© 2020 rikutaro All rights reserved. カロナールの飲み合わせについて、飲み合わせの悪い薬や併用に注意が必要な薬、それぞれの領域の薬ごとに確認していきます。, カロナールはアセトアミノフェンの成分を含む解熱鎮痛剤であり、頭痛や歯痛、風邪などに使用される薬です((カロナール錠200/カロナール錠300/カロナール錠500 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/112429_1141007F1063_4_02.pdf))。 当記事においても、「カロナール」同様、アセトアミノフェン単一の市販薬 … 一緒に使用されることが多い抗インフルエンザ薬として、タミフル、リレンザ、イナビルがありますが、いずれの薬剤もカロナールと併用することが可能です。 カロナールの特徴として、解熱鎮痛剤の中でも特に安全性が高く、小児でも安全に使用できる薬です。ロキソニンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と比較し、消化性潰瘍の発生が少なく((Pocket Drugs 2017, 医学書院))、胃に負担がかかりにくい特徴もあります。 一緒に使用されることが多い咳止めでは、アスベリン、メジコン(デキスロトメトルファン)、フスコデ、アストミン、フスタゾールなどがありますが、いずれの薬剤もカロナールと併用することが可能です。 解熱鎮痛剤として処方される「カロナール」と同じ成分の市販薬を紹介。カロナールの成分である「アセトアミノフェン」は小さな子どもや妊娠中・授乳中の人でも使用しやすい薬です。この記事では、子どもから大人まで使える、アセトアミノフェンのみが配合された市販薬をご紹介します。 カロナールの飲み合わせとして、カロナールに含まれるアセトアミノフェン以外の成分とでは、飲み合わせが悪く絶対に併用できない薬(併用禁忌)というものはありません((カロナール錠200/カロナール錠300/カロナール錠500 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/112429_1141007F1063_4_02.pdf))。 好きな食べ物はフルグラ。. これらの併用は自己判断では避けるべきですが、医師が併用を把握した上で処方している場合は使用しても問題ないと言えるでしょう。, カロナールは飲み合わせの悪い胃薬・胃腸薬はなく、基本的にはどの胃薬・胃腸薬とも飲み合わせることができます。 カロナールを1日3回などの定時で使用し、痛みや熱が辛いときにロキソニン(ロキソプロフェン)やブルフェン(イブプロフェン)などを頓服で使用するなどのケースや、セレコックスなどの痛み止めを整形外科などで使用しており、熱が高いときだけカロナールを併用するなどのケースもあります。 一緒に使用されることが多い抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬として、アレグラ(フェキソフェナジン)、クラリチン(ロラタジン)、アレジオン(エピナスチン)、エバステル(エバスチン)、タリオン(ベポタスチン)、ザイザル、アレロック(オロパタジン)、ジルテック(セチリジン)、デザレックス、ビラノア、ルパフィン、ゼスラン・ニポラジン(メキタジン)ポララミン(クロルフェニラミン)、ザジテン(ケトチフェン)、セレスタミンなどがありますが、いずれの薬剤もカロナールと併用することが可能です。, カロナールは飲み合わせの悪い抗ロイコトリエン薬はなく、基本的にはどの薬とも一緒に使用することができます。 インフルエンザ時の解熱鎮痛薬の使用に関してはインフルエンザ脳症やライ症候群などでリスクが指摘されており、特に小児に関しては解熱鎮痛剤の使用に注意が必要ですが、カロナールの成分であるアセトアミノフェンは日本小児科学会もインフルエンザ時の解熱剤として使用が推奨されます。, 一般的に頻用されているアセトアミノフェンによる本症の致命率の上昇はなく、インフルエンザに伴う発熱に対して使用するのであればアセトアミノフェンがよいと考える。, カロナールは気管支拡張の貼り薬であるホクナリンテープ(ツロブテロールテープ)とも飲み合わせは悪くなく、非常によく併用される薬の一つです。, カロナールと他の解熱鎮痛剤は基本的には避けることが望ましいと製薬会社から注意喚起されていますが((カロナール錠200/カロナール錠300/カロナール錠500 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/112429_1141007F1063_4_02.pdf))、実際には、併用されるケースもあります。 