Copyright © 2019 Cinema Gossip All Rights Reserved. アンハサウェイに惚れる映画。 突然出てくるマットデイモンに驚く映画。 人類滅亡の危機が迫った近未来、人間が居住できる新たな惑星を探すため、元空軍パイロットの男が宇宙に旅立ちます。 バットマンを演じるクリスチャン・ベイルはもちろん、アルフレッドを演じるマイケル・ケインやゴードンを演じるゲイリー・オールドマンが引き続き登場する中、アン・ハサウェイやトム・ハーディら新しいメンバーが主要キャストに加わりました。 硬派のジャーナリスト志望だったアンドレアがたまたまアシスタントを務めることになった先が、業界随一のカリスマ雑誌編集長ミランダだったことから、壮絶な苦難の毎日が始まります。 監督は『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ、そして母親アビー役をデブラ・ウィンガーが演じており、キムとのシリアスな対峙が大きな見せ場となっています。, ロサンゼルスを舞台に、バレンタインデーに向けて揺れ動く10組のカップルそれぞれの恋愛模様を群像形式で描きます。ジュリア・ロバーツやシャーリー・マクレーン、ブラッドリー・クーパーらスターが個性的なキャラクターを演じ、物語を豪華絢爛に紡ぎました。

監督を務めたのは恋愛映画の巨匠ゲイリー・マーシャルです。代表作でもある『プリティ・ウーマン』のオマージュ的シーンなどもあり、ラブコメ好きにはたまりません。, ルイス・キャロルの世界的に有名な児童文学を、ティム・バートン監督が独特の世界観で映画化したファンタジー大作です。白ウサギに導かれるように不思議の国へと足を踏み入れたアリスの冒険を描きます。 アン・ハサウェイ主演『プリティ・プリンセス』第3弾の実現は? 2001年に公開された実写映画『プリティ・プリンセス』。2004年には続編『プリティ・プリンセス2 ロイヤル・ウェディング』が公開された大ヒットシリー… 2020年5月1日 21:30 スマートをスティーヴ・カレル、一方、アン・ハサウェイがエージェント99に扮しましたが、そのキャラクター設定はなんと最近全身整形を終えたばかりというもの。名コンビともいえる2人の絶妙な掛け合いが最高です。 愛する家族を地球に残したまま、孤独なミッションを背負う主人公クーパーにはマシュー・マコノヒー、そしてアン・ハサウェイはクーパーの仕事仲間であるブランド博士を演じています。 変わらぬ恋心を抱え続けるエマをアン・ハサウェイが魅力的に演じました。デクスターにはジム・スタージェスが扮しています。 パンを盗み19年の刑に服したのち仮釈放されたジャン・バルジャンが善人として生まれ変わる姿を描きます。主人公を演じたのはヒュー・ジャックマン、そしてジャンが出会う薄幸の女性ファンテーヌをアン・ハサウェイが感動的に演じました。 映画『プラダを着た悪魔』(2006)が、今夜16日よる9時からの日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で放送される。視聴者によるリクエスト企画第3弾として、女性から最もリクエストが寄せられたという本作のキャストについて紹介したい。, 同名のベストセラー小説を映画化した本作は、大学を卒業し、ジャーナリストを目指すアンディが、人気ファッション誌の編集長のアシスタントになり、恋に仕事に奮闘する物語。『プリティ・プリンセス』『レ・ミゼラブル』『マイ・インターン』のアン・ハサウェイが、いきなりファッション業界に身を置くことになったアンディ役を務めた。, 泣く子も黙る編集長のミランダを演じたのは、メリル・ストリープ。何事にも妥協せず、孤高の存在であるミランダ役がハマり役だったメリルは、本作で第64回ゴールデングローブ賞の主演女優賞(コメディー/ミュージカル)を受賞し、第79回アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされた。, 厳しくも人間味溢れる先輩アシスタント、エミリー役のエミリー・ブラントは、同年のゴールデングローブ賞の助演女優賞にノミネートされた。本作で世界的に注目を浴び、数々の話題作に出演。昨年公開の『メリー・ポピンズ リターンズ』では、メリー・ポピンズ役を担い、来年は、ドウェイン・ジョンソンとの共演作『ジャングル・クルーズ』が控えている。, アンディにファッションや働き方のアドバイスをするファッション・ディレクターのナイジェルにふんしたのは、作品によってさまざまな顔を見せるスタンリー・トゥッチ。『ジュリー&ジュリア』(2009)では、メリルと夫婦役で再び共演し、息の合った演技見せた。また、2009年に妻のケイトを病気で亡くしたスタンリーは、エミリーの紹介で、彼女の姉フェリシティと2012年に結婚。2人の間には2人の子どもが生まれている。, ほか、アンディの恋人ネイト役は「アントラージュ★オレたちのハリウッド」のエイドリアン・グレニアー、アンディが憧れるライターのクリスチャン役は「メンタリスト」のサイモン・ベイカーが担った。(編集部・梅山富美子). ワンダーランドから帰ってこない家族を待ち続けるマッドハッターのため、アリスが再び時間の旅に出ます。もちろん、アン・ハサウェイは過去を変えようと奮闘するアリスに力を貸す白の女王を引き続き演じました。



