‚Å‚ÉŠ´õ‚µ‚½‚ƍl‚¦‚ç‚ê‚é•ûi2009”N‚̉Ĉȍ~A‚`Œ^‚̃Cƒ“ƒtƒ‹ƒGƒ“ƒU‚Ɛf’f‚³‚ꂽ•û. 「よく『身のまわりでインフルエンザが流行し始めたから』といって、慌ててワクチン接種のために病院に行く方がいますが、すでに流行している段階では、逆に病院でウイルスをもらってしまうケースもあります。予約制の病院で、患者と明確に区切られた時間帯・場所で接種を受ける、あるいはワクチン接種をあきらめ、感染しないためのほかの対策を十分に行って予防に努めるほうが良いかと思います」, ちなみに、「ワクチンを接種しても、流行しているウイルスの型が違うと感染してしまうから、意味がない」という人がいる。逆に「ワクチンを接種すれば、もしインフルエンザにかかっても重症化しない」と言う人もいる。どちらが正しいのか。 小児集中治療室に勤務する看護師のpi ✿︎(@shinkan0607) です。 インフルエンザワクチンでインフルエンザは予防できるのでしょうか?また、副作用はないのでしょうか?よくある疑問と気を付けるべき点をまとめます。, インフルエンザワクチンでインフルエンザにかかることをある程度予防できます。ワクチン接種は現在、最も高い予防効果が認められている手法です。, 18-64歳の健康成人については、ワクチンによって70%から85%程度のインフルエンザ感染が予防できたという報告が見られます。子供や65歳以上の高齢者では予防できる割合がもう少し低いと報告されており、数十%から70%程度予防できたという報告が見られます。, 参照文献:JAMA 2000 Oct 4, N Engl J Med 1995 Oct 5, Vaccine 2011 Feb 17, ただし、予防効果は若年成人よりも低いことが知られています。一般的にインフルエンザワクチンは健康な成人や青年で特に高い効果が出ます。高齢者や、持病がある人では相対的に効果が少なくなる傾向にあります。 しかし、ワクチンにはインフルエンザの発症を予防するだけではなく、重症化を防ぐ効果もあると考えられ、その点でワクチン接種の意義は大きいと考えられます。, また、高齢者のインフルエンザ予防には、ワクチンによる集団免疫の効果も重要と考えられます。, 集団免疫とは、健康な小児や成人がワクチンを接種することで社会全体のインフルエンザ流行が抑制され、結果的に高齢者のインフルエンザを減らすという効果です。つまり、みなが予防接種を受けることで、インフルエンザ対して弱い人(子ども、高齢者、免疫の弱い人など)を社会全体で守ってあげるという考えです。, 参照文献:PLoS One 2013 Jan 11, N Engl J Med 2001 Mar 22, Clin Infect Dis 2015 Sep 9, Cochrane Database Syst Rev 2015 May 5, インフルエンザワクチンの接種後には、注射をした部位が赤く腫れたり、熱を持って痛みを生じたりすることがあります。ワクチンの副作用であり、副反応とも言います。これらは局所的な免疫・炎症による反応で、数日間で自然に改善します。, 全身の発熱や寒け、頭痛、だるさといった症状が出ることもあります。これはワクチンによってインフルエンザにかかったためではありません。ほかの病気のワクチンでも同様に見られる反応です。免疫反応が強く出ていることが原因です。接種を受けた方の5-10%程度に起きますが、数日間で自然に改善します。, また、ほかのあらゆる薬と同じように、インフルエンザワクチンに対する強いアレルギー反応(アナフィラキシー)を起こしてしまう可能性がゼロではありません。, それ以外には、数の極めて少ないこととして、インフルエンザワクチンを接種した後に以下の病気を発症したとする報告があります。, これらはインフルエンザワクチンを接種していなくても一定割合で自然に発症する疾患でもあります。ワクチンが原因だったかどうかはわかりません。, インフルエンザに関連した死亡者数は、例年国内で1万人前後とされています。インフルエンザワクチンによる副作用(副反応)にももちろん注意は必要ですが、インフルエンザワクチンを打たないことによる悪影響のほうがはるかに大きいという考えから、予防接種が推奨されています。, 参照文献:厚生労働省「新型インフルエンザに関するQ&A」, Vaccine 2009 Mar 26, インフルエンザワクチンは不活化ワクチンと呼ばれます。ウイルスを殺して感染力を無くしたものを接種しています。対して生ワクチンという種類のワクチンは生きたウイルスを接種します。不活化ワクチンを接種しても体内でウイルスが増殖することはありません。