ブナとイヌブナは葉脈の数、葉裏の毛の有無、果実と殻斗の形態、花粉の形態、樹皮のようす、樹形などによって、比較的容易に区別することができる。 このうち野外での観察にいつでも役だつのは、葉と樹皮の特徴である。

イヌブナには短い柄がある。 樹の上部樹冠には花芽が多く作られる。枝の先端の芽が丸みを帯びていたら花芽。11月ころには花芽が確認できる。 冬芽 丹沢 丹沢山 050201: ブナの双葉の形は、不定形に近い … イヌブナ Fagus japonica - 岩手県以南の本州、四国、九州に分布し、一般にブナよりも温暖で雪の少ない土地を好む。ブナの樹皮が白いのに対して、イヌブナは暗褐色の樹皮である。 ・ブナの幹はまっすぐに伸び、直径は最大で1mを超える。雄大な樹形と白くて滑らかな樹皮から、「山の王様」と称され、盆栽に使われることも多い。漢字表記は「橅」のほかに「山毛欅」と「椈」がある。 タカノツメと聞くと、薬味に使用される赤い「鷹の爪」を想像される人が多いでしょう。実は、タカノツメという樹木があるのです。こ... ハナズオウは花で枝が包まれるかのように、細やかで美しい濃ピンクの花をつける春を代表する花木です。庭木として育て方も簡単で、... 日本の秋を彩るイロハカエデの美しさは、今も昔も変わらず見る人の心に深い感動を与えています。紅葉する木と言えば真っ先に思い浮... 明るい黄色の花が満開のイペーの木に、あれは何の木だろう?と目を奪われる方も多いことでしょう。ブラジルの国花であるイペーは、... 野山や公園で、大きな葉をもつ木を見つけたことはありませんか。手のひらよりも大きな葉を持つ朴の木は、花も実も雄大で、感動を覚... ニワウルシという木をごぞんじでしょうか?ニワウルシは、その葉の形がウルシに似ているところからつけられた名前ですが、そのほか... モミジといえば日本の四季『秋』を彩る植物として多くの人々から愛されています。ノムラモミジ(野村紅葉)は、種類豊富なモミジの... 出猩々(デショウジョウ)というもみじをご存知ですか?イロハモミジの一種で、日本のカエデの代表品種ともいわれているもみじです... 赤褐色の幹が美しく、細い枝や小さな葉が繊細な印象のヒメシャラ。自然樹形が魅力的な庭木です。成長が遅く、手入れの手間もかから... ニシキギという植物をご存知ですか?「錦木」と表記されるとおり、錦のように美しく紅葉するのが特徴の植物です。またニシキギは紅... トチノキは北海道から九州まで、日本各地の山地帯の谷筋などに広く見られ、古くは縄文時代より食用や木材として利用されてきました... 神話やゲームに登場するけど実物はあまり見かけないトネリコ。実は日本に昔から生息し、人々の生活にも関わってきました。トネリコ... 赤や黒の可愛らしい実がなる面白い葉の形をした樹木を見かけたことはありませんか?その正体はヤマグワで、古くから日本人の暮らし... スズカケノキは身近にある樹木です。日本の街路樹としてイチョウとともに活用されていますが、身近ゆえに知らないことも多いでしょ... 有益な効能をもつキハダ黄色い樹皮は、健胃整腸のための漢方薬、湿布薬、スキンケアの成分、染料などに利用されます。そんなキハダ... 秋を代表する味覚の栗は、秋になると皮付きのまま貰うこともあるのではないでしょうか。しかし皮付きの栗をどう料理していいかご存... 