英名: Japanese Thistle, 花の名前の由来 和名: 野薊(ノアザミ) O mores!

花言葉(全般): 「私を思って」「媚び」, アガパンサス | 詳細 → アジサイは「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」が語源といわれます。英名のハイドランジア(Hydrangea)は、ギリシア語の「水の器」を意味する言葉を語源とします。, 江戸時代に長崎オランダ商館の医官として滞在したドイツの博物学者シーボルト(1796~1866)は、愛する「お滝さん」にちなみ、花の大きい一品種に「オタクサ」と命名しています。, 旬の季節: 初夏 科・属名: キク科アキノキリンソウ属 開花時期: 5月~8月 科・属名: ヒガンバナ科ネギ属 別名: 泡盛草(アワモリソウ)、曙升麻(アケボノショウマ)

& Turland, N.J. Taxon 60: 1498-1501, 2011)」 の紹介と日本語訳, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ラテン語&oldid=79899081, 上記以外の場合、後ろから三番目の音節に置かれる。但し、二音節しか持たない単語の場合は後ろから二番目の音節に置かれる。. 属名の学名「Rubia(ルビア)」は、ラテン語の「ruber(赤)」を語源として、根から採れる染料の色に由来するといわれます。和名の茜(アカネ)は、「赤根」の意味で赤い根を持つことにちなみます。, 旬の季節: 夏~秋 英名: Japanese andromeda, Lily of the valley bush, 花の名前の由来 開花時期: 6月~7月 愛に関するラテン語は、ペアリングに刻んだりするとかっこいいです。, 戦いに関するかっこいいラテン語をご紹介します。

属名の学名「Solidago(ソリダーゴ)」には「傷をつなぎ合わせる」といった意味があり、ローマ時代からこの植物が万能の薬と呼ばれていたことに由来するといわれます。, 和名の「秋の麒麟草(アキノキリンソウ)」は、秋にベンケイソウ科のキリンソウに似た花を咲かせることにちなむといわれます。, また、花がぎっしり集まって咲く姿が酒をかもしたときの泡立ちに似ていることから「泡立草(アワダチソウ)」の別名もあります。, 旬の季節: 秋 花言葉(全般): 「信頼」「安楽」, アサガオ | 詳細 → 英名: Amaryllis (Hippeastrum), Knight’s star lily, 花の名前の由来

和名: 秋の麒麟草(アキノキリンソウ) 学名: Aloe arborescens 学名: Astilbe × arendsii 英名: Alstroemeria, Peruvian lily, Lily of the Incas, 花の名前の由来 学名: Angraecum sesquipedale 属名の学名「Hedera(ヘデラ)」は、ラテン語の「haerere(しがみつく)」が語源となり、その草姿に由来するともいわれます。, 旬の季節: 周年

花言葉(全般): 「独立」「報復」「厳格」「触れないで」, アザレア | 詳細 →

属名の学名「Aloe(アロエ)」は、アラビア語で “苦味ある” を意味する「alloeh(アロエ)」が語源であるといわれます。, 日本では江戸時代に蘭学者が「Aloe」を「ロエ」とよみ、漢字音をあてはめた和名として「蘆薈」と書かれました。ただし、ロエとは読まずに「ロカイ」と読まれるようになったといわれます。, アングレカム | 詳細 →

開花時期: 5月~11月

学名: Pieris japonica 科・属名: ススキノキ科※アロエ属 朝鮮語: 도토리 (to.t'o.ri) ドイツ語: Eichel 女性; フランス語: gland 男性; ポーランド語: żołądź 女性 / 男性; ラテン語: glāns (la) 女性; ラトヴィア語: zīle (lv) 女性; リトアニア語: gìlė (lt) 女性; ロシア語… ラテン語 glans (ドングリ、亀頭)に由来する。 イタリアでフ しているときは、亀の頭ではなく、香り高いイタリアのどんぐりを口いっぱいに頬張っている、と思ってほしいものである(たとえ生臭い香り …

どんなに疑っても否定できないものが残るなら、それこそが真理であると考えたようです。, そして全てのものを徹底的に疑った結果、否定できないのは「疑っている自分の存在」だけだという考えに到達します。 商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。, chokotty[ちょこってぃ]|知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。[ chokotty - ちょこってぃ - ].

・花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花( 10月の花 / 11月の花 ) ・各月の誕生花( 10月の誕生花 / 11月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ ), ・1月の花 ・2月の花 ・3月の花 ・4月の花 ・5月の花 ・6月の花 ・7月の花 ・8月の花 ・9月の花 ・10月の花 ・11月の花 ・12月の花, アイビー | 詳細 → 花言葉(全般): 「祈り」「いつまでもあなたと一緒」, アンスリウム | 詳細 → 学名: Adiantum raddianum 英名: Darwin’s orchid, Christmas orchid, Angraecum, 花の名前の由来

開花時期: 6月~8月 別名: ドイツ薊(ドイツアザミ)

和名: 西洋ツツジ(セイヨウツツジ)

日本語のことわざでいうと「急がば回れ」に該当します。, 「Memento mori.