, 毎年世界で何億という人がインフルエンザワクチンを打っていますが、ワクチンが明らかな原因としてインフルエンザに感染したという例は未だ1人も報告がありません。, ただし、インフルエンザワクチンを打ったのにインフルエンザにかかってしまうことはあります。特にワクチンを打ってから2週間以内は、まだワクチンによる免疫がついていません。, ワクチンを打って数日後にインフルエンザを発症してもワクチンが原因ではありません。ほかの人から感染したウイルスが原因です。, 1998年に「チメロサールによって発達障害を発症するのではないか」とする報告がありました。チメロサールは、ワクチンの液体内で細菌が繁殖しないようにするための防腐剤です。現在国内で用いられているインフルエンザワクチンには、チメロサールを含むものと含まないものがあります。, 従来から様々な種類のワクチンで使用されていたチメロサールですが、そのことからチメロサールが避けられがちであった時期があります。, しかし、その後の実証実験、追加研究では、チメロサールと発達障害の間に関連性は見られないとする結果となりました。, 参照文献:Lancet 1998 Feb 28, Institute of Medicine (US) Immunization Safety Review Committee. "2009 H1N1 Influenza Shots and Pregnant Women: Questions and Answers for Patients", 「保存剤(チメロサール等)が添加されている新型インフルエンザワクチンの使用について」, 厚生労働省インフルエンザ予防接種ガイドライン等検討委員会「インフルエンザと予防接種」, "Summary* Recommendations: Prevention and Control of Influenza with Vaccines: Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices—(ACIP)—United States, 2013-14", ”Live Attenuated Influenza Vaccine [LAIV] (The Nasal Spray Flu Vaccine)”, インフルエンザワクチンもしくはワクチンの成分に対して、命に関わるアレルギー反応をおこした経験のある方, 卵やワクチンの成分に対してアレルギーのある方(インフルエンザワクチンの精製時に、鶏卵を使用するため), A/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09, たとえばワクチン接種後に泥酔した場合でも免疫がつくか、というような研究が行われたわけではないので何とも言えない部分もありますが、今のところ特にこれを禁止する明確な医学的根拠はありません。, ただし、少なくとも接種後30分間は、アレルギー反応の有無を見定めるために運動を避けることが望まれます。, ワクチン接種後は注射部位の腫れや熱、また寒けや頭痛などの症状が出ることがあります。ワクチンに対する免疫反応です。インフルエンザにかかったわけではありません。自然に改善します。, 60-64歳で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活を極度に制限される方. まず、インフルエンザにかかる発端はインフルエンザウイルスが体の中に入ってくることですが、これをワクチンで防ぐことはできません。 手洗いやうがいなどが重要になります。 インフルエンザワクチンの副作用でインフルエンザになる? インフルエンザワクチンでインフルエンザにかかることはありません。 インフルエンザワクチンは不活化ワクチンと呼ばれます。 ウイルス を殺して感染力を無くしたものを接種しています。 ■ 気付けば中堅クラスになっていました こんにちは。 子どもを看る上での知識を発信しております。, 2020年は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の流行もあり、発熱症状のある場合、医療機関がインフルエンザとコロナの判断が困難になることを懸念されています。, インフルエンザの予防接種をした人と、してない人におけるインフルエンザの感染率は、予防接種をした人の感染率の方が明らかに低いことがわかっています。, 予防接種をしていてインフルエンザに感染してしまったとしても、生命にかかわるような重篤な合併症(インフルエンザ脳炎、インフルエンザ肺炎など)は防ぐことができます。, 以上のことから、とくに生後6か月~就学前、高齢者(65歳以上)の感染に対する免疫力の比較的低い年齢層の方にはインフルエンザの予防接種をすることをおすすめします。, インフルエンザは脳炎や肺炎をおこしやすい、普通のかぜとはまったく違う重い感染症です。, 重症化を予防するのに必要な免疫ができるのは、2回目を接種して2週間ほどたったころからです。, 前のシーズンに接種していても予防効果は期待できませんので、原則として毎年、2回ずつ接種するようにしましょう。, 6か月~13歳未満の方(2回接種する方)

