インフルエンザと風邪の違いや、咳・発熱・喉の痛みなどインフルエンザの【a型】【b型】別の初期症状チェック項目を紹介します。また、インフルエンザの初期症状が現れた時の対処法や、受診の目安などもぜひ参考にしてみてくださいね。 趣 味:沖縄旅行、少しだけ役立つ情報を集めること C型は症状も軽く、1回しかかからないうえ、たいていの人が免疫を持っているので、あまり気にすることはない, インフルエンザB型の症状として特徴的なのは、腹痛や胃痛など消化器系の症状が出ること. インフルエンザウイルスはa型、b型、c型の三つに大きく分けて分類され、毎年流行を繰り返すごとに変異株がでています。特にa型は多くの変異株があり、時に、世界的な大流行を引き起こします。b型も流行がありますが、c型は軽症のことが多いです。 毎年、インフルエンザが原因で死亡する人は1万人いるとも言われるほど、危険なウイルスでもあります。, ちなみに、インフルエンザには、A型、B型、C型の3種類がありますが、C型は症状も軽く、1回しかかからないうえ、たいていの人が免疫を持っているので、あまり気にすることはないでしょう。, 日本国内で感染を拡大させやすいのは、インフルエンザA型とインフルエンザB型の2種類です。, 今回は、インフルエンザB型について詳しく解説してみましょう。A型と比べてみるとその特徴がよくみえてくるので、そのあたりも交えて解説していきたいと思います。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2~3月に流行する傾向があり、A型が流行ったあとに、B型が流行るという流れになることが多くあります。変異しやすく強力なA型と比べ、B型は変異しにくく、免疫を持っている人も多いので、隔年で流行する傾向にありました。, A型よりは感染力が弱く、高熱になりにくい特徴がありますが、微熱が長期間続いたり、治りかけてもぶり返したり、2回かかったりすることもあります。, まずは発症する前の「潜伏期間」があります。インフルエンザB型の潜伏期間は、A型とほとんど変わらず1~3日ほどといわれます。この間に初期症状が現れます。, 第一に、B型はA型に比べると急な高熱が出ないのが特徴です。37~38度の微熱が続きます。また熱にともなって次のような症状があらわれます。, A型にくらべると熱の上がり方がゆるやかな上、症状だけ見れば風邪とかわらないため、インフルエンザにかかったと気づかないまま出歩いてしまう人もいます。, B型は、感染の自覚がないまま、周囲にウイルスを撒き散らし、感染を広めてしまう傾向があります。, もし、身近にインフルエンザB型を発症した人がいて、自分も微熱があるというときには、インフルエンザを疑って病院で受診したほうがいいでしょう。, また、インフルエンザB型の症状として特徴的なのは、腹痛や胃痛など消化器系の症状が出ることです。, 風邪と似ているインフルエンザB型の初期症状ですが、見分けるポイントはいくつかあります。, 微熱が続く傾向のあるインフルエンザB型ですが、人によっては急な発熱を起こすこともあります。人の体は普通、朝よりも夕方のほうが体温が高くなります。もし朝からかなりの高熱になった場合には、インフルエンザの可能性がありそうです。, 風邪にも見られる症状ですが、インフルエンザの場合は、より顕著にこれらの症状が現れます。全身に強い痛みや激しいだるさ、筋肉痛の症状が出た場合には、インフルエンザを疑いましょう。, インフルエンザB型が本格的に発症すると、急に熱が上がり38度~40度くらいにまでなることがあります。微熱が長く続くこともありますが、その場合は薬を服用しても、完治するまでに時間がかかる場合が多いようです。, また、倦怠感が増し、関節痛や筋肉痛がひどくなることもあります。特徴的なのは、腹痛や下痢、おう吐などの症状がでることです。これはインフルエンザA型にはみられない特徴です。, 発症から1週間~10日ほどで熱は下がり、症状もおさまります。しかし、体内にはまだウイルスが残っているので、体が正常になっても、その後2日くらいは家にこもって養生するようにしましょう。, B型は、A型に比べると毒性は弱く、重症化しにくいと言われます。ただ、A型よりも熱が下がりにくく、治りが遅い傾向があり、長引くほど重症化の危険が増します。, インフルエンザB型に感染し、発症した場合、先に述べたようにお腹を壊して下痢をすることがあります。, ただし、下痢が続くからといって、下痢止めを飲むのはNGです。また、食事や水分を控えたりすると、かえって逆効果になります。, 下痢は、体内からインフルエンザウイルスを排除するために出ているのです。その下痢を止めてしまうと、ウイルスが体内から排出されなくなり、症状が長引いてしまいます。, また、下痢中は高熱のせいもあって体内の水分が失われがちです。水分補給にも充分気をつけましょう。