英名: African lily, Agapanthus, 花の名前の由来

英名: Acanthus, Bear’s breeches, 花の名前の由来

何もかもうまくいかない時ってありますよね。そんな時の気持ちの切り替え方について、仕事とプライベートに分けて、ご説明してまいります。また、人生で何事も上手く... ラテン語のかっこいい格言22こ目は「Non qui parum habet, sed qui plus cupit pauper est.」(ノーンクゥィーパルム ハベト セド クゥィー プルス クピト パウペル エスト )です。, 意味は「貧しい者ではなく、より多く望む者が、貧しいのである」です。あらゆる物に恵まれ過ぎている現代人。耳の痛い言葉ですね。, ラテン語のかっこいい格言23こ目は「Non scholae sed vitae discimus」(ノーン スコラエ セド ウィータエ ディスキムス )です。意味は「我々は学校の為でなく、人生の為に学ぶ」です。人生は常に何の為かを考えて行動する必要があるという事です。, ラテン語のかっこいい格言24こ目は「Nescit vox missa reverti」(ネスキト ウォクス ミッサ レウェルティー )です。意味は「一度発せられた言葉は戻ることは出来ない」です。日本の諺に「口は災いの素」というのがありますが本当に気をつけたいものですね。, ラテン語のおしゃれで素敵な言葉25こ目は「Nihil amantibus durum est」(ニヒル アマンティブス ドゥールム エスト )です。意味は「恋する者に何も困難なものはない」です。恋をしていると不思議な力が漲って来るのを感じます。不思議ですね!, ラテン語のおしゃれで素敵な言葉26こ目は「Non cani nec rugae repente auctoritatem arripere possunt」(ノーン カーニー ネク ルーガエ レペンテ アウクトリターテム アッリペレ )です。意味は「白髪も髭も突然権威を掴み取る事は出来ない」です。, 見た目ばかりに気を取られている人間は、中身が薄く権威や威厳が感じられないとの手厳しいお言葉です。若い頃はついつい外見ばかりを気にしてしまいがちですが余りその事に囚われることが無いようにとの事です。, ラテン語のおしゃれで素敵な言葉27こ目は「Nec scire fas est omnia」(ネク スキーレ ファース エスト オムニア )です。意味は「全てを知る事は正当ではない」です。日本には「知らぬが仏」と言う諺があります。全て知らなくても良いと言う選択肢も確かに有りではないでしょうか。, ラテン語のおしゃれで素敵な言葉28こ目は「Non est vivere sed valere vita est」(ノーン エスト ウィーウェレ セド ウァレーレ ウィータ エスト )です。意味は「きることでなく元気であることそれが人生だ」です。何はともあれいつの時代も元気が一番という事です。, ラテン語のおしゃれで素敵な言葉29こ目は「Nil desperandum」(ニール デースペランドゥム )です、意味は「絶望すべき物は何も無い」です。どんな事があったとしても絶望すべきことは何もないという事です。生きていられるだけで素晴らしいという事なんです。感慨深い言葉です。, ラテン語のかっこいい人物の名前にはラテン語は多く使われているんです。海外ではもちろんのこと、ココ日本でもです!とてもかっこよくて響きが良いので是非参考にしてみてください。, ラテン語のかっこいい人名は歴史上に残る人物を紹介します。政治家や詩人など一度は聞いたことはあるけれど、どんなことをしていた人なのか曖昧と言う方は是非ご覧下さい。, ラテン語のかっこいいチーム名は日本でも多く使われてます。中でもスポーツではサッカーが多いようです。これは何故かと言うと、発祥した国によって名前が付けられやすくなっているからです。なのでサッカー発祥国がイングランドなのでかっこいいラテン語が多く使われています。, ラテン語のかっこいいチーム名は海外にも当然沢山使われています。やはりスポーツではサッカーがダントツです。とても短いチーム名ばかりなので覚え易いです。, ラテン語にはおしゃれかわいい単語が沢山あります。日常会話にとりいれたり、自分のスケジュール帳や、お友達とのにシークレットコードに利用したりと、おしゃれに活用して愉しんでみてはいかがですか?, ラテン語の美しい単語は、とても響きが良いのでファッション系のショップの店名に多く使われています。意味が分かると馴染みやすくなるので、お気に入りに追加してみるのも良いですね。, 日常会話では使われなくなったラテン語。しかし、おしゃれなお店や企業名のネーミングに多く使われているのには驚きました。また人生の岐路に立った時に思い起こさせられる素晴らしい名言・格言の数々。知っているようで知らなかったラテン語の世界。是非これからの人生にラテン語を取り入れてみては如何でしょうか?, 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