カロナールと併用される抗生物質・抗菌剤として、ワイドシリン、クラバモックス、サワシリン、メイアクト(セフジトレン)、フロモックス(セフカペン)、セフゾン(セフジニル)、クラリス(クラリスロマイシン)、ジスロマック(アジスロマイシン)、クラビット(レボフロキサシン)、オゼックス、オラペネムなどがありますが、医師の適切な診察のもと、カロナールと一緒に処方された場合は併用して問題ないと言えるでしょう。, カロナールは飲み合わせの悪い抗インフルエンザ薬はなく、基本的にはどの薬とも一緒に使用することができます。 アセトアミノフェンを含む処方薬として、カロナールの他にコカールや、アセトアミノフェン錠などがあります。また、痛み止めの別の成分との合剤であるトラムセットなどのもあります。 カロナールは、アセトアミノフェンを有効成分とする、乳幼児から使用できる解熱鎮痛薬です。 カロナールは、医療用医薬品のため、購入には、医師の処方箋が必要です。急な発熱や痛みに備え、カロナールと同じ効能の市販薬を知っておくと安心ですね。 解熱鎮痛薬としてよく使われるカロナールについて、他の薬との飲み合わせについて確認していきます。, カロナールの注意点として、アセトアミノフェンを含む他の薬剤との併用は避けるよう警告されています。, ただし、実際にはこれらの薬は例外的にカロナールと併用されるケースも少なくありません。, 特に配合剤に関しては含まれるアセトアミノフェン量がかなり少なめであるため、カロナールと併用してアセトアミノフェンの量を増やして使うこともあります(例:PL配合顆粒とカロナールなど)。, 併用に関しては医師の裁量の範囲内となるため、処方医から併用を指示されている場合はそのまま使用しても良いと言えるでしょう。, 上記のような薬が、カロナールと併用注意とされていますが、実際には併用されるケースも多くあります。, 特に抗生物質、抗菌剤などは最も併用される組み合わせの一つと言えるでしょう。併用される抗生物質、抗菌剤として、ペニシリン系のサワシリン・ワイドシリン・パントシン(アモキシシリン)、セフェム系のメイアクト(セフジトレン)、フロモックス(セフカペン)、セフゾン(セフジニル)、トミロン(セフテラム)、バナン(セフポドキシム)、キノロン系のクラビット(レボフロキサシン)、グレースビット(シタフロキサシン)、ジェニナック(ガレノキサシン)、オゼックス(トスフロキサシン)、マクロライド系のクラリス(クラリスロマイシン)、ジスロマック(アジスロマイシン)などがありますが、いずれもよく併用されます。, 実際に併用するかは医師の判断となりますので、自己判断では使用せず、医師の指示を仰ぐようにしましょう。, 上記のような解熱鎮痛剤も医師によっては併用するケースもあるため、必ずしも併用しないわけではありませんが、自己判断での併用は避けましょう。, カロナール側の添付文書には記載がありませんが、低用量ピル側(トリキュラー、マーベロンなど)では、カロナールの成分である、アセトアミノフェンに関して、相互作用の注意喚起があります(参照:トリキュラー 添付文書)。, 相互作用の内容は、低用量ピルの血中濃度が上昇するおそれ、アセトアミノフェンの血中濃度が低下するおそれとされており、カロナールの効果に影響を与える可能性もあります。, なお、低用量ピルに関しては、近年はオンラインの処方も増えてきています。代表的なサービスがスマホアプリのスマルナです。スマルナは低用量ピルを始め、アフターピルの処方もオンラインで24時間処方してもらうことができます。, スマルナについて詳しく調べたい場合は、スマルナの評判などで検索すると確認できます。, 飲み合わせの相性が悪いもの、注意が必要なものをあげてきましたが、それ以外の処方薬については基本的に飲み合わせは問題ありません。, カロナールの成分名はアセトアミンフェンであり、このアセトアミノフェンは市販薬にもよく含まれる成分です。, バファリン、ベンザブロック、パブロン、ルル、ストナなど、有名なブランドの製品にも含まれるケースがあり、それ以外にも数多くの市販薬に含まれます。, カロナールを使用する際はなるべく市販薬は使用しない方が安全であり、もし使用する場合は、購入した店舗の薬剤師や登録販売者に飲み合わせを確認してもらう、もしくはカロナールをもらった薬局にて飲み合わせを確認してもらうようにしましょう。.