アン・ジャクリーン・ハサウェイ(英: Anne Jacqueline Hathaway, 1982年11月12日 - )は、アメリカ合衆国の女優。身長170cm。, ニューヨーク市ブルックリン区出身。父親のジェラルド・ハサウェイは弁護士、母親のケイト・マッコーレーは舞台女優[1]。名前の由来は劇作家ウィリアム・シェイクスピアの妻アン・ハサウェイからである。マイケルという兄とトーマスという弟がいる。先祖はアイルランド人とフランス人、さらにたどるとドイツ人とアメリカ・インディアンの血を引く[2]。, カトリック教で育ったため修道女になりたかったが[1][3]15歳の時に兄がゲイ[3]だということを知り、兄の性的指向を認めない宗教には属せないと感じその道を諦める[3]。それをきっかけに彼女を含めた家族全員がカトリック教会から離脱した。, ニュージャージー州の高校時代にはオールイースタン高校選抜合唱団の一員として、カーネギー・ホールの舞台に立ったこともある。高校卒業後、ニューヨークの俳優養成学校に入学し、『恋の手ほどき』などの舞台に出演。また、ヴァッサー大学で英文学を学んでいたが、2005年からはニューヨーク大学に編入[4]。, 1999年にテレビシリーズ『ゲット・リアル』の主人公に抜擢され、ティーン・チョイス・アワードやヤング・アーティスト・アワードの女優賞(ドラマ部門)にノミネートされる。, 2001年公開の『プリティ・プリンセス』で映画デビュー。全米で1億ドルを超えるヒットとなり、ブレイクする。王女役の役作りのために、スウェーデンのヴィクトリア王女関連の本を読み漁ったという。2002年2月にミュージカル『Carnival!』でブロードウェイデビューを果たす。2004年には『プリティ・プリンセス』の続編が公開され、9500万ドルのヒットとなる。これにより人気女優となったが、プリンセスのイメージが定着し、理想の役が得られずに低迷する。, 2005年公開の『ブロークバック・マウンテン』でアイドル女優的なイメージを払拭。2006年公開の『プラダを着た悪魔』ではメリル・ストリープ扮する鬼編集長のアシスタントを演じ、コメディエンヌとしての才能が開花。1億ドルを超えるヒットとなった。2007年公開の『ジェイン・オースティン 秘められた恋』ではイギリスの作家ジェーン・オースティンを演じた。, 2008年公開の『レイチェルの結婚』で元薬物中毒者を演じ、放送映画批評家協会賞主演女優賞などを受賞し、アカデミー主演女優賞にノミネートされた。, 2010年公開の『ラブ & ドラッグ』でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされた。第83回アカデミー賞の司会をジェームズ・フランコと共に務める。, 2012年は、アンにとって大きな飛躍の年となった。『ダークナイト ライジング』にセクシー&グラマーな美しい女怪盗・キャットウーマン/セリーナ・カイル役で出演。ボディラインが一目で分かる体にピッタリ密着した衣装(ボディスーツ)を身にまといながらも華麗にアクションをこなす必要があるため、肉体改造を徹底的に行った。クリストファー・ノーラン監督から映画『インセプション』でジョセフ・ゴードン=レヴィットが2ヵ月間トレーニングを積み、戦いのシーンなどをすべて自分で演じきったエピソードを告げられ、その足で「彼のオフィスを出た後、すぐにジムに向かいました」とコメントしている[5]。その結果、マーシャルアーツをマスターしてアクションシーン初挑戦ながらハイキックなどの難易度の高いアクションシーンをほぼ全て自身で演じた。しかし、このボディスーツは彼女のウエストサイズより5cmも小さいため常に全身を締め付けられてしまい、細身の彼女にとっても着続けるのが困難で、「一日が終わる頃には苦しかった。特にバットポッドに乗るシーンでは前傾姿勢でグッとお尻を突き出すから、すごく締め付けが強くて下着を着けるのも嫌になるほど。アクションシーンは敵役だけじゃなくて長い髪やブラの肩紐やショーツのゴムとも戦わなければならなかった。撮影が終わって服も下着も全部脱ぎ捨てた時の解放感がたまらなかった」と漏らしたほどだった[6]。また、12月公開の『レ・ミゼラブル』にてファンティーヌ(英語版)を演じ、吹き替えなしのミュージカルに挑戦し、第85回アカデミー賞助演女優賞を受賞した[7]。また、同作にてこれまで2度、ノミネートしていたゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞した。この二作の成功で美貌と実力を兼ね備えたハリウッド女優として地位を不動のものにした。, 2004年からイタリア人実業家のラファエロ・フォリエリと4年間交際していたが、2008年6月18日に破局が発表された[8]。その後、ラファエロ・フォリエリは詐欺行為などで逮捕された[9]。, 2011年11月に3年間交際していた俳優のアダム・シュルマンとの婚約を発表し[10]、2012年9月29日に挙式を行った[11]。, Get Smart's Bruce and Lloyd: Out of Control, "Anne Hathaway learns from a dishwasher in 'Prada'", http://www.asahi.com/culture/update/0225/TKY201302250066.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アン・ハサウェイ&oldid=79198904, この項目では、アメリカの映画女優について説明しています。シェイクスピアの妻だった同姓同名の女性については「.