開花時期: 5月 学名: Allium giganteum 和名: アスチルベ 和名: アングレカム・セスキペダレ 学名: Iris sanguinea 花言葉(全般): 「よい便り」「メッセージ」「希望」, アリウム | 詳細 →

花言葉(全般): 「はかない恋」「固い絆」「愛情」, アザミ | 詳細 → 人生の教訓として押さえておきましょう!, この「Alea iacta est!」はユリウス・カエサル(シーザー)の言葉です。 「賽は投げられた」とは「サイコロは既に投げられており、運命が動き出している」ことを指します。, 「Non scholae sed vitae discimus.」はルキウス・アンナエウス・セネカ の言葉です。 科・属名: アジサイ科アジサイ属 学名: Ageratum houstonianum 英名: English ivy, Common ivy, Ivy, 花の名前の由来 英名: Krantz aloe, 花の名前の由来 チーム名や店名などを決める時に、その地域を表した言葉を入れてみるとかっこいい印象になります。, ラテン語の名言はかっこいいだけでなく、奥が深いです。 花言葉(全般): 「深い悲しみ」「正しい主張」, アルストロメリア | 詳細 → 湘南の美しい海をイメージしています。, B.LEAGUE所属のプロバスケットボールチーム「新潟アルビレックスBB」もラテン語を使ったかっこいいチーム名です。 「アルビレックス」は、白鳥座の二重星「アルビレオ」とラテン語で王を意味する「レックス」をつなぎ合わせた造語です。, 新潟には白鳥が多く飛来することから、バスケットボール界の王者に向かって羽ばたくという意味を込めてつけられたそうです。, バスケットボールチーム「栃木ブレックス」の「ブレックス」は現状打破を意味する英語「BREAK THROUGH」と、王を意味するラテン語「レックス」をかけた造語です。

和名: 大紅団扇(オオベニウチワ)

和名: 杏子 / 杏(アンズ) 別名: アジアンタム

学名: Prunus armeniaca 英名: Blue bugle, Bugleweed, Common bugle, 花の名前の由来

和名: 貝細工(カイザイク)

和名: アマリリス 和名: 木立アロエ(キダチアロエ) 科・属名: ヒガンバナ科ヒッペアストルム属

属名の学名「Ageratum(アゲラタム)」は、ギリシア語の「ageratos(不老)」を語源とし、長い花期や鮮やかな花色が長い間保たれることにちなむといわれます。, 和名の「大霍香薊(オオカッコウアザミ)」は、葉がシソ科のカッコウ(霍香)に似て、花がアザミ(薊)に似ていることに由来するともいわれます。, 旬の季節: 初夏~秋 「あやめ」の名は、古くはサトイモ科のショウブ(菖蒲)を指した語で、現在のアヤメ(文目)は「はなあやめ」と呼ばれていました。現在、アヤメ(文目)以外のハナショウブ(花菖蒲)やカキツバタ(燕子花)もアヤメと呼称する習慣が一般的になっています。, 属名の学名「Iris(アイリス)」は、ギリシャ語で「虹」を意味し、虹のようにさまざまな色の美しい花を咲かせることに由来するといわれます。, 旬の季節: 春 科・属名: キンポウゲ科イチリンソウ属 英名: Anthurium, Tailflower, Flamingo flower, 花の名前の由来 学名: Hedera helix

現在では日常的に使われていることはほとんどありませんが、専門的な用語の中にはまだラテン語が残っています。

和名: 西洋木蔦(セイヨウキヅタ) 別名: 牽牛子(ケンゴシ) また、「Basketballのレックス(B-REX)」から転じて、バスケットボールの頂点を目指すという意思が込められているそうです。, 「レックス(王)」という言葉は響きも意味もかっこいいのでスポーツのチーム名にぴったりです。, 女子プロ野球チーム「横浜アクアマリンズ」のチーム名もラテン語を使用しています。 属名の学名「Agapanthus(アガパンサス)」は、ギリシア語の「agape(愛)」と「anthos(花)」が語源となり、「愛の花」という意味があります。, 和名は紫君子蘭(ムラサキクンシラン)、英語ではアフリカンリリー(African lily)とも呼ばれます。, 旬の季節: 夏 学名: Rubia argyi それではかっこいいラテン語のチーム名をご紹介していきます。, サッカーチーム「湘南ベルマーレ」はラテン語の「Bellum(美しい)」と「Mare(海)」を組み合わせた言葉です。 科・属名: キツネノマゴ科ハアザミ属 ラテン語のかっこいい単語・言葉1つ目は「愛」です。日本人は基本的に愛の言葉を口にする文化ではありません。しかし何故か日本語以外の言葉であれば言えてしまえる人が多いのでは無いのでしょうか? それならラテン語で、さり気なく大好きな人へ愛についての単語や、言葉をメッセージカードに添 … 正確な使い方をしたい方は、専門書や辞書で調べてから使うといいでしょう。, 取り入れたくなる素敵が見つかる、大人女性のためのwebマガジン「noel(ノエル)」。