秋といえば栗を思い浮かべることも多いのではないでしょうか。栗ご飯やモンブランなど、栗を使った料理は沢山あります。栗の育て方... その味わいから山のバターと呼ばれるタラの芽。その芽が生えるタラノキは、ウドと並んで春の山菜として珍重されています。数は少な... ヤマボウシは庭木として人気のある植物です。花、葉、紅葉が美しいだけでなく、その果実を食べることもできます。ヤマボウシの果実... 春になるとたくさんのサクラが開花を始めます。一般的には、ソメイヨシノが有名ですが、サクラの種類はソメイヨシノだけではありま... オニグルミ=鬼ぐるみ。名前からして、いかついイメージですが、鬼のようにでこぼこした固い殻に包まれた日本在来種のクルミのこと... アカメガシワは樹皮の部分に有効成分が含まれており、サプリメントや生薬など食用として利用されている植物です。生命力が強く、実... アキニレという樹木をご存知ですか。漢字で書くと「秋楡」です。北海道の有名なハルニレのことでしょうか。アキニレは河原などに自... クロモジは日本の固有種で、樹形と木肌が美しく、庭木としても近年人気が出ています。そんなクロモジが多くの用途に利用され、古く... コクワは「ベビーキウイ」や「サルナシ」とも呼ばれ、秋になると淡い黄緑色の果実をつけるのが特徴です。コクワの実の断面はキウイ... クロモジはさまざまな用途や利用法をもつ樹木です。枝や葉っぱにさわやかな香りをもち、お茶、お風呂、お酒、そして烏樟(うしょう... 白木蓮(ハクモクレン)を知っていますか?花開くと共に香る甘く濃い香りは、春の訪れを教えてくれます。紫色の木蓮(モクレン)も... 常に庭にあるという意味をもつニワトコの木は、花も実も樹皮も根も、健康維持にうれしい効能が期待できるといわれます。一家の保健... ドウダンツツジは可愛らしい花と紅葉することから人気の高い植物です。丈夫で剪定に強いので生垣にもなります。ドウダンツツジを家... シンボルツリーとして人気のマルバノキ。耐陰性が高く、日陰でも成長してくれる上、夏も紅葉の時期にも美し色合いで私たちを楽しま... ハゼの木は江戸時代から木蝋(もくろう)作りの原料として大切にされ、今でも葉や花、果実を季節ごとに観賞できる木として愛されて... フォックスフェイスとは熱帯アメリカ原産のナス科の植物です。フォックスフェイスの果実は黄色く突起があり、とてもユニークな形を... 里山や雑木林など、案外身近なところにはえているクヌギ。カブトムシが集まる木、どんぐりがなる木としても有名です。ですが、クヌ... ライラックはリラとも呼ばれ、遠いヨーロッパの国を連想させるようなお花です。色名や香水の原料ということでご存じの方も多いかも... サラサドウダンはツツジ科の落葉低木です。日本にしか自生しておらず、春の小さくてかわいらしい花や秋の美しく色づいた紅葉を楽し... イヌシデとは?どんな樹木?葉や花の特徴や見分け方をご紹介!のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。, アカシデがどんな植物で、育てる上で気をつけるべきことや管理する時の注意点、植木だけではなく盆栽としても楽しめるということ、アカシデと似ている植物と見分ける方法や、通販で買う方向けのオススメのアカシデを紹介します。これからアカシデを育てたい方は必見ですよ!.

