題で比較され、話題に挙がっています。製法などが異な... 今回は海外製の電動ガンをランキング形式で最強はどの電動ガンだ!というテーマで一挙ご紹介します。性能が高く、使いやすい電動ガ... 日本に伝わる名刀には非常に有名なものから名前だけ知られているような名刀も存在します。それぞれの刀には由来や特徴があって、名... ショットガンの中でも、ひときわ大きな威力を持つ弾としてよくメディアなどにも登場するのがスラッグ弾です。本来散弾を撃つための... 今回はサバゲーで使用する上で、最強と名乗るにふさわしいハンドガンは一体どんなエアガンなのか、というところをご紹介したいと思... サバゲーを始めるには銃が必要です。ですが、銃の種類は多く初心者にはどれがいいかさっぱりわからないでしょう。