古代ローマ神話に登場する勝利の女神「ヴィクトリア」が語源ですが、これはラテン語で「勝利」を意味しています。, かっこいいラテン語の単語や名言を知っておくと、チーム名や店名、会社名などの名前を付ける時に便利です。

英名: Azalea, 花の名前の由来 科・属名: キク科カッコウアザミ属 属名の学名「Rubia(ルビア)」は、ラテン語の「ruber(赤)」を語源として、根から採れる染料の色に由来するといわれます。和名の茜(アカネ)は、「赤根」の意味で赤い根を持つことにちなみます。 旬の季節: 夏~秋 開花時期: 8月~10月

そのためラテン語には知的な印象があり、響きがかっこいいと感じる単語が多いですよね。 学名: Hydrangea macrophylla 科・属名: ホウライシダ科ホウライシダ属 ※旧分類ではユリ科に分類 英名: Maidenhair fern, Delta maidenhair, 花の名前の由来

別名: アカンサス 考える自分だけは確実に存在するということを表した言葉です。, 「Qui parcit malis, nocet bonis.」とは、「悪人を許すと後で善人に悪いことをしてしまうかもしれない。 悪人を許すことはそれだけでは済まない」という意味の警句です。, 「Disce gaudere. 花言葉(全般): 「同情」「思いやり」「共感」, アロエ | 詳細 → 学名: Agapanthus africanus 別名: ナイトスターリリー、バーバドスリリー 和名: 紫君子蘭(ムラサキクンシラン)

カエサルが元老院の命令に背き、軍を率いてルビコン川を渡る際に言った言葉として知られています。, 当時、防衛線となっていたルビコン川を軍を率いて渡ることは禁止されていました。 英名: Siberian iris, Japanese ayame, Blood iris, 花の名前の由来 花言葉(全般): 「恋の訪れ」「ラブレター」「知的な装い」, アカンサス | 詳細 → レファレンス協同データベース(レファ協)は、国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築する調べ物のための検索サービスです。参加館の質問・回答サービスの事例、調べ方、コレクション情報など調査に役立つ情報を公開しています。 花言葉(全般): 「予防」「用心」「警戒」「励まし」, アゲラタム | 詳細 →

属名の学名「Pieris(ピエリス)」は、ギリシア神話に登場する音楽と文芸の女神たち「Pieris」の名前にちなみます。, 和名のアセビは、葉や茎などに有毒成分を含んでいることから「足しびれ」が転訛したともいわれます。漢字の馬酔木は、これを食べると馬が酔ったようになってしまうことに由来します。, 旬の季節: 早春 ラテン語が広まる過程でギリシア語から多くの語彙を取り入れ、学問・思想などの活動にも使用されるようになった。. 」はルキウス・アンナエウス・セネカの言葉です。 またラテン語はパッと見ても意味がすぐに分からないので、限られた人の間での特別な意味を持った言葉としても使えます。, ただ注意していただきたいのは、ラテン語の単語は性(男性形、女性形、中性形)や数(単数形、複数形)や格、時制などによって変化します。 和名: 文目(アヤメ)、菖蒲(アヤメ) 科・属名: シソ科キランソウ属