毎年、冬場になるとインフルエンザワクチンが話題になります。そして、「インフルエンザワクチンは効果あるの?」「インフルエンザワクチンは接種する必要があるの?」「型が違えば、効果がないのでは?」といった議論が溢れます。, インフルエンザはこの病気そのものも大きな影響を与えますが、さらに怖いものが合併症です。今回の記事では、インフルエンザワクチンが発症率だけでなく、合併症も軽減させることの重要性をお伝えします。, 現在接種は任意ですが、このワクチンの効果を考えると、必ず打つべき人が明確になるのです。その対象についても説明していますので、お知りになりたい方はぜひ参考になさってください。, 人間の身体には、ウイルスに感染するとそのウイルスを排除する働きをもった物質(抗体)を作り、次に同じウイルスが入ってきても感染症になりにくくする「免疫」という働きがあります。この働きを利用するのが、ワクチン接種です。, インフルエンザウイルスには様々なタイプがあり、流行するタイプが毎年異なります。世界での流行状況からどのタイプがはやるのかを世界保健機関(WHO)が予測し、それに基づいて日本の研究機関でも検討してワクチンのタイプを決定します。, 「インフルエンザはタイプが外れたら効かない」と誤解されている方が少なくありません。, 確かにインフルエンザは流行するタイプが毎年変わり、その予測の当たりはずれはあります。ですがその予想が外れてしまっても、50~60%は予防効果があったと報告されています。効果は薄れてはしまいますが、それなりの効果は期待できるのです。, 「予防接種をしたらインフルエンザにかかってしまう」という誤解をされている方もいらっしゃいます。インフルエンザは不活化ワクチンですから、感染力はまったくありません。ウイルスの死骸を入れているようなものですから、インフルエンザに感染してしまうことはないのです。, 但し、私自身もそうなんですが、元々免疫力が高くて元気な人は、接種後に熱っぽくなる方がいらっしゃいます。しかし、一晩の安静で改善しますので心配はありません。, 毎年、「ワクチンに意味がないから厚生労働省は集団接種をやめた」とか、「WHOがインフルエンザワクチンは効果がないことを認めた」という類いの噂がネット上でありますが、それは噂にすぎず、本当ではありません。, インフルエンザワクチンには効果があり、接種を毎年受けた方がいいということは、厚生労働省やアメリカの疾病対策センター(CDC)で報告されています。WHOも発症や重症化を防ぐにはインフルエンザワクチンが最も効果的だと公表しています。, 実は、私が以前働いていた病院で厚生労働省のインフルエンザワクチンの大規模な研究が行われていました。特別養護老人ホームに入所されている方をワクチンを接種した群と接種しなかった群に分け、発症・合併症について調べました。さらに、年度を分け、ワクチンは1回で良いのか、2回必要なのかを検討。同様の研究を全国各地で行い、「高齢者の場合は、1回のワクチン接種でインフルエンザの発症を抑え、合併症を減らす」という結果が得られたのです。, ワクチンを理解する場合に感染と発症は分けて考える必要があります。インフルエンザワクチンを接種してもウイルスが身体に入り込むことは防げません。気道にウイルスが侵入してくると、それを防御するのは粘膜免疫になります。これを突破されると、身体に侵入してしまいます。, つまり、インフルエンザワクチンを接種していても、一度はインフルエンザウイルスに「感染」してしまうのです。ですがワクチンの効果はここから発揮され、免疫のスイッチがすぐさま入ってやっつけてしまいます。結果、発症を抑えることができるのです。, しかし、小児や高齢者のように免疫の働きが不十分だと、たとえワクチンを接種していても症状が生じてしまいます。ですがその症状は、予防接種をしなかった場合よりも軽減されるのです。, 以前にもご紹介しましたが、個人の経験談はエビデンスにはならないことを知っておいてください。統計において個人の経験は何のエビデンスにはなりません。ワクチンを接種したが発症したという話は、コマーシャル等で良く見られる「これは個人の感想です」と同レベルの話なのです。, 赤信号で交差点に進入しても、必ず事故が起こるわけではありません。逆に、青信号で交差点に侵入しても事故にあうことはあるわけです。ただし、青信号に従った方が、事故にあう可能性が低くはなります。