, インフルエンザA型は変異しやすい特徴があり、新型インフルエンザとなって猛威を振るうこともある危険なウイルスです。, 新型になってしまうと、予防接種の効果がなかなか発揮できないことになります。一方、B型は変異しにくく、山形型とビクトリア型の2種類に限られるため、予防接種で防ぎやすいといわれます。, ですから、予防接種をしっかり受けておくことで、発症を抑えられたり、発症しても軽くですむ可能性があります。, また、インフルエンザB型は、人から人へしか感染しません。つまり、感染経路が限られるのです。外出時にはぴっちりとマスクで鼻と口を覆い、家に帰ったら手洗い・うがいを徹底する。, 以上、インフルエンザB型について解説してきました。とにかく、予防対策をとり、ウイルスを寄せ付けないこと。, そして、冬の時期にはたとえ微熱であってもインフルエンザを疑い、病院で診てもらうことが大切です。自己防衛して、寒い冬を病気一つなく乗り切りたいものですね。. 性 格:おっとりしてると言われます^^ 特 技:タイピングの早打ち, 2015年1月からこのブログを始めました。日々の生活の役立つ情報や旅行情報、子育て情報などを発信していますので、応援よろしくお願いします!. インフルエンザB型の微熱などの症状の特徴は? インフルエンザB型ではA型と同じように高熱(38.0℃~40.0℃以上)が出る場合がありますが、実は微熱(37.0℃~38.0℃)のような低い発熱しかないといった場合もあります。 インフルエンザを疑ったら、下記の症状があるかチェックしてみましょう。 □38度以上の急な発熱 □強い倦怠感 □節々の痛み □筋肉痛 □全身の悪寒 □頭痛 □激しい咳 インフルエンザの特徴は、急激に38度を超える高熱が起こること、くしゃみや咳などの局所症状よりも、全身の痛み・だるさ・筋肉痛が強く症状に出ることがあげられます。 インフルエンザb型と風邪を見分けるには? 風邪と似ているインフルエンザb型の初期症状ですが、見分けるポイントはいくつかあります。 38度をこえる急な発熱. インフルエンザの初期症状. 最初は普通の風邪だと思ってました……けれど、なかなか体調がよくならず、やっと重い腰をあげて病院に行ってみると、インフルエンザにかかっていた。, インフルエンザにはA型やB型など、巷でもいろんな単語を聞くと思います。けれど、ほとんどの場合、それらがいったいどういう風に違うのか、そもそも、具体的な症状というのも、よくわかりませんよね。, 新型インフルエンザなども「感染力が強くて怖い」くらいに感じていて、でも、それ以上の知識はなかなか得られないものです。私も、インフルエンザと言えば高熱でうなされてからだとばかり思っていました。, 「あなたはインフルエンザB型にかかっています。」医者から宣告されても、そもそもB型ってA型と何が違うの? そんな疑問を持ってる方も多いと思います。, そこでインフルエンザB型は、どんな症状になるのか? まずは代表的な症状から見ていきましょう, あげていくと、キリがないくらいたくさんあります。その他には、消化器に症状を伴いやすいので、注意が必要です。, ただ、これだけではA型との違いはわからないですよね。これに関しては後述で詳しく説明していきます。, その前に、こちらの動画でインフルエンザB型に関する症状がまとめられていますので、まずはチェックしてみましょう。, さて、こうしてインフルエンザB型の症状を見ていると、あるポイントに気付かないでしょうか? そう、主な症状がなんと、風邪とほとんど一緒なのです。, 一見すると普通の風邪です。38度の熱も、咳もくしゃみも倦怠感も、風邪をひいているのと変わりがないのです。でもこれ、インフルエンザなんですよね。つまり、風邪とは違い恐ろしく高い感染能力を持っています。, もし自分が風邪をひいているだけだと勘違いしてしまった場合、インフルエンザとは知らずにいろんなところへ出掛けてしまうのです。そのリスクは計り知れません。, また、最初の症状こそ風邪に似ていますが、ほったらかしにしておくと、上でも紹介した通り、消化器官に様々な症状を引き起こします。, 腹痛はもちろん、嘔吐下痢などの症状が出たら、ただの風邪ではありません。お早めにお近くの病院で診て貰うようにしましょう。, A型や新型との決定的な違いは、まさにそういった症状にあると言えるでしょう。高熱などのわかりやすい特徴があるA型とは違い、一時的な症状だけなら軽いのがB型です。, ある意味、特徴があまりないと言えなくないかも知れません。ですが、その為にA型以上に発見が遅れ、身体を蝕んでいることもしばしば。, 調べている間に出てきた、B型経験のある人の言葉を見て行くと、やっぱり病院に行くまで単なる風邪だと思っていた方が多いようです。, また、怖いのは3歳〜5歳のちいさなお子さんが、B型に感染してしまった場合ですよね。