(ante meridiem)p.m.(post meridiem)や、ウイルス(virus)やデータ(data)など、日常的に用いられる語のなかにも語源がラテン語に由来するものがある。, ラテン語が広まる過程でギリシア語から多くの語彙を取り入れ、学問・思想などの活動にも使用されるようになった。, ただしラテン語が支配的な地域はローマ帝国の西半分に限られ、東半分はギリシャ語が優勢な地域となっていた。やがてローマ帝国が東西に分裂し、ゲルマン民族の大移動によって西ローマ帝国が滅び西ヨーロッパの社会が大きく変動するのに従い、ラテン語は各地で変容していき、やがて各地の日常言語はラテン語と呼べるものではなくなり、ラテン語の流れをくんだロマンス諸語が各地に成立していった。東ローマ帝国においても7世紀に公用語はギリシア語に転換された。, こうした中、今日の西ヨーロッパに相当する地域においてはローマ帝国滅亡後もローマ・カトリック教会の公用語となり、長らく文語の地位を保った。現在でもバチカン市国の公用語はラテン語である。たとえば典礼は第2バチカン公会議まで、ラテン語で行われていた。今日に至るまで数多くの作曲家が典礼文に曲をつけており、クラシック音楽の中では主要な歌唱言語の1つである。ただし、実際の使用は公文書やミサなどに限られ、日常的に話されているわけではない。また、バチカンで使われるラテン語は、古典式とは異なる変則的なラテン語である。なお、多民族・多言語国家であるスイスではラテン語の名称 Confoederatio Helvetica(ヘルヴェティア連邦)の頭字語を自国名称の略 (CH) としている。, 中世においては公式文書や学術関係の書物の多くはラテン語(中世ラテン語、教会ラテン語)で記され、この慣習は現在でも残っている。例えば、生物の学名はラテン語を使用する規則になっているほか、元素の名前もラテン語がほとんどである。また法学においても、多くのローマ法の格言や法用語が残っている。19世紀までヨーロッパ各国の大学では学位論文をラテン語で書くことに定められていた。, 今日のロマンス諸語(東ロマンス語:イタリア語・ルーマニア語、西ロマンス語:フランス語・スペイン語・ポルトガル語など)は、俗ラテン語から派生した言語である。また、英語・ドイツ語・オランダ語などのゲルマン諸語にも文法や語彙の面で多大な影響を与えた。, 現代医学においても、解剖学用語は基本的にラテン語である。これは、かつて誰もが自由に造語して使っていた解剖学語彙を、BNA(バーゼル解剖学用語)、PNA(パリ解剖学用語)などで統一した歴史的経緯が関連している。つまり、用語の統一にラテン語が用いられたのである。そのため、日本解剖学会により刊行されている『解剖学用語』も基本的にはラテン語である(ラテン語一言語主義)。ただし、臨床の場面では、医師が患者に自国語で病状説明をするのが当然であるため、各国ともラテン語の他に自国語の解剖学専門用語が存在する(ラテン語・自国語の二言語主義)。近年では、医学系の学会や学術誌の最高峰が英語圏に集中するようになったため、英語の解剖学用語の重要性が上がった。日本では、ラテン語・英語・日本語の三言語併記の解剖学書が主流となった(ラテン語・英語・自国語の三言語主義)。, 「ウイルス (virus)」など、日本語でも一部の語彙で用いている。森鷗外の小説『ヰタ・セクスアリス』は、ラテン語の vita sexualis(性的生活)のことである。ただし日本語では、元の母音の長短の区別が意識されない場合がほとんどである[注 2]。, ラテン語が属するイタリック語派は、インド・ヨーロッパ語族内ではケントゥム語派に分類され、インド・ヨーロッパ祖語の *k および *g はラテン語でも K, G として保たれた。イタリック語派の話者がイタリア半島に現れたのは紀元前2千年紀後半と見られており、ラテン語の話者がラティウム地方(現在のイタリア、ラツィオ州)で定住を開始したのは紀元前8世紀だった。現在発見されているラテン語の最も古い碑文は紀元前7世紀に作られたものである。この時期から紀元前2世紀頃までのラテン語は、のちの時代のラテン語と区別され古ラテン語と呼ばれる。この時代のラテン語は、語彙などの面で隣接していたエトルリア語などの影響を受けた。, このうち、C は元来 Γ の異字体で [ɡ] の音を表し、I は [i] と [j]、V は [u] と [w] の音価を持った。五つの母音字は長短両方を表したが、文字の上で長短の区別はなかった。紀元前3世紀になると C は [k] の音も表すようになり、K はあまり使われなくなった。その後 [ɡ] の音を表すために G の文字が新たに作られ、使われなかった Z[2] の文字の位置へ置き換えられた。, 古ラテン語は、古典ラテン語に残る主格、呼格、属格(所有格)、与格(間接目的格)、対格(直接目的格)、奪格に加え、場所を表す所格(処格、地格、位格、依格、於格などともいう)があった。名詞の曲用では、第二変化名詞の単数与格および複数主格が oī だった。古典ラテン語における第二変化名詞単数の語尾 -us, -um はこの時代それぞれ -os, -om だった。また、複数属格の語尾は -ōsum(第二曲用)であり、これはのちに -ōrum となった。このように、古ラテン語時代の末期には母音間の s が r になる「ロタシズム」という変化が起きた。, 紀元前1世紀以降、数世紀にわたって用いられたラテン語は古典ラテン語(古典期ラテン語)と呼ばれる。のちの中世、また現代において人々が学ぶ「ラテン語」は、通常この古典ラテン語のことをいう。この古典ラテン語は書き言葉であり、多くの文献が残されているが、人々が日常話していた言葉は俗ラテン語(口語ラテン語)と呼ばれる。この俗ラテン語が現代のロマンス諸語へと変化していった。, 古典期においては、scriptio continua(スクリプティオー・コンティーヌア、続け書き)といって、単語同士を分かち書きにする習慣がなかった(碑文などでは、小さな中黒のようなもので単語を区切った例もある)。また、大文字のみを用いた。さらに、キケロ(前106 – 43)の時代までは X までの21文字だったが、紀元の初めにギリシア語起源の外来語を表記するために Y と Z が新たに使われるようになった。以下が古典期のアルファベットである。, ただし、K は KALENDAE 等の他は固有名詞に限定されて常用されることはなくなり、[k] の音は C が常用された(ただし [kw] は QU と表記した) 。, 古典ラテン語では C および G はそれぞれ常に [k] および [ɡ] であり、現代のロマンス諸語とは違い、[s] や [tʃ]、[ʒ]、[dʒ] などのように発音されることはなかった。Y を含めた6つの母音字は長短両方を表したが、ごく一時期を除き表記上の区別はされなかった。, 古典ラテン語のアクセントは、現代ロマンス諸語に見られるような強勢アクセントではなく、現代日本語のようなピッチアクセント(高低アクセント)であったとされる(強勢アクセントとする説も存在する)。文法面では、古ラテン語の所格(処格、地格、位格、依格、於格などともいう)は一部の地名などを除いて消滅し、六つの格(主格、呼格、属格、与格、対格、奪格)が使用された。また以前の時代の語尾 -os, -om は、古典期には -us, -um となった。, この時代の話し言葉(俗ラテン語)では、文末の -s は後ろに母音が続かない限り発音されない場合があった。また au は日常では [ɔː] と読まれた。このように古典期には、話し言葉と古風な特徴を残した書き言葉の乖離が起きていた。現在古典ラテン語と呼ばれるものはこの時期の書き言葉である。, 古典期が終わると、人々が話すラテン語は古典語からの変化を次第に顕著に見せるようになっていった。