アン・ハサウェイ / Anne Hathaway エミリー・ブラント / Emily Blunt メリル・ストリープ / Meryl Streep 映画 / Movie DIVERT ME Edition Japan Chevron 法律家の父と女優の母の娘として生まれたアン・ハサウェイ。 幼少期から舞台に立ち、cmやテレビドラマで活躍の後、映画『プリティ・プリンセス』でデビュー。 この記事ではアン・ハサウェイのプロフィール、インスタグラム、出演作をまとめて紹介します!

デビュー作にしてアン・ハサウェイは一躍ブレイクを果たし、映画も大ヒットして2004年には続編『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』が製作されました。, 閉鎖的なアメリカ中西部ワイオミングの山岳地帯を舞台に、20年におよぶ男同士の秘められた愛を描いたアン・リー監督作です。ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞に輝くなど、世界中の映画祭を席巻しました。 法律家の父と女優の母Kate McCauley Hathawayの娘として生まれたアン・ハサウェイ。, 幼少期から舞台に立ち、CMやテレビドラマで活躍の後、映画『プリティ・プリンセス』でスクリーンデビュー。, 2012年に出演した『レ・ミゼラブル』での演技と歌唱が評価され、アカデミー賞助演女優賞を受賞。その後2019年にはハリウッドの殿堂入りを果たし、ウォーク・オブ・フェイムに名前が刻まれました。, この記事では、そんなアン・ハサウェイのプロフィール、インスタグラム、出演作をまとめて紹介します!, Thank you @privategg for nominating me for the #alsicebucketchallenge!

その影響力はキャリアの枠にとどまりません。プライベートでも不妊治療の苦悩を赤裸々に告白するなど、世の女性のアイコン的存在となりつつあります。今後も彼女の活躍から目が離せません。, 2016年 最初は愉快に怪獣を操っていたグロリアですが、やがて世界の危機に立ち向かうことに。, 超一流が集結した最強の犯罪チーム「オーシャンズ」の活躍を描くシリーズ第4作。前作までの主要キャストを一新し、サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェットらによる女性のみの華麗なる犯罪チームが実現。アン・ハサウェイは、彼女らのターゲットとなるハリウッド女優を演じています。 Copyright © 2000-2020 CINEMATODAY, Inc. All rights reserved. 垢抜けない野暮なアンドレアが仕事と恋を通して見事に変身していく様をアン・ハサウェイがキュートに演じました。意地悪で強烈なミランダにはメリル・ストリープが扮し、2人の熱いバトルが見どころの一つです。, アン・ハサウェイをはじめとする豪華キャストが共演した映画『プラダを着た悪魔』。この記事ではネタバレを含むあらすじやキャストを振り返りながら、何度でも観たくなる本作の魅力に迫っていきます。また作品を彩るファッションや名言、トリビアの数々も紹介!, 1960年代のアメリカで高視聴率を記録し、日本でも放映されたテレビドラマ『それ行けスマート』の映画化です。極秘スパイ組織「コントロール」で働く分析官のスマートと、相棒となるエージェント99のドタバタ奮闘劇をコミカルに描きます。