同様に、インフルエンザワクチンを接種したほうが、発症する確率も合併症も軽減できることは大規模な研究結果で間違いはありません。, 過去にインフルエンザ大流行での多くの死亡は、細菌の二次感染による肺炎によるものであったとされています。つまり、インフルエンザは合併症に特に注意すべき疾患なのです。ワクチンは、発症率を下げるだけでなく合併症の頻度も下げるのです。, 現在、抗インフルエンザ薬にはタミフルやリレンザ、イナビルがあります。発症後に服薬すると一定の効果はあります。しかし、最近では同一シーズンにインフルエンザのA型が治ったあとに、再びB型に感染する人が増えています。, この原因が、抗ウイルス薬による抗体形成の不十分さによるのではないかと言われています。つまり、感染が起こった時にウイルスが薬で除去されることで、十分な抗体が体内で形成されないうちにいったんは治癒してしまうのです。, やはり、免疫機能を考えても、前もってワクチンによる抗体でウイルスを退治する方が確実と思われます。, 実際に罹患してしまうと、高熱は一日で落ち着いたとしても、5日間は学校や仕事を休まねばなりません。その可能性を排除しておきましょう。, 65歳以上の高齢者と60~64歳で心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有する人(身体障害者手帳1級程度)は、国が接種を強く推奨する「定期接種」の対象になっています。ワクチンで強い副反応が出たことがある人以外は、接種がお勧めです。, 乳幼児や高齢者、基礎疾患のある人が外出してインフルエンザに罹患することはあまりありません。どちらかというと、家族が持ち込むことが大半です。集団免疫の考えから、家族が予防接種を受けることで間接的に発生防ぎます。, *集団免疫とは、ある疾患へ免疫を持つ人物によって、集団内での疾患拡散が防がれ、結果としてその集団で免疫を持たない人物が感染から守られるという間接的な効果を指す。, 医療・介護関係者は、免疫力の弱った人たちと接するため、インフルエンザワクチンの接種が推奨されています。しかし、教員の予防接種率の低さは困りものです。毎年、インフルエンザに感染した教員を診察する機会が多々あります。予防接種をしていないような教師の元に、自分の子供を通わせたくはないものです。, お子さんでは免疫が未熟なため、ワクチンの効果もつきにくいのです。そのため、2回行う必要があります。ちなみに生後6か月までは、お母さんからの免疫が残っているためインフルエンザにはかかりにくいといわれています。, 大人であれば、すでに免疫が一度作られているため、一度の予防接種で十分な免疫がつきます。時々、2回を希望される患者さんがいますが、1回で十分なことは研究で証明されています。, インフルエンザワクチンの効果の発現と持続時間には個人差があります。一般的にはインフルエンザワクチン接種後2週間目頃から5カ月間程度効果が持続するとされています。, しかし、これにはからくりがあります。厚生省の班会議の研究でも、ワクチン接種前、接種後4週間、8週間しか抗体価の採血は行いませんでした。そのため、9週間以後、どこまで抗体がついているかは不明なのです。, ちなみに、当院で毎年ワクチンを接種してもインフルエンザにかかるスタッフが2名いました。そのため、ワクチンを接種する前に抗体価を測定したところ、前年の接種後1年を経ていても十分な抗体価が認められました。, 学生さんの場合、インフルエンザと診断すると、比較的簡単な診断書を学校に提出して、公休となります。一方、就労している成人の場合、会社等への連絡は、口頭で『病院でインフルエンザと診断された』と伝えれば、了解いただけるケースが殆どです。しかし、なかには診断書の提出を強く求める企業があります。, インフルエンザ患者さんがあふれる外来で、それぞれに診断書を作成する事は労力を要するだけでなく、患者さんへの費用負担も生じます。多くの企業さんには、社員の言葉を信じて診断書を求めることのないように希望します。, 医学博士。岐阜県土岐市を中心に9ヶ所のクリニック、介護施設、リハビリ施設を運営する医療法人ブレイングループ理事長。毎月1,000人以上の認知症患者を診療する日本有数の認知症専門医。開業以来5万件以上の訪問診療、500件以上の在宅看取りを実践している。, 毎日のように、テレビ、本、雑誌では健康情報があふれています。人気番組で放送された翌日には、必ず患者さんから番組内容について質問をされます。その影響力には驚かされます。 情報番組の中では、エビデンス(evidence: …, インフルエンザワクチンは発症を100%なくすことはできませんが、発症率を下げ、合併症を減らす有効性は証明されています。.