この時代に大衆に用いられたラテン語は俗ラテン語(口語ラテン語)と呼ばれる。2世紀、あるいは3世紀頃から俗ラテン語的な特徴が見られるようになっていたが、時代が下るにつれ変化は大きくなり、地方ごとの分化も明らかになっていった。, 古典ラテン語には Y を除けば5母音があり、長短を区別すれば10の母音があったが、俗ラテン語になるとこれらは以下の7母音になった。, 古典期の長母音 [eː] は [e] に、[oː] は [o] に変化した。また短母音 [e] と [o] は、俗ラテン語ではそれぞれ [ɛ] と [ɔ] になった。古典期の V は、子音としては [w] と発音されたが、俗ラテン語の時代には [v] に変化していた。さらにアクセントはピッチアクセントから現代ロマンス諸語と同様の強勢アクセントに置き換えられていった。古典期の [k] と [ɡ] も変化を起こした。これらは前舌母音([i] や [e])の前では軟音化して口蓋音化(硬口蓋音化)し、それぞれ [tʃ]、[dʒ] の音になった。, 俗ラテン語では動詞などの屈折にも変化が起きた。動詞の未来時制では、古典期の -bo に代わり habere(持つ)の活用形を語幹末に付した形式が用いられ始めた。指示詞 ille は形が変化し、次第に冠詞として用いられるようになっていった。名詞の曲用では格変化が単純化され、主格と対格は同一(特に女性名詞)になり、属格と与格も統合された。単純化した名詞の格に代わって前置詞が発達していった。例えば属格に代わり de が、与格に代わり a が用いられ始めた。, イタリアやイベリア半島ではやがて名詞の格変化は消滅し、フランスでも12世紀頃には使われなくなり、ダキアで使用されたのちのルーマニア語を除いて格変化はなくなった。このような文法的特徴のみならず、音韻面や語彙でも地方ごとの違いを大きくしていった俗ラテン語は、やがてロマンス諸語と呼ばれる語派を形成した。, かつてのローマ帝国の版図で用いられたラテン語は一般大衆には使われなくなり、それぞれの地域でラテン語から変化した俗ラテン語がそれに置き換えられた。一方で古典ラテン語は、旧ローマ帝国領内のみならず西ヨーロッパ全域において近代諸語が文語として確立するまでは、学術上の共通語として使用された。カトリック教会でも同じく、古典ラテン語の伝統の下にあるラテン語が教会ラテン語と呼ばれて使用されたが、こちらはその後もなお使用され続けた。, ヨーロッパではラテン語は長い間教会においても学問の世界においても標準的な言語として用いられてきたが、ルネサンスと共に古典古代の文化の見直しが行われ、古典期の文法・語彙を模範としたラテン語を用いようとする運動が人文主義者の間で強まった。これにより中世よりもむしろ「正しい」ラテン語が教育・記述されるようになる。共通化が進んだラテン語は、近代においても広く欧州知識人の公用語として用いられた。, この近代ラテン語で著述した主な思想家としてはトマス・モア(『ユートピア』)、エラスムスのような人文主義者だけでなく、デカルト、スピノザなどの近代哲学の巨人も挙げられる。有名なデカルトの「我思う、ゆえに我あり」という言葉の初出は『方法序説』フランス語版であるが、後にラテン語訳された Cogito, ergo sum.(コーギトー、エルゴー・スム)の方が広く知られている。自然科学ではニュートンのプリンキピアがある。ただしフランスの啓蒙思想家、ドイツのカント以降は母語で著述するのが主流になった。, 学問的世界においては、ラテン語はなお権威ある言葉であり世界的に高い地位を有する言語である。現在でも学術用語にラテン語が使用されるのには、学術用の語彙が整備されており、かつ死語であるために文法などの面で変化が起きない(現実には中世・近世を通して多少の変化はあったが)という面、あるいは1つの近代語の立場に偏らずに中立的でいられるという面も見逃すことはできない。無論これは他の古典語でも同じであるが、ラテン語が選択されたのは近現代におけるそうした学問が、良し悪しは別として、欧州中心のものであったことが反映している。現在も活用されている場面として、たとえば生物の学名はラテン語もしくはギリシア語単語をラテン語風の綴りに変えたものがつけられるのが通例である。, また、現在においてもラテン語の知識は一定の教養と格式を表すものであり、国(例アメリカ合衆国、スペイン、スイス、カナダおよびカナダの各州など)や団体(アメリカ海兵隊、イギリス海兵隊など)のモットーにラテン語を使用する例や、1985年にサラマンカ大学が日本の皇太子夫妻の来学の記念の碑文を、スペイン語ではなくラテン語で刻んだことや、イギリスのエリザベス2世が1992年を評して Annus Horribilis(アナス・ホリビリス、ひどい年)とラテン語(ただし発音は英語風)を使ったこともその現れといえる。日本でも高校野球の初代優勝旗にはVICTORIBUS PALMAE(ウィクトーリブス・パルマエ、「勝利者に栄冠を」)と刺繍されていた。だが、ラテン語が今日の欧州で重視されているとまでいうことはできない。欧州諸国では第二次世界大戦前までは中等教育課程でラテン語必修の場合が多かったが、現在では日本での「古典」「古文」ないし「漢文」に相当する科目として存在する程度である。, 日常会話という観点からみると、現代ではラテン語での会話そのものがほとんど存在しないため、死語に近い言語の1つであるともいえるが、ラテン語は今でも欧米の知識人層の一部には根強い人気がある。近年はインターネットの利用の拡大に伴ってラテン語に関心のある個人が連携を強めており、ラテン語版ウィキペディアも存在する(ラテン語: Vicipaedia)ほか、ラテン語による新聞やSNS、メーリングリスト、ブログも存在する。さらに、フィンランドの国営放送は定期的にラテン語でのニュース番組を放送している。, 現在、ラテン語を公用語として採用している国はバチカン市国のみである。これは、現在でもラテン語がカトリック教会の正式な公用語に採用されているためであるが、そのバチカン市国でもラテン語が用いられるのは回勅などの公文書、コンクラーヴェの宣誓、「ウルビ・エト・オルビ」などの典礼文などに限られ、2013年の教皇ベネディクト16世の退位に際しては、退位の意思表明と理由は、教皇本人が作成したラテン語の文章の朗読で行われた。日常生活ではイタリア語が用いられる(バチカンはローマ市内にある)。, ヨーロッパの各地で長期にわたって用いられていたため、国や地域、時代によって発音は異なるが、現代には大きく分けて古典式、イタリア式、ドイツ式の3つがある。イタリア式には、現代イタリア語の原則にのっとって発音するものと、それをもとにした教会式(ローマ式)の2つがある。後者は、フランスのソレム修道院で提唱された発音法であり、ピウス10世が推奨したことで広まった。, 日本の大学で学ぶ発音は、原則として古典式である。一方、ラテン語の楽曲の歌唱においてはイタリア式、ドイツ式が主流である。どのように異なるか、いくつか例を示す(実際には、地域や人によって発音の揺れがある)。, 上の3つの方式に加えて、文章レベルのラテン語まではいかないが単語およびフレーズレベルでは英語式が広まっている。もともと英語でetc.(その他)がエトセトラ(et cetera、英語ではe、i、yの前のcはsと発音)、Et tu Brute(ブルータス、お前もか)がエト・テュー・ブリュータと発音されるなどの延長で [4]、英語が国際語になった現在特に科学用語に英語式発音が多い。例えば天文学関係では星座名は英語文章内でもラテン語を使い、恒星名もギリシャ文字名にラテン語星座名の属格(所有格)を添えるので、ラテン語が英語式に発音される。, 日本語では古典式またはドイツの音をカタカナ表記するのが慣習となっている。ただし、古典式によっていると思われる場合でも、母音の長短の別を表記しない場合がほとんどである。