普通の風邪だと思って居たらインフルエンザB型だった。, これは素人目にわかるモノではない為、仕方ありませんが、風邪だと思って自宅で治そうとしていると、ちいさなこども達にはそれだけで命の危険に繋がります。, パッと見ただけではインフルエンザか風邪なのか、わからないのが他のインフルエンザと大きく違うポイントです。普通の風邪だと思っても、特に冬場などは、やはり医師に診断してもらう事をおすすめします。, ところで、いざ病院で診てもらおうというとき、受診するところって内科か耳鼻科か悩みませんか? その答えをこちらの記事で解説してますので、合わせて読んでみてください!, いかがでしたか? 実際、症状だけでインフルエンザB型なのかただの風邪なのか、診断できる人はいないと思います。, 文中にも書きましたが、インフルエンザB型の怖いところはそこです。風邪だと思っていたら、インフルエンザだった。こどもにはもちろんですが、これ、社会人にとってもかなり致命的ですよね。, もし、ただの風邪だと思い込んだまま会社に行ったら……。阿鼻叫喚! 職場によってはあとでこってり怒られそうです。, そうならない為にも、熱が出て居なくても、普通の風邪っぽくても、少しでも「おかしいな」と思う症状があったら病院に相談してくださいね。, あと下の「関連記事」にも、インフルエンザ対策に関するお役立ち情報を載せていますので、併せてご覧ください!, 名 前:デブうさぎ インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによる気道と肺の感染症です。感染すると、発熱、鼻水、のどの痛み、せき、頭痛、筋肉痛、全身のだるさ(けん怠感)が生じます。 インフルエンザは日本などの温帯地域では冬場に流行しますが、まれに夏場にも発生・流行することがあります(熱帯地域では一年中発生しています)。 インフルエンザB型は、感染時期・症状に特徴があります。 A型の流行が終わった直後の2~3月にかけて流行することの多いインフルエンザウイルスです。 毎年流行するA型と異なり、インフルエンザB型はこれまで2年に1度のサイクルで流行を繰り返していましたが、近年は毎年流行する傾向にあります。また、流行時期も早まっている傾向があり、A型と同じ時期に感染が見られ始めています。 特に2017年はインフルエンザA型が早く流行し始めたこともあり、2018年初旬は例年より早くにインフルエンザB型 … 左記の症状や疑わしい症状があれば、早めに 医療機関を受診しましょう。 抗インフルエンザ薬は発症から48 時間以内 の服用が必要とされています! 38 度以上の高熱 体の節々の痛み 筋肉痛 倦怠感 頭痛 下痢 【予防法1】インフルエンザの予防接種 インフルエンザと風邪の違いや、咳・発熱・喉の痛みなどインフルエンザの【a型】【b型】別の初期症状チェック項目を紹介します。また、インフルエンザの初期症状が現れた時の対処法や、受診の目安などもぜひ参考にしてみてくださいね。 【医師監修】インフルエンザa型とb型の違いを解説。症状はどちらが辛いのでしょうか。同時に両方のインフルエンザにかかると重症化することもあるので、ワクチンでの予防が重要です。 インフルエンザb型の初期症状をおさらい! 「あなたはインフルエンザb型にかかっています。」医者から宣告されても、 そもそもb型ってa型と何が違うの? そんな疑問を持ってる方も多いと思います。 そこでインフルエンザb型は、どんな症状になるのか? インフルエンザでは一般的に以下のような症状がでます。 38度以上の高熱; 関節痛; 筋肉痛; 倦怠感; 全身の悪寒; 頭痛; 吐き気; 下痢; 呼吸困難; 咳や痰やくしゃみ; 喉の痛み Copyright ©  インフルエンザ注意報 All rights reserved. インフルエンザb型の初期症状は? インフルエンザb型に感染したら、どのような症状が現れるのでしょうか? まずは発症する前の「潜伏期間」があります。インフルエンザb型の潜伏期間は、a型とほとんど変わらず1~3日ほどといわれます。 インフルエンザb型の症状とはどのような症状が現れるのか?また、微熱などの特徴的な症状についてや、感染してからの潜伏期間は?治療によって完治するまでの期間や、流行する時期などについてまとめると、a型とはまた違う特徴が見えてきました。 強毒型の新型インフルエンザには、一般的なインフルエンザよりもパンデミックを起こす危険性があります。 これは鳥や豚など動物の持つインフルエンザが、突然変異を起こすためです。 【小児科専門医が監修】インフルエンザと普通の風邪との違い・検査方法・かかった場合の対処法・治療法を解説します。普通の風邪だと思っていたら実はインフルエンザだったということはありませんか?インフルエンザは、早期治療開始が早期回復につながります。 家 族:妻、娘、息子の4人家族。パパしてます。