イヌブナ 2004/4/24 神戸市灘区 六甲山北側 紅葉谷 (標高650m) イヌブナの樹皮 2004/3/19 神戸市北区 六甲山北側(標高680m) イヌブナの葉(表) 2004/8/28 気 ままに自然観察 ー樹肌(樹皮 ... 2008.5.6 栃木県 那須: 2007.4.29 岐阜県鍋平高原: 2008.5.5 栃木県塩原市: イヌブナ シデの木という呼び名で、公園や山野に生育する樹木を見たことはありますか。シデの木の仲間の一つであるイヌシデは、おもしろい形の花や実をつけるのが特徴です。このイヌシデについて、葉や花の特徴、他のシデの木との見分け方まで詳しく説明します。, イヌシデはカバノキ科のクマシデ属に分類される落葉高木の樹木です。古くから炭材や建材として使われてきた樹木ですが、近年では樹高が高くなり過ぎない性質を生かして街路樹や公園などでも見かけるようになりました。また、盆栽としても人気の樹木です。, chairo(@chairoiro)がシェアした投稿 - 2019年 4月月12日午後3時10分PDT, イヌシデの花は4月から5月に開花時期を迎えます。雄の花はふさのように垂れ下がって、とても目立つシルエットです。イヌシデは新しい葉や芽を出す若葉の時期に、花も開花するのが特徴です。, イヌシデは「犬四手」という和名をもちます。四手(紙垂)というのは、しめ縄などにつるされている細い紙のことです。イヌシデの花や実がこの四手に似ていたことから連想されました。犬という言葉がつくのは、同種のクマシデと比べて小型だったこと、用途が少なかったことからつけられました。, イヌシデは本州の東北より南に分布しています。山野などの日当たりのよい場所に多く生育していて、近年は公園や街路樹にも使われています。中国や朝鮮半島にも生育しているイヌシデは、古くから炭材や建材などとして使われてきた樹木でもあるのです。, イヌシデの葉はぺったりとした楕円形で、表面には無数の毛がついています。裏面は葉脈が目立ち、それに沿ってまばらに毛が生えているのが特徴です。葉のふちは細かくぎざぎざが入っていて、秋には黄色く紅葉します。, tonntonn24(@tonntonn24)がシェアした投稿 - 2019年 3月月30日午後7時21分PDT, イヌシデの幹は灰褐色で、深く亀裂の入った固い表皮をしています。まっすぐ刻まれた幹の溝は、波のようにうねりながら縦にしま模様を描いているのが特徴です。, イヌシデの花は春の季節に、雌花と雄花を一本の木で別々につけます。雄の花は黄緑色で、4cm程度のふさを垂れ下げて、いくつもつけるのが印象的です。雌の花も同じように垂れ下がりますが、雄花より短く淡い色なのが特徴です。, あけみ(@andesnoutaunezumi330)がシェアした投稿 - 2019年 6月月22日午後11時52分PDT, イヌシデの実は名前の由来にもなった通り、しめ飾りの紙のようにざくざくした形を垂れ下げてつけます。実が熟して茶色くなると、一枚一枚が散り、くるくる回って落ちてくるのです。固く薄い紙のような形の実の中には、それぞれに種子が入っています。, 一般的に「シデの木」と呼ばれる樹木は、クマシデ属の総称です。イヌシデのほかにもクマシデやアカシデなど5種が日本で生育しています。その中で、イヌシデを見分ける方法を見ていきましょう。, em(@ma_e_ka)がシェアした投稿 - 2019年 3月月23日午後5時54分PDT, アカシデはその名にもある通り、新芽や紅葉時の葉が赤みがかかっているのが特徴です。また、アカシデは葉の付け根の柄の部分も赤くなります。イヌシデは黄色く紅葉し、葉の柄には毛が生えていて赤くないので、アカシデとの見分け方は難しくないでしょう。, Eden(@sunrainsw)がシェアした投稿 - 2019年 7月月18日午前7時06分PDT, クマシデはイヌシデと比べて、葉脈が多いのが特徴です。イヌシデの葉脈が12本ほどなのに対して、クマシデは20本ほどの葉脈があります。, 残りの二種は高山の沢沿いに生育するサワシバと、岩が多い場所に生育するイワシデじゃ。この二種類はあまり身近では見かけないのぅ。, イヌシデの名前は知らなくても、その特徴的な花や果実を見かけたことのある人は多いのではないでしょうか。稲穂のように垂れ下がって咲く花や、くるくる回りながら落ちてくる実は子供のころに遊んだ記憶がある人も多いはずです。シデの仲間たちは公園や街路樹でも植えられているので、ぜひ上を見上げて見つけてみてくださいね。, 4歳1歳を育児しています。中古住宅の庭へ何を植えようか日々模索中です。今年の春はイチゴに挑戦!.