和名: 花衝羽根空木(ハナツクバネウツギ) 花名のアザレアは、ラテン語の「azaleos アザロス(乾燥)」を語源とし、アザレアが比較的乾燥した土地を好むことに由来します。, 旬の季節: 春 属名の学名「Adiantum(アジアンタム)」は、ギリシア語の「a(無)」と「dianotos(濡れる)」の合成語で「濡れない」を意味し、葉が水をはじくことにちなみます。, アジサイ | 詳細 →

和名: 唐草蓬莱羊歯(カラクサホウライシダ) 中国では「杏」は木を「子」は実を指します。漢名の「杏子」の唐音から「あんず」と呼ばれるようになりました。, 旬の季節: 春 科・属名: アカネ科アカネ属 教科書に載っているので、なじみがある人も多いのではないでしょうか。, デカルトは、絶対的な真理を求めて全てのものを疑いました。 和名: アルストロメリア ※クロンキスト体系(旧分類)ではユリ科に分類 科・属名: ツツジ科ツツジ属 和名: 馬酔木(アセビ) 花名のアマリリスは、古代ローマの詩人ウェルギリウス(紀元前70~前19)の『牧歌』に登場する美しい女羊飼いアマリリスの名前にちなみます。, 属名の学名「Hippeastrum(ヒッペアストルム)」には「馬のように大きくて、星のような花」という意味があります。, 旬の季節: 初夏