> アン・ハサウェイ > 作品リスト 【お詫び】一部のページで正常に更新されない不具合が発生しており、該当箇所の更新を一時的に停止しております。 この記事では、アン・ハサウェイが2001年「プリティ・プリンセス」で映画デビュー以降出演している36作品(2020年4月時点)のうちから、僕の独断で選んだ10作品を紹介していきます。 インターンのベンを演じたのが名優ロバート・デ・ニーロです。公私に渡る様々な試練や困難にぶつかるジュールスに的確なアドバイスを与え、次第に心を通わせていきます。実際に歳の離れた2人の大スターの共演が大きな話題になりました。

世渡り上手な遊び人のジェイミーは大手製薬会社ファイザーのセールスマン。そんなジェイミーが若年性パーキンソン病を抱えたマギーに出会います。持病のことを考え、体だけの関係に徹することを条件に交際を始める2人でしたが……。

23年という歳月の中で変わっていくそれぞれの容姿やファッション、風俗やカルチャーなども見どころの一つです。23年を経た2人の関係はどんな結末に至るのか……、感動のラストが待っています。, ベイン魅力無いなと思って観てたら手下だったからか、主体性の無い悪役はモブでしか無いなと感じてしまった。ついでに言うならテイトの死に際演技が何ともね...ここがダークナイトに比べて弱い所かも, クリストファー・ノーラン監督が手掛けた『バットマン ビギンズ』と『ダークナイト』に続く3部作の最終章です。ダークナイトがゴッサム・シティーから姿を消してから8年後、平和を取り戻していた街に凶悪なテロリストのベインが出現します。 アン・ハサウェイは、秘書の仕事とは別に、電話の会話によって男たちの欲望に応えるバイトをしているリズを演じています。恋人のジェイソンにはトファー・グレイスが扮しました。
もちろんド派手なアクションやカーチェイスシーンも満載で、アンのまた違った一面を見ることができる作品です。, 飛行機の墜落事故から奇跡的に助かった5人の乗客たちのカウンセリングを担当することになったセラピストのクレア・サマーズ。ところが、事故のことを語った彼らが次々と失踪するなど、不可解な出来事の連鎖に、クレアも否応なく巻き込まれていきます。 2020年10月16日 6時05分 2013年度に『レ・ミゼラブル』でアカデミー賞助演女優賞を受賞するなど人気実力を兼ね備えた女優アン・ハサウェイ。この記事では彼女のおすすめ出演作品を紹介します。, 1982年生まれのオスカー女優、アン・ハサウェイ。画面に映るだけで、そのシーンを華やがせてしまう圧倒的な美貌はまさに「天賦の才」。大ヒットしたデビュー作『プリティ・プリンセス』のアイドル的イメージから脱却し、ミュージカルの傑作『レ・ミゼラブル』でアカデミー賞を獲得。 ジェイムズを演じた俳優兼ミュージシャンのジョニー・フリンが、バイオリンとギターを奏でながら、しびれるような美声を披露。ちょっぴり切ない結末に向けて静かに流れていく恋物語は、お家デートにもぴったりです。, ティム・バートン監督のもと豪華スターが共演し、記録的メガヒットとなった前作『アリス・イン・ワンダーランド』の続編です。本作でもバートンはプロデューサーを務め、主要キャストがそのまま再集結しました。


アン・ハサウェイの記念すべき映画デビュー作です。ミアの祖母でジェノヴィア国の女王クラリスには名女優のジュリー・アンドリュースが扮しました。 豪華キャストによる夢のような魔訶不思議な映像世界に、一瞬で引き込まれることは間違いありません。, 全米で大評判となったジェイミー・レイディのノンフィクションを原作とした、ちょっと風変わりだけど胸キュンのラブ・コメディです。『ブロークバック・マウンテン』ですれ違う夫婦を演じたアン・ハサウェイとジェイク・ギレンホールが再びタッグを組んで話題になりました。 Happy to donate too!!