和名: 葉薊(ハアザミ)

別名: 泡立草(アワダチソウ) 属名の学名「Abelia(アベリア)」は、19世紀に中国で植物を採集したイギリスの医師、博物学者クラーク・エーベル(Clarke Abel / 1789~1826)の名前にちなみます。, 和名「花衝羽根空木(ハナツクバネウツギ)」の衝羽根は、がく片が実のところに残り、羽子板遊びのはね(衝羽根)に似ていることに由来します。, 旬の季節: 初夏~秋

※クロンキスト体系(旧分類)ではユリ科に分類 花言葉(全般): 「永遠の愛」「友情」「不滅」「結婚」「誠実」, アカネ | 詳細 → 和名: アリウム・ギガンチウム

学名: Rhododendron simsii asiatica

英名: Floss flower, Ageratum, 花の名前の由来 メッセージカードなどにいれるとおしゃれです。, 愛に関するかっこいいラテン語をご紹介します。

科・属名: キク科アザミ属

ラテン語は現在、日常会話では使われませんが、ゲームやファンタジー小説のかっこいい登場人物の名前や、学術用語、宗教関係、現代の事物に多く利用されています。そんなラテン語のかっこいい単語やおしゃれで素敵な言葉、チーム名などをご紹介します。 学名: Hippeastrum × hybridum 開花時期: 2月~4月 Latin Dictionary Founded on Andrew's Edition of Freud's Latin Dictionary, Oxford Univ Press , ジャクリーヌ・ダンジェル『ラテン語の歴史』(遠山一郎・高田大介訳、白水社〈文庫クセジュ〉、, 三ヶ尻正『ミサ曲・ラテン語・教会音楽ハンドブック—ミサとは・歴史・発音・名曲選』(ショパン、. ★ 「花言葉-由来」の人気ページ 別名: アンスリウム、大団扇(オオウチワ)

習慣化して続けることが大事というのは現代のビジネス書にもよく書かれています。, 「Non est vivere sed valere vita est.」は、ラテン語詩人、マルクス・ウァレリウス・マルティアリス の言葉です。, 「Cogito, ergo sum.」はデカルトの言葉です。 今回はそんなラテン語の中から、かっこいい単語や名言などを紹介していきます!, 人間関係に関するかっこいいラテン語をご紹介します。

英名: Goldenrod, 花の名前の由来 和名: 紫陽花(アジサイ) 別名: アジュガ、西洋金瘡小草(セイヨウキランソウ) 開花時期: 5月~7月

学名: Anemone coronaria 別名: アンモビウム 別名: アシビ、アセボ 花言葉(全般): 「誇り」「おしゃべり」「輝くばかりの美しさ」, アヤメ(アイリス) | 詳細 → 英名: Apricot, 花の名前の由来

科・属名: ラン科アングレカム属

開花時期: 11月~5月 そのため「過ちを犯すことは人間的なことである」という意味として解釈することも出来ます。, 「Festina lente!」はアウグストゥス(ローマ初代皇帝) の座右の銘として知られており、直訳すると「ゆっくり急げ」という意味です。 英名: Allium, Giant onion, 花の名前の由来 英名: Anemone, Windflower, 花の名前の由来 典ラテン語ではそういう変則はなく ,常に[k]である. 一方,kは古典ラテン語ではほとんど使われず, Kalendae(朔日,英calendarの語源)などで使用され るのみである.もとのラテン語がkを使わなかったの で,後裔 こうえい ただしラテン語が支配的な地域はローマ帝国の西半分に限られ、東半分はギリシャ語が優勢な地域となっていた。

属名の学名「Angraecum(アングレカム)」は、着生ラン(樹木や岩などにくっついて生育しているラン)を意味するマレー語の「angurek」に由来します。, 英語では大輪の花を咲かせる種のアングレカム・セスキペダレを「Darwin’s orchid(ダーウィンのラン)」、また開花時期から「Christmas orchid(クリスマスのラン)」とも呼んでいます。花の形からアングレカム属の植物は「Comet orchid(星型のラン)」とも呼ばれます。, 旬の季節: 冬 和名: 浜簪(ハマカンザシ)